No.019  20060129  筑後川水問題研究会と有明海・不知火海フォーラム委員会

 私は筑後川水問題研究会に所属していますが、同時にその筑水研から派遣された形で、有明海・不知火海フォーラム委員会にも参加しています。まあ、常設委員会のメンバーといったところです。
 筑水研は百人近い住民、学者、研究者、国土交通省から県・市町村の公務員、多くの弁護士、学者、芸術家、教員、学生などが参加していますが、基本的には研究団体であり、闘争団体である有明海・不知火海フォーラム委員会とは全く性格が異なっています。私は両方の団体に参加しているために、最近この違いを強く意識しています。
 有明海・不知火海フォーラムそれ自体は、漁民が生きるために闘わざるを得ない環境に追い込まれた結果、自然発生的に生み出された闘争団体であり、その構成は漁民と有明海の将来に対して深刻な危機感を抱いた多くの住民が参加したものでした。
 確かにフォーラム委員会の中枢メンバーにはそれなりに優秀な人材が揃っていますが、特別にドクターがいるわけではなく、当然ながら集会の時には漁民、住民の側に立って真実を話してくれる数少ない研究者、学者、弁護士に依存しなければなりません。もちろん漁民や住民は特別に大学教授の話を聞いてきた訳でもなく、研究発表を丹念に調べてきた訳でもありません。しかし、闘うことによって、否、闘わざるを得ないことによって、国や農水省の姿勢やその事業の本質を瞬時に見抜いているように思います。
 一方、筑後川水問題研究会は多くのドクター号を持つ人間や各方面のインテリが参加しています。そして、四半世紀にわたる月例研究会や住民の側に立った多くの研究活動や大規模な集会を行ってきた歴史を持っています。
 ただし依然として研究会であるための性格の限界を持ち続けていることは否定しがたく、その内部には行政権力との前面衝突を回避し、例えば国土交通省などと河川整備のあり方について協同して作業するような類のことに環境保護の未来を描くなどといった運動の自殺に幻想を描く傾向も散見されます。
 実際、環境問題に関して立派な業績を持っていた多くの団体が、この考え方によって国土交通省に囲い込まれ、事実上は骨抜きのイエス・マンに変質させられていっています。
 キーワードは、いわく「行政と勝負してもしょうがない」「折り合いを求めて」「住民参加型河川整備」「地域からの提案による河川開発」といった類のものです。
 一度でもこのような考え方に取り入られたられたが最後、永遠に真実を主張できなくなることでしょう。
 筑後川水問題研究会が今日まで存続しえた所以は、ひとえに指導者である蔦川正義佐賀大学名誉教授の真実を追究する姿勢にあったように思います。その意味では、筑水研だけは非常に健全で独立した姿勢を保っています。
 ただし、私自身はその枠には収まりきれず、やはり多少の違和感と居心地の悪さを感じ始めています。


 No.018  20060117  古代史と民俗学への傾斜

 最近のリポートに古代史や民俗学に関するものが多くなってきている事はお気づきでしょう。もちろん、このサイトの性格上、今後とも環境問題について書き続けるつもりではあるのですが、時折り実につまらないことのように思えてくるのです。
 ダムや干拓に限らず、国交省や農水省は今なお必要もない事業をだらだらと続けています。それを暴露し抗議し歯止めを掛けんとすることにはいささかの誤りもないのですが、良く良く考えると、よしんば歯止めが掛かったところで現状を維持しただけの事に過ぎないのです。結局、環境保護とはこのような保守的な運動に過ぎず、夢もなければ、ときめきなど望むべくもなく、ただひたすら虚しさが付き纏うのです。
 近藤さんのサイトについては、国家権力までが錯覚させられている部分があるのかもしれません(ただし、アメリカはCO2が地球温暖化の原因ではない事を十分に知っていると思います)ので、宣伝、啓蒙にも意味があるのかもしれません。しかし、現在、日本で継続されている公共事業については、正当性はもとより、必要性などさらさらなく、唯一の意味とされてきた経済波及効果においても、本家のケインジアンからさえ疑問が表明され始めているのです。公共事業はもはや直接的に利権に関与できる者だけに必要とされているのであり、ほとんど無駄であり、害悪が多い事が分かった上で行われている可能性さえ感じるのです。従って論理的に説明することそれ自体には全く意味がなく、早く立ち至らなくなることだけが救いなのです。つまり、無用で無駄な事業が意図的に繰り返されているのだとするならば、書くこと自体には、より一層虚しさが募るのです。
 そういった中で、失われ破壊されていく伝承や民俗を記録し、さらに、それに止まらずに新たな発見さえもできる古代史、民俗学の世界は"後向きの学問"とか、"死臭の漂う学問"などと言われながらも、実は、唯一、日本人にとって存在意義を見出しうるもののように感じるのです。今後も寺社仏閣などへの関心が一層強まって行くことを強く意識するこの頃です。
 このように自覚はしていますが、今後ともこれまでと同様に"モグラ叩き"を続け環境保護、環境再生への訴えを続けます。ただし、多少の脱線についてはある程度のお許しを頂きたいと思います。この息抜きがなければ、あまりにもバカバカし過ぎて継続できなくなるように思えるのです。それが、読者が支払うこのサイトの税金なのです。二〇〇六年からも私の無駄話にお付き合いくださるようお願い致します。


 No.017  20060104  *周儻不覊(テキトウフキ)
*周(テキ)は人偏に周

  *周儻不覊(テキトウフキ)という言葉があります。恐らく大半の方は御存じないのではないでしょうか。一応、広辞苑には

てき・とう【*周儻】(「*周」は高い、「儻」はすぐれる意)
@才気があってすぐれていること。
A独立していて拘束されないこと。不覊(ふき)
ふき   【不覊】(「覊」はつなぐ意)
@しばりつけられないこと。束縛されないこと。おさえつけにくいこと。「奔放―」
A才識すぐれて常規で律しがたいこと。「―の才」          

と、ありますが、これだけでは意味が伝わらないようですので、多少私流の説明をさせてもらいます。
 恐らく毎年行われている恒例の行事なのでしょうが、元旦から佐賀城本丸歴史館に県内の市町村長の「書」が飾られています。
 凡そ、議員とか首長とかいった政治を商売にしている人種を信用していない、と、言うよりも、大半の"それ"を蔑視さえしている私のような人間にとって、この種のイベントなど無価値のものでしかありません。当然のことながら、わざわざ見に行ったなどといった訳ではありません。
 そんなことはどうでも良いことですが、驚いたことに、その中に*周儻不覊(テキトウフキ)という「書」があったのです。
 種を明かすと、これは非常に読書好きで、勉強というよりも学問に熱心な私の同僚であるダイバー氏(私は"まさし君"という渾名を付けていますが)が、正月も早々に本丸に足を向け、"「*周儻不覊」という「書」を書いた人物がいた"と教えてくれたのです。 
 実は、私は将棋を指すときの扇子に、「*周儻不覊」「他力本願」の二本を持っています。「他力本願」の方は、俗な意味の「相手の方から負けてくれる事を期待する」(本来は「弥陀の本願」大悲大願の意)といった洒落ですが、「*周儻不覊」の方は、単純にこの言葉が気に入っているからです。
 司馬遼太郎氏もこの言葉が好きだったようですが、彼は「*周儻は明晰であること、自分の考えをしっかり持つこと、人がああ言うからといってそこへ行かないこと、自分の考えを明晰に持つこと、・・・不覊は、不は否定の不、覊は馬に手綱を着けて、・・・手綱が着かない人、離れ駒のような人のことを不覊というわけであります・・・人に御せられない人、そして明解な、いつも明晰な考えを持っている人」(新潮カセット文庫「司馬遼太郎が語る」第七集「キリスト教文化と日本」)と講演しています。
 「*周儻不覊」は、いわゆる明治時代のインテリの流行り言葉で、「・・・早稲田大学を興した大隈重信の『回想録』の中でも・・・自分は佐賀藩の出身である。肥前の佐賀藩であります。今の佐賀県であります。・・・薩長土肥といって官軍であります。・・・新政府を創ったグループの一つであります。"はがくれ"という戦時中にもてはやされた変な倫理の本がありまして、決して普遍的な本ではない。普遍的な思想ではない、佐賀藩だけに通用する思想書がありまして、そういう物を教えるようなつまらない藩だ、と。大隈重信という人は偉いですねぇ。自分の出身藩を罵倒している訳であります。そして、勉強ばかりさせた。・・・そのプログラムの中に藩士の子弟をはめ込んでいって、一回でも落第すると、お碌を削るとか、お役に着けないとか経済的な打撃を与えるようにしてあるシステムで、そのために藩士の子弟は・・・今の受験生のように勉強するんであります。・・・これはつまらない事だ。こういう事をやっていると*周儻不覊の精神を失うんだ。と、人間にとって一番、あるいは社会にとって一番、あるいは国家にとって一番大事なのは*周儻不覊の精神だ。と、つまり人とまじらない。まじらないという事は色が混じらないぃう事であります。交わるけれども人に同化されない。自分の考えを明解に持っておる。これが学問を興し、国家を興したり、社会にバラエティというものを創りだす。あるいは、クリエイト、創造の心を創りだすもとだ・・・と大隈重信という人はそういうことを言ったんですね。・・・」(同じく、「司馬遼太郎が語る」第七集「キリスト教文化と日本」)
 実は現在の佐賀藩たる佐賀県においても、"電子県庁"なる、大して目新しくもない掛け声の下、改革派の呼び声高い古川知事(彼は鳥取県の片山知事の信奉者だそうですが)によって全く同様の事が始められているのです。まあ、これは主題ではありませんのでここまでにしておきます。
 また、同志社大学を創った新島 襄は四六歳の若さで亡くなりますが、二つの遺言の一つとして「*周儻不覊の学生を育てなさい」としているそうです。
 このように、明治維新を担った彗星のような革命家達の中で流行っていたのが、「*周儻不覊」という言葉だったのです。
 実は、話はここからなのですが、この「*周儻不覊」という「書」を書いたのが、長崎新幹線建設を巡って古川康知事と対立し、ただ一人孤塁を守る桑原允彦鹿島市長だったのです。彼は青年会議所活動の延長に「フォーラム鹿島」を結成し、有明海の干潟で行われるイベント「ガタリンピック」を始めたのでした。知事が東大出身のエリートであるのに対して。鹿島市長は満州生まれ。中学を出て久留米工業高等専門学校に進み、在学中に家出して夕張炭鉱で働いているところを父親に引き戻された。という、いわくを持つ叩き上げの市長なのです。
 鹿島市も重要なノリの産地ですので、鹿島市長にも、一応、拙著「有明海異変」を謹呈していますが読まれたかどうかは分かりません。
 もちろん、全国的視野からはこの長崎新幹線建設を巡る対立は、佐賀県という金魚鉢の中の対立にしか見えないかも知れません。しかし、佐賀県でも有明海沿岸の鹿島市や太良町は長崎本線が並行在来線となることにより、事実上、昭和十年前後の陸の孤島に戻る恐れが出てきたのです(不正確ですが長崎本線の全線開通は昭和九年でしたか)。そして、最大のダメージを受けるのが鹿島市と言われているのです。勿論、新幹線建設は山に大穴を空け多くの自然を破壊する上に、スローフードの時代に大した時間短縮もなく、土建屋ケインズ主義者の議員どもが叫ぶ経済効果とやらも、既に波及効果(乗数効果=マルチプライヤー)が失われている上に、大半が中央のゼネコンに吸収されてしまうのですから、期待する方がどうかしているのです。ただ、問題はそれほど単純ではありません。長くなりますのでここでは触れませんが、最後に古川知事は年頭所見として"これまで手がけてきたことを大体完成させる年、『概成の年』(これは、所謂、建設業界の「業界用語」に過ぎないのですが)にしたい。"としています。城原川ダムに建設を起動し(「有明海・諫早湾干拓リポート」"38.城原川ダム建設を許すな!"を参照のこと)今、この新幹線建設にスイッチを入れようとしているのです。
 この問題に対して思うことは多々ありますが、私は新幹線を造ろうが造るまいが、国家の破産は必定であり、大東亜戦争において、開戦時から敗戦を予測して準備すべきであったように、醒めたる人は国家の崩壊に備えて準備せよ!"国敗れて山河なし、環境保護派よ我が梁山泊に楯籠れ!"を一応の年頭所見としておきたいと思います。


 No.016  20051223  柏原漁港の軍歴者達

 "8.島原−久留米−芦屋 東奔西走"において久留米、芦屋両集会への参加について書きましたが、一七日の久留米市の筑後川水問題研究会 緊急フォーラム。

緊急フォーラム みんなで考えよう!

"深刻化する有明海異変と再生の展望"  筑後川水問題研究会

日時 : 12月17日 13:30〜      
場所 : 久留米市図書館3F・視聴覚室

1.「有明海再生の道すじ」 馬奈木 昭雄さん(「よみがえれ!有明海訴訟」弁護団長)
2.「有明海の大規模な赤潮発生のメカニズム」 熊本県立大学教授 堤 裕昭さん
3.「小石原川ダムをまだ造るのか?〜利水は無用、洪水調節の意味不明、河川と海のつながりを破壊」  中原 孝矩さん(筑水研会員)元記者

は、年末の慌しい時期でもあり、実際にどの程度の参加があるのかと心配していましたが、会員の意欲と努力もあり七〇名も来て頂きました。国交省主催の筑後川流域委員会への一般の参加が中原さんを含めて三名だったのですから、真実がどこにあるかは分かってもらっているのではないかと思ったものです。
 翌日の芦屋の集会については干拓リポートの方で別途報告しますので、集会の内容についてはここでは触れません。前段の準備集会としては二十名の参加はまずまずだったのではないでしょうか。
 芦屋の集会が終わった後、地元柏原漁協の元組合長など年配の漁師三人とお会いしたこおについて書いておきたいと思います。今回の集会は海岸侵食と砂の堆積がテーマでしたので、とりあえず河口堰を問題としていませんでしたが、河口堰は河口の漁業に壊滅的な打撃を与え続けています。この点に関心を持たれている宇野木先生が話を聴きたいとされ急遽準備して頂いたのでした。
 河口堰建設以降、この柏原、芦屋海域の漁業の壊滅についても、いずれ河口堰と関連させて書きたいと思いますが、この三人の老漁師との話は実に楽しいものでした。初めに河口堰以来の漁業について話を聴いたのですが、開口一番、元組合長の口からエジプトのアスワンハイダムの話が飛び出したのには驚きました。実は、先生の本「河川事業は海をどう変えたか」(生物研究社)の第一章"海の環境を悪化させた河川事業"にアスワンハイダムの場合として書かれていたからでした。
 さて、お話するのはこの三人の漁師の方の年齢です。どう見ても七〇代前半、お一人は六〇代の後半に見えたのですが、全員、大正生まれとの事で、十歳近くはお若かったのです。普通、漁師は潮風にあたる過酷な労働により年齢からするとかなり老けて見えるものですが、御三方の血色の良さには驚くばかりでした。大正の終わりとなると、当然、軍隊経験者と言う事になりますが、元組合長はミートキーナ攻防戦に参加されたとかで、また、驚いた次第です。ビルマ方面軍、特にインパール作戦(一部雲南省)は満州からの転用組と併せて、福岡、佐賀の菊や龍(部隊の符号)といった部隊が主力でした。ミートキーナ(ミッチーナ)はアラカン山系の手前の激戦地ですが、こんなところにもビルマ戦線の生き残りがまだ生きておられたかと思うと、さすがに感じ入るものがありました。他のお二人も、内国勤務と佐世保の針尾の海兵団の一員だったとかで、しばし、環境問題そっちのけでお話をお聴きしたところでした。
 特にインパール作戦は佐賀県出身の関東軍高級参謀牟田口蓮也が補給を無視して多くの犠牲を出した愚かな作戦だっただけに、拙著「有明海異変」でもふれています(*)。
 河口堰建設前と建設後の漁獲の激変もさることながら、ミートキーナ攻防戦の記録を録音して残しておきたいと思いながら、寒い夕刻に宇野木教授と一緒に列車に乗り込んだのです。諫早の巨大堤防(これも本名川の河口堰というのが宇野木教授の見解です)も遠賀川河口堰も同じ内湾を徹底的に破壊した愚挙だったのですが、三国志に登場する宦官"十常侍"の如き薄汚い官僚の犠牲を背負って生きていくのが民衆の運命なのでしょう。

 優に半世紀以上も前のことになりますが、大東亜戦争・インパール作戦(ビルマ戦)(注)において第一五軍司令官牟田口廉也中将(佐賀県出身)と補給を巡って対立し、あえて命令に背いて独断撤退を行った第三一師団長佐藤幸徳中将は「大本営、総軍(南方軍)、方面軍(ビルマ方面軍)、第一五軍という馬鹿の四乗がインパールの悲劇を招来したのである」と批判しましたが、干拓事務所の横に立ってギロチンの海を眺める時、今日の総軍が何であり、方面軍が何であるかを思わざるをえません。累々たる白骨と化した兵士たちと同様に、この国営干拓事業によって振り回された人々の人生も戻ってはこないのです。

(注)太平洋戦争の西部方面における陸軍の敗北分岐点となったのがインパール作戦でした。日本軍によるラングーン占領以来、ビルマを追われたイギリス軍は印緬国境の西側まで後退していましたが、インド・マニプール州の州都であったインパールから雲南省を通じて中国蒋介石軍などに軍事物資を送り込んでいました。これを阻止する目的で昭和十九年三月に開始されたのが同作戦でした。アラカン山系の大山塊を超えてビルマ方面軍の主力三個師団五万の兵力が三方向から進攻しますが、補給途絶、空軍援護なし、兵力消耗という悪条件下で疲労と栄養失調、マラリア、赤痢が加わって倒れる将兵が続出、雨季の中で進路も退路も白骨街道と呼ばれる惨状を呈し、損耗率七四パーセントの大敗北を喫して撤退したものです。
(「有明海異変」初期原稿から)


 No.015  20051222  有明海 犠牲の連鎖

 イサカン最初の犠牲者は、間違いなく佐賀県太良町大浦の竹崎、道越地区の網漁師(漁船漁業者)、タイラギの潜水漁業者達でした。もちろん、イサカンに海を売り渡しても、残った海区でタイラギが採れると考え補償金を手にした長崎県小長井町のタイラギ漁民(彼らの中には漁業権放棄に最後まで反対した漁民がいることは忘れてはなりませんが)も犠牲者には変わりはありません。ただし、彼らは少なくとも竹崎、道越の漁民よりは高額の補償金を貰っているわけですから、やはり、最初で最大の犠牲者を佐賀県側のタイラギ漁民とすることはおかしくないのです。
 一方、ノリ漁民と漁船漁業者の対立の構造があります。現在、ノリ養殖には酸処理が蔓延し(百倍希釈でPH1という強酸なのです)、養殖海域を確実に死の海に変えて行きつつあります。 
 このため、酸処理が行なわれている海域では生物が消え、食物連鎖の延長に全ての魚介類が消滅していますので、それに依存して生きてきた網漁師(ワタリ蟹など)、潜水漁業者が事実上は丘に上がったままになっているのです。彼らは明らかにイサカンの犠牲者であり、同時にノリ漁業者の犠牲者でもあったのです。
 ただし、その被害割合は直ぐには判別がつかないものです。私は酸処理が行なわれてもイサカンさえなければ、まだ、再生の余地はあったはずだし、酸処理による被害も比較的小規模に留まっていたのではないかと考えていますが、確実なことは誰にも説明できないことでしょう。ところがノリ漁民に新たな脅威が迫っているのです。
 今年の秋ノリの状況を見ると、とりあえずはノリは採れているようです。ただし、昔に比べて作業量(労働量)が数倍していると聞きます。かつては苦労することなく海が勝手に育ててくれていたものが、今や寒風吹きすさぶ中で血の滲むような作業と努力によってようやく商品になるものを採っているのです。
 当然ながらそれを怠れば全く金にはなりません。ちょっとでも気を抜けば、有明海産ノリの中でも、条件の良い熊本に、さらには本州の兵庫や宮城に負けてしまうのです。
 ところが、さらに新たな脅威に晒されているのです。言うまでもなく中国産ノリです。これまで、国内産の保護のために、輸入割当枠を設けて輸入量が制限されてきましたが、中国のWTOへの提訴の脅しに負けた農水省は、早々と輸入枠を韓国産だけだったものを中国産にも広げているのです(総量規制で〇四年二億四千枚から〇五年四億枚に拡大)。元々、韓国産は品質の問題から脅威というほどではなかったのですが、今後、中国産とは明らかに競合が予想され、国内生産の半数を占める有明海産ノリも熾烈な競争に追い込まれることになるでしょう。
 そして、のり巻きなど全く食べない中国産ノリに市場が占拠され、有明海のノリ養殖が壊滅する事によって、酸処理による海の破壊の部分について再生が始まるとすれば、あまりにも悲し過ぎる話ではないでしょうか?
 中国産ノリが拡大する前に、一刻も早く全国一律に酸処理を禁止すべきですし、酸処理によって生産されたノリの輸入も同時に禁止すべきなのです。
 私にはタイラギ漁民、網漁師の次にノリ漁民が犠牲になるのが見えるようです。最後の勝利者は、商社と商社と化した漁連幹部のようにも思えてくるのですが、皆さんはどう考えられるでしょうか?


 No.014  20051221  平戸港浮桟橋のメバル釣り

 週に二、三日程度は残業していますので、さすがにストレスが溜まります。釣りに行きたいのですが、土、日は集会や会議につぶれますし、土、日に一日中原稿を書く日もありますので、とてもサーフのキスやクロの遠征釣りをする時間が出てきません。そんな中で手軽にやれる釣りがあります。
 夏場ならば、船だまりのキス釣りですが、冬場ならばメバルやアラカブ(カサゴ)釣りになります。
 昔は、メバル狙いで、夜釣りの浮き釣りをよくやったものですが、最近は手軽にやれる、生きた藻エビを餌にした脈釣りを楽しんでいます。
 メバルは食べて美味しい魚です(メバルは煮付けが最高ですね)。見た目も可愛いらしく、引きも強いために釣っても楽しい魚です。魚類図鑑などでは、最大で二八センチとされていますが。沖の船釣りでは三〇センチを越す大型の黒メバルが釣れますので、最大三十数センチクラスのものもいるようです。ただ、近場ではこのクラスは釣れません。私も、平戸の北に浮かぶ度島(タクシマ)の防波堤で、浮き釣にで二八センチを立て続けに三匹釣った事がありますが、これから話す桟橋のメバル釣りは、最大でも二六センチ、普通は食べごろサイズの二二センチ前後のものになります。
 平戸に来られた方はご存知かもしれませんが、オランダ商館跡の手前にあるフェリーの浮桟橋でメバルが良く釣れます。
 私の場合は九尺程度の短竿に二号の道糸を巻いたスピニング・リールを仕立てます。糸捌きが良いように〇.五号の錘を着けて、一号ハリスに九号の鐙(アブミ)針を結びます。最後にブクで生かした藻エビを尾掛けしてメバルを釣るのです。たまには桟橋の下に隠れている、二八センチ・クラスのクロ(関東のメジナ、関西のグレ)が釣れますので、結構、楽しい釣りになりわけです。
 風が吹くとメバルは釣れないものですし、釣れなければ簡単に帰れます。まさに、活動の合間の釣りとしては最適のものでしょう。
 私に五島への遠征の釣りをする余裕が再び戻ってくる時が来るでしょうか?
 特に、海を破壊する港湾、漁港事業が許せなくなり始めた活動ですが、今後も、国交省や農水省の薄汚い官僚どもは、平然と山、川、海を破壊し続ける事でしょう。
 実は、平戸港にはもう一箇所メバル釣りの好ポイントがあるのですが、ここは公表しないでおきましょう。