寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員) 

 

200711月号から20081月号までは、暫定でPDFファイルでご提供しています。

お手数ですが、Adobe Reader をご使用のうえ、コンテンツをご覧ください。

 

2008年2月号(クリックするとPDFが開きます 約2.70MB

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 11)

2月号

298

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 Z

“芝生とコスモスに見える荒廃(@)

20070817

299

不知火海残映 11. 「 ある静かな日 」   吉田 耕一

絵の題名をクリックすると、大きな画像(PNGピクチャー)を見られます 

20020101

300

CO2温暖化説批判

                                   編集者集者 米本 慎一

20061201

301

公共事業は誰のために行なわれているのか?

20071115

302

公共事業雑感

20071115

303

  (只今取材と執筆のため、しばらく休載いたします。

これからの記事にご期待ください。)

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

20071201

 

 

 

■次回への予告■ J

 

 

 

 

298

 

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 Z

 

“芝生とコスモスに見える荒廃(@)

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 

 

2008年1月号(クリックするとPDFが開きます 約936kB

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 10)

1月号

293

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 Y

“異常な都市河川”

20070817

294

不知火海残映 10. 「 鶴来山の冬     吉田 耕一

絵の題名をクリックすると、大きな画像(PNGピクチャー)を見られます

20020101

295

 

夢すさび “球磨川河口と不知火海の遠い記憶”

 八代河童共和国大統領 田辺 達也 

20020801

296

環境保護派の値打ち

“環境保護運動など止めて国家をひっくり返せ!”

20071115

297

犬の散歩ぐらいで糞を持ち帰らせるな!

20071115

298

(今月は原稿のストックがなくて休載です)

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ I

 

 

 

 

293

 

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 Y

 

“異常な都市河川”

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 

 

2007年12月号(クリックするとPDFが開きます 約1.67MB

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 9)

12月号

286

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 X

“下水道とヒート・アイランド

20070817

287

不知火海残映 9. 「 化粧直し      吉田 耕一

絵の題名をクリックすると、大きな画像(PNGピクチャー)を見られます

20020101

288

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第11(最終回)住民の意識改革 

芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

20061130

289

淡 海

20071001

290

公共事業の“もぐら叩き”

20070501

291

“八年前の農業問題”

農民を守るのか?農家を守るのか?農業を守るのか?農地を守るのか?

19971101

292

(原稿準備中のため休載)  ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

 

    管理人より:

130日午後930分頃までに掲載していたPDFには、誤って推敲前の原稿を掲載していました。大変申し訳ございませんが、午後930分以前にこのPDFをダウンロードされた方は、破棄のうえ、改めてダウンロードください。大変申し訳ございませんでした。

 

20060808

286

 

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 X

 

“下水道とヒート・アイランド

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 

 

2007年11月号(クリックするとPDFが開きます 約3.02MB

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 8)

11月号

279

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 W

屋上緑化は問題を解決するか?

20070817

280

不知火海残映 8. 「 赤崎の夕日の中で    吉田 耕一

絵の題名をクリックすると、大きな画像(PNGピクチャー)を見られます    

20020101

281

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

  連載第連載第10回 健全な漁業の意地・構築 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

282

親睦旅行とフィールド・ワーク

20071101

283

法律違反を見逃す熊本県政

  法令無視、一流企業の企みを阻止せよ

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

20070000

284

例えば書店について

19971101

285

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第14

最終回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

新本のご紹介

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

          Tel 0927816962

 

 

279

 

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 W

 

屋上緑化は問題を解決するか?

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 

 

2007年10月号(クリックすると開きます)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!  (NO. 7)

10月号

272

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 V

“CO温暖化論者はなぜ今年の異常な高温をCO2の

せいにしないのか?”

20070817

273

不知火海残映 7. 「三ツ島

                     吉田 耕一

20020101

274

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第9回 再生検討委が提起する「八代海・芦北地区の再生方策」について 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

275

大牟田市の住宅街で再生する干潟

佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

20070501

276

嘘で塗り固めた官報告示 ダムの水利権配分もでたらめ

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

20070000

277

○四艇と大村湾のアコウ

20070818

278

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第13

第四章 おわりに

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ F

 

 

 

 

新本のご紹介

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

 

 

 

 

2007年9月号(クリックすると開きます)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ! (NO. 6)

9月号

265

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 U

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070811

266

不知火海残映 6. 「船にも飲ませにゃ

                    吉田 耕一

20020101

267

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第8回 不知火海の藻場再生について 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

268

得 仏

20070801

269

産廃で儲けを企む一流企業  頭は隠したが、捕まれたしっぽ

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

270

今年の夏はプールで泳げない

20070801

271

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第12

第四章 おわりに

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ E

 

 

 

新本のご紹介

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

 

 

 

2007年8月号(クリックすると開きます)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!  (NO. 5)

8月号

255

 

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 は台風4号の通過に伴い延期となりました。その後、再度、開催を検討しましたが、高校総体の関係などで会場の確保が困難な上に、現地実行委員会の中核である「佐賀有明の会」が大半海苔漁民で構成されているために開催時期が限定的であること、後援予定者のスケジュールなどによって、今年度中の開催が困難となりました。来年度の新たな開催に向けて再度の結集を訴えます!

 

有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070808

256

不知火海残映 5. 「休養地の日没」   

                    吉田 耕一

20020101

257

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第7回 再生への基本的な考え方と当面の方策 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

258

再び津江導水路問題を糾弾する

 中原 孝矩(元記者)

20070203

259

「悪事は露見する」が現実のものに

 中原 孝矩(元記者)

20070816

260

得 仏 “不知火海はアコウの海”

(九月号に向けた予告掲載)

20070801

261

 

新著「筑後川を道として“日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

20070714

262

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚機構T

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070811

263

再びホーム・ページ・デザインの変更について

20070808

264

開聞岳を破壊する鹿児島県

20070101

265

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第11

久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ D

 

 

2007年7月号(クリックすると開きます)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ! (NO. 4)

7月号

247

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集せよ!

     有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070415

248

不知火海残映 4. 「海を見に行こうよ」   

                     吉田 耕一

20020101

249

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第6回 赤潮について

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

250

太陽光エネルギーを使ってお湯を沸かす

 中原 孝矩(元記者)

20070203

251

「環境問題を考える」掲載論文

熱 禍 (打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!)

アンビエンテ編集長 古川清久(自治体職員)

20060625

252

ホーム・ページ・デザインの変更について

20070608

253

 出版のご紹介 

佐藤 悦子著  『ふるさとの川城原川』  ダムに拠らない治水を探る

20070623

254

“有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第10

久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ C

 

 

2007年6月号(クリックすると開きます)

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 3)

6月号

239

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集を! 

        有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070415

240

不知火海残映 3. 「桟橋の風」   

                    吉田 耕一

20020101

241

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第5回 

不知火海についての見解(私見) 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

242

仮説・主犯は夜明ダムだった

“昭和28年6月の筑後川大水害を検証する”

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

243

気になる記 3  =今回よりブログに移行しました。=

 音屋の昭太郎 

20070331

244

自然石防波堤とコンクリート護岸の怪

 

245

山と川と海と

20070401

246

“有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第9回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士

20060808

 

 

 

■次回への予告■ B

 


2007年5月号(クリックすると開きます)

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 2)

5月号

231

干潟を守る日 2007 諌早全国集会報告                        

20070415

232

不知火海残映 2. 「 今宵停泊 」   

                      吉田 耕一

20020101

233

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第4回 不知火海(八代海)はどういう海なのか

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

234

 

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

235

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

236

高千穂鉄道残映(X)あこがれの鹿川

20061106

237

湯平温泉と広葉樹の森   

20061031

238

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第8回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ A

 


2007年4月号(クリックすると開きます)

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 1)

4月号

221

不知火海残映 1. 「 冬日翳って 」 津奈木町福浦) 

                     吉田 耕一

20020101

222

官僚はなぜ汚職を続け、天下りをやめないのか?

(官僚は階級ではない)

20070301

223

かがなべて(日々並べて)

20070301

224

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第3回 意見交換会の実際

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

20061130

225

虹の松原は守られるべきか?

20060831

226

ダムを造る側の理屈を斬れ!

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

227

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

228

高千穂鉄道無惨(W)地図

20061106

229

何故、日本はテトラ・ポッドを使いたがるのか?    

20061031

230

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第7回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ @