No.013  20051216  有明海の牡蠣打ち

 日記12話で伊万里湾の磯ガキ採りの話をしましたので、バランスを取るためにも有明海のカキについても書くことにしました。打ちガキとなるとなぜかカキを牡蠣と表記したくなります。打ちガキは直接生身のカキだけを取り出すためにカキを牡蠣としたいだけの事で、ただの私の感性でしかありません。このため、ここでは牡蠣打ちとしておきます。
 佐賀県の太良町あたりでは、牡蠣を"セッカ"と呼びます。また、太良町でも旧多良村の領域では"オトフセ"とも言うようですが、その語源については、いまだご紹介できるものがありませんので、これについては今後の事とさせて頂きます。
 さて、冬場になると牡蠣焼きの小屋が繁盛しますが、ここで使われている牡蠣の九割方は既に九十九島(長崎県佐世保市沖)の養殖ものであり、一部には現地産も使われますが、ここで話すのは養殖牡蠣の事ではありません。このため天然の磯の牡蠣を採る牡蠣打ちではありません。おことわりしておきますが、私は有明海の東部海域の事については良く知りませんので、ここでは西部海域の話と思ってください。
天然牡蠣もまだ採れるところはありますが、イサカンと海苔養殖によって全ての磯から生物が消えていきつつありますので、今や、牡蠣を打つ人の姿もほとんど見かけなくなりました。
 このため牡蠣打ちの話となるといきおい昔の話になります。三〇年ほど前までは、冬場になると磯に出て牡蠣打ちをする人の姿を良く見たものです。潮が引くと地元の女が連れだって磯に出てきます。道具はつるの付いた笊と爪の付いた金槌状の道具だけです。
 車がそれほど普及していなかった時代に、重い殻付きの牡蠣を運ぶのは大変なうえに、食べた後の殻の処分もそれなりに必要になります。このため、岩に付いた牡蠣を現場で割って、牡蠣そのものを取り出して笊に移し、移動しながらその日に必要な量だけの牡蠣を持ち帰り食べていたのです。これを牡蠣打ちと言うのですが、お分かり頂けたでしょうか。この時期、磯を歩くと、殻が取れた白い斑点を良く見たものでした。
もちろん牡蠣は殻をその場で開けて食べる方が美味しいに決まっています。しかし、それが簡単にできるようになったのは、車が普及し燃料がフンダンに手に入るようになったからでした。
 昔は持ち帰った生の牡蠣はそのまま味噌汁に入れたり、米に入れて炊いて食べていました。昔の人間は日本のような高温多湿の国で生のまま食べるような馬鹿げた事はしなかったものです。野菜も基本的には炊いて食べていましたし(煮しめ)、有明海沿岸の貧しい土地柄では風味とか鮮度などと贅沢な事を言う余裕など全くなく、ただひたすら生き抜くための栄養を摂るために食べていたのです。私の母親も、生の牡蠣を芋と一緒に蒸かして食べ、牡蠣からの僅かな塩で芋が美味しかったと話していたものです。塩さえも貴重な時代の話です。風味とか生食は現代人の驕りに近いものであることが最近良く分かるようになりました。
 そもそも、サラダなどと言った日本の風土に合わない風習が日本に定着するのは、言うまでもなく、戦後の事であり、アメリカに尻尾を振った旧厚生省や栄養士によるヨーロッパの食習慣の単純な猿マネに近いものでしかなかったのです。高温多湿の国への野菜の生食が持ち込まれた事の延長に、O157のカイワレ騒ぎがあった事はもう忘れられたかのようです。
 それはともかく、今や、冬場の風物詩であった有明海の"牡蠣打ち"は消えてしまったという強烈な印象に寂しさを感じるこの頃です。


 No.012  20051215  伊万里湾の磯ガキ採り

 なかなか自分の時間が取れないこともあり、年末の忙しい時ながら昼から休みを取って磯ガキを採りに行く事にしました。場所は佐賀県の伊万里市と肥前町の境に近い伊万里湾内の静かな入江です。
 昼食もそこそこに、同僚のダイビング仲間(もっとも彼はボンベも使う専門家で、私はただ素潜りなのですが)のN氏と職場から四〇キロほどの地磯へと向かいました。
 「有明海異変」といわれる海の変調は今も変わりません。否、むしろ酷くなっていると言うべきで、もはや正常な海では無くなりつつあります。正直に言うと、有明海でカキやアサリの養殖に努力をされている方には気の毒な気もしますが、死に向かいつつある海、死んだ海(実際は農水省や国交省に殺された海というべきなのでしょうが)の物はなにも食べたくないという人が出てきてもしかたがないとも言えます。
 これは過剰生産が著しい海苔も例外ではなく、いずれこの事が鮮明になってくるのではないかと思っています。
 漁連側も農政局による欺瞞に満ちた"再生事業"などといった懐柔策に載せられるのではなく、自分達の生活基盤である海が、再生どころかまっさかさまの死へと向かいつつあるという事実に早く気づくべきでしょう。それとも傘下の海苔生産漁民を切り捨て、中国産海苔の輸入業者にでもなって生き残ろうと考えているのでしょうか(実際、輸入米と同様に利幅が非常に大きいはずです)? 
 話が横道にそれましたが、私の場合は、死んだ有明海の物を食べたくないから伊万里湾に行くのではなく、昔から伊万里湾でアサリや牡蠣を採ってきました。
 この場所は非常に分かりにくいところでもあり、今でも磯ガキはフンダンに採れますが、さすがにアサリは採れなくなりました。
 ただし、これは有明海の不漁とは全く無関係で、元々、アサリが採れない場所にしばらくの間、例外的に採れる状態ができていたのです。通常、磯にはアサリはいません。この場所は昔から磯だった所なのですが、人為的に大量の砂が棄てられたためにしばらく(十五年ほど)の間、アサリが採れたのでした。
 ここはいわゆる農林海岸と呼ばれるものですが、農水省所管に海岸保全事業と呼ばれる堤防や道路を整備するものがあります。目立った農地がない場所であり、現地を見てもらえば一般的には事業を投下する必要性など全くないように思えます。ここでも大規模に自然海岸が破壊されたのです。それはともかくも、"この時の余った砂を磯に投棄(処分)した"のだと事業関係者から聞きました(行政の許可によって行われているために海岸法ほか法律的には一応は問題がありません)。このため、一目アサリなど採れそうもないような場所なのですが、しばらくは、かなりのアサリが取れるようになったのでした。
 足掛け十年ほどの間、私は母親を連れて何度もアサリを採りに行きました。最盛期はハマグリ大のアサリが採れることもあり、毎回、バケツ一杯のアサリを持って帰り、三家族で分けても、四、五日はアサリのみそ汁が食べられるほどでした。アサリを採った事がある方は良く分かられると思いますが、天然の健康なアサリは、貝の内側が黄色い健康な色をしています。そして、輸入物とは違う抜群の風味を持っているのです。
そのアサリも今は採れなくなりました。ただ、元々は磯である以上いつかは砂が流れ去り磯に戻るのは当然であり、その通りになっただけなのです。
 それはさておき、スーパーの買い物カゴに山盛りの牡蠣をお土産に持ち帰ることができました。正月前にも、もう一度採りに来ようと考えています。
 磯の牡蠣ですから見た目も綺麗で水洗いの必要などなく、私の場合は大きな鍋に牡蠣を並べて火を着けて一分もすれば蒸気が出てきますから、火を弱めて殻を開け始めたところにすかさず千枚通しを刺し込んで半生状態の牡蠣をポン酢で食べるのです。
 これほどシンプルで美味しいものはありませんが、自分で採った牡蠣を食べるのは格別の喜びがあります。牡蠣焼き小屋で一家族数千円もの金を払って僅かな量の牡蠣を食べる人達が哀れに思えてきます。


 No.011  20051209  栂尾神楽をご存知ですか?

 九州脊梁山地の中央部、宮崎県椎葉村のその又奥の辺境に栂尾(ツガオ)という小集落があります。
 十一月から十二月にかけては神楽の季節ですが、今回は神楽にまつわる話をします。
 私は釣りをして海にばかり足を向けているのではなく、まとまった休みさえ取れれば、中国から九州の脊梁山地の山奥に入り込み、柳田国男、宮本常一といった民俗学者を気取って辺境最深部を探索することを最上の楽しみとしています。
 まず栂を説明しなければならないでしょうが、それは広辞苑に任せる事にして、栂尾神楽の話をしましょう。この栂尾神楽は素晴らしいの一言です。神楽と言えば高千穂辺りの観光化された神楽が著名ですが、柳田流に言えば"山民"の生きた生活に根ざした神楽が完全な形で伝承されているのは、やはりこの栂尾を除いては外にはないでしょう。
 私は栂尾に通い始めてまだ五年程度ですので、栂尾神楽を云々するのは任が重過ぎますが、夕方六時頃から徐々に舞い始められ、観客と共に夜通しで舞い続けられ、三十三番全て終わるのは翌朝の十〇時頃になってしまいます。そのことだけでも驚くのですが、それを支えるのが僅かな舞い手の祝子(ホウリコ)であると聞くとますますその素晴らしさが解かってきます。
 栂尾はささやかな集落であり、栂尾神社周辺には高齢化した五〜六程度の世帯しかありません。にもかかわらず、栂尾神楽は周辺の集落と併せて舞い続けられてきたのです。しかし、過疎化と高齢化の中では、さすがに途絶えようとした時があったようです。
 ただ、栂尾を離れた出身者の全てが遠方に移住したというわけではなく、かなりの人々が宮崎県北部の日向市や延岡市の周辺に住み着いたのでした。そして、そこに栂尾の共同体が新たに復活し、その人々によって神楽が続けられる事によって、栂尾神楽は生き延びたのでした。 
 地図を見ていただければ分かりますが、栂尾は椎葉村と南郷村との村境に非常に近いところにあります。九州最大の面積を持つ椎葉村のことですから、村の中心部からでも、車で一時間以上の時間がかかり、これまで、非常に大変なところでした。このため、栂尾に家を持つ役場職員も冬場の積雪による通行止期間が長くなることから役場付近に部屋を借りていると聞いています。
 これまで何度も栂尾に入ってきましたが、熊本県の人吉市側からの大河内越えは、現在でも悪路でくたくたになり遠慮したいですし、日向市から南郷村経由で入るのは道路整備が進んでいて非常に楽なのですが、さすがに佐賀方面から日向市経由で栂尾にはいるのはあまりにも走行距離が伸びてしまいます。このため、いきおい、五ヶ瀬村から椎葉に入り、間貝原(マカイバル)林道越えで栂尾に向かうことになります。しかし、この林道も初めて入ろうとする人には多くの分岐があり、道が分かりにくい上に悪路が凄まじく、夜ここを通過する勇気は私にはありません。しかし、ニ年前、ここに念願のトンネルが開通しました。これによって、栂尾への遠征はニ〜三〇分近くは短縮された上に、かなり安全になりました。ただ、地区の方には悪いのですが、少し惜しい気もしています。私には、かつて、民俗学者の宮本常一が入った秘境栂尾はそのまま秘境であって欲しかったという気持ち心のどこかに残っているのです。
 しかし、栂尾の奥にも、また、その外にも神楽が残る秘境はあります。問題はその継承者であり、集落そのものが消失しようとする中、貴重な文化遺産も同時に消え失せようとしているのです。私達には記録をとどめることしかできないのでしょうか?してみると、この資本主義社会の現代とはいかにつまらないものであるのかという事が今さらながら良く分かってきます。
 栂尾から南郷村に下り、さらに南に峠を二つ越えると上戸川という集落に入ります。私には、こここそ九州の最深部の秘境中の秘境と思っているのですが、ここにも神楽は残っています。更に南にもう一つ峠を越えて下ったところにも銀鏡(シロミ)という集落があります(宮崎県西都市)が、この地区の神楽も有名です。まだまだ、話したい事は尽きませんが、これ以上話を差し継ぐと、最早、日記の領域を越えてしまいますので、いずれ、神楽については別稿として書きたいと思います。
 ここでは、栂尾神楽の日程(十一月二二、二三日)と、"二〇〇六年 有明海・不知火海フォーラム in しまばら"の現地実行委員会の設立会議の日程が重複したために、よほど諫早を欠席しようとも考えましたが、島原開催の端緒は私が着けたものでもあり、休む事はできず、今回は、神楽を諦めることとしたわけです。
 今後とも、活動によって自分の計画を諦めなければならない事は頻繁にあるということを覚悟しました。しかし、来年こそは三十三番栂尾神楽を徹夜で楽しみ、翌朝、宮司のお宅でふるまわれる"ゴ汁"を頂きたいものと厚かましい思いをしています。
 
※ 日記の性格から、ここでは地図を添付しません。興味がおありの方は栂尾を探してみて下さい。

【栂つが】
(トガとも)マツ科ツガ属の常緑高木。高さ30メートル以上に達する。雌雄同株。雄花穂は円錐状、雌花穂は紫色。楕円形。球果は親指頭大で下垂。材は建築・器具製造・製紙用。樹皮からタンニンを採り、魚網の染料とする。(広辞苑)


 No.010  20051209  有明海・諫早湾干拓リポート連載三年目に

 いよいよ"有明海・諫早湾干拓リポート"の連載が四月から三年目に入ります。予定していたことですが、これに併せてサブ・タイトルの変更を考えています。これまで

 T 有明海・不知火海の再生を目指して  (No.12)
 U  筑紫島(チクシジマ)の復元のために  (No.12) 3月号

としてきましたが、四月からは、………………

  V  環境保護派よ我が梁山泊に盾て籠もれ! (NO. 1) 4月号

………………… を予定しています。
 現在、近藤邦明氏が主催する HP"環境問題を考える"は、日量、1,000件(土、日は約500件)のアクセス数を安定して保っています。時として日量3,000件という異常なアクセスも発生しますし、年度末前後には忙しいためか、500件台に落ちる時もありますが、まずは、年間三〇万件(300*1000=300,000+50*2*500=50000)は硬く、既に、相当に有力なサイトになっているようです。高望みかもしれませんが、今後とも内容を充実させ、年間百万件を実現することも全く夢ではないかも知れません。私も、少しでもお役に立てればと思っています。
 近藤さんは、物理学を中心に据えた、かなり、専門的でハイ・レベルの内容を維持し、周辺にも槌田敦(名城大学)教授をはじめ、有力な研究者との連携を広げています。
 私は、人文科学(民俗学、古代史、地名学)の要素を織り込んだ、実質、雑学と公共事業の問題を書き続けています。
 近藤さんは出版を機会に"CO2問題を巡るデマ"に反撃を始めるべく、現在、真面目な研究者のネット・ワーク創りを進めています。一方、私は二年目あたりから外部論文を積極的に導入し、環境保護運動の活動家や環境保護を訴える学者、研究者の連携を模索しています。
 始めは冗談のつもりでしたが、近藤さんは岩波書店の「科学」を、私は同じく「世界」をネット上に創ろうと考え始めています。少なくとも、私の方は今後も外部論文の掲載を拡大したいと考えていますので、意欲を持ち情熱的な方の投稿を受け付けたいと思います。
 
※ 受け付けについてですが、メールはハッキングによるテロ(権力のダミー、土建業界?)の恐れがありますので、まずは、携帯(09062983254)に電話でお願いします。その後でメールにより対応します。

 このサイトは特に、生物学、化学、薬学などの要素が薄いため、この方面に詳しい方による投稿は大歓迎です。さて、……

  V  環境保護派よ我が梁山泊に盾て籠もれ! (NO. 1) 4月号

……へのタイトル変更は織り込み済みのことでしたが、その意味は言うまでもありません。大学の独立行政法人化により、権力に尻尾を振る学者、研究者が増殖中であり、もはや、"大学は良識の府"とか、"学者やマスコミは味方"といった事が全く期待できない時代になっています。このことは、恐らく"天皇一派に騙されていた事に敗戦によって気づいて軌道修正した戦中派"から"戦後の焼け跡世代"、さらにそれに続く全共闘世代(団塊の世代)といった戦後民主主義世代が、いまや、全ての現場から総退陣し始めたからではないかとも考えています。
 それはともあれ、あまりにも露骨な産、学、官の癒着は学問の死をあからさまに暴露していまいますから、こちらにとっては返って好都合と言えるかもしれません。
 環境と国土と伝統を守らんとする多くの識者、ミリタント、勇者が結集してくれる事を広く呼びかけたいと思っています。

 再来年ですが、早くも

 W    現代の十常侍行政官僚を追放せよ!  (NO. 1) 4月号

と考えています。それまで、続けられますかね?


 No.009  20051204  玉名温泉−菊地川の河畔林調査

 土日祭の休みが集会や会議で相当程度潰れます。その合間を縫って原稿を書いていますので、なかなか自分のための時間が取れません。
 そのような中、読売新聞社主催、将棋の第18期"竜王戦"第四局が十一月二九、三〇日、熊本県の玉名市で開催されました(玉名温泉、白鷺荘別館)。
 若き新竜王渡辺 明に木村一基七段が挑戦するものですが、最近は、羽生善治、森内俊之、佐藤康光という島朗研究会(シマケン)の三人が絡まないタイトル戦は珍しくかなり新鮮に思えます。このため休みを取って朝六時から玉名に向かいました。私は一応将棋連盟の杵島支部に所属してはいるのですが、最近はほとんど顔を出す暇もなく、週刊将棋を読みテレビの棋戦を観るのみといった状態が続いています。元々ありもしない棋力も相当に落ちた事でしょう。
 如何せんヘボ将棋はどうしようもなく、相撲ファンと同様に、将棋が下手な将棋ファンであっても構わないと自覚しているところです。以前は、将棋雑誌を三本も読んでいたことがあるのですが、今や棋力などといった水準には全くないでしょう。ただ、九州、山口で行われるタイトル戦には可能な限り観戦に出かけています。これが私にとって唯一の安らぎの時なのかも知れません。
 その理由は、多分、嘘だらけの社会の中で、たとえば、羽生善治VS谷川浩二の戦いにだけは、大相撲のようなイカサマや八百長など一切なく、絶対の真実があると思えるからなのでしょう。
 最近マスコミを賑している耐震強度疑惑(構造設計問題)を持ち出すまでもなく、虚構、疑惑、談合、汚職、不正といったものが横行する中で、絶対に信頼できるものとは、私にとって将棋以外にはないのです。読者の皆さんには絶対に信頼できるものがおありでしょうか?
 建築士業界は構造設計が一番高度な技術と言われていますが、現実には意匠(デザイン)や設備の方が花形になっています。今回はこの業界構造自体が問題の一因のようでもあり、当然ながら経費は掛かったとしても競争相手である他の構造設計がやれる建築士に匿名で相互チェックをさせる以外には方法がないだろうと思います。ただ、建築基準法の改正に併せて構造設計の取り扱い自体が変更されており、改正前の物件については事実上、現在の違法建築物件と同様ではないかという疑惑は残ります。だからこそ、こういうところに金儲けの種がいまだに転がっているのです。
 国交省も暴くのは良いのですが、大半が違法建築である事が分かった時に一体どうするつもりなのでしょうか?天に唾するとはこういう事を言うのかも知れません。
 当ホーム・ページの管理者である近藤邦明さんも構造設計がやれる(建築士の3%約一万人程度)方とお聞きしましたが、この点について実態を明らかにするサブ・サイトでも創って欲しいものです。
 さて、今期竜王戦の結果は木村の四連敗、ストレート負けというものでした。応援していただけに残念だったのですが、数年前の勝率ナンバーワン男木村一基のことですからきっと復活してくれることでしょう。
 あまり考えずにタイトルを"菊地川河畔林の調査"としていましたが、それについては、いずれ、上流にできた竜門ダムの導水トンネル漏水問題などを絡めて砂の供給の話をする機会があると思いますので今回は触れないことに致します。最近では珍しくなった河畔林でもあり、玉名温泉周辺を移動する途上でいつも気にしているのですが、この河畔林の傍を通過しただけの事ですので、今回は別の話をすることにします。
 これは私の一生にとっても二度とない光栄を得たという話です。玉名温泉は王将戦を軸に将棋のタイトル戦が良く行われるところです。このため、玉名で良く昼食をとる機会が良くあるのです。知られていませんが、玉名ラーメンは熊本ラーメン(久留米が九州の豚骨ラーメンの発祥地=南京千両⇒来々軒 であり、ここから、佐賀、大牟田、玉名、博多に広がります。不正確で責任は持ちませんが、熊本ラーメンはこの玉名=天琴 経由で熊本=こむらさき、こだいこ、桂花などに根付きます)のルーツであり、天琴や玉竜軒といった名店があります。私は、柳川市在住の常連の観戦仲間(植木屋=庭師の青年)と一緒に、始め天琴に向かったのですが、休みだったために、引き返して玉竜軒に向かいました。とりあえず一番奥の四人掛けのテーブル席に二人で座り、長期戦に備えて大盛りラーメンを注文して待っていると、なんと、今回の竜王戦の立会人である中村修八段(元王将=かつて棋界の太陽と言われた中原 誠名人と王将戦を戦った/1985〜6年第35〜6期王将戦)と鈴木大輔 八段=(元竜王戦挑戦者 私の地元の武雄温泉で藤井竜王と対戦/1999年第12期竜王戦)が一緒に入店され、席をお探しになっているではありませんか。あいにく席が無く私達がお譲りする他はない状態だったのです。私達にとってプロ棋士とは神様のような存在であり(小泉が来ようが天皇が来ようが絶対に譲らないでしょうが)、自分達は外で立ち食いしても直ちに席をお譲りして両先生にお座り頂こうとしたわけです。
 それは辞退されましたが、結局、四人の相席でラーメンを食べる事になった訳です。
 お二人が何を注文されたかまでは申し上げませんが、ラーメン専門店ですからラーメンであった事は言うまでもありません。あこがれの殿上人のような方であり、ひたすら失礼にならないようにしたわけですが、私の目の前には鈴木先生、右隣は中村先生という事になり、両手に殿上人という人生の中でも二度と無いような栄誉、光栄を頂戴したわけです。当然ながら、喉に詰まらせながら夢中で食べたのですが、"満腹"?になった事は言うまでもありません。
 一般的に熊本ラーメンはニンニクを空焼きしたものをスプーンで入れるのが定番とされていますが、両先生が迷われていたため、熊本ラーメンでは定跡手順である事をお教えした次第でした。中村先生、鈴木先生と図らずも相席し、近々にお話させて頂いた事は一生忘れない事と思います。
 一般的に、プロ棋士の先生方は、一流旅館、一流ホテルに泊まり、豪華な食事の連続になりますので、昼食ぐらいは、ソバ、うどん、ラーメン、ちゃんぽん、など軽いものにされる事が多いようです。
 タイトル戦でも良く対局者の昼食の内容が公表されますが、今回の対極者である渡辺、木村のお二人も、二日間ともにラーメンだったと読売の関係者からお聴きしました。
 このような棋士と昼食で出くわす事はかなりあり、以前も他の棋戦で同様の機会に恵まれた事が何度かあります。しかし、完全な相席は今回が初めてでした。後から主催紙の関係者なども来られ、しばし、このラーメン店は関係者による貸切で満席状態になったのでした。


 No.008  20051203  島原−久留米−芦屋 東奔西走 

 十一月二三日、島原市に隣接する有明町に行き、第九回有明海・不知火海フォーラム実行委員会と現地実行委員会の設立会議に参加しましたが、今度は、十二月一七日に久留米市で行われる予定の筑後川水問題研究会の緊急フォーラムにも参加することになります。
 年末の慌しい時期ですので、実際にどの程度の参加が得られるか不安はありますが、次世代に豊な自然を残すのためには、いかなる状況にあっても精一杯の努力を続けるべきでしょう。もちろん、その間にもいくつかの集会や会議が入る事でしょう。 
 しかし、下記の講演者と講演内容は豪華です(下記)。有明海とダムの話ですから私も関心を持っています。それは兎も角として、その日は忘年会も予定されていますので、泊り込みになります。このため、早々とビジネス・ホテルも予約していますが、実は翌日も集会が待っているのです。
 既に、有明海・諫早湾干拓リポート十二月号に 100.港湾整備事業が海岸を破壊する(福岡県 遠賀川河口 芦屋港)として報告していますのでご存知でしょうが、北九州市に隣接する遠賀川河口の芦屋町で、芦屋港防砂堤工事問題に関する勉強会が計画されています。工事が今にも行われる情勢にありますので、年明けにも規模を拡大した反対集会が行われる事になるかも知れません。
 とりあえず問題点を鮮明にするためにも勉強会は不可欠です。このため、戦前の国策研究所である理化学研究所主任研究員であり、元東海大学教授という海洋工学の最高権威宇野木早苗先生を遠路、静岡市からお呼びして前段集会を行うのです。前日、一七日の現地視察会は久留米の集会とバッティングしますので私は参加できませんが、翌一八日朝十時から行われる集会にはなんとか参加するつもりでいます。このため深酒はやめて早朝六時に久留米から鳥栖に移動し、朝一番の快速で芦屋に向かうつもりでいます。
 昨年の今頃は水郷水都会議の準備もかねて大分県佐伯市の大入島に乗り込んでいましたが、天草に八代に島原に、と、飛び回る日々が続きます。そろそろ、公共事業もいい加減にしてもらいたいものです。まさか、良い事をやっているなどと本気で思っている事はないでしょうから。


緊急フォーラム みんなで考えよう!

"深刻化する有明海異変と再生の展望"  筑後川水問題研究会

             日時 : 12月17日 13:30〜
             場所 : 久留米市図書館3F・視聴覚室

1.「有明海再生の道すじ」 馬奈木 昭雄さん(「よみがえれ!有明海訴訟」弁護団長)
2.「有明海の大規模な赤潮発生のメカニズム」 熊本県立大学教授 堤 裕昭さん
3.「小石原川ダムをまだ造るのか?〜利水は無用、洪水調節の意味不明、河川と海のつながりを破壊」  中原 孝矩さん(筑水研会員)元記者

■■■■■山、川、海を憂える多くの皆さんの参加をお願いします■■■■■■


 No.007  20051017  五ケ山ダム建設を弾劾せよ! 

 疎ましく、悍(オゾマ)しいばかりの五ケ山ダムの建設がいよいよ最終段階に入ってきました。干拓地ばかりと思われている佐賀県にも、多少誇張して言えば、当の県民にさえもほとんど知られず、佐賀県側からは容易に入ることのできない宝石のような秘境があります。佐賀、福岡の県境を成す背振山系の北側(福岡市側)斜面の谷間に、二〇余戸の小川内という小集落です。このかけがえのない宝石が、豊かな社叢林や県の天然記念物でもある樹齢七〇〇年の夫婦杉、それにオオサンショウウオと共に水没させられるのです。
 現在、佐賀県の中央で建設が進む国営の嘉瀬川ダムでは、数十本の大木、巨木、指定木が根絶やしにされたのですから、この小川内の夫婦杉など取るに足らぬものと考えていることでしょう。その程度のものなら、はじめから指定などするな!としかいいようがありません。

 福岡都市圏の渇水対策となる五ケ山ダム建設に伴って水没する東脊振村小川内地区で一六日、離村式と地元小川内小の廃校式があった。年内をめどに転居する二五世帯がともに過ごす最後の秋。村出身者ら約二百二十人が集まり、住み慣れた古里や思い出の詰まった学びやとの別れを惜しんだ。
(一〇月一七日付佐賀新聞)

有明海・不知火海干拓リポートU

61.「五ケ山ダム」は本当に必要だろうか? 
佐賀大学名誉教授 久保 浩洋(筑後川水問題研究会会員)
62.「五ケ山ダム」は本当に必要だろうか?の掲載について

として報告した五ケ山ダムが久保先生ほかの願いや、ご努力にもかかわらず、強行されることになります。詳しくは 61.「五ケ山ダム」は本当に必要だろうか? を読んで下さい。

五ケ山ダム:那珂川水系四〇二〇万立方メートル、洪水調節、維持用水、水道用水、渇水時緊急補給 

また、同日付の讀賣新聞も、こう伝えています。

 多良正裕村長は「小川内がダムに沈むことで恩恵を受ける(福岡の)方々には、一滴の水にも感謝の気持ちを持ち続けて欲しい」と述べた。

 しかし、この言葉自体を揶揄する気持ちは毛頭ないのですが、正直に言って虚しく聞こえます。
 仮に福岡市に一極集中が続くとしても、既に水は充分に足りており、仮に不足したとしても、農地転用と減反によって大量の農業用水が余っている中で、ダムが一体誰のために建設されているかは言うまでもないことであり、少子化、無産化(これは両方の意味を込めていますが)による人口減少が充分に予測できていたにもかかわらず、建設が野放しになっていることは、凡そ"国富の横領"としか言い様のないものに思えます。
 そもそも、上流に建設されればされるほど洪水調節は能力を持たなくなりますが、それ以上に、下流に存在する大型ダムのことを考えれば"洪水調節目的"など笑止であり、まさに造る事そのものが唯一の目的となっているとしか思えないのです。
 「小川内がダムに沈むことで恩恵を受ける(福岡の)方々には、一滴の水にも感謝の気持ちを持ち続けて欲しい」という村長の言葉も、水没住民へのいたわり以上のものはなく、そもそも恩恵そのものが存在しないのです。恐らく溜めこまれた水は一切使われることなく、虚しく下流に送られる事にしかならないのであり、造っても造らなくても同じなのです。
 既に、水は充分過ぎるほど過剰であり、この上に必要性もないダムを造って仮に利用されたとしても、その分、よそのダムの消費が減退するだけでしかないからです。
 最後に、この村長の言葉に近い話を岡山県の山奥、奥津温泉の下流に建設中の苫田ダムで聞きましたので、それをご紹介して、終わりにしたいと思います。

 「そうですねえ、いちばんくやしいのは、この、我々がこれだけの思いをしてここから、まあ、実感としては追い出されるわけですから、追い出されてひどい目に遭うという気持ちがどうしても退かないわけですけれども、まあ、一口に言えば犠牲者ということなんでしょうけども、そういう人が四七〇戸ですか五〇〇戸ですか、とにかく二千人近い人間が、関係者から言えばいるわけですから、そういう人間がこれだけこういう思いをしていると、その思いをするだけの値打ちがこの苫田ダムにほんとにあるのかいなあと……。それから、我々のこれだけの思いに対して、お気の毒でございますと、おかげで我々は助かりましたと、水不足だったんですが水不足が解消しました、洪水の危険があったんですけど洪水にならなくて済むようになりましたと、ほんとに犠牲になった皆さんにはお気の毒ですけども我々は助かりました、ありがとうございますと言う人が下流に一人か二人でもいるんかいなあと、ほんとにそういう人が、まあ、せめて二、三千人でもいてくださるんなら、我々二千人の犠牲も、まあ、ある意味ではやむをえないという気がしますけれども、そういう人がほんとに一人か二人でもいるんかいなあという気持ちが退きませんねえ……」

 思い起こせば、こう言われた造り酒屋のご主人に拙著を持ってお話を聴きにうかがったのはもう二年余り前の事になります。興味がおありになれば、閑話休題 ダムの値打ち(奥津温泉と苫田ダム)をお読み下さい。

 拙著「有明海異変」 閑話休題 ダムの値打ち(奥津温泉と苫田ダム)から
 不知火書房 〒810−0024 福岡市中央区桜坂3−12−78 092−781−6962

閑話休題 ダムの値打ち(奥津温泉と苫田ダム)
 美作三湯で知られる岡山県の奥津温泉(注一)の下流には苫田ダム(吉井川水系。総貯水量八千四百十万トン:苫田郡奥津町久田原)が建設されていますが、ここは三十三年にわたる反対運動が行われたことで知られるところです。岡山県などによる公共事業の完全絞り上げの末に建設が強行されていったことは当時、NHKがその経緯をドキュメンタリー番組で全国に放送しましたので、まだ記憶に残っている方もおられるかも知れません(注二)。このダムのことを考えると、最後まで抵抗した奥津(久田原)の人たちは実に立派であったと思うとともに、下流とはいえ前庭のように美しい谷間の村が水没することになるダム建設に賛成に回った奥津温泉郷にまともな未来があるとは思わなかったことを今更のように思い出します。
 この苫田ダムは水没家屋四七〇戸という実に町の南半分が沈むほどの大規模ダム(中国地方建設局所管)で、従って反対派町民の抵抗は凄まじく、町長選挙はまさしく町を二分して闘い続けられました。しかし反対派が町長選に勝利し続けても(三〜四代の歴代町長が全て反対派であった)、付け替え道路の工事が始まり、切り崩しのための補償交渉や契約が進められていくと、水没予定地の住民たちは櫛の歯が欠けるように少しずつ村を離れていったのでした。十三年前の番組によると、岡山県はダム建設のための「協力感謝金」まで出していたようで(六四年度中の契約なら五百万円、翌年度なら二百五十万円、それ以降はなし)この文字通り札束で顔をひっぱたく露骨なまでの格差は、当時の県(知事)が本体着工をどれほど急いでいたかを示すエピソードといえるでしょう。
 筆者は昔の奥津の風情を知っているだけにダムが造られることになった後は温泉につかる気にもならず、最近は全くここを通りませんので詳しい状況は判りませんが、二〇〇一年版『ダム年鑑』を見ると苫田ダムは着手年度が一九七二年、竣工年度が二〇〇四年となっていますので、まだ本体工事の途中なのかもしれません。高度経済成長期に着手していまだに完成しないダム(最低でも三十二年以上。川辺川ダムは本体着工前ですでに三十五年)というものは、それだけでもそこに住む住民にどれだけ大きな犠牲を強いるものであるかということをよく物語っていると思います。
 NHKの番組に登場した水没予定地の地権者には一人暮らしの農家の方や寺の住職もおられたはずです。その中の古くからの造り酒屋の主人(九代目牧野浩一氏)が語っておられた言葉に次のようなものがありました。
 「そうですねえ、いちばんくやしいのは、この、我々がこれだけの思いをしてここから、まあ、実感としては追い出されるわけですから、追い出されてひどい目に遭うという気持ちがどうしても退かないわけですけれども、まあ、一口に言えば犠牲者ということなんでしょうけども、そういう人が四七〇戸ですか五〇〇戸ですか、とにかく二千人近い人間が、関係者から言えばいるわけですから、そういう人間がこれだけこういう思いをしていると、その思いをするだけの値打ちがこの苫田ダムにほんとにあるのかいなあと……。それから、我々のこれだけの思いに対して、お気の毒でございますと、おかげで我々は助かりましたと、水不足だったんですが水不足が解消しました、洪水の危険があったんですけど洪水にならなくて済むようになりましたと、ほんとに犠牲になった皆さんにはお気の毒ですけども我々は助かりました、ありがとうございますと言う人が下流に一人か二人でもいるんかいなあと、ほんとにそういう人が、まあ、せめて二、三千人でもいてくださるんなら、我々二千人の犠牲も、まあ、ある意味ではやむをえないという気がしますけれども、そういう人がほんとに一人か二人でもいるんかいなあという気持ちが退きませんねえ……」と。
 苫田ダムは典型的な多目的ダムですが、今や下流にこれほどの水を必要とする産業もないでしょうし、河川改修も並行して行われたはずですから大規模な洪水が発生する危険性もなくなっていることでしょう。ダムが完成しても、どれほどの実質的な効果があるかは疑問の限りなのです。
 当時の奥津町は、ダムで水没することになる下流の反対派と上流にあたる温泉街を中心とする推進派に賛否が二分されました。すでに寂れかけていた温泉街の人たちはダム建設に伴って特需が生まれるとでも考えたのでしょうが、苫田ダムの場合には幸いにも温泉街の下流に建設が計画されたから良かったものの、もしも上流にダムが出来ていたら温泉街の不況は目を覆わんばかりの惨状を呈していたことでしょう。なぜこんなことを言うかというと美作三湯の一つには湯原温泉もありますが、ここは写真で紹介するのも気の毒なくらいのまさにダム直下(湯原ダム。旭川水系、総貯水量九千九百六十万トン:真庭郡湯原町湯本)の温泉地で、谷間に歓楽的な旅館やホテルがひしめき合っていますが砂湯の混浴露天風呂(無料)以外は人波も引いてしまっているのです。
 時代は団体観光から小グループや家族単位の旅行に移り、コンクリートの中で生活しているマンション住まいの都会人は安っぽいだけのピカピカのホテルは素通りして自然の残った静かな田舎の和風旅館に非日常性を求めて足を延ばしていて(黒川温泉や湯布院に人波が途絶えないのはこのためですが)、このような時代にダム直下の温泉地に足を向けるとは思えないのです。温泉街の経営者たちも、大事なのは目先の利益ではなく、背後の山野や美しい渓流こそが最大の資源だったということに気付かれたと思いますが、人が気付いたときはだいたい手遅れなのです。
 この苫田ダムについてはつい最近、我賀正樹氏が『ダムで沈む村を歩く  中国山地の民俗誌』(はる書房)という本を刊行されていますので興味がおありの方は読まれてみてください。

(注一)奥津温泉:岡山県苫田郡奥津町「【泉質】アルカリ性単純温泉/三十七〜四七度 【宿数】一〇軒 外湯数二 湯原や湯郷より宿数が少なく、和風旅館が中心。湯治目的で長期滞在する人もいる」(『温泉やど関西・中国・四国』九八)
(注二)NHKドキュメンタリー八九「三十三年目の選択  ダムと闘い続けた町」
拙著「有明海異変」初期原稿から


 No.006  20051125  シンク・パッド(Think Pad)戦線復帰

 有明海・諫早湾干拓リポート"96.危機管理(crisis management)"で、私が使っているパソコンのダウンの話をしました。電源を入れても起動しなくなったのでした。 
直ぐに、大手家電量販店に修理を依頼しましたが、"部品が入手できないので修理はできない"と言ってきました。ハード・ディスクそのものが生きてさえいればデータは回収できるはずですから、起動できないだけで諦める気にはなりません。
 最終的に、この手の事に詳しい職場の友人に頼んで、ハード・ディスクに別のパソコンの端子を直結してデータを回収することにしました。もちろん、それでも良かったのですが、実際に色々やってみると、結局、電源のコネクターが甘くなっており、接触不良により起動しなかっただけだったのです。
 ニ月号まで編集を行っていましたが、データも問題なく、結果的にはただの早とちりだったわけです。
連載はじめたばかりの「有明臨海日記」も一ヶ月間中断してしまいました。月遅れで申し訳ありませんが 7.五ケ山ダム建設を弾劾せよ! を送ります。


 No.005  20051001  最高裁による抗告棄却−脇声明とは別に "裏の門が開かれる"

 今般の最高裁による差し止め抗告の棄却は、当然、予測されていた事とは言いながら、実は、結果的に、国家の後退を示しているものと考えるべきかも知れません。
 国家がそれなりの健全な弾力性や許容力を持っているならば、"誤りは正す"、"正しいことは正しい"とすべきはずなのですが、このような、農水省による明らかな過失、もしくは未必の故意としか言い様のない行為を放置し、あまつさえ、全てを農水省の側の勝ちなどとするならば、一般国民がとらわれている司法の独立性とか、裁判所への信頼などといった幻想、虚構さえも最後的に失わせ、今後は、誰も裁判に訴える事をしなくなる事でしょう。
 結果的に、世間では自力救済や違法な現状回復がはびこり、さらには、実力闘争とかテロリズムへの水門を大規模に開く事になるでしょう。裏の門が開かれる。
 裁判所は、本来、この虚構を維持しお芝居を続けていく事だけが、唯一国家から負わされた使命のはずなのですが、"権力がこの程度の「御用司法」しか持ちあわせていない"と明らかにした事が、実は最大の成果なのではないかという思いを消せません。
 このような評価を公然と表明するのは私のような者だけなのでしょうが、この意識は潜在的ながら国民の各階層に浸透しているはずなのです。


 No.004  20051001  最高裁 諫早差し止め 棄却 
有明海・不知火海フォーラム委員会 脇 義重

 最高裁は、諫早湾干拓事業の工事差し止めの抗告を棄却した。干拓工事と漁業被害との因果関係が争点だったが、国の公害調停委がデータ不足で両者の間に因果関係を認めなかった流れを受けた決定だった。
 因果関係については、普通の生活を送っている人がおかしいと思えば因果関係があると推定されたこれまでの原告認容事例(杉並区)を置き去りにした公害調停委の現況が裁判にも現れた。被害の実態ははっきりしている。その実態の中に因果関係は実感される。専門家はデータが揃えば因果関係を立証できるだろうが、データを蓄積してきた筈の国が出さないのだから、論証できない。
 有明海への流入栄養塩基の多さにも拘らず赤潮が発生しなかったのは象形と位置が不二であり潮汐、潮流が適度に保たれていたからだ。自然科学者が有明海のデータを蓄積し始めたのは、実は島原異変*以降であり、潮流動向などデータはあまり蓄積されていない。しかし、短期開門調査で有明海の潮流変化など海況を捉えるデータが蓄積された。ならば、中・長期開門調査をすれば、ノリ被害における両者の因果関係を立証できる流速などデータは蓄積でき、往年の状態を推定できる。国はこれらの開門調査などを実施し、公害調停委の勧告を実行すべきだ。

二〇〇五年一〇月一日
脇 義重

島原異変* : いわゆる、「有明海異変」のことではなく、島原半島の雲仙普賢岳の火砕流、土石流、降灰などによる大災害のことであり、島原湾への被害、主として海況へのそれを調べる必要性から始められた一連の調査が、これを起点として開始されたことを表現しているものです(古川)。


 No.003  20050928  「CO2地球温暖化脅威説の虚構」 近藤邦明 講演会のご案内

近藤邦明講演会(筑後川水問題研究会11月例会)久留米市

講演者: HP「環境問題を考える」管理者 近藤 邦明

講 演    「CO2地球温暖化脅威説の虚構」
日 時    11月19日(土)14:00〜   (14:30の可能性もあり)
場 所    久留米市役所3F(予定)

近藤さんから講演内容についてメールが届きました。皆さんにもお知らせします。

演題:二酸化炭素地球温暖化脅威説の虚構

1.現在の地球
冷却する地球
マントルへの海水の注入
ウイルソン・サイクル
寒冷化への回帰
定常開放系としての地球
環境問題の本質

2.二酸化炭素地球温暖化脅威説批判
温暖化と寒冷化
二酸化炭素の温室効果
ミランコビッチ・サイクル
ピナツボ火山
エル・ニーニョ/ラ・ニーニャ
太陽活動
炭素循環
京都議定書の意味

3.石油代替エネルギー技術の検討(時間があれば)
エネルギー産出比
太陽光発電
風力発電
燃料電池
バイオマス
ハイブリッド・システム
技術の限界

 HP「環境問題を考える」の管理者である近藤邦明氏による新著「CO2地球温暖化脅威説の虚構」がようやく仕上り、出版のはこびになります。そのうち一般の書店にも並び始めることでしょう。
 このため、これを機会に筑後川水問題研究会でも近藤邦明さんの講演「CO2地球温暖化脅威説の虚構」を行うことにしました。
 講演内容は言うまでもなく、今や、誰もが疑わず正しいと信じ込まされている"CO2地球温暖化脅威説"について正面から取り組み、その虚構性を暴くものです。
 既に「有明海・諌早湾干拓リポート」においても、近藤さんによる外部論文(二本)を掲載していますが、氏との出会いは、エントロピー理論で有名な槌田敦教授(現名城大学)に私が接触したことから始まりました。近藤さんの立場も基本的にはこの槌田教授の立場を受けるものですが、全世界的に蔓延する温暖化=CO2論議に一石を投じ、ネット上でも、流れに抗する強固な棒杭を打ち込むものとなることでしょう。
 筑水研になじみのない方も、水郷水都会議に始めて参加された方も、当方のHPを読んでおられるだけの方も、これまで謎の人物であった近藤邦明さんの素顔と生の講演を聴く機会はめったにありませんので、多数参加していただければと思うものです。
 なお、この講演についての不明な点がありましたら、筑後川水問題研究会の広重、池田(久留米公営企業労働組合内)0942-30-8527、または、古川(時間外:09062983254)までご連絡下さい。
 
CO2地球温暖化脅威説の虚構

 私が書くと途端に馬脚を現しそうですが、今回の講演を提案した責任上、私自身の言葉としてもこの問題にコメントしておく義務があると思います。
 地球がこの数十年温暖化の傾向にあることは経験的にも確かなように思えます。私が子供の頃、つまり四十年ほど前の夏休みの宿題、"夏の友"といったものを見てみると、「今日は二九、五度もあった。とても暑かった」などと書いているのですから、実感として、は、現在の方が数度は高いように感じます。
 ただし、その原因を炭酸ガスの大気中濃度に求める事が正しいかどうかとなると、はなはだ怪しく思えてくるのです。
 この問題を分りやすく説明すると、ビールを鍋に入れて温めれば、炭酸ガスが出てくる事はお分かりになると思います。簡単に言えば、このような現象が起こっているのではないかと考えます。言うまでもなく、炭酸ガスの大半は海水の中に溶け込んでいますが、それが海水温の上昇などによって大気中に放出され、炭酸ガスの濃度を押し上げているのです。では、その海水温はなぜ上昇しているのかというと、究極的には、太陽活動(黒点の増加)、また、太陽光の受光の増加によって説明が着くわけです(ミランコビッチ・サイクル)。
 ところが、CO2地球温暖化脅威説論者やその無批判な追従者たちは、まだ、十分には説明されてもいない、全く逆のことで証明したとしているのです。つまり、化石燃料の大量消費などによって炭酸ガス濃度が増大し、グリーン・ハウス効果によって地球環境が温暖化しているとしているのです。 
 もし仮に、化石燃料の大量消費によって炭酸ガスの濃度が増大しているのだとしたならば、本来、一貫して増加し続けていなければならないはずなのですが、例えば、フィリッピンのピナツボ火山の大爆発によって、その粉塵が地球大気の上層を覆い、太陽光の受入が一時的に減少した時期には、二酸化炭素の濃度の増加が一時的にも収まったのはなぜだったのでしょうか?化石燃料の消費がその間減少したとでも言うのでしょうか?
 また、産業革命以降、化石燃料の消費は増大し続けているはずなのですが、最初の百年間はむしろ寒冷化し、ロンドンのテムズ川ではスケートまでが行われていたというのです。 
 結局、CO2地球温暖化脅威説論者は都合の良いところだけを取って説明しているのです。
 詳しくは、近藤さんのHPなどを読んで頂くことにして、では、なぜ、三〇年ほど前までは"地球は氷河期に向かっている"などと言っていた大半の気象学者、海洋学者が急に炭酸ガス濃度の増加による地球温暖化ということを急に言い出したのでしょうか?
 その背後には、チィェルノ・ブーリーやスリー・マイル・アイランドの原発事故によって窮地に追い込まれた原子力産業が、NASAのハンセンという科学者の目立たない仮説に飛び付き、梃入れし、盛んに研究費を出し始めたために、時流に乗る商売人タイプの科学者達が増殖してしまったと考えられるのです。もはや、氷河期到来などを考える科学者には一銭の研究費も回ってこないかのようです。
 これを、日本流に言えば戦前の"国体明徴運動"と全く同じ構造があるようだ!とでも言うべきなのですが、コペルニクスの時代にカトリック教会が科学を統制したことと全く同じ現象が存在しているのではないか?と思うばかりです。

※ 講演は入場無料ですのでどなたも遠慮なく参加して下さい。


 No.002  20050912 川辺川ダム建設における穴開きダムに警戒せよ

 "国に自発的撤退促す 川辺川ダム収用委員会が取り下げ勧告 審理長期化批判高まり"
 これは、八月三〇日付け佐賀新聞の川辺川ダムの収用委員会を巡る記事の見出しです。想定される却下採決を前にして、県収用委員会が国土交通省に対して自主的撤退を求めるものでした。

 土地収用法は申請に対して「速やかな審理」を定めている。ダム反対派などからは異例の審理長期化に対する批判が高まっており、収用委にはこれ以上審理を続ける選択肢はなかった。
 申請を取り下げた場合、国交省は新利水計画の策定を待ち、それを現行のダム計画に反映させた上で事業認定の取得から再開することになる。だがダム建設の是非が取りざたされる中で、事業認定への道のりは平たんではない。勧告に応じず、却下が裁決された場合、国側には処分を不服とする審査請求という選択肢が残されているが、ダム計画はいっそう混迷の度を深めることになる。…

 「申請を取り下げなければ却下する」八月二九日、県収用委員会が国交省に対して収用申請を取り下げるよう勧告した。一方、ダム反対派は「巨大ダム計画の白紙撤回まであと一歩だ」と歓喜に包まれたのである。

 確かに、ダム反対派が表面的には川辺川ダム計画を押し戻したように見えます。実際、そうなのかもしれません。さらに言えば、ここに至るまでの闘いには頭が下がる思いがしています。
 それとは別に、農水省は新たな利水計画を準備中と聞きますが、国土交通省は引き下がるであろうと言われていました。なぜなら、"ずさんな利水計画でダム計画を潰したのは農水省だ"という思いと、国交省は洪水調節一本でもやれると判断しているようなのです。つまり、何らかの秘策があるように見えるのです。

"川辺川ダム 国交省、収用取り下げへ 農水省、新計画出せず"
 国土交通省の川辺川ダム計画(熊本県)に絡み、建設目的の一つである利水事業の新計画を同省から示すよう求められていた農林水産省は、12日の解答期限までに計画を示せなかった。国交省は、本体着工に不可欠な漁業権などの収用申請取り下げの検討に入っており、近く地元や農水省と協議したうえで結論を出す。
(九月一三日付け朝日新聞)

 当然ながら、一つは、収用によらない漁業権の補償交渉の妥結。つまり任意の買収です。
 この道は依然として残されているはずなのです。国交省やダム推進派の漁協執行部は、これまで、総会や総代会における漁業権放棄の決議に失敗してきましたが、いつかは勝てると判断している可能性があります。背後には、土建業界が漁業権を取得するための組合員のダミーを送り込み続けているという事実があるからと言われています。彼らには軍資金が豊富にあるのですから、反対派も良心だけではなかなか対抗できないのです。
 もう一つは、利水を放棄した穴開きダム(大型の底穴の空いた)の計画です。利水を必要とするから、堆砂が全く解決できない貯水型のダムにしなければならないのです。彼等は、新規をやらないとしながら、現在、この手の穴開きダムを全国に広げようとしているのです。このタイプのダムについては、"有明海・諌早湾干拓リポートT"の38.「城原川ダム建設を許すな!」(城原川ダムがこの穴開きダムによって推進される危険性についても警告していたのですが)で、ある程度説明していますので、ここで改めて詳しく触れることはしませんが、阿蘇の入口で計画中の立野ダムや、今のところ計画だけですが、長崎県諌早市の本明川ダムもこの穴開きダムで計画が進められているのです。
 吉野ヶ里遺跡の西に流れる佐賀県の城原川ダムにおいても、この国交省の穴開きダムの提案に踊らされ、実に馬鹿げたことですが、"これならば問題が無い"として、決定的な財政破綻が眼に見えているにもかかわらず、ゴー・サインが出されてしまったのです。
 川辺川ダムの話に戻しますが、この新型ダムの場合の漁業権補償がどうなるのかについては、全く始めてのケースですから私にもまだ分かりません。恐らく、これならば水質の悪化が無いとして、多額の補償金(通常のダムと同様の)を払うとすることによって、反対派漁民を切り崩せると考えている可能性があるのです。
 このダムの場合でも、巨大な原石山(ダムには大量の骨材として強度のある岩石が必要となります)の破壊や景観の破壊が行われることに変わりはないのですが。
 また、仮に、穴開きダムを建設したにしても、本当にこの流路が維持できるのか良く分かっていないのです。大洪水によって、一気に大量の岩塊が流れ込んだ場合、パチンコの玉詰まりのような現象が起こりかねず、また、岩隗によって、通水路自体が大規模に破壊される可能性があるのです。
 いずれにせよ、国交省には一日中活動できる暇な人材と、国土と環境の破壊を行うことによって生計を立てるという恥ずべき専門家集団、さらに配下のコンサルタント会社があるのですから、ボランティアの活動家が消耗するのを待っていれば良いのです。再度、警告しておきます。穴開きダムに警戒せよ!と。


 No.001  20050908 "早明浦ダム満水"が象徴する深刻な危機

 四国の水瓶と言われる早明浦ダム(*)の貯水率がゼロになり、高松市などで大渇水が予測される。と、伝えられたのが八月の下旬でした。もしも、このまま雨が降らなければ、減圧給水から制限給水、さらには断水までが予測され、九四年七月(一九時間断水一ヶ月)以来の極めて深刻な事態が想定されていたのです。結果的に発電用水の緊急放流は台風によって一日余り(三〇時間)で済んだのですが、高松市内のホテルでも風呂はシャワーに制限され、減圧給水は全域に及んだようでした。恐らく、水不足に慣れ、節水が身に付いている香川県の人々も"ダムは絶対に必要だ!"と唱和したことでしょう。
 香川、愛媛両県が雨の少ない土地であることは有名ですが、それは、四国山地の大山塊が東西に延びているからに外なりません。南からの湿った空気がここにぶつかり、雨の大半は徳島、高知側で降ってしまい、乾燥した空気が瀬戸内海側に送り込まれるためです。
 このため、瀬戸内側に有力な水源を持たない高松市など、香川県内の五市一二町も早明浦ダムに依存してきたのです。ところが、このダムは山の向こう側の高知県(土佐町、大川村、本山町)にあるのです。このように大量の水が水系外に供給されているのですが、ここではこの問題にふれないことにします。
 貯水率(利水)がゼロになった八月末、"この巨大ダムをもってしても水が足らない、もっと多くのダム、もっと大型のダムが必要だ!"と、いった声が聞こえてくるようでした。では、本当にそうなのでしょうか。

銀行の預金が重要なのであって、財布の大きさや財布の数が重要なのではない

 ダムが空になった時、"このまま雨が降らないと大変なことになる"と考えるべきでしょうか。現実は確かにそうかもしれません。しかし、それは決して本質を捉えてはいないのです。と、言えば、香川の人々から袋叩きに合いそうですが、元々、必要な水の全てがダムに溜め込めるはずもないのです。
 人は、ただ、降った雨の一部を使い、また、次ぎの雨が降ることにありがたさを感じながら生きてきたのです。ダムはその一時的な水瓶(日常生活のための財布)に過ぎないのであり、当然ながら、一年なら一年間に必要な水の全てがダムに溜められている訳ではないのです。
 問題は、仮にダム(財布)の水位が急激に下がって、空になってしまったとしても、上流の森(銀行)から間断なくダムに水が供給されることこそが重要なのであって、決して財布(ダム)の数や大きさが重要なのではないのです。では、はたして、その銀行の方は大丈夫なのでしょうか。この点が問題なのであり、決定的な鍵なのです。
 かつての森は広葉樹に覆われ、多くの水を貯め込む力がありました。腐葉土に満ちた山はフカフカとしたスポンジのような豊かな土を持ち、森の表土に多くの水を蓄え、時間をかけながら地下に水を染み込ませていたのです。こうして、浄化された水は下流の村里に間断なく送られてきたのです。
 しかし、四国山地の多くの山は、今や、何の約にも立たない針葉樹の森に換えられ、ほとんど保水力を失っているのです。この、根を張らず、腐葉土を持たない針葉樹の森は、仮に大雨が降ったとしても、その大半は泥水となり(管理されない針葉樹の森は日光が通らないために下草が生えず表土が剥き出しなのです)一気に流れ出してしまい、水の預金など全くできなくなっているのです。
 当然ながら、その理由は、戦後の拡大造林政策以来の針葉樹林化による森の破壊に求められるべきでしょう。
 結局、農水省、林野庁、各県林業課、森林組合といったバカの四乗がこの大渇水を招来させたのです。
 ここでは、林床、浸透能、緑のダムといった問題にまでは踏み込みませんが、今後も農水省による戦後の林野行政の付け回し(洪水、渇水、山林崩壊)を、国土交通省や水資源機構が"これ幸い"とばかりに利用し、新たに森を破壊(水の預金の取り崩し)しながらダムを造ろうとすることでしょう。
 この森の破壊については明瞭な証明があります。貯水率〇パーセントのこのダムが、台風一過の九月六日、一気に百パーセントまで回復したことです。もちろん、大量の雨は多くの水をダムに送り込むことでしょう。しかし、これほど短時間に〇から百パーセントに回復したということは、森や田畑や都市にも水を蓄える力が全く失われているとしか考えようがないのです。
 当然ながら、百パーセントに回復したダムに、これ以上の水を溜め込む力がないのは言うまでもないことです。事実、渇水が解消し満水になった瞬間から、毎秒五〇〇トン(日量四三二〇万トン)という膨大な量の水が洪水吐(余水吐)から捨てられているのです。
 つまり、大切な貯金がダムから流出しているのです。このことこそが、ダムの愚かさを示しているではありませんか。本当のダムは森なのです。
 本来、この水はいったんは森に蓄えられ、人が生活するのに利用しやすいように徐々に必要な分だけの量が流れてきていたはずなのです。この一点だけをもってしても、農水省と国土交通省が戦後の六〇年間に何をやってきたかが分かるではありませんか。財布はいくつも要らないのです。
 醒めたる人は、一気に貯水率が回復したことにこそ危機感を覚えるべきであり、このことを手放しで喜ぶ人は、物事の本質が理解できない愚か者であることに気づくべきでしょう。今や、針葉樹林に火を放ってでも、森を再生させることこそが必要なのです。

* 早明浦ダム:
吉野川水系 旧水資源開発公団 昭和五〇年竣工   
総貯水量 三六〇〇〇万立方メートル   堆砂容量 一七〇〇万立方メートル 利水容量 一七三〇〇万立方メートル
死水容量  一〇〇〇万立方メートル 発電単独容量 二六〇〇万立方メートル