寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!  (NO. 7)

10月号

272

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 V

“CO温暖化論者はなぜ今年の異常な高温をCO2の

せいにしないのか?”

20070817

273

不知火海残映 7. 「三ツ島

                     吉田 耕一

20020101

274

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第9回 再生検討委が提起する「八代海・芦北地区の再生方策」について 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

275

大牟田市の住宅街で再生する干潟

佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

20070501

276

嘘で塗り固めた官報告示 ダムの水利権配分もでたらめ

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

20070000

277

○四艇と大村湾のアコウ

20070818

278

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第13

第四章 おわりに

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ F

 

 

 

 

新本のご紹介

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

 

 

 

272

 

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 V

 

“CO温暖化論者はなぜ今年の異常な高温をCOのせいにしないのか?”

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 “CO温暖化論者はなぜ今年の異常な高温をCO2のせいにしないのか?”

打ち水大作戦”の大間抜け(ヒート・アイランド化の最大の原因者である国土交通省が打ち水の水を配る)

以来この問題を取上げ続けていますが、以後は普通問題とされない側面に焦点を当て切り出して行きたいと思います。

今年の夏は近年(数十年来)にない異常な高温が連続しました。皆さんも列島各地において既に経験済みでしょうから

今さら説明の全く必要はないでしょう。

ただ、気になる点があります。それは、これほどの高温を、CO温暖化論者(CO温暖化真理教徒)はCO

濃度の増大による気温上昇と吹聴しなかったのでしょうか?

近藤邦明氏の「管理者から」288号(2007/08/22においても 

 

厳しい残暑が続いています。天気予報の気温データを見ていると、当地(大分県)よりも沖縄のほうが

はるかに過ごし易いようです。確かに今年の夏は太平洋高気圧が安定しており、晴天日が圧倒的に多く、

したがって地表に届く太陽放射が多く、降雨と地表水の蒸発による冷却効果が小さいことが連日の猛暑の

主要な原因の一つです。
地表面をアスファルトやコンクリートで塗り固めた都市部の地表面は、カラカラに乾燥して更に激しい

暑さであろうことは想像できます。

ただ、今年のマスコミの猛暑報道はこれまでの『二酸化炭素温暖化』一辺倒のコメントは影を潜め、

赤道付近の貿易風が強まった結果によるラニーニャ現象の影響という説明が目立つように思います。

−これは一体何を意味するのか???

 

とされています。

もちろん、「CO温暖化」説と言えどもIPCCの予測は数十年で平均気温が〇.五〜最大でも二.〇度程度上昇する

といった程度のものですから、最高気温が三五〜四〇度といった異常な温度上昇(実感としては一〇度に近い)には単純

には結びつかないと思ったのかも知れません。それはあたりまえの話であって、温暖化が事実としても(もちろんCO

とは一切関係がないのですが)、そのことによって何人もの熱中症患者が続発するなどありえないからです。まさか、

CO温暖化真理教徒が悔い改めたとも思えませんが、確かに戸惑っているといった雰囲気は伝わってくるのです。

 

地球全体が平均に温暖化しているのならば、東京、大阪はなぜ沖縄より暑いのか

 

この暑さが地球全体の温暖化とは無関係の何か別の因子によって引き起こされていると
いうことは明らかです。もしも、地球全体が平均して温暖化しているのならば、東京、大阪がなぜ沖縄より暑いのかを説明

して欲しいと思います。緯度がはるかに低い沖縄が五度近く低いことは、海洋に囲まれ熱循環が大きく海洋に左右されている。

逆に言えば、海に囲まれていることによって、局所的に温度が上がったとしても、巨大な海洋の温度に溶け込んでしまうこと

によるのです。もしも、「CO温暖化」説によってこのことを考えれば、平均的に沖縄も底上げされることによって

赤道直下並の温度上昇に曝されていなければならないはずだからです。

結局、どのように考えても東京、大阪ばかりか日本全土の都市部の温度上昇は、温暖化による僅かな平均的温度上昇の上に

かなり大きな季節変動と大規模なヒート・アイランド化が作用したと考えるべきなのです。もしも、そうではないと言いたい

のならば、IPCCの温暖化予測(〇.五〜二.〇)と、一〇.〇度近い温度の差を説明してもらいものです。それができないの

ならば、この異常な気温上昇が日本全体の乾燥化によって引き起こされた大規模なヒート・アイランド化(都市、地方都市、

農村、山林・・・)によるものであることを認め、熱中症による死者は国土交通省、農水省、厚生労働省・・・によってもたらされて

いることを明らかにするべきなのです。

 

273.  不知火海残映 7. 「三ツ島

                           吉田 耕一

 

▲ 三ツ島(C)Koichi Yoshida 2002

 

T・Vでひと頃、サブリナル効果をねらった映像操作が問題になったことがあったが、

実を言うと、私の作品にもそれは仕組んである。 しかし、そんなことはしなくても、

人は誰でも海の映像に接しただけで、自らの深層心理や潜在意識をよび覚まされる。

何故そうなるのだろうか。それは私たちが地球上の一生物として誕生したのが、この

海であったからであろう。私たちの遺伝子の中には、この三十数億年の歴史がすべて書き

込まれ記録されているし、また個人の人生来し方・過去の生きざまも、それぞれの遺伝子

に書き込まれて来ているはずである。人が海を見て過去を想い浮かべるのは、海が私たち

の遺伝子の記憶を呼びさますからであろう。海は人々の心をいやしなぐさめてくれる。

それは、海が私たち人類の、いやすべての生物の生命を生み育ていつくしんでくれた

“いのちのふるさと”であるからであろう。

 「死期を悟った知人が、せめて死ぬ前に、もう一度海を見てみたい言っていた」と、

絵を見て涙しながら話された方がいたのを思い出す。

 それにしても、人は、どこまでこの海をいためつけたら気がすむというのであろうか。

(文:吉田耕一) 

 

    「不知火海残映」の連載について

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wのスタートに合わせて始めた“不知火海残映”の

連載も七回目に入りました

このシリーズは、 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか を連載していただいている元美術教師、

吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えています

ので、今後、四年程度は毎号掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を

描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられますが、掲載順序などに

ついては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを

全く無視して掲載することもあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の翳った僅かな

ぬくもりを感じられることでしょう。

第3回目からは私の感性からはなれ音屋の昭太郎氏に選択して頂いています。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

274 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

 

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第連載第9回 不知火海の藻場再生について  

 

9 再生検討委が提起する「八代海・芦北地区の再生方策」について 

 これは標記の通り芦北地区に提示された具体的な方策である。全11項目に亘り、左頁に項目と方策が述べられて

対比して右頁には再生方策の具体的事例が写真やイラスト等を挿入しながら説明され全10ページの体裁でまとめら

れている。これを全文掲載するのは紙数上無理なので、逐条的に項目と方策だけ記載し、問題があると思われる

部分それもあまりにも多いのでいくつかに絞ってコメントを加え、あとはそれぞれの読者のそれぞれの視点で検討

していただくという形で報告したい。

 なお対策中(◎)がついたものは実施中或いは来年度実施予定(○)はメニューがあって実施を検討しているもの

(△)は調査・研究(実証試験)の結果を踏まえて対策を検討するというもの、になっているのでこのことも念頭に

しながら考察していただきたい。

 

1、  なぎさ線の回復

 

・「押さえ盛砂」や突堤、潜堤を組合せた「なぎさ線」の造成(△)

・海岸後背地からの雨水・地下水の湧水対策(△)

 

※「聞いてあきれてものが言えない」とはこのようなことを言うのであろう、私が昨年芦北の海岸線(なぎさ線)の

殆んどがコンクリートで遮断され、それが生態系を破壊していると言ったら、得たりとばかりこれを第一番目に掲

げている。

何をするのかというと、既に遮断したコンクリート護岸の捨石部分に泥や砂を盛ってなぎさ線を造成するのだと言

うのである。「熊本大学は実際に人口の干潟なぎさ線を熊本港の一角に造成し、沖には潜堤など設置して土砂流出

を防ぎ地形生態系も連続性を確保した」(H17)だから場合によっては芦北にも必要に応じて従来の突堤や潜堤など

の工法と組合せる(農水省実証試験中)等と言っているのである。更に輪をかけて「芦北地区においても陸地から

海域まで一貫した生態系の構築を目指す……。」などに至ってはバカもやすみやすみ言えと言いたくなる。

こんなことが世間で公になれば熊本大学は天下に恥をさらすことになる。残念ながら私も熊大出身なので同類項と

倣されはしないかと余計腹が立つのである。其処までは仕方が無いとして、これを芦北に持って来れば芦北住民は

そのとばっちりで天下の笑いものにされる。それだけは断じて許されないので、即刻撤回していただきたい。

再生検討委員の諸氏は海にとって河川の意味、なぎさ線の意味が全く理解されていないのではないか。海と山と

川を人体に例えるなら、川は大動脈でなぎさ線(海岸線)は毛細血管である。ここを通して海に必要なミネラル分

や栄養塩が海に供給され、それが海の生態系を豊かにし、そしてまた海の生物と陸上の生物(主に動物)との食物

連鎖によって、また陸地に還元され大きな循環のメカニズムが形成されているということを全く理解していないの

である。

毛細血管を遮断しその先に見せかけだけの人口なぎさを作ったとして、どうして陸地と海の生態系の連続性が確保

されたり構築されたり等と言えるのか。バカにされるのだけは御免こうむりたい。

 

2、  塩性湿地の回復(△)

 

※ これも当該芦北地区にとってはおかしな話である。その昔「野坂の浦」が現在の芦北高校や佐敷中学校あたりで

あった時代、入江はもっと深くそれぞれの迫々まで入りこんでいたと思われる、それが地殻の変動による隆起や、

川が運ぶ堆積物で扇状地が次第に発達すると多くの塩性湿地ができてその代表的植物であるアシ(葦)(ヨシ)も

いたるところに生い茂っていたのであろう。葦北の地名もそこから来ていると思われる。

しかし今は、塩性湿地と呼ばれるような場所は殆んどすべて埋立てられ芦北の何処にそんな場所あるのか。

佐敷川と湯浦川の河川敷のほんのわずかに面影をとどめるだけで「塩性湿地を増やす」と言っても遊水地さえない

状態の何処にそれを増やすと言うのか意味不明である。「減少の要因については明らかでない場合もあるが…」と

述べられているが原因は明確である。その一つは埋立てたからであり、もう一つは後背地との連続をコンクリートで

遮断したからである。なぎさ線の遮断である。C.W.ニコルさんは「堤防を築くなら石垣でやれ」といっている。

昔は皆石垣だった。石垣なら石と石の間隙でつながる、だから昔は葦も生えていた。コンクリートで遮断した先に何を

やっても無駄である。

 

3、  現存する良好な環境の保全

(開発工事における環境配慮の充実、強化)

 

  計画段階での環境影響評価(○)

 

  埋立て等の規制・保護地域の指定 

 

        「環境に負の影響を与える開発について早期に計画を把握し、計画の変更などの対策を講じる」と説明している。

文字通りなら「ありがたいことで」と言うところだろうが芦北にはもう開発するようなそんな所はどこにも無い。

それよりも何よりも不知火海でかろうじて残っていた唯一のそして最大の藻場大筑島一帯を産廃場として埋立てることに

「必要悪として止むを得ない」と言ってゴーサインを出した者が、その口も渇かぬうちに、良くぞこのようなことが

言えるものだと、感心するばかりである。「信用できない」がコメント。 

 

4、            藻場の保全・回復 

・ 浄化槽の普及など水質改善(◎)

 

  藻場の再生・創造事業の実施(ガラモ場◎アマモ場△)

 

・ 陸水と堆積物の河川から海域への流入パターンの改善(△) 

 

        浄化槽の設置は着実に進められていると思われるが、例えば計石地区等のように家屋が密集している所では敷地内に

設置場所を確保できなかったり、できたとしても、土台から掘り起こすような工事をしなければ設置できないという

ようなこともあったり、そのような物理的な課題と、もう一つは工事費用の補助があるとはいえ、個人の負擔には、

耐えられないといった財政的な問題も大きく、ここあたりに再生のためのインフラ整備としてのより手厚い抜本施策が

必要かと思う。

また前にも述べたとおり特に不知火海においては、沿岸域だけ努力しても球磨川流域を放置していてはどうにもならない

ことである。このことについても抜本策を講じるべきである。 

 

        ガラモ場について(◎)がついている。何時何処でと思ったが、田浦漁協で大丸清光さん(町議会議員)も関ってガラモ

礁を設置したとのことであった。大丸さんの話では「この手の事業はすぐに土木建築関係部局の方にまわされ、ゼネコンだか

マリコンだか海のことが本当に解っていない業者がやってきて、いきなりコンクリート丸出しのブロックを海に沈めようと

する。そこで待ったをかけて、コンクリートには藻は付かないから、自然石が表面に出るようなブロックを作れ、と言って、

それを設置させた。」と言っておられた。環境問題に大変造藻詣の深い大丸さんのような方がおられたからそれに気づかれて

事なきを得たが、特に環境保全に関しては常に厳しい地域住民のチェックが必要だと思った。

また行政側が民間の業者を選定する場合、その事柄について確かな知見とノウハウ・技術を待った業者を選ぶということが

特に重要でこの点も厳しく点検されなければならない。これは住民の問題ではなく行政の問題である。

 

        アマモについては、前出大和田教授主導の下、芦北町、芦北漁協、熊本県の研究センター、芦北振興局その他関係機関の

支援と担当職員の方々の献身的な協力で計石港砂防堤地先、干潟線なぎさ線付近にアマモ植生試験場を作り継続観察育成に

当たっておられる。

特に地元高校林業科の梅田和弘教諭は芦高の生徒諸君を引きつれ「林業科ではあるが。自然を豊かに守り育てるということに

山も海も無い。山に木を植えることも海に藻を植え育てることも全く同じだ。その意味を実践的な活動を通して生徒たちに

わからせ意識を啓発したい。」と積極的に参加され実践して来られている。

アマモを移植するのは厳冬期である。冬季の昼の潮は動きが小さく夜でなければ潮は引かない。深夜誰もいない暗闇の冷たい

ぬかるみの中で黙々と作業が展開されているのである。ここに改めて関係者諸氏に深い敬意と感謝の意を表したい。

梅田先生はこの意見交換会に私と共に一般住民代表として参加しておられ、藻場再生について次のような意見を陳開されていた。

「私たちが取組んでいる作業ないしは活動は世間に向けて私たちはこんなことをして、こんな成果を挙げましたとひけらかすような

ものではない。大変地味な目立たない仕事である。しかし、環境を守り自然を大事にするということは、このような地味な仕事を

こつこつと積み上げていくことで、体を通して本当の意味を解っていくことが大事である。またそのような活動に共感する

地域住民の方々が一人でも二人でも増えていって、多くの人々の意識の啓発につながることを期待している。この場限りのもの

ではないことの大切さを理解してもらいたい。」との発言があった。全くその通りで何か梅田先生の教育理念の端をかいま見た

感じがして敬意とともに賛意を表した。

なお芦北漁協関係者の中では漁業についても環境問題についても一見識を持って仕事をしておられる八里政夫さんがこのプロジェ

クトのキイ・マンのような形で連絡調整に尽力されていることも紹介しておきたい。

 

5、  流況の回復・改善

 

・作澪や導流堤、流向制御等による流況改善策(◎)

 

潮流に影響少ない防波堤等の開発(◎)

 

        ◎印が付いているから大変なことである.一体芦北海岸の何処にこんなことをしなければならない所があるのか。また、これを

こうすればここがこのようになるという見通しも科学的な根拠も全くない極めて非科学的かつ不合理なそして非現実的な偶策である。

即刻撤回していただきたい。漁民代表が怒るのも当然である。芦北の海をママゴト遊びの道具にしてはならない。

 

        澪(みお)の件について芦北漁協藤井幸一代表から「昔は湯浦川は潮が引いても曲がりくねった水路ができて浅い所深い所潮溜まり

など変化に富んでいて。色々な生き物がいっぱい棲息し豊かであった、そのような環境の中でノリ漁業も盛況であったが、河川工事で

側面がコンクリートで固められ低床はブルドーザーで平らにされてしまうと、生き物は何もいなくなった。ノリ漁業がだめになったのも

このこととつながっている。」という意味の発言があった。これも全くその通りである、湯浦川にえん堤が石垣で作られていた頃は川の

流れに合わせてゆるやかに蛇行していた。この自然の川のダイナミズムとバラエティこそがそこに豊かな生態系を出現させ、さまざまな

物質を分解したりバイオターベーションの環境を作り水を浄化させたりしていたのである。人の手でこのようなことができると考える

のは、人間の傲慢であり自然への冒涜である。川や海を元の姿に戻すというのなら大賛成であるがそれが出来ないなら前出の小崎代表の

言うとおり、これ以上海にいらぬことはしないでもらいたい。

 

        ちなみに佐敷湾でノリ漁業は今では藤井さん一人になってしまった、最後の一人である。昔湯浦川は「女川」と言われていた極めて

生産性の高い川だった。この川で取苗されるノリは絶品であった。果たしてそれが復活できるかどうか、藤井さんは今

「川防人(かわもりと)」の役割を擔わされる立場に好むと好まざるとを抜きにして立たされることのなっている、いわゆる環境モニター

である。また生業をとおしてはからずも藻場再生事業をアマモではなく紅藻類で実験していると言う立場にもなっている。先述した、

うたせ漁同様の配慮も必要であろう。(藻場造成事業) 

 

6、  底質環境の改善

 

河川からの土砂供給、海域内での土砂動態の把握(△)

 

     人為的な要因による底質環境への影響の把握(△)

 

     既存の底質環境改善対策(実証試験を含む)

 

     耕転、覆砂、底泥の除去(浚渫)(◎)

 

     海底攪拌、海水交流、地盤改良剤の使用(◎)

 

     人口巣穴、微生物を活用した浄化機能向上()

 

        上二段は、赤潮がいつもこのあたりから発生するので芦北から流れ込む堆積物が原因ではないか、それを調べようと言うものである。

調べるに越したことはないので、どうぞそうしてくださいとは言うが、赤潮説についての見解は前に述べたとおり対立する。

最下段の人口巣穴、これは科学的根拠なし、物理学的に実験してみればこんなことは全く無意味だと言うことがすぐわかるはずである。

実験をしたわけではないが観察による推測から低酸素状態の滞留を作るだけだと思う……。

 

7、  渦鞭毛藻やラフィド藻類の赤潮

 

     赤潮発生時の連絡体制や予報システムの整備(◎)

 

     海域への汚濁負荷の軽減(◎)

 

     海底からの栄養塩溶出の軽減(○)

 

     赤潮発生機構の解明と予察技術の開発()

 

        2000年の赤潮が発生してから6年も経つというのにまだ連絡体制や予報システムが整備されていないとは一体どういうことなのか、

これもあきれて物がいえない。危機管理体制が全く存在しないかったことの証左ではないか、芦北の問題ではなく行政自体の問題で

あろう。最下段も同様である。

 

8、  汚濁負荷の軽減)(陸域と海域)

 

     下水道や合併浄化槽など生活排水処理施設の整備の推進(◎)

 

     農業、畜産、養殖業から負荷の軽減(◎) 

 

     水質規制や総量規制(○)

 

     下水の高度処理(既設処理場を利用)(△)

 

※ 生活排水処理施設については熊本県は全国平均に達していないそうです。(H13の普及率旧田浦46.7% 旧芦北町36.6%

 

9、  流域のゴミ流入対策、陸域の管理、

 

ゴミ回収清掃

     山間部での流木対策の実施(○) 

 

     都市部、農地からのゴミ排出対策(○) 

 

     海底に堆積したゴミの回収・処理(○) 

 

     日常的な森林や河川域の清掃(○)

 

     河道内でのゴミ回収技術・対策(△)

 

        山間部での流木というのは、林業不振と高齢化で山林が荒廃する問題と関っている。山林の荒廃は結局は海の荒廃につながる

問題である。豊かな海にするためには山を育てようということで「漁民の森」作りの運動も進められている。熊本県での最初の

取組みは天明漁協が緑川上流域に展開したものである。芦北町もさやかではあるが、確か合併の前の年あたりから、農林水産課、

漁協、森林組合、連携しながら「漁民の森」づくりに取組んでいる。

ただ、ここで問題なのはこれらはすぐすぐに目に見えて効果が上がるというものではないし、一方で日に日に漁獲が落ち込む

ような状態では漁業者はもうそれどころではないと言うことで、先細り立ち消えてしまう恐れもある。これは単に漁業者や林業

者の問題として矮小化して捉えるべき問題ではない。荒廃したふる里の自然を豊かなものに甦らせる地域全体の問題として捉え

て行かないと展望は拓けない。

しかしそこにも一つのネックがある。山林の私有権・経済の対象物と言う問題と公共の財産と考えることと対立である。国は

国有林・保安林として国が管理してきた山林を民間に売却してきたという歴史もある。また特に戦後の「拡大造林政策」で多くの

広葉樹林が伐採されスギ・ヒノキの針葉樹に置換えられ環境に著しい脅威を与え、本来針葉樹を植えるべきでない危険な地形まで

無理に植林をしたために大きな災害を惹き起こして来た歴史も今に続く。

このようなことを考えると、過疎化で後継者杜絶で手入れすることもなく放置同然になる山林について、国や地方自治体の管理

下におくような施策がどうしても必要になってくる。

もともと国土開発を経済優先の発想で進めてきた結果がこの通りの現在ならば、こらからの国土開発は生産性の高い豊かな自然を

取り戻すためのインフラ整備という発想に転換すべきではないか。そうなった時はじめて「漁民の森」は「海の森」として展望が

開けるのではないかと思う。

 

        海底のゴミ回収について、地元うたせ漁業はケタ流しで海底耕運やゴミ回収を行っているが、水俣川河口沖は最大の堆積物が

溜まっていて、とても漁民の手に負えるものでないといっている。大規模な機械力を使った抜本的な工事が必要である。本来ならば

漁業者におんぶさせるべき問題ではないのである。

 

10、  健全な漁業の維持・構築

 

ここでは沿岸部の開発等による海域環境への負荷と漁具・漁法の開発による漁獲圧等漁獲量の減少がとらえられ漁業者自身の

意識改革の必要性も述べられている。

@・海藻類による海域の浄化の効果の検証や、食以外の用途(肥料など)の開拓(△)

A・漁業者の意識改革(○)

B・漁業管理、漁業規制(○)

 

        @については海藻と漁類の複合養殖など注目すべきアイデアも提示されているが、「収穫される海藻の食用、養殖餌、更には

堆肥などへの有効活用」に至っては、「砂漠にイネを植えて収穫を夢見る」に等しい論理が展開されている。こちらは海藻を育て

ようにも育たなくなった海をどうするのかが問題であって、堆肥にでもしなければならないような大量の海藻が何処にどのように

して育つのか。「獲らぬ狸の皮算用」をしている場合か、と委員会の他人事のような能天気さに腹が立ってくるのである。

 

        Aの漁業者の意識改革、これは大変重要な問題である。先述のとおり山の問題同様、漁業権と私有権と混同してとらえてしまう

意識構造の問題である。それは元はといえば経済優先の論理によって進行する社会構造と生活形態が、自然そのものも経済活動の

対象ととらえるような人々の意識へと変容させていった結果、無意識のうちに、海を私有物視するような意識を醸成してしまったと

とらえるべきかもしれない。

その展型的な例が八代海、大築島南西部域の産廃処理場としての埋め立て工事である。代漁協はここの漁業権を放棄して金に換えた

ことである。これは、自分が所有していた土地を他人に譲渡し金銭を得た行為と全く同等である。土地であれば周りに迷惑を及ぼした

り自然を破壊したりしない限り、アパートを建てようとどうしようと土地利用に関しては自由であろう。しかし海はそうは行かない。

私有物でないから所有権は存在しないのである。漁協の私有物とみなしたのは行政権力である。この海域を海として利用するのなら

まだしも、不知火海全域の環境に重大な脅威を与えることが明白であること知りながら、海のど真ん中に産廃場を作るために、そして、

この再生検討委員会の中には、それにゴーサインを出した方も居られるということを、私たち地元住民はどう理解したらいいのか――。

こんなことをやっているから漁業者の意識もおかしくなって来たのである。何とか対応できたのは田浦漁協と芦北漁協だけで、

他の漁協は他人の「土地」によそ者が口をさしはさまなくていいのではないかと同意を与えてしまったのである。水俣病50年の歴史の

教訓などどこにもない。水俣漁協の漁業者さえ同意して当然と思っているのだから。歴史の教訓とは「再び繰り返される」ということ

である。意識改革とは、このような意識構造をどう変えるかということである。それよりも行政自身の意識改革が先決問題であろう。

 

        昨年の意見交換会で、沿岸域の環境問題についてのアンケートの対象者がどのように抽出されたのか、どのような手続き手法で

行われたのか。一般住民は対象者28人中解答が20、沿岸漁業者ならびに内水面漁業者の対象者はなぜか計上されず解答者は0、この

0という数の意味は一体何か。もし漁協を通して調査依頼の手続きがなされたのなら、漁業協同組合の体質そのものに問題があると

言わざるを得ない。特に漁業者というのは人と人の社会的なかかわりの中で仕事をしているわけではない。海という自然と直接対面する

中での仕事であるから社会的な事情に疎く関心も低いというのも当然のことであろう。だからこそ唯一社会的な窓口となり接点となる

漁業協同組合の執行部体制のありようや姿勢がより重要な要(かなめ)として浮上してくるのである。

現在の漁業のあり方や実態をふまえ、より広い社会的な視野で漁業経営のあるべき姿や課題をとらえ、世の中に発信したり行動を

起こしていく、そのリーダーシップによってはじめて漁業者の意識を改革させていくことが出来るのである。今日のような厳しい

状況下にあるからこそ一層そのようなことが要求されるのである。

果たして現在の各漁協の姿はどうであろうか?未だに前近代的な同業者同志の馴れ合い集団に終わってはいないか。このことを漁業者は

自分自身の問題として問い直すべきである。厳しいことを言うようであるが、そうしない限り漁業者はやがてはいい喰いものにされ

世の中から抹消されていくからである。

 

        漁業管理と規制。今までは陸上での人間の行為が海の環境悪化を招いていたと述べてきたが海の環境に負荷を与える行為は陸上だけでなく

漁業者自身にもある。一番大きいのは養殖業で複雑に入り組む島嶼 やリアス式の湾内では海流は滞留しがちな所が多いが、そのような所が

養殖イカダ設置に最適な場所となるため、湾内の海流の停滞化を促進したり養殖のエサの余りを海底に沈殿堆積させて水質を悪化させたり

富栄養化が赤潮を発生させる原因を作ったりしていること。化学薬品を使って網や生態系を破壊させてしまったり、陸上での企業活動を

そっくり海に持ち込むという考え方では環境保全は望めない。海になるべく負荷を与えない養殖業のあり方は今後とも大きな課題だと

考えられる。沿岸の疲弊も一つはこれらと関係ないとは言えない。

その他、漁具や漁法の現代化でソナーを使って魚群を一網打尽に稚魚まで獲ってしまうということによる資源の減少の問題。漁船の塗料に

生物を死滅するような化学物質が混入されていることなど気懸かりなことが多い。

漁業者も今では自らの行為が海の環境に負荷を与えていることはわかっている。わかっていながら背に腹は変えられないという形で進行して

いるのが現実の実態である。一番望ましい姿は「自主管理、自主規制」である。しかし、当事者能力を喪失した漁業協同組合にそれは期待

できない。やはり、第三者的調整機関を設けて行政権が介入することはどうしても必要である。漁業者代表の小崎盛行さんが、底引き網密漁を

例にとり、取締体制を厳しくするよう強く主張されていた。悲しいことではあるが、現状ではそうしない限り海は無政府状態になってしまう

からである。

 

11、  住民の意識改革

 

     “有明海・八代海はみんなの財産”“みんなで大切に”という教育・啓発の実施(一般住民.漁民、小、中、高からの教育、マスコミ等)(○)

 

     環境悪化に対する共通認識と再生へ向けて協力体制の確立 (○)

 

地元住民が参加できる調査の実施 (○)

 

        この項目は言われるまでもなく、私たち地元住民が主体的に受けとめ考えて行かなければならない問題である。水俣病発祥の地域でも

あるため、環境問題に関しては他の地域より比較的に意識も関心も高いのではないかと思う。町の行政の中でも環境に配慮した施策はとられて

来ている。例えば御立岬の海岸線はコンクリートで遮断することを避け石垣で堤防を構築することで、いわゆるなぎさの生命線を保持させたり、

下水処理。浄化槽設置等、住民共々前向きに取組んでいる、

内陸ではホタル条例等で環境浄化に努める気遣いを高めたり等々である。

学校教育に於いても環境教育はより一層重視して取組むべきである。芦北高校の梅田先生と学生たちのアマモ植生に係る教育実践活動は特筆

すべきではないかと思う。

今は閉校となった吉尾中学校の「ホタルと生育する自然環境」についての調査・研究活動(総合学習)等もあって、ここで興味を引いたのは、

人里近くの川筋の方がホタルの発生率が高く、人里を離れるほど減少するという結論は大変見事であったと思う。つまり人が排泄する適切な

栄養塩が川に供給され、それが川の生物の食物連鎖を形成しその循環の中にホタルが存在するということで人間とホタルの共生関係が浮き彫りに

されるし、川自体の浄化作用(実は生物による)で完全に栄養塩が消化されると(人里は離れると)川の水は綺麗になるが「水清くして魚住まず」

の格言通り生態系は貧弱になることを浮き彫りにしていると思った。果たして結論からそのメカニズムを解釈するところまで押さえられたかどうか

定かではなかったが、ここから多くに教訓を導き出すことができると思う。 

環境問題を考えるに当たっては、ある程度の生物学的或いは生態的、いわゆるバイオエコロジーについての基礎的知識は必要である。しかしいくら

そのような知識を集積したとしてもそれは単なる「物識り」になってしまうだけで意識を変えるところには行き着かないように思う。

やはり人間にとって一番大切なことは身近な自然に直接的に接することである。人間が持っている諸機能ははじめ活性化し自然が発信する情報や

メッセージを読取る活動を開始するはずである。また人は、身近な自然に接したとき、はじめて人間らしい心の働きが呼び覚まされ、やさしき

しなやかな感情を育まれる。

自然と直接的に触れる体を通して得られる知見の積み重ねが土台にあって、それが科学的体系的な知見に遭遇したとき、はじめて自己変革が起り

認識の世界へと発展していくのである。意識の改革とはそういうことだととらえる。

学校教育活動の本質は正に上に述べるとおりである。子ども達のそれまでの全生活を通しての経験則や知見或いは価値観に、学校で準備する学問的

ないしは科学技術的体系的知見を遭遇させ葛藤の場面を作ることで、新たな知見や技術的技能的なものを獲得させたり、新たな価値判断価値基準に

目覚めさせたり新たな認識の世界へと自己改革を促していく。それが子どもの成長であり発達でありそしてまた学校の教育活動である。授業もその

ような構造に組み立てなければならい。

ただここで現代の学校教育の致命的な問題は「子供の遊び文化」が先述の通り消滅したために、様々な面において原体験的学習が欠落していること

である。土台となる体験則や知見のないところに、学問的・体験的な知見を植え込むことになるが、そこには子どもの発達や成長を促す作用も、生きて

働くような「考える力」を育てることも極めて困難な状況や要素が、目には見えない形で構造的に存在しているということである。

ところが消費文明の中における学校教育の本質的な課題を見据えた上で教育問題を取り上げるなら分かるが、そのような時代認識を欠落させたところ

で教育問題を論じようとしているので、ますます混乱に輪をかけるような状況を生み出しているが、わが国の昨今の教育事情である。

いずれにしろ、以上のような視点からとらえても、最後の具体的方策「地元住民が参加できる調査の実施」は、自ら身体を通して自然と直接的に関る

機会を与え、大人にとっても子供にとっても原体験を通してものを考え意識を高める機会或いは学習の場を提供することになり、極めて有意義なもの

だと考える。できることなら職業や年齢を問わず大人から子供まで参加できるような体制で実現されるよう期待したい。

 

最後に

 

最後までお読みいただいて本当に有難うございました。「まどろっこしい、いい加減にしないか。結論を先に言えよ。」という天の声に「すみません、

すみません。」と謝りながら、ついついこんなレポートになってしまいました。人生のゴールも見え始めると今までの自分の生きざまはとにかく、

これからの子や子孫、そしてまた次の世代のことがしきりに気になりだします。私たちはとてつもない負の遺産を子孫に先送りし転嫁しようとしている、

それでいいのかという思いが ついつい教育の問題まで絡めてしまい、このレポートになってしまいました。それに付き合わさせた皆様に心からお詫びと

感謝を申し上げます。

なお、レポート作成に関して、芦北町役場の農林水産課の下田さん(現在総務課長)告鍬さん、環境衛生課の柳田さん、岩本さん、商工観光課の

大岩さん、議会事務局井川さん、等々の方には、環境に関する様々なご教示や情報を提供いただいたりして、大変お世話になりました。特に手書きしか

能のない私のために、「ワープロで編集してあげましょう。」と自らその労を買って下さった「きずなの里」宮島局長には、何とお礼申し上げてよいか

分かりません。本当に有難うございました。

 

追 記

  このレポートを書き終わった所ではじめて「有明海及び八代海を再生する特別措置に関る法律」の全文を手にすることが出来ました。レポートではこの法律は

画期的なものであり大変意義のあるものと述べました。確かに意味の上からその通り間違いないと思いますが、この法律を弾力的に解釈するか或いは狭義に解釈

するかで本当に生きた法律になるか死んだ法律になるか、解釈論争になりかねない微妙な問題を孕む法律であることに気がつきました。熊本県はどうやら狭義に

解釈しようとしているようです。しかしそれでは、この法律の第一条の目的「豊かな海として再生することを目的とする」は果たせないことは明らかです。

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第9 再生検討委が提起する「八代海・芦北地区の再生方策」について

の掲載について

 アンビエンテ編集長 古川 清久

 九回に亘る長期連載でしたが、一旦、ここで終了させて頂きます。

この間のお付き合いも含めて、吉田先生の問題意識と私の危機意識は共有化されています。

先生も魚釣りで日常的に海と接しておられますので、海の事を良くご存知です。大学の海洋工学、海洋土木といった教授連が現地を踏み、

海の変化をどれほど知っているかは言わずもがなでしょう。また、県の海岸保全事業関係の担当者と言えども日常的に海と接している人は

ほとんどいないでしょう。設計書を作成するために昼夜残業し休みの日はパチンコ屋に吸い込まれるような方々が大半でしょう。自分の

生活に一切関係がない場所がどのように破壊されようが知った事ではないといった雰囲気で、地場とマリコンの土建屋どもが税金を呑み込む

ために際限なく大口を開け続けているのですから、不知火海もいずれコンクリートで固められてしまうことでしょう。そして、コンクリートの

上にコンクリートを塗り固めていくことでしょう。

それはともかく、吉田先生にはいつでも新たな論文掲載をお願いできるのですが、いくら立派な論文が掲載されたとしても、行政の実態が

今のままでは転換はおぼつかないと思わざるを得ません。

 

275.        大牟田市の住宅街で再生する干潟

 

佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

 

はじめに

 

極めて小規模ながら、人知れず干潟が再生している場所が有明海湾奥部の東岸にあります。

場所は荒尾市との境に近い大牟田市諏訪町、天領町の諏訪川河口付近に流れ込む小さな支流の流域五百メートル足らずの範囲です。

集水領域はかなり狭く、近くの農地や住宅地ぐらいしかありません。

もちろん、大牟田市全体がかなりスクラップ化しているという印象を与えているのですが、旧炭住街でもないのに付近にはかなり

老朽化した家並が目立ちます。

まずは、付近の写真を見ていただきましょう。

▲ 諏訪川支流の制水門下から上流側を望む

 

私が大牟田というかなり大きな都市の市街地の真中で干潟が再生していると言う驚愕すべき事実を知ったのは一年程前のことでした。

その干潟再生への経緯は後段に廻すとして、これを知ったのは鹿児島大学の佐藤正典准教授から送って頂いた「有明海の豊かさとその

危機」という論文でした。佐賀自然誌研究会という団体があります。これは専門的な学者や研究者に限定せず、主として動植物などに

興味を持つ佐賀県在住の観察者、研究者によって構成される民間団体ですが、この自然史研究会の会報『佐賀自然史研究』に佐藤先生が

掲載されたものに前述の論文が掲載されていたのです。

全文を通して読むと、ギロチンから十年、“有明海異変”が人々の頭から徐々に消え去る中で、ギロチン後の有明海を非常に精緻に評価

されているという印象を持ちます。

ここでは論文全体を掲載することは致しませんが、ぜひともお読み頂くことを切望してやみません(全文をお読みになりたい方は最後を

ご覧下さい)。

この、諏訪川の支流において、再生が進むというよりも、既に再生した干潟の存在を知らしめることが本稿の任務と考えますが、それに

ついては佐藤論文をお読み頂ければ十分ですので、ここではそこではふれられていない側面についてお話することにしたいと思います。

 

再生する干潟

 

昨年の秋以来、数回、現地を訪れ周辺を含めてつぶさに見てきましたが、川幅五メートル足らずの小河川ながら、そこには生きた川と海が

同居していたのです。かなり分かり難い場所ですので、始めは何度か戸惑いながら現地に辿り着きましたが、まず目に入ったのは、ゲートを

上げたまま開放された制水門でした。

真新しい錆止めの塗装はされているものの、どのように見ても数十年は経過し普通ならば改築されるべきもののように思える代物でしたが、

干潟の再生は水門のゲートを常時開放することから始まったのでした。

この諏訪川下流の感潮域に面した制水門は、簡単に言えば低地の排水用の樋門と言えば分かりやすいのですが、実はそれだけではなかったのです。

その前に、河口堰といえば全国で汽水域の消失や魚道の切断による種の再生産への条件を奪い、魚介類の激減、従って、生物相の激変、河口周辺の

沿岸漁業の潰滅、水質の悪化、アンダー・フロー・タイプによっても腐敗した堆泥の放出を引き起こすなど、今なお、多くの問題を引き起こして

いますが、小規模とは言えこの制水門(吐出樋門)にも色々な問題が起っていました。

この制水門も本来は海水の住宅地への侵入を阻止し、溜め込んだ雨水を流域の水田への農業用水として確保(防火用水の確保も副次的にあった

でしょう)するなどが目的だったのです。

日本は敗戦から凡そ二十年でコメの消費が減少するのですが、戦後の食糧難の時期からしばらくはこの農業用水の確保は至上命題であったことでしょう。

また当然ながら、大雨で住宅地や農地にたまった雨水を排出する必要があるときには、ゲートを開放もしくは部分開放し干潮時に排出していたのです。

しかし、戦後から半世紀以上が過ぎ去り、この一帯でも環境は激変してきます。流域の農耕地の多くが住宅地や駐車場に転用され、残った農地からも

耕作放棄が出ていたのです。このような中で、生活様式の変化などもあり、当初は持て囃された農業用水も周辺から垂れ流される雑排水の流入によって

汚濁が進んで腐臭がするなど、周辺の一般住民にはかなりたえられないものとなっていたのです。

既に、この一帯では水田が畑にされ、その畑さえも放置されるものが目立っていたのですから、もはや、水利権とか生産組合などといったものも実体を

失い、この農業用水に依存する農家も実質的には存在しなくなっていたのでした。

こうして、事実上の慣行的水利権も消え、通常ではありえない農業用水の確保が放棄されてゲートが上げられたのが五年近く前の事だったようです。

この結果、川としての流れが回復し、見た目だけの話で必ずしも喜べるものかどうかは分かりませんがゴミも消え去り(自然に還元する生物系のゴミは

ともかくプラスティック系のゴミも含めて有明海に流れ出しただけなのですが)、水も一気にきれいになり、河口からニ〜三キロも入った住宅街にも

海水が入るようになったのでした。こうして、川も干潟(実は海)も一気に蘇ったのです。当初はEM菌を撒くなどして貯水しながら浄化する方法を

探ったとのことでしたが、所詮は小手先の付け焼刃に過ぎず、本質的な解決には至らなかったそうです。

河口堰とはゴミを海に放出させないことだけが唯一の価値と主張するのですが、私が初めて現地を訪れた時には実に感動的な景観が出現していました。

ちょうど干潮時でしたが、水門近くには蟹やフナムシが這いまわり、水門から百〜ニ百メートル辺りまではボラの子が群れで泳ぎ回っていました。

さらに驚いたことには、脇から流れ込む小流からはきれいな水が注ぎ、なんと、今や希少動物になっているメダカの群れがかなりの数で泳ぎ回って

いたのです。大牟田では、たしか、ボラの子を“クロメンコ”と呼びますが、この川の中でクロメンコと川魚がどこかで顔を合わせているのです。

まず、護岸がコンクリートではなく石積みの自然石で造られ、植物が生える素堀の部分も多いため、魚類ばかりではなく、水生昆虫やヨシキリといった

海岸性の野鳥もいたようでした。私の印象では既に川と干潟とは十分に蘇っていたのです。

新大牟田漁協の川口秋吉氏によると、少なくとも“周辺の人もみんなきれいになって喜んでいるようです・・・”といった話のようです。

なにやら諌早湾を思い出してしまいましたが、実際、ここに出現しているのは未来の諌早湾干拓のミニアチュアなのです。

▲諏訪川の支流かんどり橋付近(昭文社マップル道路地図より)印刷用に白黒にしています。

 

なにが干潟を再生させたのか

この干潟の再生は直接的には水門の常時開放がもたらしたものでしたが、まず、大牟田という土地がどのような場所であるかを

考えてみるべきでしょう。現在でも、大牟田市の市街地の三分の一はゼロメートル地帯と言われ、常時、ポンプ場は待機状態と

言われています。このため、大牟田市のこのセクションの職員は三交替体制で勤務していると聞いています。

確かにこれは事実なのですが、現実にはこの一帯では住宅地に海水が入ってくるほどの高潮位といったものは年に一〜二度であり、

その時だけ締めれば良いだけの事であって、たん水の怖れはそれほど重大ではないのです。もちろん、台風などによる高潮と

大潮などが重なる場合もあるでしょうが、それも随時対応すれば良いのであって、ことさら多目的の臨海部の都市型ダム

(制水門をかっこ良く表現すればこうなります)といったものを維持する必要性はほとんどないのです。

それよりも、水門にたまり続けるゴミを片付け、悪臭に耐えることの方が負担が大きかったのでしょう。

決定的なことは、ほとんど唯一の有用性であった農業用水の確保という必要性(正当性)の喪失と、現実の関係農家戸数が減少から

消失した事でした。彼等にとってこの水路を浚う事だけでも負担だったはずで、恐らく最後は放棄されていたはずです。結局、自然

流下による方が負担もなく“手間いらず”だったのです。

このこともあり、現在あまりにも過大に評価され過ぎている水利権が、事実上、主張する権利者が消え、利権とか言うほどのもの

でもないために消失してしまったことがその転換への原因だったのです。既に、生産組合、水利組合、土地改良区といったものもなく、

慣行的な水利権だけが残り、古い時代に建設された制水門でもあったために、土地改良施設であるための改築といったこともなされて

おらず、くだらない規制(管理規則)といったものも覆い被さっていなかったために、わずかな関係農家の同意(実際にはただの了解)

だけで開門が機動的に行なわれたのです。

結局は農業水利権者と非農家の一般住民の地域での決定権の逆転と、くだらない利権がらみの規制がなかったということ、結局、

ただの常識といったものがもたらしたことだったのです。

つまり、価値法則、経済原則、市場原理といった仰々しい言葉を持ち出す必要もありませんが、ただのあたりまえの原理、最後は

この合理性が働いたというのが、「諏訪川小干潟」(こう呼びましょう)再生の理由だったのです。

 

諏訪川界隈

 

既に、ホッパー、ニイコー(第二組合)、大正行動隊、谷川雁、総労働と総資本、炭労、四ツ山坑、生産点、全学連東大学生細胞、

オルグ・・・といった言葉の意味さえも忘れ去られる時代になってしまいましたが、この一帯は商業地とか新興住宅街、工場地帯といった

ものでもなく、いわゆる旧炭住街でもありません。

幹線道路から外れ、何やら打ち棄てられたような印象さえ感じる静かな住宅地といった面持ちの町ですが、水門の傍らの古い民家に

お住まいの大正生まれのおばあさんからこの水門のお話をお聞きすると、お嫁に来た頃には既にこの水門があったとの事でした。

その後なにがしかの改築が施されてはいるようでしたが、昔からほとんど変わっていないといった話だったようです。

おばあさんからお聞きした話で特に面白かったのは、水門の傍にある橋の名前でした。かんどり橋と言うそうです。私も直ぐに気付き

ましたが、そうです、楫取橋なのです。

 

【楫取】かんどり

カジトリの転。宇津保物語(吹上上)舟子、−立てて (広辞苑)

 

概略、「昔は舟が上がってきて物を運んできていた。橋を潜るためにここで楫を外したから・・・」といった話だったようです。

波静かな平地の河川や内湾などでは五平太舟(川ひらた舟の外にも色々な名前がありますが)という平底の川舟が盛んに往来

していました。

たいていは櫓漕ぎや竿挿しのもので、離合ではもとより、橋の通過には、ここで櫓、櫂を外さなければ通過できなかったのでしょう。

恐らくこの八十歳に近いお婆さんの目には私との話の中で昔の川船が味噌や醤油や酒を運んでいた頃の風景が瞬間的にも蘇っていた

はずなのです。

 

大牟田今昔

 

福岡県大牟田市は有明海に面した県南部の旧採炭地です。私が小学校に上がるか上がらないかといった一九六〇年前後、総資本と総労働の

激突と言われた三池闘争が行われていたのですが、今でも、ピケ(ピケットライン)を張る第一組合に対してスト破りに向かう第二組合が

激突するといった、緊迫した報道が連日、連夜、ラジオで報道されていたという記憶があります。

今も万田坑のホッパー跡など炭鉱遺跡とでも言うべきものが数多く残っていますが、ちょっとでも幹線道路からはずれると、スクラップ化した

街並みが残り、市全体としても寂れた雰囲気に沈む静かな町という印象を払拭できません。

石油が国際的に高騰する中、北海道の夕張、長崎の池島、大牟田の高田ぐらいは存続させ、採炭拠点を維持し、技術とノウハウを残すべきで

あったと思うのですが、長期的な国家戦略を持たない日本の愚かさは、エネルギーの多様性を捨て去り(自然エネルギーで部分的にもてはやされる

風力発電プラントは実質的には建設、維持を含め、投下されるエネルギーに対して受け取るエネルギーが少ない逆鞘にしかならず、大手重電メーカーを

救済するための新手の公共工事に過ぎませんが)、ますますエネルギーの安定供給という国家戦略からほど遠い石油、愚かな原子力への過度の偏重へと

進みつつあります。

大牟田市は、今般、財政破綻で有名になった夕張市と同様の炭鉱城下町でした。この市も財政がピンチであることは言を待ちませんが、

ただ一つ、ネイブルランドの処理が意外に早かった事だけが夕張市との命運を分けたと言えば大袈裟に過ぎるでしょうか。土建屋や鉄鋼メーカーが

補助金を食い物にするためだけに導入されたこの田舎の遊園地があっという間に閉鎖されたことはある種の賢明さであったことは一応頷けるような

気がしています。

 

牟田地としての大牟田

 

まず大牟田という土地がどのような場所であるかを考えてみましょう。歴木の木があったために古くは「御木ノ国」(『日本書紀』景行期)とされ、

平安期には三毛とも表記されたのがこの三池の地です。

大牟田市の諏訪川(上流の熊本県側は関川です)と言えば、筑後、肥後の境をなす関(肥後の南関ばかりではなく筑後側に北の関という字地名が

あります)より有明海に流れ下り、海浜部においてこの両国を分かつ川でした。流路の変遷のために現在の県境とは多少異なりますが、大体において

これより南が肥後(熊本県荒尾市)になると考えて頂いて良いでしょう。

現在、市役所がある小高地辺りから見れば、この地は東の低地の湿地帯に過ぎず、ある意味でこの一帯は辺境でもあったはずです。

してみると、この地が筑後と肥後の境をなしたことも抵抗なく理解できてきます。

そもそも、大牟田という地名自体が大きな湿地を意味しており、この諏訪川周辺にはそれを示す痕跡地名を拾うことができます。

ここでは、この川一帯にとどめ、大牟田全体を考えることはしませんが、それほど遠くない昔、諏訪川河口には巨大な入江、もしくは巨大な湖から

浅い湿地が広がっていたと考えられます。その範囲は鹿児島本線から二キロは入る現在の萩尾町(水を一気に吐き出す場所だから萩尾という地名が

付いたと考えます)付近を頭に大牟田側では駛馬(ハヤメ)町から片平町辺りから八江町へと進む県道789号線の南側から、荒尾川側では同じく

駛馬町から県境ラインの北側にかける範囲に広がっていたと思われるのです。この範囲には今でも町屋の発達がなく、大体において農地が広がって

いたのです。これは絶えざる高潮や洪水によって居住に不適であったことを意味しています。この湿地の堆積が進み、陸化するのがいつ頃だったのかは

分かりませんが、沖田町という地名がそれを意味しているように思えます。

一般的に鉄道は干拓などによる旧堤防に敷設されることが多いのですが、逆に、鉄道が事実上の堤防となって内側が乾陸化する、もしくは干拓される

ことも多かったようです。

埋立てが進み、現在では鹿児島本線は海岸から一〜ニキロは入った場所に通っていますが、それはここ百年の話であって、鉄路西側の諏訪川周辺には

川尻町、船津町、南船津町といった地名が拾えます。もうお分かり頂いたでしょう。市街地北側の堂面川上流の手鎌から白川、白銀川流域の大湿地帯と

併せ、大牟田はまさしく海水と淡水が鬩ぎあう巨大な湿地帯だったのです。

してみると、五百メートルの範囲とは言え、河口から三キロの内陸部の住宅地にボラが入るこの諏訪町、天領町は、かつて干潟そのものであった

大牟田の原形を象徴しているように思えるのです。

 

▲諏訪川周辺地図(昭文社マップル道路地図より)印刷用に白黒にしています。

 

アンビバレンス(ニ面性)

 

この小型の河口堰には農業用水の確保と高潮を防ぐ・・・というプラスの側面があるのですが、同時に流水(循環性)の喪失、内水の汚濁、

生物の切断、水門操作、ゴミの回収など水門の維持補修といったマイナスの側面が生じます。

この選択に行政が関与しない場合には最終的には経済合理性が働くのですが、行政権力が関与すると地域の合理性が封殺され全く働かず、

イサカンのような無様な事態に陥ってしまうのです。

物事には良い事ばかりというものはめったにありません。必要なことは問題が起こった時に直ぐに修正する勇気があること、

同時に、変わるための知恵を働かせることなのです。しかし、利権に絡み着かれて身動きできなくなっているうえに、既に税金を一部の利権

集団が私的に掠め取ることが目的になっている公共事業は、この面から見た時、明白に国民の敵対物になっていることが良く分かるように

思えるのです。

農水省もイサカンの調整池の水質悪化には頭を痛めているようであり、実際、どうするつもりなのか、あわれにさえ思えてきます。

水門を開放しない限りどうすることもできないはずなのですが、この問題を解決し維持管理の目処を立てない限り国土交通省には引き渡せない

はずなのです(本明川=河川管理者である国土交通省=県土木部は受け取らない)。

これができない限り干拓事業もおいそれとは終了できないのです。 

 

諌早干潟も開門すれば直ぐに再生が始まる

 

あの疎ましいばかりのギロチンから十年が過ぎ去る今日、やろうと思えば簡単にできる開聞調査すら、無理やり探し出してきた屁理屈を並べて

児戯にも似た逃走と拒否を続ける干拓事務所、九州農政局を西、南に睨みながら、この小河川は現実に干潟を再生させているのです。

小さいながらも、この動かしがたい事実は、農水省の逃亡への明瞭な追い討ちであり、イサカンの開門から部分撤去そして全面撤去を追求する

私たちにとっても、明瞭な確信と指標を示すものでしょう。

今からご紹介する論文は、これまで、有明海・不知火海フォーラムで何度も報告をお願いしてきた佐藤正典(鹿児島大学)准教授によるものですが、

規模が小さいためか特筆大書されることもなく大きく発表されてもいません。しかし、有明海に明るい話題がない中で、ささやかながら一筋の光明と

言えるものなのです。

ここでは、この事実を広く知っていただくべきであると考え、佐藤研究の存在をご紹介することとしたものです。なお紙数の関係から一章から四章を

省略しています。

なお、この話については、南関で自然農方を自ら行い、大牟田地区と併せ自然学習、環境教育活動(「嶽の山小屋」“山びこがこだまする山の元

自然学習校”)を行なわれている林田弘治氏、新大牟田漁協の川口秋吉氏に多くのアドバイスを受けました。

大変、前置きが長くなりました。では、佐藤正典准教授の論文をお読み下さい。

 

▲開放されたゲート、流れを取り戻した川、再生した干潟

 

佐藤論文(部分)「佐賀自然史研究」終章ほか

 

佐賀自然史研究」投稿原稿

2004720日改訂

有明海の豊かさとその危機

 

佐藤正典

Richness of Ariake Sea in Kyushu, Japan and its crisis by human impacts.

Masanori Sato

890-0065 鹿児島市郡元1-21-35鹿児島大学理学部地球環境科学科.

Department of Earth and Environmental Sciences, Faculty of Science, Kagoshima University, Kagoshima 890-0065, Japan.

 E-mail: sato@sci.kagoshima-u.ac.jp   

 

V.  有明海の生物多様性保全の意義

1)有明海の生物相の特異性

有明海は、日本の他の海域には見られない特産生物(固有種を含む)が多数分布するという点において、特筆すべき内湾である

(菅野, 1981; 佐藤正典, 2000a; 佐藤・田北, 2000; Sato Koh, 印刷中)。たとえば、ムツゴロウ、ワラスボなど7種の魚は、

日本では有明海にしか分布していない(ただし、一部の種は隣接する不知火海にも分布する)。貝類やカニ類などでも、特産種や

準特産種(有明海以外では稀な種)が多数知られている。このような内湾は、有明海の他には日本中どこにもない。特産種や準特

産種の主な生息場所は、有明海奥部の泥干潟や河川感潮域である。

なぜ有明海にこれほど多くの特産種がいるのだろうか。特産種と同種またはよく似た別種(近縁種)とされる個体群は、大陸の黄海

沿岸にも分布する(それゆえに日本の個体群は、大陸沿岸性遺存種あるいは大陸性強内湾種と呼ばれる)。今から1.5-1.8万年前の

最終氷期には海面が今より150mくらい低かったと推定されている(下山, 2000)。その頃、日本列島と大陸の間の対馬海峡はほぼ

陸続きになっており、その西側に大きな内湾域が広がり、大陸性強内湾種の先祖が分布していたと考えられる。その後、海面が上昇し、

1万年前の対馬海峡の成立によって日本列島と大陸が分断され、大陸沿岸の内湾性種群の一部が、有明海をはじめとする日本の内湾に

取り残されたと考えられる。有明海は、その環境特性(大きな潮差や大河川の流入など)が大陸沿岸に最もよく似ていたので、これらの

大陸沿岸性遺存種の多くが保持されてきたものと思われる。

しかし、少なくとも一部の「特産種」については、かつては日本にもっと広く分布していたことがわかっている。東京湾、伊勢湾、

瀬戸内海などにも、有明海や不知火海にある程度共通した強内湾性の環境がかつてはあったのだ。近年の沿岸開発によって各地の

生息環境が失われ、分布が縮小し、二次的に有明海の特産種になってしまったものがいる。その例を以下に紹介する。

 

2)泥干潟の生物がたどった歴史

 

貝類の場合は、死後も殻が残るので、過去の分布域の変遷をたどることができる。泥干潟特有の二枚貝であるハイガイは、近年になって

分布域が急速に縮小したことがわかっている(佐藤慎一, 2000)。ハイガイは、日本人にとって稲作を始める前から重要な食料であり、

その殻が日本各地の縄文時代の貝塚から普通に出てくる(モース, 1983)。約50年前までは、東京湾や瀬戸内海にも生息の記録があるが、

現在の分布は、有明海奥部にほぼ限られ、絶滅寸前とされる。最近の諫早湾の閉め切りによって、有明海に残されていた最大規模の個体群が

死滅し、干上がった干潟一面が白く見えるほどたくさんの死殻が現われた(図13上、中)。現在は、佐賀県沿岸などで細々と生き残っている

だけと思われる(図13下)。

アカザ科の塩生植物シチメンソウも、かつては瀬戸内海にも分布していた記録があるが、今では有明海奥部の泥干潟に残るだけである

(岩村, 1987: 陣野, 2000)。有明海で最大の群生地は諫早湾にあったが、そこは諫早湾干拓事業で失われた。現在は、佐賀県沿岸の

数カ所に分布するのみである。

日本各地の河口域(汽水域)に広く分布するゴカイ科多毛類のうちで、これまで「ゴカイ」という和名で呼ばれてきた種は、実は、単一種ではなく、

形態的によく似た3種を含むことが最近明らかになった(Sato Nakashima, 2003; 佐藤, 2004)。この中の1種であるアリアケカワゴカイの

模式産地は瀬戸内海の児島湾(岡山県)であるが、その生息地は、約50年前の干拓事業によって消滅し、その後、瀬戸内海からは見つかっていない。

現在国内で知られている分布は、ハイガイやシチメンソウと同様に有明海奥部の泥干潟に限られる(他の2種、ヤマトカワゴカイと

ヒメヤマトカワゴカイは、日本各地に広く分布する)。

 

3)最後に残された生息地

 

今日、有明海特産種や準特産種の大部分が絶滅の危機に瀕している(佐藤・田北, 2000; 佐藤正典, 2000a)。たとえば、筑後川と緑川の

感潮域にしか生息していない魚、アリアケヒメシラウオなどは、「いつ消滅しても不思議ではない」状況にある(田北, 2000)。底生生物に

関しては、多くの特産・準特産種の最大の個体群が諫早湾の広大な泥干潟に残されていたが、そこは諫早湾干拓事業によって失われてしまった。

その後、有明海全域で環境が急速に悪化していることもあり、特産種や準特産種の生息域は、有明海の中でもますます縮小し、絶滅の危機が

一層高まっているのではないかと懸念される。さらに、干潟の底生生物の減少は、底生生物を食物としている渡り鳥の絶滅の危機

(花輪・武石, 2000)に連動していると思われる。

泥干潟に特有のいくつかの生物にとっては、佐賀県や福岡県の有明海沿岸が日本に残された最後の生息地になっており、その保全はきわめて

重要である。たとえば、佐賀県の田古里川河口(福田ほか, 1999, 2002)や福岡県の大牟田川河口(中嶋, 2003)などは、多くの特産種や

準特産種がそろって残存している貴重な場所と言える。佐賀県の鹿島市地先の干潟も、前述のハイガイの健在産地として重要である。

しかし、一見地味な泥干潟の生物たちの絶滅の危機については、哺乳類や鳥類などの場合と異なって、一般の人々の関心が低く、地元社会で

ほとんど注目されていないのが現状である。

国際保護鳥トキは、江戸時代の頃は、日本各地および中国大陸に広く分布していたが、明治時代以降、人間の影響によって激減したと考え

られている(池田, 2002)。日本では、新潟県の佐渡島が最後に残された生息地であったが、2003年についに最後の一羽が死んでしまった。

一方、中国大陸のトキも絶滅の危機に瀕していたが、徹底した保護政策の結果、個体数が増え、当面の危機は回避されたと言われている

(池田, 2002)。有明海の泥干潟や感潮域に追い詰められている生物は、佐渡島に追い詰められたトキのようなものである。日本のトキのように

絶滅してしまうのか、中国のトキのようにまた息を吹き返すことができるのか、今が瀬戸際のように思われる。

 

4)社会に認知されていない干潟の絶滅危惧種

 

絶滅の恐れのある野生生物について官公庁などが取りまとめた出版物(いわゆるレッドデータブック)には、干潟の底生生物がほとんど記載

されていない。一般には、「レッドデータブックに掲載されていない種は、絶滅危惧種ではない」と思われがちである。しかし、多くの底生

無脊椎動物は、そもそも官公庁のレッドデータブックの評価の対象になっていないのだ。たとえば、環境庁(1991)のレッドデータブックは

基本的に陸上の生物を対象としたものであり、水生生物に関しては、魚類や一部の甲殻類などに限定されている。

一方、水産庁(1998)のレッドデータブックは、水産業と関係のある生物を主な対象としている。地域によって食用とされるシオマネキや

ウミニナは、それぞれ「減少傾向」「希少種」として掲載されているが、直接人間生活と関係を持たない多くの無脊椎動物(たとえば、

有明海固有の巻貝であるウミマイマイなど)は、たとえ研究者が「絶滅寸前」と評価していても(和田ほか, 1996;福田・小菅, 2000)、

水産庁のレッドデータブックでは取り上げられていない。都道府県単位で出版されるレッドデータブックも、対象とする生物群は環境庁や水産庁の

ものに準じている場合が多い。

干潟の底生無脊椎動物がレッドデータブックの評価対象になりにくいのは、研究が遅れているために現状がよくわからないという事情も関係している。

広大かつ多様な干潟環境を有する有明海の場合には、まだ名前のついていない種、すなわち、未記載種や日本未記録種がまだ相当数残されている

ように思われる。たとえば、多毛類(佐藤正典, 2000b)、腔腸動物(柳, 2000)、軟体動物腹足類(福田, 2000)、底生珪藻類(大塚, 2000

などで、具体的な未記載種の存在が示唆されている。研究者が少ない生物群では、未記載種に名前が付いて発表されるまでにこれからまだ相当な

時間を要するだろう。急速な環境悪化によって、これらの種は、私たちの認知以前に絶滅してしまうかもしれない。そうなると、私たちは、

有明海(あるいは日本全体)の種多様性の本来の姿を永久に知ることができなくなってしまうだろう。

 

VI.  まとめ−真の環境復元をめざして−

 

有明海は、さまざまな側面において、日本では特異な海である。しかし、そこには、かつて日本各地の内湾で普通だったものが他で失われたために、

結果的に特異になってしまった部分が含まれている。ハイガイなどに代表される特異な生物相の一端はその代表的な例である。内湾漁業が健在である

ということも今やそのような特異な例の一つになってしまった。「むつ掛け」や「わらすぼ掻き」、あるいは「棚じぶ」(棚四つ手網、図14)の

ような伝統漁法がまだ残っていることは今の日本では奇跡的にすら思われる。有明海は、日本の大部分で失われてしまった本来の豊かな内湾生態系の

原風景が残されているという点で誠に貴重な場所なのである。したがって、有明海の危機は、単に有明海だけの問題ではなく、日本中で先祖が恩恵を

受けた原風景の「最後の砦」を守るかどうかという日本全体の問題でもある。有明海の深刻な環境悪化に対しては、取り返しのつかない事態を避ける

ために、その場しのぎの「対症療法」ではなく、根本的な問題解決に取り組む姿勢が何よりも重要に思われる。

覆砂事業やさまざまな生物(いわゆるEM菌などの細菌類も含む)の放流などの「対症療法」の問題点はすでに述べたとおりである。たとえそれによって

一時的な効果があったとしても、環境悪化をもたらしている根源が断たれない以上、その効果は長くは続かないだろう。そればかりか、新たな問題を

引き起こし、長期的には環境を一層悪化させてしまう恐れもある。当面、「対症療法」の一時的な効果に頼らざるを得ない漁業者らの行動を責めるの

はためらわれるが、しかし、その一時的な効果だけに目を奪われるならば、問題の本質が忘れられ、根本原因の解決がなおざりになる恐れがあることを

強調しないわけにはいかない。

諫早湾干拓事業は、最近の環境悪化の主な原因の一つと考えられる。この事業の中止と諫早湾の復元が社会的に合意されるならば、有明海の環境復元の

第一歩として、その意義はきわめて大きいだろう。現在の諫早湾は、埋め立てられたのではなく、潮受け堤防によって、海水の浸入を阻まれているだけ

なので、早急な環境復元が可能と思われる。堤防内に海水が導入されれば、貝やゴカイなど底生生物の幼生も潮に乗って帰ってくるので、干涸びた

大地もやがてはまた元の広大な干潟生態系にもどるだろう。そのような小手先ではない抜本的な環境復元こそが、有明海全体の真の環境修復の糸口と

なりうるだろう。

諫早湾の対岸に位置する福岡県大牟田市(図2参照)では、諏訪川の感潮域内の支流において干潟生態系が復元された実例がある(図15)。

ここでは、毎年6-10月に農業用水(淡水)の確保を目的として、諏訪川本流との合流点に近い水門が閉じられ、それより上流が淡水化された。

やがて、生活排水などの流入によってそこの水質汚濁が進み、悪臭を放つようになったという。このような状況は、規模こそ小さいが現在の諫早湾に

よく似ている。しかし、近年、周辺の水田が減少し農業用水の需要が少なくなったことから、2001年頃以降は、水門が一年中開放され、潮汐にともなう

海水の行き来が上流部にもどり、汽水域の干潟が復活した。20038月の私たちの調査時には、ゴカイ科多毛類を主体とする底生動物がその干潟に

高密度の生息していた(湿重量:約400g/m2)。

諫早湾の場合でも、堤防内に海水が導入され、潮汐が復活すれば、少なくとも今淡水に浸かっている調整池の部分では、1年程度でこのような回復が

見込まれるだろう。それは絶滅危惧種の生息域を再び取り戻すことになり、それらの絶滅を防ぐことができるかもしれない。

このような環境復元のもう一つの意義は、数年にわたる生態系の回復過程をつぶさに見ることができるということである。子ども達に希望を与える

本当の「環境教育」とはそのようなものだろう。

 

謝辞

 

吉田訓啓氏(島原市在住)には粘液状浮遊物を提供していただいた。太田扶桑男氏(元熊本県のり研究所)には粘液状浮遊物について

多大な御教示をいただいた。富田克利氏(鹿児島大学理学部)には電子顕微鏡観察に協力していただいた。和田太一氏(大阪市在住)には

貴重なハイガイの生体写真を提供していただいた。川口秋吉氏、塚本晃氏、高尾高時氏(大牟田市在住)および大牟田市農林水産課の方々には

諏訪川支流の干潟復元について情報を提供していただいた。原稿をまとめるにあたっては、東幹夫氏(元長崎大学教育学部)と宇野木早苗氏

(元東海大学海洋学部)に助言をいただいた。これらの方々に深謝する。


▲住宅地で再生する干潟、前方が有明海、三池港、煙突は三作合成ゴムか?

 

 

佐藤論文へのアクセスについて

 アンビエンテ編集長 古川 清久(筑後川水問題研究会)

 

佐藤論文の全文をお読みになりたい方は、第一義的には佐賀自然史研究会にアクセスされるべきかと思いますが、

通常は会員以外にはアクセスできない仕組みになっています。

ただ、当方のHPは佐賀自然史研究会のご好意により佐藤論文「有明海の豊かさとその危機」の全文を公開しております。

当方のホーム・ページ「環境問題を考える」連携サイト「アンビエンテ」のアーカイブスから

旧“有明海・諌早湾干拓リポートV”11月号をお読みください。

かなりの長文ですが、今回取上げなかったT〜X章も公開しています。

173. 有明海の豊かさとその危機

鹿児島大学 理学部 地球環境科学科 助教授 佐藤 正典

 

 

 

ヤフー、グーグルでも検索すれば環境問題を考える」はトップに出てきます。このサイトと「アンビエンテ」は

連携しています。 

 

 

276. 嘘で塗り固めた官報告示  ダムの水利権配分もでたらめ

 

 ジャーナリスト 中原 孝矩(元記者)

 

法律の存在理由は何か。突き詰めれば我々の社会をうまく運営してゆくための最低限のルールだ、と私は思う。

国民が認めるこのルールを壊し始めたら、我々の社会はなりたたない方向へ限りなく近づいてしまう、と私は考える。

これでいいのか。私は小石原川ダム建設反対の立場で、論文を発表している。ダム建設を企画し推進する立場の

人たちに向かって、私がおかしいと感じた疑問点を一つひとつ指摘し、反対論を展開してきた。

 

こうした私の反対論も、法律が守られていると確信するからこそ意義が有るのであって、最初から法律が守られて

いないのであれば、全てがどうでもいい事になる。

 

私がいきなり懐疑的な論文を書き始めたのは、ダムで確保される上水道用水の配分プランに嘘があることがわかった

からだ。この事実は直近の論文259【「悪事は露見する」が現実のものに】で暴露した。

少なくとも私は、自分が住んでいる筑後川とその支川に存在するダムについて、これまでに基礎的なデータを集めた。

とくに上水道用水の配分プランの確認に時間をかけ、慎重にデータを集めたつもりだ。全て信用ができるもの、

が前提である。

 

福岡県庁にも公文書の開示請求を重ねた。水資源機構にもダムに関する資料の提供を求めた。国土交通省九州整備局にも

同様だ。そうした作業の集積として、手元に水に関する基礎データが相当そろったと確信していた。

 

ところが、これら集めたデータに、嘘があった。表に出てこない、数量の貸し借りが行われていることが判明したのだ。

私は大変なショックを受けている。

 

なんだ、ダム使用権は「真実の塊」では無かったのか。大臣が認めた最高の約束では無かったのか。法律でいくら細々とした

手続きを決めても、守るべき人々が守らないでは、全てが絵に描いたモチ。実にむなしい。

 

独立行政法人水資源機構・青山俊樹理事長の顔写真入りの冊子「2004事業のあらまし」の58ページに江川、寺内両ダム

から配分される用水の数量が掲載されている。両筑平野用水の新規利水及び導水の上水道部分に書かれている数字が嘘だった

としたら、冊子を読まれる読者の気持ちはいかがなものだろうか。

 

特に、福岡地区水道企業団に毎秒1.669立方メートルとなっている。ところが暴露された覚書、確認書によれば、

毎秒0.09立方メートルは当時の浮羽3町分であるというのだ。この部分を差し引くと福岡地区水道企業団への配分量は

1.579立方メートルと、全く違う数字となる。

 

ついでに合所ダムの上水道用水の配分量を取り上げる。

国営耳納山麓地区総合土地改良事業として建設された合所ダムでは、農業用水の確保が主たる目的だった。

当時ダムといえば多目的ダムを建設することが当然と考えられたのか、このダムにも上水道用水の確保が加わった。

つまり、かんがい用水と水道用水の確保で、多目的ダム建設となった。

【看板に偽りあり。福岡地区水道企業団へ0.329立方メートル/秒とある。

県南広域水道企業団へ0.154立方メートル/S。覚書や官報告示と数字が全く違うのは何故。】

 

書類によると水道用水として、毎秒0.478立方メートルが確保されている。その内訳は久留米広域上水道企業団

(現・福岡県南広域水道企業団)に毎秒0.152立方メートル、福岡地区水道企業団に毎秒0.309立方メートル。

さらに浮羽郡3町に毎秒0.017立方メートルとなっている。

 

この配分数量は九州農政局長から福岡県知事に出された公文書・48九計第85号(昭和48年4月23日)に明示されている。

同文書には次のような文章が書き加えられている。

『ダムの工事着手については、その前提として共同事業費の費用負担の決定が必要で有ります。このため水道に関する利水者を

早急に決定していただくようお願いします』と。

 

この水道用水利水者を決定するのは福岡県。県では衛生部長が配分先をとりまとめ、農政部長に報告。この報告を受けて県知事が

農政局長に回答するという段取りで話が進められた。

 

国と福岡県が取り交わした合所ダム建設事業に関する協定書・51九建第645号(昭和51年5月26日)では、九州農政局、

久留米広域上水道企業団、福岡地区水道企業団の3者が事業費の負担割合を決定している。

 

つまり国と福岡県とが取り交わした公文書の段階では、浮羽郡3町は全く無視。影も形もない。

さらにこの公文書を検討してみると新たな事実も判明した。久留米広域上水道企業団へ配分された毎秒0.152立方メートルにも

嘘があった。柳川市分として毎秒0.024立方メートルが含まれていたことだ。こうした事実は、事業費の負担割合を決定した

国と福岡県知事との協定書には出てこない、裏の真実である。

【隈上川をまたぐ橋から見た合所ダム。福岡県朝倉農林事務所が管理する

 

福岡県の水道行政は、ダムから上水道用水を確保するためなら、法律などくそくらえとでもいいたげな、やりたい放題に

見える。特定多目的ダム法ではダム使用権の設定予定者を定めなければならない、と書かれている。しかも第5条で

「ダム使用権の設定予定者は、ダム使用権の設定を申請した者でなければならない」とまで定めている。つまり浮羽郡

3町についていえば、各町から国に配分量を申請しなければならない、ということだ。

 

柳川市についても同様だが、公文書をみるかぎり、このような申請はおこなわれていない。福岡県内部で配分先について

話し合いをつけた上で、国、久留米広域上水道企業団、福岡地区水道企業団の3者で、事業費負担割合を決める協定を

やりましょう、と国に「お願い」している。

 

一連の行為は特定多目的ダム法に違反している、といわざるを得ない。特にダム使用権の設定をめぐるやりとりが問題だ。

配分先に浮羽3町や柳川市まで含まれるのであれば、当然、それらを含んだ姿で、ダム建設基本計画に盛り込まなければ

ならないはずである。

 

それにしても、なぜ公然と法律違反を犯してまで、このような協定つくりが一人歩きしているのか。

 

私が思い当たるのは、かってこうしたダム建設を巡るやりとりを細かに開示請求するような行為が全くないか、ほとんど

行われず、公に知られる恐れが無かった、からだと推定する。やりたい放題でも、ばれるはずがないから。

福岡県に開示請求したのに、覚書、確認書については、開示されなかったことで、いかに行政は県民を愚弄、馬鹿にしている

かがわかる。私は激しい憤りを感じる。なぜ開示文書から外したのか、担当者を詰問した。すると、合所ダムは農林課の

担当だった。その担当課に保存された公文書だけで十分だと判断した、そうだ。勝手な判断はするな。合所ダムは農業用水と

上水道用水の確保が目的の多目的ダムだった。だから農林課だけで事務処理はできないはず。

【江川ダム。寺内ダムと共同で、かんがい用水と上水道用水の確保を目的に両筑平野事業として行われた】

 

指摘しなければならないのは、上水道の配分では、必ず衛生部局が絡む。県職員はこのことを十分承知しているはずであり、

衛生部局に保存された公文書の中から、当然、覚書、確認書について開示すべく事務を進めるべきだった、と指摘する。

にもかかわらず当初の開示文書から覚書、確認書を外したのは、開示請求に関わった県職員の怠慢より、私は悪意を感じる。

 

ここで改めて特定多目的ダム法について、私の解釈を述べたい。私の解釈としたのは、専門家からすれば、分かり切ったこと、

もしくは別の見方が有るかもしれないと案じるからだ。六法全書から要点を拾い読みせざるを得ない。

 

ダムを建設する場合、基本計画を立てる。

@    基本計画には目的、

A    位置及び名称。

B規模及び型式。

C貯留量、取水量及び放流量並びに貯留量の用途別配分に関する事項。

Dダム使用権の設定予定者。

E建設に要する費用及びその負担に関する事項。

F工期。

Gその他の事項。

これら8項目の事項を定めなければならない、となっている。

 

特にC用途別の配分量、Dダム使用権の設定予定者、E建設費負担に関する項目が重要だと思う。

 

これまでダムからの配分量に嘘が有るはずがないと信じていた。江川ダム、寺内ダム、合所ダム。これらは自分が住んでいる

地域にある身近なものだ。そのダムからの上水道配分に嘘があった。官報に掲載されている用途別の数値ではわからない、

裏の数字、数値の貸し借りが公然と行われていたのだ。

 

福岡県だけが特別なのか。そんなことはないだろう。国は全国の水系ごとに水資源開発計画を検討し、開発される水資源の

水量を特定する。その数値をダムの地元である県庁に通知し、水の配分について、とりまとめを指示している。福岡県の

各ダムについて、同様の事務処理が行われているから、間違いはない。

だから、全国各地で同じことが行われている恐れを、ここに指摘しておきたい。

 

江川ダム、寺内ダム、合所ダムの水の配分に嘘があったことから、私は直接自治体に問い合わせをしたいと思い立った。

法律を読んでいくと、特定多目的ダム法第26条【登録】に気づいた。水の配分量はダム使用権登録簿に記録されている

と書かれているではないか。各自治体が持っている水利権はたちどころに解明できる。これを利用しようと意気込んだ

次の瞬間、がっかり。同条第4項に、行政機関の保有する情報の公開に関する法律の規定は適用しない、とあるではないか。

 

ダム使用権登録名簿は記録しているが、見せませんとなっている、くそっ。なんだ、日本は民主主義国家ではないのか。

主権者たる国民に開示しないとは何事か。ダム使用権者の各自治体に振り分けられた上水道用水の数値が、隠さなければ

ならないほどでたらめなのか。唖然とするしかない。

 

要するに法律はダムを造りたい側にいる人間達にとって、都合がよいようにできている、ということ。ダム反対を掲げて

5年ぐらいここまでやって、ようやくこのことに気付いた私はずいぶんとおめでたい。

 

おめでたいついでに、私が気付いたことを書いておきたい。私は法律違反だと思うから。それはダム使用権の設定予定者は

だれか、というポイントだ。

 

福岡県が開示した文書を比較する中で、おかしなことが公然と行われていることを知った。

 

福岡県を例に取る。ダムが建設されることになって、上水道用水が必要な場合は、昔の建設省、今の国土交通省九州整備局が

福岡県に対して、必ず通知を出す。大山ダムのケースでは「新規都市用水毎秒1.31立方メートルを確保した。ついては

利水配分について、検討してください」という内容になる。

 

この通知を受けて、福岡県企画振興部がまとめ役となり、上水道については環境部局、工業用水については商工労働部が窓口に

なり、福岡県南地域では、久留米市、大牟田市など地域の自治体に対し文書が出される。上水道用水が確保されたので、具体的な

数値を申し出てください、という手続きが始まる。各市町村に出される文書には、一月程度の余裕しか無くて、すぐ回答することを

求めている。事前に水道の整備計画が練られている自治体ぐらいしか、即座に需要量の回答はできないと思われる。

あわてて手を挙げて申請したものの、後で不要論が高まったのか、取り消されたケースがある。

具体的に紹介する。

甘木市、隣接の朝倉町、杷木町の1市2町は合併して朝倉市となっている。この話は合併前の昭和63年の記録だ。

大山ダムから上水道用水の配分を受けて、朝倉町と杷木町は上水道を日量1、500立方メートルずつ希望。

さらに工業用水として朝倉町が1,500立方メートル、杷木町が1,000立方メートル申請した。つまり2町は

上水道、工業用水合計5、500立方メートルを要望したことになる。

 

ところが平成7年になって、朝倉町と杷木町はいずれの配分希望もキャンセル。不要と訂正している。朝倉町の辞退理由は

「住民から水道の希望が無い。下水道事業等による財政上の困難」。また杷木町は「整備をすすめている簡易水道で十分で

あり、上水道は不要」というもの。

一度は配分を受けると申し出ておきながら、7年後に不要だといって辞退。なぜこんなことが起きているかといえば、

朝倉町や杷木町では、住民から水道の整備を求める声が無いのに、福岡県が配分量を押しつけるから、招いた不祥事だと

断定する。ダムで確保される水の需要は、必要とする市町村から全て手が上がってから決まるとはいえない。全てがそうだとは

いえないが、この返上ケースは無理矢理に水量を押しつけるケースが実在する実態を見せつけた気がする。

 

ここで、疑問が沸く。なぜ合所ダム計画で、水道の整備計画がなかった浮羽郡3町に上水道を配分したのだろう。

使えない水になることがわかっていたはずだ。1978年には福岡大渇水に見舞われており、当時、福岡地区水道企業団は

上水道の配分量は多いほど良かった、と判断される。しかしながら覚書や確認書まで取り交わして、なぜ浮羽郡3町分を

配分する必要があったのか理解に苦しむ。私にとっては大きな謎だ。

改めて福岡県の上水道行政は信用できない、と宣言しておきたい。

2007.10.3

 

 

277.   ○四艇と大村湾のアコウ

 

〇四艇と大村湾のアコウ

 

三越(ミツゴエ)の魚雷発射試験場

 

五月晴れの走りかとも思えるような上天気でしたので、波静かな大村湾を見たくなり、ハウステンボスに近い長崎県川棚町の

新谷(シンガエ)郷に向かいました。もちろん、〇四艇の特攻記念碑を見ておこうと思ったためでした。

〇四艇については、178.”○六艇から○四艇へ”で書きましたので改めて説明はしませんが、今時、〇四の特攻記念碑を

見ようなどと考える人間は一人もいないかと思っていたら、真新しい顕花が置かれており、細々ながらも、まだ、まだ、戦後は

続いているものと再認識した次第です。

 まず、記念碑を見る前に、新谷郷の手前、三越(ミツゴエ)湾の旧帝国海軍の魚雷発射試験場に向かいました。ここに来るのは、

もう十五年ぶりになるのかもしれません。 

 光が燦々と射し込む透明な磯は相変わらずの美しさを保っているように見えるのですが、ついぞ魚の姿を見かけなかったことは、

春まだきとは言え一抹の寂しさを禁じえません。

 発射場の跡地には二人の息子を連れた十代の男性が釣りに来ていましたが、ピン・ギスを三本ほど釣ったと言っておられました。

四月はまだ水温が低く、まずは、釣れないのが当たりまえであり、もちろん、上手、下手といったものではありません。

 海軍の魚雷発射場には付随施設である石積みレンガ造りの格納庫、工場、観測所が形を止めていますが、コンクリートの方は劣化が

凄まじく、波静かな大村湾と言えども、まずは、後、数十年余で形を失うのではないかと思えます。

 

三越のアコギ

 

車に戻り三越港前の集落で車を止めると、なんと、目の前にアコウの大木と若木があるではありませんか。停泊中の船で魚網の手入れを

されていたご老人にお尋ねすると、「以前は大きなアコギ(アコウではなくアコギと言われたのが印象的でした)があったが切り倒され、

これはその後から出てきて育った二代目だ」とのことでした。見た目の樹齢(アコウは成長が早いため、七、八十年というところでしょうか、

百年は経っていないでしょう)から考えると、恐らく海軍が試験場を建設する際に前出して海岸道路を造った際に切られたのだと思います。

ともあれ、新たに大村湾にアコウを確認した事はアコウ・フリークの私としては実に大きな収穫でした。

 

消え行く魚雷発射実験場の記憶

 

いったんは〇四艇の宿舎跡でも残っていないか?と、探しに出ましたが、魚網の手入れをされていたご老人に聴いた方が早いと思い直し、

引き返して船に飛び乗り、お話をお聴きすることにしました。

 お元気な現役の漁師なのですから、まさか大正一〇年生まれの八十六歳のご高齢とは思いも及びませんでした。軍歴はない

そうで、国鉄の職員だったが肋膜炎生(当時は死の病です)で入院したが、結局、退職して、父親のやっていた帆船での漁を

手伝ったと言われました。

 色々お聴きしましたが、箇条書きにします。まず、魚雷発射試験場のことをお尋ねしました。

 

T 魚雷の発射試験は佐世保から船が運んできてやっていた。

私はこれまで三菱重工長崎造船所の分室が置かれていたと聞いていました。トーピードウの実験となると、てっきり重工と

海軍の造船監あたりと考えていましたが、ご老人の話によると佐世保の海軍工廠がやっていたというのは初耳でした。

これについては少し調べてみたいと思います。

 

U 魚雷の発射試験場には宿舎はなく、試験を行う時だけやってきていた。  

これも、そうかなと思っていましたので頷けます。

 

V 試験の時は、内火艇(解説はしませんが分かりますね)が走り回り、五〇、一〇〇、二〇〇とブイが置かれ、

右を通過するか、左を通過するか、観測場から眼鏡で観ていた。六〇〇〇メートルの試験が行われていた。

 アメリカ海軍に怖れられた93式酸素魚雷の射程はそれくらいあったと思いますが、優秀な兵器を持っていても、潜水艦を輸送船

扱いしているようでは勝てるものも勝てなくなってしまうはずです。

 

W 一度試験の時に故障があって湾内をぐるぐる廻り始め、岸壁にぶつかって焼き切れたことがあった。

 これなど、現地でなければ絶対拾えない話ですね。

 してみると、結構、村の人達は見物していたのではないかと思います。

 

X 〇四艇はいつも夜訓練をやっていた。宿舎はここではなく新谷(シンガエ)にあった。

今は、特攻記念碑があるだけで何も残っていない。・・・

これも初めて聴いた話で、やはりフィールド・ワークは疎かにはできないと再認識しました。

さて、この港にはまだ一〇隻もの漁船が並んでいました。年々、魚が捕れなくなる大村湾ですが、この、佐世保に近い大村湾沿岸には、

結構、漁船漁業が続けられています。消費地(佐世保市)が近いこと、安全で稼働率が高いこと、漁場が近く燃料代などコストが

掛からないこと・・・一応、これらがプラスに作用していると考えたいのですが、皆さんは、どう、思われるでしょうか?

 

環境を守る意識は理屈ではない

 

今回の大村湾のアコウ発見と、生き証人とも言うべきお爺さんにお会いして魚雷発射場の話をお聴きできたことは非常に幸運でした。

僅かではあってもこれを記録に止めることができましたが、私としては、単なるエピソードではなく環境問題として取上げたつもりでいます。

 静かな大村湾の美しい風景、国道から外れた何の変哲も無い小さな漁港、そんな場所に半世紀を越えて残骸を曝す旧帝国海軍の

魚雷艇発射試験場・・・と、私にとっては非常に興味深い宝石のような場所に思えるのですが、それは、ここで釣りをし、潜り、アコウまでも

発見したことが底流にあり、さらに時代の証言者とも言うべき老漁師からかなり鮮明な六十年前の風景を得たことによってこの場所を大切に

したいという思いがさらに深まったことがあります。

 このような、その土地、その風土に対する愛着こそが、その土地を大切にしようと考える最大の源泉になると思うからです。

環境保護運動とは決してファッションや免罪符ではありません。地域、社会、歴史、習俗、伝統といった全ての領域に渡る正確な理解と愛情

こそが行政や土建屋どものデタラメな環境破壊に対して制動を掛けるものになると思うものです。

 

 

 

▲ 三越港アコウ

 

▲ 川棚魚雷発射試験場跡遠景

 

 再 掲

 

178. ○六艇から○四艇へ

かつて、「有明臨海日記」41.“板垣征四郎の部下”を書きましたが、これまた仕事で知り合った軍隊経験者の話です。

もう、八十を越える柔和な顔をしたお爺さんですが、なにやら美濃部元東京都知事のような風貌の方です。

ここでは仮に美濃部さんとしておきます。まだ、足腰もしっかりしておられ、頭も明晰でしたので、まずは、あのような

歳の取り方をしたいと思うような方でした。あまりにも明るくお元気なために、まさか、軍歴をお持ちなどとは思いもしません

でしたが、お話しを始めると、どうやら予科練のようで、しかも、回天から震洋の訓練も受けたという文字通り特攻隊の生残り

だったのです。

高齢化社会ですから、まだ、実際の軍隊経験者がかなり生きておいでにはなるのですが、海軍となると少なく、しかも、特攻隊と

なると非常に少ないために、今回、取上げたくなったものです。

海軍の飛行予科練習生も敗戦間際になると登乗機そのものが不足し、回天、震洋といった海の特攻部隊へと転属される者が増えたと

言われます。この美濃部さんはまさしくそのような典型であった訳です。

海軍はマリアナ沖海戦でボロ負け状態になると、特攻兵器による作戦に重点を置くようになり(いわゆる全軍特攻)ます。

○一から○九まで、多くの特殊特攻兵器を開発するに至ります。回天もその一つでした。回天は開発名で○六(マルロク)と呼ばれ、

一般にも良く知られていますが、簡単に言うと、人間が魚雷に乗って体当たりすると言うとんでもない兵器でした。

当初、回天の訓練基地は山口県の現周南市沖の大津島にありましたが、手狭になったため、山口県の光、平生、さらに、大分県の

国東半島は日出町に近い大神などに展開されます。この美濃部さんも、実際に大津島から光さらに大神に移られたようで、特攻の拡大と

共に青春時代を過ごされたことになります。

  一般的に、回天の基地としては徳山湾の光、大津島などが有名で、海軍工廠もありましたし、現在でも訓練基地の残骸が残っている事

でも有名です。

最近、公開された「出口のない海」でもこの辺りの風景が撮影に使われた事でしょう。私はあまりにも酷い兵器であるために見る気持ち

にはなりません。子供の頃には、“人間魚雷回天”“海軍兵学校物語あゝ江田島”“南太平洋波高し”・・・といったところを見て、何度も

うんざりしていますので、いかに日本軍が負け、右翼が恥をかく事を無上の喜びとするのが古川定跡としても、今さら見る気持ちには

なりません。

  その後、美濃部さんは一時的に震洋艇の訓練基地に移られます。特攻兵器○四艇です。

  この背景には戦局の一層の悪化があったと考えられます。既に回天を送り出すにも、搭載する潜水艦そのものが不足し、板倉光馬氏の

一連の潜水艦関係の戦記(『どん亀艦長青春記』『あゝ伊号潜水艦』・・・ほか多数)などを読むと良く分かるのですが、潜水艦隊は、

戦闘よりも延びきった補給路の中でせっせと○通(物資輸送)をやっていたというのが実態で、回天を搭載できる大型潜水艦も少なくなり、

総数百五十基程度が出撃したとされているようです。

  実際、二等巡洋艦並の大きさで、世界最大の潜水艦であった伊号402潜(潜水空母)でさえも改装が施され物資輸送を行っていたのです。

その後のアメリカ軍の進撃が早く本土からの米艦艇への直接攻撃に方針が転換され、さらに安上がりで安直な特攻兵器に重点が移っていったと

考えるのですが、的を得ているかどうかは分かりません。

  回天に比較して〇四艇の方はなぜか知られていません。〇六が金属製で一.五トンもの爆薬を搭載した高性能魚雷(九三式酸素魚雷)の

転用兵器であることに対して、〇四がベニヤ張りのモーター・ボートにトヨタの使い古しエンジンを載せ、二五〇キロ爆弾を積んで突っ込む

というヤクザの出入りのような乱暴なものであったために、それほど格好の良いものでもなく、その情熱や犠牲的精神に比し、ほとんど取上げ

られなかったのではないかと理解しています。

さて、長崎県の内海である大村湾の北岸に川棚町がありますが、瀬戸内海と同じような穏やかな海が今も静かに広がっています。

 当時、この川棚町の大崎半島周辺には、かつて三菱長崎造船所の分工場が造られ、魚雷の発射実験などが行われていましたが、その後、

魚雷艇訓練所が置かれ、実質的には震洋艇の訓練基地に変貌して行きます(何やら見てきたような事を書いていますが、二十年前まで、

私も全く知らずに釣りをしていただけの場所でした)。

  近い事もあって、この魚雷の発射実験場辺りに何度かチヌ釣りやキス釣りに行ったり、潜ってチヌを銛で衝いたりしていた事がありますが、

現在でもレンガ造りやコンクリート製の基地の残骸がかなり残っています。当時、まだ、この施設が何であったのかを全く知りませんでした。

その後、幾つかの本を読んで知るようになりましたが、その中の一書、島尾敏雄による『魚雷艇学生』を読むと、身近な川棚の訓練場の事が

書かれており、多少は調べるようになった程度でした。

  この本はどちらかと言うと文学作品と言うべきもので、戦記、戦史しか読まない私としては例外中の例外の部類に入ります。

島尾さんも九大から震洋隊に引っ張られた戦争犠牲者だったようです。

  私は、今まで予科練から震洋隊に配属されたという方に三人ほどお会いした事があります。一度は平戸の岸壁でキスとメバルの掛け持ち釣りを

している時でしたが、車でアジ釣りに来られていた方と話していると○四艇の訓練生であったと聞いた事があります。もう一人は佐賀県の

鹿島市の方でしたが、長崎県の大村の海軍航空隊で訓練用の“赤とんぼ”に乗り、その後、○四艇の訓練を受けている途中で敗戦になったと

のことでした。

〇四艇は二、三ヶ月の訓練で実戦配備されていますので(基本的にはモーター・ボートの教習程度)、かなりの人が川棚で訓練を受けたのでは

ないかと思います。そして、回天に十倍する犠牲を出したのでした。もちろん大半は輸送中の海没や事故であり、戦闘による死亡は実際には非常に

少なかったのです。

▲ 〇四艇基地の解説

 

 

出版のご紹介

 

 

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

Tel 092-781-6962

 

 

 

278. 有明海から考える「神話と伝説」13

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

 

特別連載

 

第四章        おわりに

 

 

今の陸地時代

中間時代

陸続き時代

晩氷期

 

 

 

大国主の神の、時代になるまで

@大穴ムジの神(多数派)が、スサノオ(海原)時代の陸地、葦原の中つ国に到着し、スセリ姫と、期結婚の約束をする。(約一○、五○○年前

 

 

 

A前任のスサノオの命が、大穴ムジの神に、「世継ぎの儀式」をする。

 

 

 

大国主の神、時代

B「世継ぎの儀式」を終え大穴ムジの神は、スサノオの命から、大国主の神の名をもらい、名実とも氷に、大国主の神になる。

 

 

 

 

C大国主の神が、スセリ姫と結婚する。(同じところで、一緒に暮らす。

 

 

 

D大国主の神が、沼河姫と結婚する。(朝鮮半島側と近くなり渡来人が来て、同じところで、一緒に暮らす)

 

 

 

 

E大国主の神が、少名ヒコナの神と再会し、一緒に国づくりをする。晩(陸続きになり、同じところで、一緒に暮らす)

 

 

 

 

Fスクナビコナの神が、常世の国に渡っていく。(海面上昇が始まり、再び、離れ離れになる。

中間期↓

 

国譲り時代

温暖な気候に変わり、海面上昇中

@海面上昇がはじまり、天照大御神は、とり残されてはいけないと、葦原の中つ国に移る、決心をする。               

 

 

 

A大国主の神が「国譲り」を承諾する。

 

 

 

 

日向時代

B葦原の中つ国が平定し、天照大御神は、ホミミの命の子、ニニギの命を降臨させる。

 

 

 

 

Cニニギの命が、筑紫の日向に降臨し、木の花サクヤ姫と結婚。(同じところで、一緒に暮らす)

 

 

 

D木の花サクヤ姫が、火照の命(海幸彦)、火スセリの命、火ヲリの命(山幸彦)、と三柱の神を生む。    

 

 

 

E成長した山幸彦は、海幸彦と衝突して、海神の国中に下りて行く。        

 

 

 

Fそこで、豊玉姫と会い、結婚する。(同じところで、一緒に暮らす)    

 

 

 

G山幸彦が、海幸彦を平伏させる。            

 

温暖期

若ミケヌの命(今の日本列島)の時代のはじまり

@海面上昇が終わり、今の日本列島になる(約九、○○○年前頃)

 

 

 

A豊玉姫が、お産のため、地上に、昇ってくる。そして、ナギサ建・鵜葺草葺アエズの命を生む。その様子を、山幸彦が見ていたので、豊玉姫は、子供を残し、海の国に帰っていく。            

 

 

 

B豊玉姫は、子供を育てるという理由で、妹の玉ヨリ姫を派遣する。      

 

 

 

Cナギサ建・鵜葺草葺アエ暖ズの命が、玉ヨリ姫と結婚する。(同じところで一緒に暮らす)そして、五瀬の命稲ヒの命、ミケヌの命、若ミケヌの命、(現在の日本列島)と四柱の神を生む。ミケヌの命は、常世の国に渡る。(海面上昇で、温離れ離れの島になる) 稲ヒの命は、亡き妣の国海原に入る。(海沈して根の堅洲国になる)ここで、「神世」は終わる。                  

 

 

 

  表にすると、先人たちが、時代、系統、世界観を見事に整理して、その時代に合う話を、作っているのが分かります。

そして、いろいろ見えてきます。

 スサノオの命は、イザナキの命から、海原を治めるよう命じられます。海原は、氷期の海面低下で、現れ出た陸地のことです。

その海原時代に、スサノオという、神の名前がつけられます。

 「神代」では、時代が、人物に置き換えられます。スサノオという人物が、実在したのではありません。そして、海原時代に

起きたことは、スサノオの行動を通して語る、という方法がとられます。そこで、スサノオの命は、火山を爆発させたり、鉄類を

探し出したりします。また、人助けをして、結婚したりもします。

 「神代」では、同じところで一緒に暮らすことを、結婚する、として話を進行させていきます。

 まず、その時代の神が、登場します。それは、男の神がほとんどです。同じところで暮らすので、女の神が登場して、二柱の神は

結婚します。そして、神話上でも、新たな命が生まれる、態勢をつくります。

 そして時代が変わると、子供が生まれ、新たな神の名がつけられます。そして、その神が主人公になり、新たな時代を引きついで

いきます。新たな時代の歴史は、その神の行動を通して、語られていきます。

 その神の行動を通して、その時代の歴史が語られます。神の名で、時代が分かります。また、その時代に起きたことも分かります。

時代を、人に置き換えることで、どの時代か、分かりやすくなっています。

 また、時代を、人に置き換えると、子供を生むことができます。そして、時代の変わり目に、子供を生ませることができます。

そこで、どんなに時代が変わっても、どこまでも、対応していくことができます。

 スサノオの命は、「世継ぎの儀式」を終え、大穴ムチの神に、大国主の神という名前を与え、スセリ姫と結婚するよう命じます。

 大国主の神は、スサノオの命の、六代目の子孫と言われています。スセリ姫は、スサノオの命の娘です。スサノオの命は、自分の子孫に、

自分の娘と結婚するよう命じます。これは、近親者同士の結婚です。

 ここに出てくる神は、時代を、人に置き換えたものです。氷期に変わり、大国主の神は、前のスサノオ時代の陸地に到着して、一緒に

暮らしはじめます。同じ陸地だから、大国主の神は、スサノオの命の直系の子孫、ということになります。

 大国主の神が、直系の子孫だということは分かりますが、その結婚相手が、どうして、スサノオの命の娘なのか、ということになります。

 この時代は、前のスサノオ時代と、同じ陸地になっています。同じ陸地ですが、生まれ変わって、新しくなっています。そこの女神と

なれば、やはり、スサノオの命の娘になります。

 一般社会では、近親者同士の結婚は、あってはならないことです。しかし、ここは、神話上の結婚相手です。直系の子孫と娘を結婚させる

ことで、時代の変遷、系統が、分かりやすくなっています。

 

久光さんの話もいよいよあと一回で終わります。(古川編集長) 

 

次号へ続く

 

        有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

この図表を見ると久光さんの独創性が良く分かります。縄文海進、海退の中で、陸続が切断された記憶が神話に反映されているという

驚愕の仮説ですが、普通の学者ではまず考えきれませんね。まずは、久光史観に大喝采!でしょう。

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが

久光教弘氏です。

 

(再掲)

この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と

日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の

原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。

非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

        『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ F

 

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 8)

11月号

279

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 W

屋上緑化は問題を解決するか?

20070817

280

不知火海残映 8. 「 未定 」   

                     吉田 耕一

20020101

281

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第10回 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

282

未 定

20070501

283

未 定

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070000

284

橋が沈む“有明海沿岸道路のお粗末”

20070000

285

公共事業の“もぐら叩き”

20070501

286

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第14

最終回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ G