No.055  20060401 槌田 敦著『CO2温暖化説は間違っている』を読んで

 近藤 邦明氏の新著は遅れていますが、槌田 敦教授の新著が先行して出されました。
 内容は実に明快です。一般の読者を対象に分かりやすく書かれているようですので、私のような素人にもクリアーなイメージが送り込まれてきます。


 No.054  20060327 大阪在住者の方に

 四月号に118.「馬門」を掲載しました。有明海、不知火海を舞台にした古代史に関する話でしたが、原稿用紙六〜七〇枚(二六〇〇〇字)にも相当する長文でした。
 私は古田武彦(元昭和薬科大学教授)氏が提唱されている九州王朝の存在を確信しており同会にも参加していますが、今回、その依頼を受け、原稿用紙二〇枚(八〇〇〇字)程度に縮小したものを会報四月号に掲載しました。既に、53.「船越」、77.「船越」(補稿)を掲載していますので、これは三本目になるものです。
 縮小前の「馬門」は四月十日前後に掲載されていますが、この内容をベースに六月一八日、大阪で開催予定の古田史学の会全国総会において「馬門」について一時間十五分程度の講演(研究報告)を行う予定です。関西地区の読者の方で古代史にも興味をお持ちの方は、講演はオープン参加と思いますのでお出でいただければと考えています。


 No.053  20060320 公務員なのにこんな事書いても良いんですか?

 良く言われる事ですが、考えると実は非常におかしな話なのです。
 当初、「有明海・諫早湾干拓リポート」を始める際に、"編集方針について"として、次のように書いていました。

 もちろん憎々しくは思っていますが、例えば「諌早湾干拓事業」(イサカン)を標的にした扇動のために虚偽の「事実」を捏造したり、一方的に「事実」を誇張したりすることは当然ながら拒否します。そのようなものはいずれ馬脚を表してしまうでしょうし、結果として、この「環境問題を考える」というHPの信頼をも損なうことになるでしょう。一方、多くの多角的な見解も採り入れたいと考えています。・・・

 現在と言えども、この編集方針については、些かの変更はないつもりでいます。間違った事を書く事はあると思いますが、自分が正しいと思う事を書く事は憲法で保障された自由なのです(憲法二一条)。もちろん、日本国憲法がこの国家において本当に守られているなどととぼけた幻想は持ってはいませんが、「公務員なのにこんな事書いて良いんですか?」は形式論理的には明らかにおかしいのです。
 問題は実質論理的な話です。「・・・良いんですか?」と言う人も大半はこの実質的な意味で言っているからです。皆さんはどうお考えになるでしょうか?
 建設業者や公共事業で使われる資材を納入する業者に雇用されている社員や従業員といった人達がこの手の行政批判や公共事業そのものへの批判を行ったならば、まず、直ちに解雇されるか、不利益な取り扱いを受ける事は明白でしょう。良くても匿名で批判を行う事が許される程度でしょう。
 また、現在、大半の企業が行政や公共事業と無縁ではないはずです。それ以前に、特に中小零細の民間企業では既に労働基準法など全く守られなくなり、無権利状態の中で極限まで残業させられています。擦り減らされた肉体や精神状態の中で、労働者に原則的、論理的批判を行える物理的な余裕もなければ、動機さえも通常はないはずです。民間企業に身を置いた人々に行政批判を正面切って行う事は殆ど不可能にしか思えません。
 では、いったい誰が憲法とやらに保障されたこの"表現の自由"に基づいて正しい主張や批判を行い行えると言うのでしょうか?商売人は嘘をついてでも利を求める人のはずです。もちろん、経済的基盤が確立した金持ちにもできるかもしれません。しかし、"金持ち喧嘩せず"なのです。バットマンも金持ちですが、あれはあくまでもフィクションでしかありません。水戸黄門は、所詮、殿様のお遊びでしょう。弁護士や医者といった社会的に強い立場の人はもちろん可能性が高いでしょう。しかし、行政批判や公共事業の問題を指摘できるのはその中に身を置く人間のはずです。
 最も可能性が高いのが、私的利害や企業論理から独立した立場に起ち易い、公務員とか教員といった人になるのではないでしょうか?と、言うよりも、私的利害や組織の利害から独立し、国家や国民の幸せのために働くものこそ公務員のはずなのであり、正しいあり方のために努力をするのが公務員に課せられた責務であり使命のはずなのです。
 このように、実質論理的にも「公務員なのにこんな事書いても良いんですか?」は誤りである事が分かります。しかし、この人の言う事はやはり正しいかもしれません。
 「公務員なのにこんな事書いても大丈夫なのですか?」と置き換えればそのことがより鮮明になってきます。 
 正しい事を言わない人間、私的な利益を追求する人間にだけ、幸せが与えられているのが公務員の世界です。そして、日々、行政機構は腐敗し、堕落し、崩壊しつつあるのです。水戸黄門の世界は今も全く変わりはありません。越後屋とお代官様の話はレベルが異なるだけでどこにでも転がっているのです。
 私が、リポートの筆を折った時には、パージされたと考えて頂いても構いません。ばかばかしくなってやめる事はあったとしても、今のところ、屈服する事はないつもりでいます。暖かいご支援をお願いします。実際には物理的援助も必要としています。御用NPO法人の十分の一ほどの資金があれば、もっと有効なレポートも書けるのでしょうが、自ずと限界はあるものです。活動費、研究費、資料費、宣伝費も日々欠乏の危険性を感じています。趣旨に賛同される方のカンパを得たいのですが、この点は極めて微妙で、今のところ自分の力だけでやっていくつもりでいます。
 
 
 編集方針について 
(再掲載)
 もちろん憎々しくは思っていますが、例えば「諌早湾干拓事業」(イサカン)を標的にした扇動のために虚偽の「事実」を捏造したり、一方的に「事実」を誇張したりすることは当然ながら拒否します。そのようなものはいずれ馬脚を表してしまうでしょうし、結果として、この「環境問題を考える」というHPの信頼をも損なうことになるでしょう。
 一方、多くの多角的な見解も採り入れたいと考えています。同時に多少の戦略的な意味合いもあり、私ばかりではなく、周辺の人々の文書も取り入れ、多角的、複眼的な視野で掲載していきたいと思っています。このため、時として仮名(ペンネーム)での論文を掲載していくこともあるでしょうし、逆に積極的な署名論文や緊急アピールを掲載することもあるでしょう。あるいは、私自身がペンネームを使うことさえもあるかもしれません。基本的には醒めた目で公平な議論を目指していきたいと思います。ただし、私達は大学教授や学会に参加している科学者ではありませんので、多少の誤りはお許し願いたいと思います。明白な誤りがあった場合は当然ながら素直に謝罪するつもりです。
 とりあえず、近藤氏がこれまで培われてきた基調と品格を守り、「環境論議」を中心に据えた報告を行っていくつもりです。ただし、多少は私自身の好みといったものもあるため、環境論議といった硬い話ばかりではなく、時として有明海周辺の風俗や生活史それに民俗学的な話も随時挿入していきたいと思っています。


 No.052  20060320 有明海周辺の「間」(マ)地名 G 宮崎県編

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 宮崎県の海岸部となると、岬馬で有名な都井岬があります。ここでも、直ぐに気付く例を示しておきます。この付け根に近いところにあるのが串間市の串間(クシマ)です。


 No.051  20060320 有明海周辺の「間」(マ)地名 F 鹿児島県編

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 鹿児島県の海岸部となると、鹿児島湾を挟む東の大隈半島、西の薩摩半島となります。ここでは、直ぐに気付く例を示しておきます。
 薩摩半島では、鑑真和尚の上陸地に近い半島先端の野間(ノマ)。ここにはリポートTの17.「阿漕」で取上げましたが、太陽が差し込む美しい海が贅沢なまでに広がっています。


 No.050  20060226 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

E "それとも人間やめますか?"と"それなら人間やめますか?"

 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?として連載していましたが、それなら人間やめますか? とする方が正しいのではないかと思うようになりました。
 もちろん、"あなたタバコ止めますか?それとも人間やめますか?という某キャッチ・コピーをもじったものでしたが。もともと、「それとも」という接続詞は「あるいはまた」「もしくは」という意味の、別の選択をする場合に使われるものです。"あなたタバコ止めますか?それとも人間やめますか?という表現は、タバコを吸うという事と人間をやめるという事とはイコールであるために、本来「それなら」とすべきなのですが、ただ、キャッチ・コピーとしてはインパクトがないために、あえて、「それとも」を使ったのであり、それはそれで文章表現の許容範囲なのでしょう(こうして、言葉は徐々に劣化していく、変化していく、崩れていく事になる訳です)。
 ただし、実際には、"あなたタバコ止めますか?の後ろに、(もしもやめないなら)が隠されている訳であり、この場合は「それなら」と表現する方が良いことになるのです。
 このキャッチ・コピーの影響からか、CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?という表現は誤りだったのではないかと悩んだのです。 こうして良く考えてみると"CO2地球温暖化脅威説を信じるという事"は、思考停止に陥り自らの頭で物事を考えない事になるわけであり、前述の意味でイコールであり、「それなら」という接続詞で繋ぐべき事だとなる訳なのです。
 このため、本来の文章表現としては「それなら」とすべきなのです。ただ、キャッチ・コピーとしては、インパクトを求めて、「それとも」とすることも許されるのかもしれません。残されたのは私の選択です、ヒューマンにインパクト(パッション)を求めるならば、「それとも」を選択すべきで、あくまでもアジテーションを否定して、ロジカルに思考すべきとするならば、「それなら」を選択すべきなのです。
 つまりパトスに沿って情動的に「それとも」を選択するか?ロゴスに沿って論理的に「それなら」を選択するか?という事です。
 結論から言います。私は余りにも感情が強いが故に、パトスを否定しロゴスを求める者です。従って「それなら」を選択します。
 私は、スタートレックのミスター・スポック、スタートレック・ネクスト・ジェネレーションのデータ、スタートレック・ボイジャーのトゥポックを尊敬する人間です。勝負は初めから着いていたのです。結局、私がタイトルの選択を誤っていただけだったのです。"長寿と繁栄を!"
今後、
CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それなら人間やめますか? に改めます。私は、「立ち上げる」などといった、自動詞と他動詞の区別も着かない(土俵で「立ち上がる」はもちろん正しい、愚か者は、赤ん坊を"抱く上げる"とでも言えば良い)ような連中と同列になり、自ら言葉を徐々に劣化させていく、変化させていく、壊していく仲間には入るべきではないと考えるからです。あえて、論理的に「それなら」を選択するものです。


 No.049  20060226 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

D) ピナトゥボ山噴火の論証

 フィリピン、ルソン島のピナトゥボ火山が爆発したのは十五年も前のことでした(一九九一年六月)。アメリカのスゥービック海軍基地やクラーク空軍基地が閉鎖されたことでも分かりますが、極めて巨大な爆発であり周辺に大災害を引き起こしました。
 実は、それから一〜ニ年の間、大気中二酸化炭素の濃度の上昇に変化が現れているのです。これは正確とされているハワイのマウナロア気象観測所のデータですのでそれなりに信頼のおけるものです。
 化石燃料を燃やせば僅かであっても一時的に二酸化炭素の濃度が上がることは間違いないのですし、観測データによると僅かですが、安定して濃度が上がり続けているのです。そもそも炭素循環は植物プランクトンや植物によって吸収されたり、海水に溶け込んだりしますので、その全体がどのように変化するかを予測することは極めて難しいものです。 
 ただ、計測によると大気中の二酸化炭素濃度は確かに上がっています。これを化石燃料が大量に消費されているからとすることは分かりやすくのですが、どうもそうではないようなのです。 
 もしも、化石燃料の大量消費が原因であるとすれば、その濃度の上昇のカーブはなだらかに上がるはずですが、ピナトゥボ火山の噴火の後、しばらくの間濃度の上昇が止まったのです。
 この時の噴火は巨大なものであり、噴煙は大気圏まで到達し地球を覆い尽くしました。
 このため太陽からの光の受け入れが減少し、世界的に異常気象というよりも冷夏が襲ったのでした。これに連動するかのように大気中の二酸化炭素濃度の上昇が止まったのですが、もしも、大気中の二酸化炭素濃度の上昇が化石燃料によってもたらされているものとするならば、このような現象が起こるはずがないのです。なぜなら、ピナツボ火山の噴火によって、もしくは、その時期だけ全世界的に化石燃料の消費が低下したとは考えられないからです。
 しかし、もしも地球を覆った火山性粉塵によって、上昇していた地球全体の温度上昇にブレーキが掛り、その結果として、海水からの二酸化炭素の放出が一時的に収まったとするならば矛盾なく理解することができるのです。
 つまり、この噴火後の現象は、二酸化炭素濃度の上昇によって地球の気温の上昇がもたらされているのではなく、全く逆に、地球の気温が上昇しているために二酸化炭素濃度の上昇が起こっているという推測の可能性を示唆しているのです。詳しくは近藤邦明氏の上位サイト「環境問題を考える」を読んでください。


 No.048  20060226 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

C) 地球温暖化で海面が上昇するというオオウソ

極氷が溶ける?(北極の場合)

 CO2が増加するとノアの洪水並みの全球的洪水でも起こるかのような話がされていますが、まずは、こういうものこそ「風説の流布」というべきでしょう。しかし、それを国家や自治体がやっているのですから、まずは科学立国、技術立国の落日は確定的と言わざるを得ないようです。
 気温が上昇すると確かに雪や氷は溶けるでしょう。しかし、そのことによって洪水が起こるなどという人々は(実は環境保護派にも非常に多いのですが)、科学的思考ができない烏合の徒というべきでしょう。
それはともかくとして、はじめにこういうモデルで考えて欲しいと思います。
 氷の浮かんだ水をガラスのコップに擦り切りに入れた状態を考えてみましょう。しばらくすると氷が解けて全てが水になるでしょうが、溢れ出すでしょうか?
 表面張力や固体と液体の体積比、温度による体積差やガラスの容積の温度による変化などといった細かい話はやっても良いのですが、とりあえずここではやりません。
 色々な条件で違いはあるかもしれませんが、仮に溢れたとしてもほんの僅かな量でしかない事は直ぐに解るはずです。なぜならば、皆が経験的に知っているからです。
 通常コップが置いてあるテーブルは濡れますが、それは温度が下がったためにガラス面に生じた結露の水滴が落ちたものでしかありません。
 さて、本題に入りますが、北極の氷は北極海の海水が凍りつき、その上に大量の雪などが積み重なってできたものです。
 しかし、それは北極海の海水に浮かぶ氷であって、基本的にはコップの氷と同様のものです。これはCO2温暖化論とは別のいわば常識に近いものですから、最低でも理解して欲しい事ですが、北極海の氷が溶けても洪水など起きないことは解っていただけると思います。
 従って、南北の極氷が溶けて洪水が起きるという話は、それだけで半分は誤りであることが解るはずです。まず、半分が誤りの情報はデマと言うべきでしょう。

極氷が溶ける?(南極の場合)

 では、南の極氷です。南極は言うまでもなく大陸です。大陸であるがために冷えやすく、そのこともあって大量の氷が蓄積されているのですが、この陸棚の氷が全て溶けたならば、確かに海面は上昇するでしょう。
 問題は、その可能性があるかです。まず、極央の平均温度は−50℃、周辺部でも−15℃と言われています。これは、仮に気温が上昇したとしても(もちろんCO2は無関係ですが)影響はないことを示しています。皆さんたちは、冷蔵庫の冷凍室の温度が多少上昇しても、0℃以上にならない限り氷は溶け出さない事を知っておられると思います。ただ、それだけのことです。
 ある意味でデマに過ぎませんが、IPCCの(Intergovernmental Panel on Climate Change)温暖化予測は百年で最大3.5℃上昇するとしていました。一応、極付近では気温上昇は大きいと言っていますが、実質的な影響はないことは判ると思います。
 それ以上に、仮に気温が上昇したとしたならば、その分だけ大量の水が水蒸気となって空気中に放出されます。この水蒸気は大規模な大気循環の中で極付近に到達しますが、当然ながら雪となって、極氷を増加させ発達させることになるのです。そして、事実、極氷は周辺部では部分的に溶け出していますが厚くなっているのです。
 かつて、氷河期の入口で大量の降雪によってスカンジナビア半島の氷河が発達し、結果、半島がその重みで沈下したという話を聞かされたのですが(中学校で習ったアイソスタシーの話でしたか)、むしろ、温暖化によって降雪が増えることによって、かえって氷河が大規模に発達して地上の反射率が上がって太陽陽光を反射してしまい、ついに氷河期が始まるという想定さえあるのです。
 
しかたがなく海水そのものが熱膨張によって体積が増えると言い始めた

 CO2温暖化論者達は、とうとう海水の熱膨張まで言い始めました。しかし、一万メートルもの深海の深層水にまで影響するというのでしょうか?仮に気温上昇が影響するとしても、表層に留まるでしょうし、むしろ温度上昇は蒸発を促すはずなのです。海水の熱膨張は非常に小さく恐らく無視して良い範囲なのです。

しかしキリバスは海に消えつつあるではないか!

 このようにヒステリックな危機感を煽るのはやめて欲しいものですが、そもそも、海洋面もジオイドも全球的に一様ではないのです。それは一応関係がないとしても、キリバスの例は、第一義的には海流の変化によって海面の水位勾配が高まったか、キリバス島それ自体の沈降、地盤沈下の要素を考えるべきはずなのです。まさに本当に島が沈んでいるのかも知れないのです。

 No.047  20060226 CO2地球温暖化脅威説を信じますか?それとも人間やめますか?

 筑後川水問題研究会 古川 清久(自治体職員)

はじめに

 本ホーム・ページの上位サイト『環境問題を考える』の管理者近藤邦明氏の新著

『温暖化は憂うべきことだろうか』 (CO2地球温暖化脅威説の虚構)
定価 2,100円
 不知火書房(福岡市) Tel, Fax 092-781-6962 
(電話とファックスによる注文の場合は一冊から送料200円で郵送するそうです)
※冊数がまとまる場合には送料が安くなります。

が、いよいよ発売の運びとなります。出版が大幅に遅れましたが、それは、編集者である米本慎一氏がプロ意識にこだわり完璧を求めたからに外なりません。その点仕上がりは言うことはないものと思います。
 さて、私も槌田敦教授や近藤邦明氏のファンの一人として、微力ながら応援の論陣に加わろうと思います。もとより物理学についての科学的な議論を行うことなどできないのですが、この蔓延する温暖化論議には異常さを感じますので素人なりの感覚で批判を加えようと思います。