No.030  20060217 コンピューターは人間を幸せにしない!

 職場にオフィス・コンピューターが入ってダラダラと一週間もかけてチェックをしていた時代が懐かしく思うこの頃ですが、当時は明らかにコンピューターは人間にとって、まだ、道具でした。事実、数日掛けていた集計が瞬時に仕上がり、楽になったと実感していたものです。しかし、パーソナル・コンピューターが普及しはじめ、個人ごとに机に置かれる時代になってくると、この環境は一変します。コンピューターを使っていたはずの人間が、逆にコンピューターに使われ道具になって行くのです。
 もちろん、世代の問題はあるでしょうが、もはや、この環境は不可逆的かつ確定的で、今後は、コンピューターに適応し、自分の頭でものを考えないある種の人間が巾をきかせる時代になって来るように思います。

省力化された分だけ別の仕事が与えられ返って多くの仕事をさせられる

 この手の話はかなり言われていることであり、ことさらに言うほどのものではないかもしれませんが、最近、この緊張感に人間が負け始めている思いが募っています。
 コンピューターが人間を幸せにしない理由を簡単に言うと、人間が職場でコンピューターを使って省力化することができて、その結果、空いた時間に本でも読めたり、休みが増えた場合は確かに幸せになれるのですが、しかし、現実の職場では通常は資本家に搾取され続ける従属労働のはずであり、少しでも無駄をさせないように人間が減らされるか、直ぐに手が空いた分だけ別の仕事が与えられ、結果的に前より多くの仕事をさせられることになるのです。こうして仕事のスピードだけが一方的に上げられてしまうことになり、ストレスと緊張感だけが高まって行くのです。
 自営業者の場合はコンピューターで省力化できれば確かに楽になるのですが、自営業者というものが、現実には特殊なもの以外では消失してしまっており、もはや、機械化やコンピュータ化できない、したら価値が無くなってしまうものだけしか残っていないのです。
 身近なところでは、床屋、割烹、ソープランド、花屋、お笑い芸人・・・といったところですか。
 機械についてはマルクスが描いたラッダイト運動が思い起こされますが、現代も同じ産業革命期であり、コンピューターの破壊活動が始まるかもしれませんね。ウイルスは新手のラッダイトかも知れません。

【ラッダイト運動】
産業革命期に,機械の導入によって失業と共同体の解体の脅威にさらされた英国の手工業者・労働者の起こした機械破壊運動。1811年−1817年ころ中・北部の織物工業地帯に広がり,政府はきびしい弾圧を加えた。・・・・・・   (広辞苑)


 No.029  20060216 ブゲンシャ

 "26.ヌゲンクユル"で勤務中に耳にした古語の話をしましたが、同僚のマサシ君とレッサー・パンダ君の話をさらに良く聴いていると、"「あそこはヌゲンクユッケンヨーナカもんね!」と言ったお婆さんが、自分の家は「ブゲンシャだった」とも言っていた"と教えてくれました。
 "「あそこはヌゲンクユッケンヨーナカもんね!」よりは、分かりやすいかもしれませんが、事実上の死語と言って良いでしょう。
 生きているところと言えば、"分限免職"の"分限"も関係がありそうですが、落語の「高津の富」(桂 小南や桂 紫雀)に出てくる"千両分限"程度でしょうか。

 これも広辞苑を見ておきます。

ぶげん・しゃ
【分限者】
  金持。ものもち。ぶげんもの。四河入海「兪氏はいかめしい大名の―で有るぞ」とあります。

 しかし、八十歳程度のお婆さんとは言え、実際に生きた言葉として使われる例を知ると感激してしまいます。有明海の周辺は古語の宝庫ですね。これらの歴史の宝物を破壊し続ける公共事業には怒りが募ります。


 No.028  20060213 プルサーマルという火中の栗を進んで拾う佐賀県の愚かしさ

誰も受入れたがらない核ゴミを辺境の下北半島と佐賀=東松浦半島で受入れる

 佐賀県ではプルサーマル受入れという歴史的愚行が始まりました。未来の歴史家は必ずや史上に残る誤りとして受入れに旗を振った人間を侮蔑的に扱う事になるでしょう。
 まだ、最低限の知識の浸透と検証も不十分なために、目先の利益である公共事業の導入程度にしか見えていないようです。しかし、既に受入れは確定的であり現状ではセレモニーを行っているだけと言うのが実態に近いかもしれません。
 このため、本ホーム・ページでも昨年四月の段階で提起していたのですが、非力は如何ともし難く残念としか言いようがありません。
 既に昨年のリポートU 51.HP「環境問題を考える」管理者 近藤 邦明氏が詳しく触れていますので、ここで新たに説明を重ねることはしません。
U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために   (No.1)  4月号
51 環境問題と原子力 
 HP『環境問題を考える』管理者 近藤 邦明
20041201

 プルサーマルを含めた原子力発電、核燃料サイクル、高速増殖炉(FBR)などについての詳しい解説や実態は上位サイトのHP「環境問題を考える」外に掲載されている槌田敦教授(名城大学)をはじめ「核開発に反対する物理研究者の会」の専門家による論文を読んでください。動力炉核燃料事業団、九電、科学技術省の宣伝がいかに安易で誤ったものであるかが判るでしょう。
 賛成派、反対派を問わず、まずは「プルサーマルが安全かどうか」などといった議論は、これらの論文の一端でも読み、最低限の知識を蓄積してからにして頂きたいものです。反対している人間の論点も判らないままに発せられる「プルサーマルの安全性は十分に確認された」といった虚言は未来に向けた犯罪行為に近いものなのです。
 "無駄な公共事業"はただの税金の掠め取り行為程度で済みますが、ことプルトニウムに至っては、日本の存続から人類の生存にも関わりますので、土建屋に担がれた田舎の村議会程度の頭で結論を出すのは危険極まりない火遊びなのです。
 プルサーマルはプルトニウムとサーマル・リアクター(熱中性子燃焼炉=核分裂反応に熱中性子を利用する原子炉=一般には軽水炉)を結びつけた造語ですが、基本的には厄介者というよりも人類が安全に扱うことが絶対に不可能なプルトニウムを反応させるという許しがたいものなのです。既に原発によって麻痺させられているからでしょうが、まずは原発の百万倍も危険なものと知るべきでしょう。

派遣要請について

 槌田 敦教授 ほか への質問や派遣要請はある程度お引き受けできると思います。
 仮に、反対運動が補償金目当ての条件闘争や選挙の票集めのためのものであったとしても、真実を知らせるのが真の科学者の義務であり、本ホーム・ページの姿勢です。

現実のプルサーマル

 『決定版原発大論争!』(電力会社VS反原発派)別冊宝島編集部 編 という文庫本があります。一応は両者の主張を公平に扱い討論形式にしたものですが、この本には、衝撃的な事実や、普段表面に出ない戦慄の危険について書かれた多くの論者による論文が掲載されています。原子力問題を真面目に考えようと思う初心者が読むには最適の入門書であり、まずは必読の書でしょう。
 全てを紹介するわけにも行きませんが、タイトルが派手な論文ですが、あえて、一番地味で落ち着いた内容の部分を掲載します。ただし、全体のトーンを理解して頂くために、サブ・タイトルだけは全部を掲載しておきます。

「一回の事故で一億二千万人を死に追いやるプルトニウムの恐怖の中で生きる意味を問う!」                  高木仁三郎(原子力資料情報室)

プルトニウムを見捨てたアメリカ
高速増殖炉から撤退を始めたヨーロッパ
動かない再処理工場
空洞の燃料棒

 ・・・現在の原子炉は、プルトニウムを燃やすためのものではなく、ウランを燃やすためにつくられたものである。「内部資料」(電気事業連合会のもの:古川註)にもあるように、ウランを燃やすことによってプルトニウムができるのは事実だが、その濃度は〇.三%程度。ところがプルサーマルで燃やすMOX(モックス)燃料には、三%程度のプルトニウムがまぜられている。プルトニウムの量が十倍も違えば、そこに「差異がない」などとは、とても言えない。
 実際に行われているプルサーマルを見ても、ウラン燃料と同じ取り扱いをしているところなど一ヶ所もない。プルトニウムの入った部分の反応が非常に激しくなるからである。
 プルトニウムの周辺では、制御棒の効き方が悪くなる。そのため制御棒の近くには、プルトニウムの比率の高い核燃料は入れられない。日本で計画されているプルサーマルでも、最大限、炉心の三分の一程度しかMOX燃料を入れられないのではないか、と考えられている。
 だが、制御棒を避けて燃料を装荷すればそれでよいのかと言うと、残念ながら、そういうわけにもいかない原子炉の中の燃料の配置に応じてプルトニウムの比率を変えたり、燃料棒の上下で比率を変えたりもする。ときには、内部が空洞になったペレットをつくったりもする。ペレットの中をプルトニウムで満たすとウラン燃料と核的データが合わなくなり、反応が激しくなりすぎるからである。
 こうした燃料が一つの結晶として、長期間、健全な状態を保てるかと言えば、きわめて疑わしい。極端に言えば、暴走を起こす危険すらある。こんな燃料がウラン燃料と「本質的に同じ」はずはないのである。・・・

   一回の事故で日本は全滅
   プルトニウムに管理される社会
(インタビュー構成 恩田勝旦)

近藤論文の戦慄とその意味

 当方のサブ・サイトとは異なり、近藤論文は科学者、研究者、専門家向きの構成になっています。しかし、年間のアクセス数が三十万から五十万件(日量千件〜千五百件)に上がり読者も増えてくると、私を含めた一般の読者にはなかなか難し過ぎて理解できない部分が多いかと思います。その限りで、51. 環境問題と原子力 プルサーマル、もう一つの意味 が打ち出した重要な側面について、簡略化した解説をしておきたいと思います。
その前に、
@ プルサーマルが経済的にはペイしないにも関わらずなぜ行われるのか?
A 科学技術省の予算確保と関係する科学技術者の失業対策なのではないか?
B そもそも安全ではないとわかっているにも関わらず行われるのはなぜなのか?
C そもそも原子力発電は効率が悪いにも関わらず行われるのはなぜか?
D いずれ廃棄物の処理がその絶対量によってできなくなることが分かっているにも関わらず行われるのはなぜか?
E プルトニウムに至っては半減期から考えて安全に管理できるはずがないにも関わらず行われるのはなぜか?
答えるべきことは多いのですが、それは近藤邦明氏のサイトを見てください。

 彼が描き出したプルサーマル問題の深刻な側面については、現在の導入賛成、反対の論議の中ではほとんど議論されていません。原発反対派にしても、プルトニウムを燃やすことがいかに危険かといった側面、放射能漏れはないのかといった視点でしか議論されていないのです。それと異なる意味合いを描いたのが、近藤邦明氏による"プルサーマル、もう一つの意味"です。 
 日記では長くなるために、このことについては別稿として書くことにします。
 ここでは、予告の意味を込めて、簡略化した説明を行っておきましょう。

なぜ、効率も悪いプルサーマルをあえてやろうとするのか?

 日本は「核拡散防止条約」に加盟していますので、核兵器の保有が禁じられています。このため、実験段階が終われば、商業用原子炉の燃料として利用しているというポーズをとる以外に核兵器の材料になるプルトニウムを合法的に保有することはできないのです。
 ただ、軍事用プルトニウムもプルサーマル発電の燃料だと言うことができさえすれば良いのです。他の電力会社はプルサーマルは運転が難しく、発電コストが嵩む事を十分に知っているはずであり、コストの割に合わないと踏んでいるはずですが、今回、九電が受入れる事について、県は実質的に関係はなく(まず相手にされていないでしょう)、国と電力会社レベルで話が着けられのだと想像しています。それに乗せられ火中の栗を拾わされたのが佐賀県だったことになるのでしょう。
 高速増殖炉"もんじゅ"が全く見込みがない中で、本来、軍事用プルトニウムの製造、保有に合法性を持たせるためだけに、再処理プルトニウムを燃料とする商業炉が必要なのです。
 それとは別に、日本には高速増殖炉"もんじゅ"や高速実験炉"常陽"によって蓄積された大量のプルトニウムがあるはずです(槌田教授は百キロ以上とされています)。 
 詳しくは上位サイト「環境問題を考える」搭載の各論文や「核開発に反対する物理研究者の会」の論文を読んでください。私は、原子力関係の本はそれほど読んでいませんが、親鸞が法然につき従った如く、槌田敦教授は真実を語っているものと愚直に信じているものです。
 
ハーフ・ライフ

 プルトニウムは自然界にはない人間が創り出したものですが、同位体プルトニウム239は半減期が二万四千年とされています。このほとんど永久に近い時間、安全に管理し続けなければならないのですが、地下に保管するとされている高レベル放射性廃棄物も含めて、永久に近い時間、大規模な地殻変動、大地震、火山活動(溶岩の貫入)、戦争、内乱、火災もなく安全に保管できると本気で考えているのでしょうか。仮に溶岩と一緒に地上に押し出されても、放射能は全く変わらないのですが、これを安全と言い切れる人間は、全く知性がないか嘘をついているかでしかないはずです。


 No.027  20060212 第9回有明海・不知火海フォーラムin島原第2回現地実行行委員会開催さる

前にもお伝えしましたが(リポートU102.)、第9回有明海・不知火海フォーラムin島原が開催されます。前報告再掲(修正)

1. 第9回 有明海・不知火海フォーラム実行委員会が立ち上がりました。同時に現地実行委員会も結成されています。
2. 既に日程、場所も決定されていますので、お知らせしておきます。

 日 時 : 2006年7月29日(土)午後1時より6時まで
 場 所 : 有明町総合文化会館 グリーンウエーブ 多目的ホール
 主 催 : 第9回 有明海・不知火海フォーラム in しまばら実行委員会
 ※ 有明町は合併により既に島原市有明町になっています。

 二月十一二日、副実行委員長の脇 義重と島原に出向きました。
 今回は十名ほどの参加を得て、会場となる島原市有明町において、第2回現地実行委員会を行いました。
 長崎県は知事選が終わったばかりですがは諫早湾干拓事業を推進する姿勢に変更はなく、当然ながら、開門調査にさえも反対の立場を取り続けています。従って、諫早に続く島原開催は言わば敵地での開催であることに変わりはなく、実際には困難に遭遇することも考えられます。
 この状況の中で実行委員会に加わっていただいている皆さんには頭が下がりますが、成功への決意には変わりありません。
 本、ホーム・ページは、フォーラム委員会の公式サイトではありませんが、私自身も実行委員会ですので、今後ともフォーラム情報を流します。
 今後とも粘り強い闘争の継続を続けるために、実行委員会により多くの参加を呼びかけます。

 さて、蛇足ながら、こういった場合、さしずめ"実行委員会の立ち上げ"とでもするのでしょうが、私は自動詞(起つ)と他動詞(揚げる)の異質な組み合わせによって成立した名詞である"立ち上げ""立ち上げる"という新造語は許しがたく、また、嫌悪感が強いために使う気にはなりません。言葉は文化であり、知性の集約されたものであるべきですが、言葉の乱れは目を覆うばかりです。
 他者によるものでしたので、前回は「第9回 有明海・不知火海フォーラム実行委員会が立ち上げられました。」としてそのまま掲載していましたが、今回は、言わないうちに自ら修正されていましたので、「立ち上がりました。」としています。それはともかくも、「立ち上げる」を流行り言葉のように使う輩には、鉛を飲まして舌を切ってやりたいと思うばかりです。多分、その人間は、自動詞と他動詞を混同し、自分の子供を「抱き上がる」とでも言うのでしょう。


 No.026  20060211 ヌゲンクユル

 これも、勤務中に耳にした方言というよりも、古語の話です。
 ちょうど、リポートUの球磨川の話、109.瀬戸石崩れ(セトイシクズレ)、=瀬戸石崩(セトイシクエ)を仕上げていた時期でしたが、同僚のマサシ君とレッサー・パンダ君が二人で出張したのです。
 焼き物の町有田に隣接する山内町という田舎の小さな町の話ですが、八十に近いお婆さんと話を始めたら、"ヌゲンクユル"、"ヌゲンクユッ"(「あそこはヌゲンクユッケンヨーナカもんね!」)などと言い出だして、"始めは何の事だか意味がさっぱり分からなかった"と話してくれました。
 二人は三十代の前半と後半の青年団のために当然の事かと思わざるを得ませんでした。
 恐らく六十歳前後の人までは大体の意味は拾えるのでしょうが、さすがに三十代ともなると、よほど言語に興味を持っていない限り、理解できないのは"いたしかたない"と言わざるを得ないでしょう。
 二人とも読書好きの優秀な職員ですが、それは時代、世代の限界であり、こうして古い言葉は消え去り、「立ち上げる」などといった自動詞と他動詞の区別も付けられない愚かな言葉(行政からマスコミに至るまで馬鹿げた用法が広がっています)が巾を利かすような事になって行くのです。
 瀬戸石崩(セトイシクエ)でも説明しましたが、"クエル"、"クユル"、"クユッ"は、崩れるの古形ですが、崖が崩れることを言います。

【崩え・潰え】(クユの連用形から)崖崩(がけくずれ)。また、崖、つえ。(広辞苑)

 九州の秀峰に祖母山、傾山がありますが、その一峰に大崩山(オオクエ)がありますので、この山を見られれば、意味がより鮮明になるかもしれません。
  "ヌゲノ"の方も一応、説明しますが、"ノ"は格助詞の"ノ"であり、"ガ"ほどの意味です。"ヌゲ"も広辞苑を見てみましょう。

 【脱げる】《自下一》*□(□の中に文)ぬ・ぐ(下ニ)身に付けたものがひとりでに取れて離れる。外側を覆い包んでいたものが取れて離れる。・・・

 結局、このお婆さんが二人に話したのは、「一度崩れた場所(だから)がまた崩れる」という意味だったのです。もちろん「ヌゲ」は脱げたところ、つまり、崩れた所という意味の動詞から転化した名詞の「脱げ」(崩壊地)の意味だったのですが、同地区の古老の間では、"ヌゲル"も動詞として生きていることは言うまでもありません。 
 人気のある黒川温泉からそう遠くない熊本県小国町の岳の湯、はげの湯の「はげ」も同じく崩壊地を意味する地名で「ハゲル」は「・・・草木がなくなって山などの地肌が露出する。・・・」(広辞苑)にあるように、「ヌゲル」と同じ言葉ですが、熊本と佐賀の二つの言葉がなぜ分散しているかまでは見当も付きません。多分、地名の成立期の違いなのでしょう。
 それはともかくも、「立ち上げる」を流行り言葉のように使う輩には、鉛を飲まして舌を切ってやりたいと思うばかりです。多分、その人間は、自動詞と他動詞を混同し、自分の子供を「抱き上がる」とでも言うのでしょう。愚かさにも程がありますね。


 No.025  20060210 雑餉隈(ザッショノクマ)という古代の饗応処に関する作業仮説

 福岡市に雑餉隈(ザッショノクマ)という変わった地名があります。
 "隈"地名は福岡県(金隈、月隈、七隈、干隈、道隈・・・)、佐賀県(日の隈、鈴隈、早稲隈、山隈、帯隈・・・)、熊本県などに数多く分布する地名で、海や湖と河川との邂逅部などに付く地名のようです。九州ではそれほど珍しくありませんので、ここでは隈の話はしません。

 クマという地名用語は、『岩波古語辞典』によれば、(1)湾曲しているものの曲  り目。(曲)(2)奥まったところ(隈)。(3)暗く陰になっているところ(山かげ、  阿)。・・・
『古代地名語源辞典』楠原佑介ほか編著
 
 雑餉隈については、福岡市に隣接する春日市に雑餉隈町がありますし、西鉄大牟田線の井尻駅と春日原駅の間に雑餉隈駅があります。
ただ、「雑餉」については一般になじみのない言葉だと思いますのですので書いてみたくなりました。
 私は佐賀県でも有明海沿岸で多く仕事をしてきました。このためこの地域の言葉と日常的に接してきたのですが、ここには、方言と言うよりも鎌倉時代やそれ以前から使われていたと思われる古語が多く残っています。
 その一つに"オザッショウ"があります。現地で使われているのは"お御馳走"というほどの意味ですが、ここで広辞苑を見てみましょう。

ざっ・しょう(・・シヤウ)
【雑餉】
もてなしのための酒や食物。雑掌。日葡辞書「ザッショウヲヲクル」

雑掌。が出てきましたので、「雑掌」も見てみますと、

ざっ・しょう(・・シヤウ)
【雑掌】
@ 古代・中世に、国衙(こくが)・荘園・公卿・幕府などに属して、種々の雑事を扱った役人。特に訴訟に従事したものを沙汰雑掌という。雑掌人。
A 近世、公家の家司(けいし)の称。
B 1872年(明治5)宮内省に設けられ、宮中の雑役をつかさどった判任官。86年廃止。
C 雑餉(ざっしょう)に同じ。

 現地の雑餉隈は"ザッショ"と呼ばれています。"ザッショウ"と"ザッショ"の違いはありますが、"ザッショ"は"ザッショウ"の促音化したものと考えてまず間違いないでしょう。
 さて、春日市の雑餉隈町は御笠川と那珂川に挟まれた低地ですので、古代(仮に七、八世紀)において、博多港(那ノ津)に入った中国や朝鮮からの賓客を饗応する役所、迎賓館があったのではないかと考えています。
 那ノ津からは小船に乗り換え雑餉隈辺りまでは楽に入れたはずですが、防衛上も検疫上も、また、賓客が休息を取る必要からも、一端この地に留まり、許可が出て初めて古代の王都(九州王朝)であった太宰府に入ったと考えるのです。
 もちろん、私が属する古田史学の会が七世紀末においてもこれを大和朝廷の出先機関などと考えていない事は言うまでもありません。
 有明海沿岸で仕事中に耳にした"オザッショウ"という古語と、そのことから分かった博多湾奥の古代饗応処(拠点)に関する作業仮説です。


 No.024  20060210 開門調査仮処分判断(佐賀地裁)

 国営諫早湾干拓事業の工事差止めを求める訴訟は、現在もなお続けられていますが、その一部として、原告側(漁民、住民)からは新たに、中・長期開門調査を求める仮処分が申請されています。これに対して、地裁は「事業と被害の因果関係について科学的立証を見たい」として、原告漁業者側と被告国側の双方から本訴の中で証人尋問を行い科学的な立証をすることを求めています。
 因果関係については、昨年五月の福岡高裁保全抗告審で「漁業被害をもたらす可能性が考えられるにとどまる」、八月の公害等調整委員会の原因裁定で「赤潮発生で未解明部分があり、事業との因果関係を肯定できない」とし、証明不十分を理由に判断が避けられた。
「佐賀新聞」(17年二月四日付け)

 この日、原告側証人として出廷し証言したのは、堤裕昭教授(熊本県立大学:環境共生学部)でした。
 堤先生には、昨年の秋に有明海・不知火海フォーラム第一回勉強会(柳川市)での講師をお願いしましたし、昨年末にも筑後川水問題研究会が主催した"緊急フォーラム みんなで考えよう!「深刻化する有明海異変と再生の展望」"において講演していただいています。行政に尾を振る御用学者が多い中で、教授は真実を語ってくれる数少ない学者の一人です。ありがとうございます。
 教授は当日佐賀地裁において「潮受け堤防建設以降、潮流の変化など物理的影響が有明海に及び、タイラギなどが生息できない貧酸素状態が生じた」(同日付け「佐賀新聞」)と証言されています。
 福岡高裁の工事差止め仮処分に対する異議の判断(審尋)においても、また、国の公害等調整委員会の原因裁定においても、開門調査の必要性については否定されていませんので、中・長期開門調査を求める原告側(漁民、住民)からの仮処分申請についての佐賀地裁の判断は、島原で開催予定の第九回有明海・不知火海フォーラムの前にも出される可能性があります。


 No.023  20060206 CO2地球温暖化脅威説を信じますか? それとも 人間やめますか?

B) CO2が増加しているから温暖化しているのではなく、温暖化しているからCO2が増加しているのだ!

 温いコーラやビールを開ければ炭酸ガスが泡になって吹き出すことは誰でも知っているはずです。
 もちろん冗談ですが、缶に炭酸ガスが多かったから熱燗になったのでしょうか?もちろん違います。熱燗だったから炭酸ガスが吹き出したのです。ましてや、コーラやビールを鍋に入れて火に掛ければ鍋の周辺の炭酸ガス濃度は上がるに決まっています。
 言うまでもなく炭酸ガスの大半は海水に溶け込んでいます。陸上の氷や湖にも炭酸ガスは溶けていますが、やはり海水が最大です。地球が受ける太陽からのエネルギーが上昇するか、受け入れる率が上がると、地球上の気温や海水温が上がります。当たり前の話です。
 つまりビールが温もってくると、溶け込んでいる炭酸ガスは飽和状態になって大気中に放出されるのです。簡単に言うとそういうことであって、大気中の炭酸ガスの濃度が上がって海水温が上昇しているのではないのです。
 結局、CO2が増加しているから温暖化しているのではなく、温暖化しているからCO2が増加しているのです。ただ、それだけのことなのです。
 少なくとも、どちらが原因でありどちらが結果であるのかが説明されないままに、一方的な、炭酸ガス濃度の上昇が温暖化を引き起こしているという議論が暴走しているとは言えるでしょう。
 CO2温暖化論者の脳味噌の濃度は沸騰によって低下しているのでしょうか。その外の論者の方々も少しは自分の頭で考えて欲しいものです。


 No.022  20060206 CO2地球温暖化脅威説を信じますか? それとも 人間やめますか?

A) 原子力産業の陰謀

 電力産業も本心では原子力発電から撤退したいと考えているはずです。それはコスト面でも発電効率の面でも廃棄物処理の面でも割に合わない事を当の本人故に十分に知っているからです。そもそもリスクの大きいというよりも危険極まりない原子力発電を東京の臨海副都心に誘致するはずもなく、結果、半島先端といった僻地に建設することになれば、最も電力を消費する大都会から最も離れた場所に立地することになり、そのことだけでも送電ロスが巨大化し、"原子力は効率が良く夢のエネルギー"などといったことが虚構に過ぎないことは一目瞭然でしょう。
 さらに、日本のような国土の狭い国で原子力発電を行うことは、放射性廃棄物の処理がほぼ不可能であり、発電所に山積されている廃棄物がいずれはあふれ出ることになるでしょう。恐らくガルブレイスが指摘したとおり、コスト、安全性云々の前に廃棄物の処理に行き詰まり早晩止まる事になるでしょう。
 ただ、原発が野放しにされている事の背景には、国家予算が流し込まれ、それに依存して電力産業に君臨する天下り官僚の存在があるからなのです。恐らく叩き上げの電力系幹部はそのことを苦々しく思っていることでしょう。まあ、それはともかくとして、怪しげな「CO2温暖化説」を定理でもあるかのごとく蔓延させたのが原子力産業であることは間違いないでしょう。彼等は国家予算や補助金を永遠に使い続けたいが故にNASAの一学者(ハンセン)の目立たなかった仮説を利用して二酸化炭素を排出しないというふれこみの原子力発電を存続させようとしたのです。実際には、原子力発電所を新設し、維持し、廃棄(発電所そのものも早晩廃棄物になるのです)し処理するためにも大量の二酸化炭素が放出されているのですが。
 私達は"温暖化が二酸化炭素によって引き起こされている"などといったデマを信じるものではありませんのでそんな事はどうでも良いのですが、主として、フランス、アメリカの原子力産業が温暖化の危機をいたずらに煽り、液化天然ガス、石炭、石油にシフトする電力業界に、温暖化の原因である二酸化炭素を排出するとして対抗しようとした側面があることだけは間違いないでしょう。


CO2地球温暖化脅威説を信じますか? それとも 人間やめますか?

 筑後川水問題研究会 古川 清久(自治体職員)

はじめに

本ホーム・ページの上位サイト『環境問題を考える』の管理者近藤邦明氏の新著
『温暖化は憂うべきことだろうか』 (CO2地球温暖化脅威説の虚構)
定価 2,100円
不知火書房(福岡市) Tel, Fax 092-781-6962
(電話とファックスによる注文の場合は一冊から送料200円にて郵送するそうです)
※冊数がまとまる場合には送料が安くなります。

が、いよいよ発売の運びとなります。出版が大幅に遅れたために近藤さんは狼少年(「狼が出たぞー」)とまで言われていたそうです。ただし、それは、編集者である米本慎一氏がプロ意識にこだわり完璧を求めたからに外なりません。その点仕上がりは言うことはないと思います。
 さて、私も槌田敦教授や近藤邦明氏のファンの一人として、微力ながら応援の論陣に加わろうと思います。もとより物理学についての科学的な議論を行うことなどできないのですが、この蔓延する温暖化論議には、かなり、おかしな点があることに気づきますので、素人は素人なりの感覚で批判を加えようと思います。間違った事を書いている場合には、近藤さんが直ちにコメントを加えるはずですので、それを前提に書くことをお許し願いたいと思います。

 No.021  20060203 CO2地球温暖化脅威説を信じますか? それとも 人間やめますか?

@) 氷河期が来ると言っていたのは誰だ!

 三〇年ほど前(一九七〇年代の半ば)まで、"氷河期が来る"と言われていました。
 それほど昔の事ではありませんので、まだ、多くの人が覚えていると思います。
 それが、いつの頃からか、全く逆に"温暖化している"と言われるようになったのです。まず、この一事だけをもってしても、単純に信じる事は危険であると言うべきでしょう。
 手のひらを返したような逆の話というものは、"欲しがりません!勝つまでは"に対する"消費は美徳"続く"分別収集騒ぎ"であり、"鬼畜米英"に対する"日米運命共同体"と大差なく、経験的にまずは疑ってかかる必要があるはずなのです。
 この、"氷河期が来る"から"温暖化している"と劇的に変化した背後に何が作用しているのでしょうか。もしも、この説が気象学会、物理学会などの全体で言われているのだとすると、凡そ科学とはこの程度のものかと思わざるを得ないではありませんか。それとも、三〇年前までは寒冷化していたが、その後は急速に温暖化したとでも言うのでしょうか。確かにその要素は多少あるのですが、"氷河期が来る"説はどうも事実を説明できずに自滅(衰退)していったようなのです。ただ、氷河期は大きな気候変動の中で生じるはずであって、明日にも氷河期が来るかのように説明していた事がそもそもおかしいのであり、それをそのまま短期的、短絡的に受け入れたことに間違いがあるのです。
 ある意味で、その隙を突かれたというのが正しいのかもしれませんが、新たに科学者の列に参加する人間は温暖化論に飛びついたはずですし、従来の学者も改宗したのかもしれません。
 重要なのはそのプロセスです。全く反対の説が大した説明もなく劇的に転換されることに科学の脆弱さを感じるのは私だけでしょうか?少なくとも、まともな説明もなく手のひらを返すように議論が変化するのであれば、それは科学とは言えないように思います。
 ここ数十年、温暖化しているというのは経験的に理解できますが、それは大規模な温暖化への変動ではなく、大きな流れとしては氷河期もしくは寒冷化に向かっているのだけれども、一時的に小休止もしくは反動が起こっているのかもしれないのです。少なくとも、人類の歴史と重なる十万〜百万年程度の変化の中で考えるべきではないでしょうか?それが科学的思考というものでしょう。


 No.020  20060202  芦屋の人達

 有明海・諫早湾干拓リポートU掲載の100."港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)"において報告した芦屋港の防砂堤工事反対運動に勢いがついてきました。
 芦屋町の自然を守る会から「十二月にも工事が行われそうなので、一度、芦屋に出てきてくれないか」との電話が私にあったのが九月末で、慌てて現地を見に行ったのが十月の上旬でしたか。実際に自分の目で芦屋港の現地の惨状を見て、これはなんとかしなければならないと思い、一文を一ケ月掛けて書き上げたのは十一月になってのことでした。
 芦屋町の自然を守る会の人達は、"どうやったらこの芦屋の海を取り返すことができるのか"について海洋工学の最高権威である宇野木早苗先生を静岡からお呼びしてお教え願いたいと考えておられたのでした。フォーラムとの関係から教授に対して小さなパイプを持つ私に仲介して欲しいとの依頼だったわけです。
 当然の事ながら、芦屋の人達は自分達の海を取り返すために町民の意見を転換し、福岡県や芦屋町の姿勢を変えたいと考えています。
 私の一文は十二月の上旬にオン・エアされ、クリスマスの前には宇野木教授をお呼びして集会が行われましたが、それが去年までの経過でした。
 年が明けると、彼らは防砂堤工事に対する反対運動を活発に始めました。国土工通省の各級事務所、関係団体への公開質問状の提出、芦屋海岸の惨状と無駄な工事について訴えるDVDを各方面に対して大量に送り、そのこともあってテレビ局や新聞社からの取材も受けました。さらに事業に対して予算を付ける側の上級官庁(財務省)などへもDVDで宣伝を始めたのでした。一方、開示請求をしていた北九州土木事務所から過去の浚渫費用、維持費などの支出額、また、収入(港湾としての収入や海砂ですかね)などの資料を入手しました。今後は住民監査請求も行う予定であり、この芦屋港の実態がさらに鮮明になってくることでしょう。
 しかし、この芦屋の人達の情熱と行動力には私も驚きます。
 長期的には裁判闘争への発展も考えられますし(これについてはフォーラム周辺には弁護士など法律の専門家が揃っています)、宇野木先生からは芦屋港の問題についての科学的、専門的なアドバイスを頂けるでしょう。今後はフォーラム委員会や博多湾会議からの支援も得られるようになるのかもしれません。