No.046  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 E 福岡県編U(玄海)

「間」(マ)地名と「隈」(クマ)地名

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 福岡県の有明海側の「間」地名は数例あげましたが、玄海側の「間」地名を考えます。中間、福間など、当初、取上げたものは省略します。

 志賀島の北西端に勝馬(カツマ)、そのトンボロの付け根、西鉄宮地嶽線三苫駅付近の三苫(ミトマ)、遠賀川の西隣の遠賀町のさらに隣の岡垣町の中心部に野間(ノマ)があります。いずれも堆積が進む前は湾入していたと思える場所です。


 No.045  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 D 佐賀県編

「間」(マ)地名と「隈」(クマ)地名

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 前回の大分県の「間」地名に続いて佐賀県の「間」地名を考えます。当初、佐賀県の間地名にはふれないつもりでした。しかし、宮崎、鹿児島(もちろんありますが)を除いて九州の中、北部全域を取上げてくると、佐賀の「間」地名を書かない訳にはいかなくなりました。

 佐世保市のハウステンボスの早岐瀬戸を挟んだ対岸の城間(ジョウマ)、有明海側の佐賀県鹿島市の鹿島(地形から島とは考えにくく、対岸の間の意味か)、福岡県久留米市の南の三瀦(ミズマ)、高間(コウマ)、夏目漱石の随筆『草枕』の舞台でもある熊本県玉名郡小天町の小天(オアマ)、また、山口県防府市の勝間、兵庫県の播磨や神戸の須磨それに大阪の水間もそうかもしれません。さらには、生の高級マグロ漁で有名な青森県の大間(オオマ)も恐らく同じ意味の地名でしょう。

 先行して"有明海側の佐賀県鹿島市の鹿島(地形から島とは考えにくく、対岸の間の意味か)"と、書いています。鹿島(カシマ)は、やはりそう思います。
 この地はちょうど指を広げた手のように入江と岬が交互に入れ替わるような地形であり、とても「島」とは言えないのです。
 しかし、塩田町を挟んで隣接する武雄市の杵島(キシマ)は「島」地名と考えます。これについては、リポートUの68.杵島("かつて有明海に巨大な島があった")を読んで下さい。
 さて、鹿島以外の「間」地名です。鹿島市の石木津川と中川に挟まれた場所に「角間」(カクマ)があります。鹿島市の北に塩田町がありますが、塩田川の傍に真崎(マサキ)があります。
 塩田町はその名のとおり、塩田川周辺の干潟が陸化した土地であり、塩田町全体が「間」であると言えるかも知れません。その古い時代の「間」の先端にあたるところに、真崎(マサキ)があるのです。つまり、真崎とは「間」の先なのです。
 この塩田町と武雄市の中間にあるのが、久間(クマ)です。この久間はリポートUの68.杵島("かつて有明海に巨大な島があった")において古代には水道があったのではないかとしたところです。ただし、久間は佐賀、福岡に山ほどある「隈」(クマ)地名と考えますので、「間」地名とは別に扱います。
 多久市の牛津川の奥の西多久に野間口(ノマグチ)があります。ただ、標高が高いため、湾奥の地名とは言えず、恐らく、沼か大湿地帯の入口という意味と思います。牛津川には羽佐間(ハザマ)もありますが、これは「挟間」地名とします。


 No.044  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 C 大分県編

「間」(マ)地名とは何か

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 前回の福岡県の「間」地名に続いて大分県の「間」地名を考えます。
 先行して"東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)"と、書いています。大分編は有明海周辺の「間」(マ)地名とは言いがたいのですが、気にしないで書きます。
国東半島の付け根、豊後高田(タカタ)市の北に真玉温泉の真玉(マタマ)があります(真玉町)。ここも湾奥地名です。昔は、相当奥まで船が入っていた事でしょう。
 大分には外に大分市の西に挟間(ハザマ)がありますが(挟間町)、これは分類上「挟間」(ハザマ)地名とします。桶狭間の合戦の挟間であり、これだけで普通名詞となっていると考えるからです。「カイ」と同じ意味の谷地名です。
 この「挟間」(ハザマ)地名と佐賀、福岡、熊本に目立つ「隈」(クマ)地名は、「間」(マ)地名の関連と考えていますが、はたしてどうでしょうか。これを少し確認する作業を大分県の地名でしてみましょう。判断は皆さんで行ってください。
【元ノ間】
 今は佐伯市(サイキ)に統合されてしまいましたが、佐伯湾の南側の米水津村(ヨノウヅ)に鶴御崎があります。その中ほどの最もくびれた部分に間越という地名があります。マゴシ、マコシとでも読めそうですが、実はハザコと呼びます。この読みにも驚かされますが、ハザコとは何でしょうか?ハザマに関係がありそうですが良く分かりません。
 ここは船越ができるようなところではありませんが、確かに低くなっており、小山を越せば裏側の海に出られるところなのです。とりあえずは入り浜の奥にあります。馬の鞍のように上部が低くなって反対側に抜けられる場所です。
 結局、間越はマコシではありませんでしたが、この米水津は、浦代、小浦、竹野浦と、昔、良く釣りに訪れたところです。いつも思いますが、あこがれの米水津です。
 この海岸に残る「間」地名は地形が見えるために、地名の意味が良く判ります。
 本題に戻りますが、半島の先端の大島との水道は元ノ間(モトノマ)海峡と呼ばれています。元はタモトのモトであり(タは手)、半島先端から大島へと伸びる元の間(空いた間)と考えるのでしょうか?当然、海峡そのものが「間」かも知れません。
【間元】
 これも海岸地名です。津久見(ツクミ)湾の南側に四浦(ヨウラ)半島がありますが、その先端に間元(マモト)という地名があります。その先には保戸(ホト)島があります。この四浦(ヨウラ)半島も何回か釣りに来たところです。あこがれの四浦半島です。
 間元(マモト)と保戸島とは二百メートルもない海峡をなしていますが、間元という地名は間の元という意味ですから、「間」とは海峡そのものであることが判ります。つまり、抜けている場所、小山を越しても反対側に抜けられる場所が「間」であることが判ります。宇佐の和間にしても寄藻川を通じて宇佐神宮に抜ける場所にあります。こうすると「挟間」地名が谷地名であることが判ってきます。また、「隈」地名も海、湖、河に川(カワ、クワ)が注ぐ場所(邂逅部)にできる地名ですが、実際には抜けている事が重要で、海と河川の邂逅部にできる地名とは大きな河が川に抜けている場所のように思えます。間とは空間(アキマ)、隙間(スキマ)があるように、常識どおり、空いていて、抜けている事なのです。つまり「間」地名とは抜けているところ、また、抜けた奥のことです。

【石間(いしま)】 
谷川などの石の間。いわま。源氏物語(槿)「氷閉ぢ−の水は行きなやみ」

(広辞苑)
は、最適の例ですね。間は、やはり、抜けてないといけないのであり、先に行けないのです。


 No.043  20060310  有明海周辺の「間」(マ)地名 B 福岡県編

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。
(以上再掲)

 前回の熊本県の「間」地名に続いて福岡県の「間」地名を考えます。はっきり言えそうなものは、それほど多くはありません。そもそも有明海に面する福岡県の海岸の延長が短いのですから当然です。
 北から、小郡(福岡県小郡市)の南、西鉄大牟田線の瑞間駅がありますが、その瑞間(ミズ゙マ)。久留米の南、西鉄大牟田線の安武駅の東一.五キロに野伏間(ノブスマ)があります。三潴町の三潴(ミヅマ)、水沼の君の水沼(ミヌマ)、八女郡広川町の広川インター付近から西流する高間川の高間(コウマ)、いずれも古代においては湾奥だったことは間違いないと思います。
 大牟田市の北、西鉄大牟田線の銀水駅の傍を流れるのが手鎌野間川(テガマノマ)で、この手鎌(テガマ)そのものが「間」地名ではないかと考えています。
 手鎌は有明海の幸を運び大牟田市民の台所を支える手鎌漁協のあるところです。
 私には、古くから南方系の漁労民が住み着いた場所ではないかと考えています。どうも、浦地名の漁労、水運の民とは民族的にも系統が異なるのではないかと思っています。


 No.042  20060303  膳所焼

 有明臨海日記"34.近江散歩(古田武彦=元昭和薬科大学教授講演会)"において、滋賀県の大津周辺を散策してきた事を書きましたが、その折、旧東海道沿いにある膳所(ゼゼ)焼の窯元を訪れました。膳所焼の起源は古く、近江京の時代まで遡るのではないかとも言われていますが、窯元の若主人から聞いた"九州の高取焼きと似ている"という話が耳に残り消えません。九州に帰る途中もこの話が気になっていました。
 滋賀県から福井県は、磐井の乱(実は継体の乱)の継体の拠点と考えられており、後の壬申の乱や近江朝の舞台になった土地でもあります。近江散歩で書いた、石山寺や三井寺もこれらに関係するものだけに、興味は尽きません。私は、古田史学の会に参加していますので、九州の高取焼と似ているといった話を聞くと、過剰反応してしまいます。
 最近、有明海沿岸の神功皇后伝承といったものを調べ始めていますが、「西日本古代紀行」神功皇后(河村哲夫)を読んでいると、"ぜぜ"が出てきました。原文は省略しますが、一部をご紹介します。
 
 なおも遠賀川の上流へ上がっていくと、宮吉(みやよし)(嘉穂町)に出る。神功皇后がこの地を通過したとき、皇子の応神天皇がむずがって泣きやまなかった。それを見た農夫が柳の枝に団子をさして皇子に献上した。このため、この地を「ぜぜ野」と呼んだという。「ぜぜ」とは、この地方の古い言葉で、子供が駄々をこねるという意味である。
 宮吉には、応神天皇・神功皇后・玉依姫を祭神とする宮吉八幡宮があるが、別名「ぜぜ八幡宮」とも呼ばれたという。祭日には、村人たちが社殿の後で柳の枝に団子をさして食べるならわしがあった。

 この地(福岡県嘉穂郡嘉穂町)を流れる遠賀川をニ十数キロも下れば直方市であり、そこにあるのが高取焼なのです。
 古田史学の会では白村江の敗北以降の九州王朝による近江遷都、壬申の乱は有明海沿岸が舞台といった事が議論されていますが、磐井の乱(実は継体の乱)の際の継体軍の侵入コースが北九州から遠賀川を溯上するものだったと考えられていることから、その際に、戦利品として陶工が拉致されたとか、九州王朝の近江遷都の際に移住させられたといった可能性もあるのではないかと想像の冒険を重ねています。


 No.041  20060303  板垣征四郎の部下

 私が有明海の周辺で仕事をしていることはこれまでにも何度か話しましたが、本来は休みなのですが、日曜日の朝、杵島郡白石町であるご老人に出会いました。
 息子さんと一緒においでになったのですが、まだまだ、頭もしっかりしておられ、とても八七歳とは思えぬ健脚ぶりでした。仕事が一段落したところで、しばし、路上でお話をする機会を得ました。年齢から考えて軍歴をお持ちのはずと思い、いつもの古川定石により軍歴をお聴きしました。路上のことゆえ詳しい事まではお聴きできませんでしたが、「現役ですか?」とお尋ねすると、「昭和一四年の志願」と言われました。日支那事変(日中戦争)の際中でも、まだ、召集は少なかったことでしょうから、志願とは現役志願の事かとも思いましたが、また、お話をお聞きすることがあるため、そこではそのままに致しました。お話によると北支にいたとのことで、復員が二一年の佐世保ですから、足掛け七年間戦地(満州〜中国本土)におられたことになります。当然、加算によって(中国は二年)軍人恩給を受けておられるのですが、憲兵曹長ぐらいにはなっておられたのかもしれません。北支事変(後に支那事変と改称)はさらに拡大し(北京取った!南京取った!)、大東亜戦争の泥沼に引き込まれ、南京攻略戦から大陸打通作戦にまで戦線は拡大しますので、最終的な大敗北に至る戦火の拡大と共におられたことになります。
 それはともかくとして、お話の中で、「本部付きで板垣さんの下にいた」とおっしゃっていたのです。
 そうです、板垣征四郎です。まさか、まだ、板垣の下で働いていた人が目の前にいたかと思うと、つくづく日本は長寿社会と思ったものです。板垣と言えば、石原莞爾とともに柳条湖事件から満州事変を計画、実行した関東軍の高級参謀であり、一九三四年、満州国軍政部最高顧問、三六年、関東軍参謀長、三七年、第5師団長として日中戦争の作戦指揮。三八年、第1次近衛内閣〜平沼内閣の陸軍大臣、三九年(昭和一四年)から支那派遣軍の総参謀長ですから、東京裁判により巣鴨プリズンの露と消えるのは判ります。
石原莞爾は"決して長城線を超えるな(北京には行くな!)"とした事で知られるように、南への侵攻には一貫して反対を続けます。板垣も一応は"不拡大派"と言われていたのですが、結局は、武藤章らの拡大派と共に大東亜戦争への暴走の中心人物になっていきます。

 蘆溝橋事件が起こるや「愉快な事が起こった」とつぶやき、作戦課長として上司・作戦部長(石原莞爾)の不拡大方針に反対しつづけ、中支那(なかしな)方面軍参謀副長としては大本営の意図とは逆に、南京攻略を各部隊にけしかけ成功させた。

『日本陸軍がよくわかる事典』(太平洋戦争研究会)PHP文庫

 このご老人が「本部付きで板垣さんの下にいた」というのは、恐らく、三九年(昭和一四年)からの支那派遣軍総参謀長当時の事と思われます。今度、お会いした時に、そのあたりの事をもっと詳しく聴いてみたいと思っています。
 現在、辻政信や板垣征四郎を自分の目で見たという人は、いったいどれほど生きておられることでしょう。ムツゴロウの行末も気になりますが、こちらも気になります。今やベトナム戦争(サイゴン陥落は一九七五年でしたか)やフォークランド紛争さえも知らない人間が成人式を迎えている時代です。時は人の人生とは無関係に流れていくものです。


 No.040  20060301  有明海周辺の「間」(マ)地名 A 熊本県編

九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 船の泊まる所。ふながかり。

(以上再掲)

 前回の島原半島の「間」地名に続いて不知火海周辺を含めた熊本県を調べていましたが、納得のゆくものがありません。はっきりいえそうなものがないようです。
はじめに取上げた夏目漱石の随筆『草枕』の舞台である旧熊本県玉名郡小天町の小天(オアマ)は、多分、「間」(マ)地名で良いと思いますが外には見当たりません。
ただ、一つだけ昔から気になる地名があります。天草上島の不知火海に面した湾奥の土地ですが、旧天草郡倉岳町役場の前にある棚底湾に注ぐ浦川の河口に目玉(メダマ)があります。これ自体変わった地名で驚かされます。
 ここは、釣行で良く通っていた場所ですが、多分、"メタ"+"マ"と考えるべきで、"メタ"は"ムタ"と同じ湿地地名と考えられ、湾奥の湿地と思うのですがいかがでしょうか。"メタ"が"メダ"でも成立するとしましたがどうでしょうか。

めた(米多)・・・吉田東伍はムタと関係するというが、これに従えば、「湿地」をいう地名であろう。
「古代地名語源辞典」楠原佑介ほか編著


 No.039  20060301  有明海周辺の「間」(マ)地名 @ 長崎県編

 九州北部には表記は異なりますが、間(マ)の付く印象的な地名が並んでいます。東から和間(宇佐八幡宮の神事"放生会"が行われる和間ノ浜で有名、大分県宇佐市)、中間(北九州市の隣の中間市)、赤間(JR鹿児島本線の赤間駅がある宗像市赤間、赤間神宮で有名な下関市の赤間)、福間(JR鹿児島本線の福間駅がある福津市福間)、野間(西鉄大牟田線の高宮駅そば野間大池の福岡市南区野間、福岡市南区)…和間のような海岸部もありますが、多くは内陸部の地名です。しかし、中間は古代においては古遠賀湾奥の土地ですし("100.港湾整備事業が海岸を破壊する"参照)、その外についても五世紀あたりにはいずれも海が入る湾奥の土地だったのです。ここで広辞苑を見ると、この地名の意味が分かってきます。

ま【間】 G船の泊まる所。ふながかり。

 と、あります。佐世保市のハウステンボスの早岐瀬戸を挟んだ対岸の城間(ジョウマ)、有明海側の佐賀県鹿島市の鹿島(地形から島とは考えにくく、対岸の間の意味か)、福岡県久留米市の南の三瀦(ミズマ)、高間(コウマ)、夏目漱石の随筆『草枕』の舞台でもある熊本県玉名郡小天町の小天(オアマ)、また、山口県防府市の勝間、兵庫県の播磨や神戸の須磨それに大阪の水間もそうかもしれません。さらには、生の高級マグロ漁で有名な青森県の大間(オオマ)も恐らく同じ意味の地名でしょう。

 これは、リポート四月号掲載予定の「馬門」の一節ですが、この「間」地名をさらに拾って見ることにします。リポートの趣旨から言っても、また、フォーラムの島原開催を予定してもいますので、まずは島原半島から始めましょう。湾奥地名の「間」地名ですから、ぴったりした題材ではあるでしょう。
 ただし、これは拾い出しの作業であり、裏を取るには、地元の郷土史などを調べなければなりません。ここでは、可能性がある地名という事で理解してもらいます。

 島原半島南部の有明海側に"北有馬"と"南有馬"(現南島原市)があります。有馬は有馬温泉の有馬ですが、「日本歴史地名辞典」(藤岡謙二郎編)を見ると、
 
A長崎県南高木郡北有馬,南有馬。『吾妻鏡』寛元二年(1244)の条に鎌倉御家人として有馬氏がいた。室町時代になると島原半島の諸豪族の中から有馬氏が台頭しはじめ,戦国時代になると・・・

 と、あります。関東御家人となると、有馬氏が住み着いたために成立した地名とも考えられますが、後に現地の地名を名乗る場合もあり一概に否定できません。有馬氏については後に有力大名になるため資料はあると思います。今後の課題です。ただ、私は、隣接して有家(アリエ)町、西有家(ニシアリエ)町という関連地名があるために、「有馬」は有馬氏が移動してきたために成立した地名ではなく、元々"アリマ"という地名が存在したように思えます。
 最後に、近くに「間」地名がもう一つあることをお知らせします。南有馬町の西隣に口之津町がありますが、有明海の出口に近い早崎瀬戸に面する入江に「白間」(シラマ)があります。南大泊という湾奥の集落に「白間崎」があるのです。私には、「大泊」(これも港を意味する地名ですが)に先行して「白間」と呼ばれていた事を示す痕跡地名ではないかと考えています。
 「白間」があれば、「赤間」もありそうですが、口之津町の隣にあるのが加津佐町、そのまた隣の南串山町に「赤間」「谷間」という地名が海岸部にあります。ここは湾奥ではないために、あることだけをお知らせして終わとします。


 No.038  20060228  最悪の"河口堰"=諫早湾干拓堤防

 諫早湾干拓事業の潮止め堤防、農水省は潮を止めるという印象が後ろめたいためか、何時の頃からか、"潮受け堤防"と呼んでいます。これについてもそれが何時から始まったのかを調べてみるつもりです。戦後の干拓事業の最盛期には"潮止め工事""潮止め堤防"という言葉(業界用語ですが)を平気で使っていたのですから、減反が迫られ、新たな農地造成への疑問が高まった頃から、漁業者への対策として、元々なかった"潮受け堤防"という言葉が使われ始めたものと思っています。
 それはともかくとして、宇野木早苗先生(元東海大学教授)とお話している中で「諫早湾干拓堤防もある種の河口堰ですね」(表現は正確でないかもしれませんが)とおっしゃっていた事が印象に残っています。そもそも、海と川の境など明瞭でないのはあたりまえであり、河川法も河川限界を特定できずに"海に至る"としか表現していません。海は塩水で、川は淡水と言えば分かったような気にはなりますが、それは、干満差が小さい丹後半島の伊根をはじめ、一般の港湾の話であって、有明海周辺では、突然、淡水から海水に変わるはずもなく、その中間には、条件によって異なりますが、それなりの大きさの汽水域が広がっているのです。もちろん満潮時は海水が諫早市の中心部まで入っていましたし、干潮時には数キロの沖合まで海が後退し、干潟に真水(淡水)が流れるのです。このように、どこまでが海でどこからが川かなど決めようがないのが干満の大きな諫早湾なのです。
 宇野木先生がおっしゃった事も納得がゆくというものです。河口堰の問題については、比較的良く知られています。海と河(川)を遮断し、汽水域を破壊するとどうなるかについては、稚魚の成育、魚の溯上、下降(まやかしの魚道を整備したところで、淡水から海水に一気に変わり、特に稚魚は適応できないのであり、周辺の魚種、その絶対量が劇的に縮小してしまうのです)、産卵域の破壊など、まずは破滅的な影響を与えますが、諫早湾潮止め堤防を川と海を切断した河口堰と考えれば、全てが氷解するのです。こと私にとっては諫早湾干拓事業の巨大な国土破壊、環境破壊をより良く判らせてくれる劇的効果を私に与えたのでした。


 No.037  20060226  白浪五人男

 白波五人男といえば、歌舞伎の「白波五人男」"稲瀬川揃いの場"が有名ですが、有明海・諫早湾干拓リポートのライターを五人男に見立て、あと二名ほど募集します。 
既に、二人は常設のリポーターとして揃っているようですから、残り二人ほど欲しいというほどの意味です。もしもライター五人が揃えば、毎月の原稿は楽に揃いますから、今後とも長期戦に対応できることになります。また、私の一面的な見方を緩和し多角的な視点から、より鳥瞰的に環境問題を把えることが可能になると思っています。
 二〇〇六年度からはより多面的な報告にしていくつもりでいます。
「有明臨海日記」は基本的には緊急リポートに対応するものですが、実際には読者の幅を広げ、その絶対数を拡大するために、より読みやすい短文を目指したコラムであり、今後とも私が継続して書くつもりでいます。

   速報リポート NO. 1

 二年目に入り下記に変更します。連番は継続します。

   多元リポート NO. 2

 不知火海の自然を守る会 田辺 達也(八代河童共和国大統) 赤星十三郎か?

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者) 弁天小僧菊之助か?

 筑後川水問題研究会会員 古川 清久(自治体職員) 忠信利平(自称)

 白波五人男のうち忠信利平(タダノブリヘイ)は私が名乗らせてもらいます。
 「続いて後に控えしは、月の武蔵野江戸育ち、餓鬼の折から手癖が悪く、抜け参りからぐれ出して、旅を稼ぎに西国を、廻って首尾も吉野山、まぶな仕事も大峰に、足を留めたる奈良の京、碁打ちと云って寺々や豪家へ入り込み盗んだる、金が身丈けの罪科は、けぬけの塔の二重三重、かさなる悪事に高飛びなし、跡を隠せし判官の、お名前騙りの忠信利平」

 残り、日本駄右衛門、弁天小僧菊之助、赤星十三郎、南郷力丸を募集します。

 白浪(白波)は、文字通り"白く泡立つなみ"のことですが、元々は、(ここから広辞苑)A(後漢書霊帝記に見える、黄巾の賊の残党で西河の白波谷に籠って掠奪をした「白波賊」の、「白波」を訓読していう)盗賊の異称。

 ということです。私は島(八丈島)帰りから"白浪もの"という"盗賊もの"ができたのかと思っていました。まさか、我が憧れの"黄巾の賊"(黄巾党)とはついぞ思いもしませんでした。
 さて、フォーラム委員会の脇 義重氏は、最近、福岡市のオリンピック招致反対運動の先頭に立ち、住民監査請求を行っておられますが(TVでも報道されました)、氏も歌舞伎がお好きなようで、島原への車の中でしばし歌舞伎談義に花を咲かせていました。


 No.036  20060226  宇野木早苗教授(元東海大学教授)が芦屋港問題を学会で報告

 リポートUの100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県遠賀川河口芦屋港)で報告した遠賀川河口港の防砂堤建設問題について、海洋物理学の最高権威、宇野木早苗(元東海大学教授)先生が、神奈川県で行われる「二〇〇六年度日本海洋学会春季大会」(三月二六〜三〇日)」で発表されます。
 講演内容 "遠賀川河口港の建設に伴う海浜変形と漂砂量"です。
 100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県遠賀川河口芦屋港)は素人の私が書いただけの報告に過ぎませんが、宇野木先生は学会の最高権威であり、県も容易に無視する事はできないでしょう。芦屋町の自然を守る会は、今後、住民監査請求も準備していますが、この反対運動には僅かですが希望の光が射してきた思いがしています。
 さて、あつかましい話ではありますが、既に宇野木先生のお許しも得ていますので、この論文を掲載し、皆さんにご紹介できるかもしれません。期待してください。


 No.035  20060226  環境保護運動は保守的な運動?

 昨年の水郷水都全国会議において第一分科会(港湾埋立問題)を担当したのですが、提出文書にこのように書きました。

 まず、環境保護運動とは読んだ字面のとおり、良くて環境が守られる程度のある意味で保守的な運動です。しかし、それすらもほとんど達成できていないのが現実なのです。民間企業の場合はゴルフ場開発のように経済的に成り立たなくなれば収束するのですが、国家丸抱えの公共事業の場合は経済原則を無視して行われるために際限もなく続けられているのです。公共事業がいまだに止まる勢いにないのは、行政そのものが自らを全く制御できていないことに原因を求めるべきでしょう。

 筑後川水問題研究会の二月定例研究会で"芦屋の自然を守る会"の妹川征男(リポートU100.)をお呼びして報告を頂いたのですが、講演後の宴会で妹川さんは「水郷水都全国会議の資料集に書かれていた"環境保護運動とは・・・保守的な運動"というフレーズに衝撃を受けた」と話されていました(もちろんお酒が入った上での話ですので、そのつもりで読んで下さい)。
 もちろん私は、"所詮、良くても元に戻すだけ、大半は一時的に止めてやり方を変えろ!という請願しかできないのが現実で、実に虚しく、詰らないものでしかないという意味"で書いているのですが、妹川さんは"ふだん国土交通省や県などから嫌がられるような事ばかりやって、過激派のように言われているので、"環境保護運動とは・・・保守的な運動"というフレーズを見て驚いた。つまり、"自分達がやっている事はどこもおかしくないし、普通のあたりまえの事をやっているのだ"という理解をしたと言われたのでした(不正確な場合は私と妹川さんの間ですのでお許し頂きます。過激派がおかしいとも言えないような気がしますが)。妹川さんが「保守」という言葉に正当性を感じられたのにも多少は驚いたのですが(これも不正確ならお許しください)、もちろん、私は、環境保護運動を「保守」に過ぎず・・・と侮蔑的に扱っているつもりだったのです。しかし、人によって受け取り方がこれほど違うとは新鮮な驚きを感じたものです。
 もっとも、「保守」という言葉の対語である「革新」に進歩性とか正当性を感じているか、と、なると全くの大笑いであって、一般的には「保守」と同様に幻滅しているという表現が正しいでしょう。私に言わせれば、「保守」も「革新」も「第二保守」も全て、現状維持勢力であって何の期待も持っていないというのが本当ですね。
 一応、全文はリポートUの64.にありますので改めて読んで頂ければ分かるかと思います。

64. 第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラムin
久留米・柳川への呼びかけE 私が書く"久留米・柳川宣言"

筑後川水問題研究会会員 古川 清久
                
環境保護運動の限界とこれからの課題(壊す公共事業の提案)


 No.034  20060223  近江散歩(古田武彦=元昭和薬科大学教授講演会)

 私は筑後川水問題研究会(蔦川正義佐賀大学名誉教授会長)の会員ですが、通常、第三土曜日には同会の月例研究会に参加しています。さらに有明海・不知火海フォーラムその他の会議や集会もありますので、中々、思うようには自分の時間が取れません。そのような中、好都合にも筑水研二月月例研究会が第四土曜日に設定されました。 
 このため、前々から考えていた古田史学の会への参加を思い立ちました。大阪の古田史学の会も毎月第三土曜日に月例会が行われており、常時、筑水研とバッティングしていたのです。
 特に今回は古田武彦(元昭和薬科大学教授)先生の講演会が行われますので、逸る思いを抑えることができませんでした。これについてのリポートは不正確になりますので致しませんが(古田史学の会の公式サイト「新古代学の扉」その他を見て下さい)、講演の一部に"「万世一系」の史料批判"という注目すべき講演がありました。古田史学の会及び古田先生の了承は得ていますので、別稿により全文を紹介したいと思います。
 私は現在の皇位継承がどう行われようが構いませんし、皇統が途絶えようが存続しようが一切興味はありません。ただ、古代史の一端でも知っている人間であれば、巷間伝えられるデマのように、天皇家が"万世一系"などでは絶対になかったという事ぐらいは知っているつもりですし、歴史の改竄だけは絶対に許さないつもりです。
 講演会前の内容も実に興味深いものでしたが、念願であった古田武彦先生の『面授』の弟子になることができたのは最上の喜びでした。
 翌日から、滋賀県の琵琶湖の辺を散策し、近江八景の全てとまではいきませんでしたが、大津周辺の義仲寺、石山寺、三井寺などを散策して帰ってきました。次号の日記で"「万世一系」の史料批判"という短い論文を掲載します。
 「皇位継承問題」を巡る最低限の基礎的、科学的知識を得られることと考えます。


 No.033  20060221  「高速道路建設費 圧縮進む」をどう読むか

民営会社発注分指名入札廃止が奏功( 2月22日付け『日経新聞』 )

 昨年十月の道路公団民営化を機に、高速道路会社が発注する落札額の比率(落札率)が低下している。日本道路公団を引き継いだ東・中・西の各日本高速道路が発注する工事の落札率は昨年十月−十二月に八七%と、同四−九月に比べて五ポイント低下した。談合の温床とされる指名競争入札の原則禁止で、受注競争が起き始めたとみられる。ただ入札改革を徹底した長野県では委託業務の落札率が六〇%台に下がっており、改善は道半ばとの指摘もある。・・・

 これまで、旧道路公団が発注する工事を自らが肥大化させた子飼いのファミリー企業に高額で受注させ続け、その企業が旧建設省幹部や旧公団幹部の天下りの受け皿になり続けてきたことが伝えられてきました。私にはこの事を忘れ去る気にはなりません。甘い汁(過去税金が投入されてきた事を考えれば、実質的な税金の掠め取り行為であったでしょう)を吸い続けてきたことが、国家財政破綻の原因の一つになっていたことは間違いないと考えています。このため、「読売」のように単純に落札率が低下したからと言って喜ぶ気にも、その効果を信じる気にもなりません。
 まず、工事発注のための予算計上に対して落札率が低下すると、その計上額が減らされ余った部分が借金返済に廻されるならば、それなりの意味はあるのですが、余った予算も完全消化されるはずであって(なぜなら、ファミリー企業が別の工事を求めてくるからです)、逆に、施工延長(もしくは面積)は返って伸びてしまい、環境破壊が進んでしまうからです。この観点がなければ、改革など見せかけに過ぎず、これまで以上の環境破壊、自然破壊が進んでしまう事になるからです。
 仮に"落札率低下"が真実であったとしても、その背後には競争入札に対応するために、建設業界では大幅に労働賃金が下げられているという事実があるからです。
 実際には、競争入札の効果と言われるものの中にも、建設労働者の賃金の圧倒的低下が含まれているのであり、問題は落札率の低下ではなく、不必要な工事の削減であり、施工延長の縮減なのです。逆に本当に必要な施工水準は維持されるべきであり、間違っても構造計算疑惑物件のような設計、施工の偽造、偽装が起きないようにするべきなのです。


 No.032  20060221 オリンピックという馬鹿騒ぎ

 冬のオリンピックの馬鹿騒ぎと、痛快なまでの日本選手団のボロ負けが伝えられる中、オリンピックに反対する運動が行われています。有明海・不知火海フォーラム委員会の脇義重氏は博多湾会議の中枢メンバーですが、この博多湾会議も「福岡オリンピック」招致に反対する運動を展開しています。また、二月二二日には福岡市の主婦の団体が福岡オリンピック招致に反対して記者会見をしています。
 私は生まれてこのかた一度もオリンピック競技を見たことがありません。ニュースで伝えられる馬鹿騒ぎも直ぐにチャンネルを換えるか、カットすることにしています。 
 そういえば、一九六四年の東京オリンピックの女子バレー・ボール決勝を、"他の誰が見ても自分だけは絶対に見ない"と、小学校のグランウンドで一人鉄棒をしていたことを思い出します。

なぜ福岡市はオリンピックを誘致したがるのか?

 ここでは論証はしません。内部告発などによって明確な文書でも出てこない限り証明など全くできないからです。ただし、このように言うことはできるのではないでしょうか。
 あくまでも推定ですが、箱物行政や採算割れの地下鉄新路線整備に対する批判の声も、オリンピックの誘致に必要だとなれば許される可能性があるのです。結局、"東京と争ってまで本気で誘致ができる、もしくは、しよう"と考えている訳ではなく、"オリンピックを誘致する!"と言う事に意味があるのです。
 こうして、あの人工島建設による環境破壊も、ケヤキの購入疑惑も、破綻しつつある市財政に対する批判も、吹き飛ばすことはできないまでも、その批判の矛先を変えさせることぐらいは期待できるのです。私はこうした意図が働いているのではないかと思っていますが、その当否の判断は皆さんが自分で行って下さい。
それはともかく、オリンピックなどという愚かな行為はいいかげんに止めてもらいたいものです。
 そもそもIOCを何か公平性、公共性、正当性の備わった権威ある団体でもあるかのように考える向きがありますが、そもそも元を正せば胡散臭いヨーロッパ貴族の私的な集まりに過ぎず、サーカスの誘致主、興行主といったものでしかないのです。 
 こんなものがスポーツの神聖性などを語るのも汚らわしく、選手が競技に人生を掛けるのは勝手ですが、所詮はスポーツを飯の種にしているのであって、純粋にスポーツが好きならば黙ってやれば良いだけの話です。それよりも、オリンピックのために失われる自然環境(長野を見よ)や唯一の住家であるテントを追い立てられるホームレス、無駄な箱物整備、財政破綻、交通渋滞、テロ防止のための戒厳令・・・等々。あなたは、そうまでして、まだ、オリンピックを見たいのですか。と言いたくなります。


 No.031  20060221 「古川」地名について

 福岡県久留米市田主丸町に筑後川のブランチにあたる古川という名の小河川があります。
これは筑後川の旧河道というか三日月湖状の川ですが、北海道の石狩川周辺の低地などにも多く見られるものです。同様のものは佐賀平野西部のJR長崎本線と佐世保線の分岐付近の六角川支流にもあり、同じく古川と呼ばれています。

みかづき・こ
【三日月湖】 河跡湖(かせきこ)の俗称            (広辞苑)

 巨大低地のアマゾン川周辺には蛇行する河と三日月湖が大量にあります。土(岩)質によっても形成され方が異なりますが、有明海沿岸の土地とは実にこの高低差のない低地の表面が固まっただけのものなのです。この一帯に住まわれていない方には分かりにくいかもしれませんが、ニメートルも掘れば直ぐにゲル状の軟弱地盤が出てくるのです。
 まさに古川という名はこのような低地に特有な、いわば普通名詞であり、地名であり、姓であるということが分かります。私は清久という名前ですが、これはまさしく河川改修に反対しそうな運命的な名前に思えます。