寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者 古川 清久(自治体職員)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ! (NO. 6)

9月号

265

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 U

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070811

266

不知火海残映 6. 「船にも飲ませにゃ

                    吉田 耕一

20020101

267

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第8回 不知火海の藻場再生について 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

268

得 仏

20070801

269

産廃で儲けを企む一流企業  頭は隠したが、捕まれたしっぽ

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

270

今年の夏はプールで泳げない

20070801

271

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第12

第四章 おわりに

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ E

 

 

 

新本のご紹介

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

 

 

265

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 U

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久(アンビエンテ編集長) 

            

 

農水省がもたらした熱い夏

 

以前、“打ち水大作戦”の大間抜け(ヒート・アイランド化の最大の原因者である国土交通省が打ち水の水を配る)において、農村のヒート・アイランドとして“田畑のヒート・アイランド化”と“山のヒート・アイランド化”の話をしました。この論稿は都市だけの問題とされているヒート・アイランド化が実は日本全土において進んでいることを書いたものでした。

もちろん、この上新たに付け加えるものは何もないのですが、日本本来の穏やかな環境を徹底的に破壊しておきながら、自らが行なったことに全く自覚がない以上、今後とも彼等によっては復元が不可能であることを前提に、では、どうすべきか、どうなって行くかを考えて見たいと思います。

 

耕作放棄と食料自給率低下という相反するベクトル

 

現在進められている新たな減反制度は、大半の片手間兼業農家の脱落を前提にしたものですが、事実上、減反は耕作面積の半減をもたらす事となり、最後的には資本主義的企業に農地を渡すことになるでしょう(農地法は戦後何度となく改定され規制が緩和されてきました)。

ここではヒート・アイランドの話をしていますので、食料自給率低下の話はしませんが、耕作放棄の激増は将来の複林化も睨んで、結果として保水力の増大をもたらすのではないかという想定をしています。

実際、耕作条件の厳しい山間地の小規模ほ場は雑草が生茂り、藪から雑木林に戻りつつあります。平地の減反が単純に転作に向かうなどという甘い予想はしていません。恐らくよほどの食料の高騰がなければ大豆、小麦にシフトすることはないでしょう。加えて人口の減少が多少とも食糧生産へのブレーキの役割を果たす事になるはずです。当然にも平地でも複林を進めるべきであると考えています。食料自給率低下の中で「何をバカな!」と言われそうですが、農産物の高騰はさらに一層工業的農業生産への道を大規模に開くことになる可能性も否定しきれません。

もともと食料生産では生きていけなかったからこそ人々は小規模農業から撤退したのです。しかし、この不公正極まりない資本主義社会の中で、全く働きもしない奴等が富を独占するような有様では、一生を奴隷となることを拒否する哲学を持つ人間は山間地の農地を借りてもプリミティブな生活を求めることになるでしょう。

話が横道に逸れましたが、問題は平地の農地です。現在、減反による畑作の転換によって、まず、半分の農地に水が入っていません(“七夕コシヒカリ”などという極早稲に至っては夏に稲刈りが行なわれるのですから、これだけでも七月には既に乾田化されてしまっているのです)。

それはともかくとして、それが可能になった背景には何があるかを考えてみましょう。

 

昔は田と畑は分離していた

 

実は、全国のほ場(基本的に水田を念頭に置いていますが)で容易に畑作ができるようになったのはつい最近のことなのです。そもそも、昔は水を取り込み易いように用水路と田面とにはほとんど差がなく、あったとしても五センチ程度だったのです。このためメダカなどの小魚が水路から容易に水田に出入りし繁殖することもできたのです。

さらに水路も素掘りで自然石の石垣でしたから洪水や旱魃の時でも隠れる場所が確保され豊な自然と豊な実りを保証してもいたのでした。

現在、この豊だったほ場は経済原則だけを優先した(実際には官僚の私的な利害が優先されたのですが)農水省によって全て破戒されたのです。この結果どうなったでしょうか。水はポンプによって加圧され、用水路から最低でも三〜五十センチ以上は高い取り込まれることになりますから、メダカが生き延びる事は全くできないようになったのです。

それ以上に水路はコンクリートの三面張りに変えられ、雨になれば流速が上がり、隠れる場所もないため小魚は流され絶滅されていったのです。これらの全てを引き起こしたのが農水省とその配下の農業土木の連中だったのです。

水路も用排水路として深く造られました。水は動力を使いポンプ・アップして持ち込まれますから、深く造っても耕作には支障がなくなったのです。

これは、田畑転換を目的にしたものでした。麦などの裏作ができ所得が増やせることを売りにしたのですが、実際にはそれを餌にしてほ場整備事業という農業土木の土建業を日本の全ての農地に投下したのでした。結果、必要に応じて乾田化して畑になるような水田が大量に生み出され、今や全ての水田の半分が乾燥化するというような状況が造られたので
した。

昔は水が引けないところは全て畑であり、ほとんどの水田が固定していました。それどころか収穫時期に乾燥化させるために百姓は苦労したものです。

これで、一九八〜九〇年代までで完了したほ場整備事業によって、農地の大半が乾田化されたことが多少はお分かりになったと思います。

実際、昭和の半ばまで日本の農地の大半は非常にウエットなものだったのであり、川や水路も水に満ちていたのですが、現在、非常に乾燥化が進んだものになってしまったのです。

森を守ってきた日本人は賢かったか?

 

最も誤解されている概念に“日本は豊な森を持つ国”というものがあります。この行政(環境省、林野庁・・・)も含めて宣伝されるとんでもない誤りについて書かざるを得ません。

「先進国の中で六割を超える森林を持つものは日本以外になく、このように森を守ってきた日本人は賢かった・・・」といった類のものですが、問題はここで言われる森が現在の人工林としての「森」ではないことです。

まず、「このように森を守ってきた日本人は賢かった・・・」に至ってはとんでもない勘違いか、思い込みに過ぎないのです。実に有り難いことに急峻であったがゆえに山を開いても水田にならなかったが故に無駄な投資をしなかっただけで、もしもイギリスのような平坦な国土であったならば、私達のご先祖様は全ての森を切り開き水田に変えていたはずなのです。「日本人は賢かった・・・」は、良くてただのナルシズムでしかなく、世間知らずの恥ずべきお国自慢といった程度のものでしかありません。

 

針葉樹林に火を放て!!

 

そもそも、これほど多くの人工林が造成されたのは戦後の話であって、それ以前は寺社や藩の御用林といった限定された杣(ソマ)山があっただけで、大半は雑木林(九州では照葉樹を中心とした広葉樹)だったのです。簡単に言えば、戦前までは人工林など存在しなかったのです。

私たちの子供頃も里山が豊かでどこに行ってもドングリがいっぱいだったのです。山に行けば、キノコや木苺やアケビ・・・がいっぱい採れ、森の床は落ち葉による腐葉土によって実にホコホコ、フワフワしていたのです。当然ながらここに蓄えられた雨水は一挙に流れ出す事なく、時間を掛けて地下に浸透していたのです。

それを決定的に破戒したのが、一つは宅地並み課税でしたが大半は拡大造林だったのです。

この愚かとしか言い様のない造林が始められることになった原因は、B29による爆撃によって日本全土が焦土と化したからであり、この結果、生じた復興需要によって木材の需給バランスが崩れ一時的に高騰したからに外なりません。

つまり、日露戦争後に一等国の仲間入りしたなどと思い上がった昭和期初期の間抜けな右翼(今で言えば「新しい教科書を創る会」など)と軍部(特に陸軍)が自制を失うことによって、一時的にはともかくも長期的には全く勝つ見込みがないことが分かっていた(山本、米内、井上も艦隊派の暴走と破産をどこかでほくそえんでいたのかも知れません)対米戦争に突入したことこそが今日の日本の森林の崩壊につながっていると言えば理解してもらえるでしょうか?

おまけに、国民は数百万の犠牲を払い、なけなしの財産を奪われたのですが、統帥権を持つとした(明治憲法下においても法律的には開戦の権限は内閣にあったのですが)天皇は自決さえもできない実に無責任な「人間」でしかなかったのです(これが戦後の無責任社会の原因であり、東久邇が主張した「一億総懺悔」という責任の消失につながったのです)。

これは論理の飛躍と言うべきものかも知れませんが、私にはやはりそうとしか思えないのです。なぜならば、江戸、大阪、京都などの都市部などの大火災や応仁の乱などによる寺社の消失といったものがあったとしても、歴史上、日本全土の都市部が京都、奈良を除いて全て焦土と化すといったことは唯の一度もなかったからです。

よって、木材の需給バランスが決定的に崩れてしまったのです。これから先は目を覆うばかりの林道建設の乱発と現下の針葉樹林の大崩壊(宮崎県が典型です。人命の被害がないために伝えられませんが、規模が違いすぎる田野の例を除くとしても最大二百メートルの山が滑り落ちるような大災害が随所に発生しているのです。)なのです。それもこれも
外材を大量に輸入しながら(簡単に言えばユニクロの構造と同じなのですが、旧通産省の官僚は大手商社のビジネス・チャンスを利権化したのです)、拡大造林を乱発する(これも実際には林道建設予算を利権化しただけなのです)という愚かな政策に踏み入ることになったのです。

拡大造林と外材輸入が同時に行なわれることによって何が起こったかと言えば、不必要に拡大された人工林地は全く収益が出なくなってしまい(片方で外材が大量に輸入されているのですから収益が出るはずがないのです)間伐、枝打がされないまま放置され陽の射さない真暗な造林地が広がり下草が生えない(そもそも針葉樹林には腐葉土は形成されません)ために雨に打たれて土壌は流出し続けているのです。

極端に言えば管理されない人工林は岩盤の上に木が乗っかっているような状態なのです。もちろん、そのこと自体が地滑りの条件を拡大させていることは言うまでもないのですが、ここではヒート・アイランドを問題としていますので、山が乾燥化している事の説明にこれほど多くの説明を要してしまった事になる訳です。

こうして合理性を欠如させたまま無制限に拡大した造林地の多くが乾燥化し、山が水を失い(例えば多くの滝がその流量を落とし湧水の減少や枯渇を引き起こしているのです)続けているのです。

林野庁はお抱えの御用学者を動員して「針葉樹林地の雨水の地下への浸透能は広葉樹林と大差ない・・・」「人工林も保水力は変わらない・・・」「水を育む林業」といった実態を無視したキャンペーンを続けているのです。急傾斜地帯に無制限に拡大させた人工林の危険性については宮崎の例(田野では管理された国有林が大崩壊を引き起こし四十年の杉、檜もろとも百万立米の土砂が流出しているのです)から多少は意識し始めているでしょうが、恐らく林地自体の乾燥化、ひいてはヒート・アイランドの原因になっている事については全く意識していないことでしょう。今や都市部を中心に住居は鉄、コンクリート、ガラス、プラスティックスと僅かな木材だけで造られる事になってしまい、林野庁が進める造林地など必要とされていないのであり国産材の需要も供給も復活しないのです。

それ以上に、林業、林学、林学者、林学科卒業者、林業課自体が不必要というより国民と国家と国土にとって害悪となっているのです。

もはや、水の豊かな本来の日本の森を取り返すにはこの不必要な造林地に火を着ける以外にはないのです。

 

 

 

    ▲ 我家には涼しい庭と林があるのになぜか家の中で寝るのが

好きなグータラ猫のニャン太郎(ランボー)・・・・・・・・

 

再掲

 

農村のヒート・アイランド

 

では、農村や地方都市はどうなのでしょうか、実はここでも目だって夕立が減少しているのです。

 

@ 田畑のヒート・アイランド化

 

まず大都市の方々があまりご存じない話から始めましょう。四十年前までの農村には、まだ牛や馬による“荒起し”や“代掻き”が残っていました。しかし、その後のテーラーからトラクターそして大型トラクターの導入によって耕耘の形態は大きく様変わりしたのですが、実はこの機械の導入によって、田、畑は大きく変わってきたのです。機械による耕耘は深くても一〇〜一五センチメートル、一般的には労力を軽減するために一〇センチ程度しか耕しません。牛馬耕の場合は二〇〜三〇センチの深耕も可能であり、事実そのような湿田も非常に多かったのですが、機械による起耕が大半になると、機械を使い易くするために、全国で展開されたほ場整備事業に併せて乾田化が進められたのです。農家の大半が兼業化するようになってくると、省力化のために用排路は溝浚えや草刈をしなくても済むような三面張りのコンクリートで固めた側溝に変えられ、雨水はたちどころに河川から海に押し出されていきますし、乾田化を喜ぶ農家もそれを歓迎したのです。ほ場そのものも、田畑切替ができるようにというふれ込みでコルゲート・パイプを中心とする暗渠がほとんどの田畑に施工されたのです。このため、大半の農地はゴルフ場と変わらないような、非常に乾燥しやすいものに変えられてしまったのです。もちろん、稲が植えられているのですから夏季は水
が張られていますが、既に、減反は三割から四割に達し、事実上、日本全体で考えれば、静岡県以西の農地では全く米を作っていないのと同じ状態が出現しているのです。耕作放棄も進む中、転作田は畑として大豆など植えられますから、乾燥化は一層進んでいるのです。また、七夕コシヒカリなどっといった夏季には刈り取る稲まで栽培されていますから、夕立の季節には水が落とされているのです。その上に農地の転用などによって耕地面積そのものも減少しているのですから乾田化は止まるところを知りません。恐らく、全国の水張り面積(純然たる水田の面積)そのものは、減反が開始されて以降、全国的ほ場整備事業の完了もあり、それ以前と比較すればほぼ半減していると考えてまず間違いないでしょう。

このため、農村部や地方の都市部においても河川の直線化、雨樋化は同様に行われているのですから、大都市部と同様の乾燥化が進んでいるのです。

従って、地表が熱せられて蒸発する水蒸気の絶対量が減少し飽和に至るテンポ、ピッチが落ち夕立の減少から消失へと突き進んでいるのです。農村から地方都市においても夕立による水循環、従って熱交換も破壊されていると考えて間違いないのです。

 

A 山のヒート・アイランド化

 

変化は、山でも起こっています。針葉樹林の増加による保水力の減退、砂防工事などによって進む水路の三面張り、不必要な林道工事などによる山林自体の乾燥化(林道の道路側溝は平地まで続く雨樋に等しいのです)により、山林表面の水の絶対量が減少し、山においても水のキャッチボール(水の循環)が減少していると想像するのですが、私自身が山林に住んでいるわけでもなく、また、都市、農村、山林、海洋での降水量の系統的調査資料などあるはずもなく、推測の域を出るものではありません。

ただ、針葉樹林化による山林の乾燥化、砂漠化という問題は都市部に住む方々には非常に分かりにくいと思いますので、過去何度も書いてきたことですが、多少の説明を加えたいと思います。

自然林(こんなものは事実上存在しませんが)であれ二次林であれ、本来の植生に根ざした広葉樹の山というものは、長年月の間の台風や豪雨、暴風、山火事、地震など、想像できるありとあらゆる災禍を経験したことによって、その山体の傾斜さえも幾度もの大きな崩壊を経てそれなりに安定したものになっています。広葉樹はオーバーハングの急峻な岩場の割れ目にさえも根を張り、垂直の壁にへばり付いても幹を支えます。それに背丈も低く、樹体自体もしなやかであるために風雨にも強く広く根を張ることによって水も土も保つのです。

これに対して全く逆なのが針葉樹です。本来、針葉樹はシベリアのタイガのような、それほど風も吹かない安定した高緯度高圧帯の平地から緩傾斜地帯で育つものなのです。そもそもこのような樹種を日本のような急傾斜地に植えることが始めから誤りといえば誤りなのです。

一般的に造林地は広葉樹の森を皆伐してスギ、ヒノキを植えるのですが(短期皆伐方式)、その傾斜は広葉樹の森であったことにより長年月の間に安定したものになっているものであり、戦後に造成されたようなにわか仕立ての針葉樹の森に適した斜度ではないはずなのです。

根を張らず豊かな腐葉土も形成しない針葉樹が傾斜地に存在しているだけでも、雨の大半を一気に海に流し込んでいることが想像できますが、実はもっと空恐ろしいことが起こっているのです。

それは、現実に存在している針葉樹林の大半が間伐も枝打ちも行われないために、林の中は昼でも真っ暗闇で、陽がささない地面(林床)には草も生えていない剥き出しの表土が広がりその大半が流出しているのです。

この現象は少子化と国民の所得の低下による住宅着工件数の半減と、住宅のプレハブ化によって米マツによるパネル工法が蔓延し、現実に、杉、桧を使う在来工法による和風建築が激減がする一五〜二〇年前から起こっていたのですから、都市の住宅がほぼ鉄とコンクリートとガラスで造られるマンションに移行していることと併せて考えれば、全国の杉、桧はその一部を除いて、ニ〜三十年前ほど前から材価は劇的に低下し、ほぼ、売れなくなっていたと考えてまず間違いないでしょう。このことから、七〜八〇年代から間伐も枝打ちも行われないまま、放置されていたと考えられるのです。この結果、山の土壌は大雨のたびに流れ出し、事実上は石ころ砂漠の上に林が乗っているだけになっているのです。

砂漠に保水力が無いのはあたりまえであり、山の乾燥化が驚くべき状態にあることは自明でしょう。

このように書くと造林の正当性を強弁する林業関係者から反論が聞こえてきそうですが、この問題に対する直接的な説明というわけではありませんし、全く目立たないものでしたが、国も認めざるを得ない新聞記事がありましたので紹介しておこうと思います。

「保水力の調査自然林が優位」川辺川「緑のダム」構想がそれです。「国交省の川辺川ダム計画(熊本県)の代替案『緑のダム』構想を検証するために、同省とダム反対派が共同で実施した林の保水力の調査で、川辺川上流の人工林の斜面を流れる水量が、自然林の約六倍であることが分かった。研究者は『自然林の保水力の優位性を裏付ける』と主張。同省は『雨量全体から見れば差は無視できる』としている。」(二〇〇四年一〇月二日付け朝日新聞)今もそうなのですが、林野庁の行政当局は、針葉樹林と広葉樹林の間には著しい保水力の差や地下への浸透能の差は認められないとしているのです。元々は広葉樹の森によって育まれた土壌を利用して成立した針葉樹林をもって、土壌保持力にも大差ないと強弁してきたのです。

戦中、戦後を通じて禿山化による洪水の急増(激増)によってダム建設が始まり(多分戦前、戦中までは発電用などの利水ダムはあっても、洪水調節用のダムというものはほとんどないと思います)、その後も造林と称して広葉樹を伐採し続けた結果、山のダム機能は失われることになり、洪水が頻発することになりました。このため、山からの土壌流出は歯止めが掛からなくなり、上流にダムがない水系の河床底では土砂が堆積することによって洪水の危険性が増すことになっているのです(国土交通省の見解ではダムによって全国的なレベルでは河床底は削掘によって、むしろ、河床底は下がっているとされているようです。それはそのとおりでしょう。それだけダムが多いということなのです)。こうして、農水省が自ら破壊した森によって発生する洪水を一時的に止めるために(直ぐに埋まってしまうのですから地場の土建業者に仕事を与え続けているだけなのです)、治山と称して砂防ダムが乱発され、旧建設省もこれを奇禍としてダム建設を常態化させるに至ったのでした。

記事には「緑のダム」構想とありますので、恐らく広島大学の中根周歩教授などが関与されているものと思うのですが、林野庁としては認めたくはないが認めざるを得ない身内から証人が出てきたような思いでしょう。

私の目からは、現在の林野行政というものは、もはや国家のためでも国土のためでも山林所有者のためでもなく、林野行政担当者、森林組合職員、結果的に補助金を受ける林業者や砂防ダム、林道その他の建設業者のために存在しているように見えるのです。

少なくとも、自分たちは森を育て国土を守る良い仕事をしているのだなどといった、思い上がりとも錯覚とも言えぬ愚かで誤った思い込みだけはそろそろ好い加減にしてもらいたいものです。これがもし林学なのだと言うのであれば大笑いとしか言いようがありません。彼らを全て首にしたいところですが、彼らには敗戦後まで残されていた豊かな広葉樹の山を復元する義務が残っているのです(もちろん、針葉樹林に火を掛けて放置した方が早いので、首にしても良いのですが)。このままにしてもらっては昨年九月に宮崎で発生したような大規模な森林崩壊(土砂崩れというにはあまりにも規模が大きすぎる)が今後も頻繁に起こり続けることになるでしょう。もはや、疑うべくもないはずですが、全国の大半の針葉樹林は大規模に土壌を喪失し、決定的に保水力を失い、山においてもヒート・アイランド化は進んでいると考えるべきでしょう。

仮に森林行政、林野行政に携わる人間が「暑くてたまらない」などと言ってきても、「それはおまえ達のせいだ」と言わざるを得ないのです。

もはや“ヒート・アイランド現象”は都市部だけの問題ではないのです。

        昼なお暗い手入れのされていない針葉樹林。下草は生えず、ほとんど腐らない

  杉の葉に覆われているが、根を張る草にではないので土壌を守る力がない。

 

責任を取らない縦割り行政

 

ヒート・アイランド現象は環境省所管とされているのでしょうか。そもそも、人為的に自然を改変した事によって引き起こされた自然のしっぺ返しであるヒート・アイランド現象が事実上のお飾りで何らの実質的権限を持たない環境省の所管とされているというのも非常に奇妙な感じがします。それはともかくとして、その意味の底流には
、どうもこの現象を”自分達の責任ではないどうにもならない天災とか天候異変といった側面で捉えているのではないか”という印象があるのですが、これは私の感性によるものでしかなく一般的に説明できないものです。ただ、そうでもなければ、これほど深刻なテーマに対して、「打ち水大作戦」などというあれほど軽い感覚の気楽なお祭り騒ぎができるはずがないと思うからです。

もとより、国土交通省は治水が仕事であり、厚生労働省は安定して良質の水を供給することが仕事でしょう。また、林野事業は農水省の仕事とされています。環境省は実際に何をやっているのか具体的なイメージさえ湧いてきません。

恐らく、国土交通省は自分達がやってきたことがヒート・アイランドの最大の原因になっている事を全く自覚していないでしょうし、森や農地を守ってきたと信じ込んでいる農水省がヒート・アイランドの一部を担いでいるなどと言われると「何を馬鹿な!」と言う事でしょう。とりあえず、大都市においては戦前にもかなり水道は行き渡っていたわけですから、ヒート・アイランドには大きく関与していないことは間違いないと考えられ免責するとしても、雨水を溢れさせず一気に流し去る事が害悪になる事に全く無自覚だったはずであり、仮に一部で理解している優秀な官僚がいたとしても、それが顕在化しない限り、決して責任とか対策とかいった事には動かなかったはずです。結局、それは彼らの所管ではないからです。恐らく現在までの都市河川や下水道の整備はヒート・アイランド現象が、まだ少し暑い夏とか小さな気象異変といった程度で済まされていた時代からの延長上に行われていただけの事でしかなく、目に見えないように徐々に引き起こされる大規模な環境破壊は、罪とされもしなければ、自らの失策でもないと考えていることでしょう。

本来、国家はこのような事に対処するために高給を支払って非生産的な人間である優秀な官僚を雇い、学識のある科学者や研究者を維持しているはずなのですが、国家権力に協力するだけの御用学者や国家機関の個別的な省益だけに奉仕する学問を商売と考えるようなつまらない人間だけを重用するようになると、もはやだれも本当の事を告げず、発言せず、このような取り返しのつかない愚かな破壊をもたらす事になるのです。苦しむのは彼らを含む国民なのです。

大都市であれ、農地であれ、山であれ、地表や地中に豊富な水があれば、熱せられた水は気化する時に周辺から潜熱として熱を奪い地上を冷却します。さらに地表で熱せられた空気は軽くなり水蒸気と共に高空に上がり、そこで冷やされて熱を放出し、水蒸気は雨として地表に戻り周囲を冷します。同様に空気も冷やされて冷たい下降気流となって地表に戻ってくるのです。低気圧(上昇気流)の去った後に高気圧(下降気流)が来ると涼しくなる事は皆が経験的に知っている事ですが、これも同様の現象なのです。

ただ、日本は海に囲まれた細長い国土と複雑な地形を持ち、風の影響も受けやすいために影響が比較的緩和されていると思われます。東京においても大きく湾入した東京湾のおかげで灼熱の地表にはならず、破壊が最終段階まで進んでいないのかもしれません。

まさか、このような物理学の基礎的な知識もない、土木しか知らない土建屋議員程度の頭しかない人間しかいないとも思えないのですが、国土交通省の人間にもヒート・アイランド現象に関する槌田教授や近藤邦明氏の著書などを読んで欲しいと思うものです。

 

266.  不知火海残映 6. 「船にも飲ませにゃ

                            吉田 耕一

港に帰り着いて、それで一日が終わるわけではない。船をつなぎ道具をかたづけ船を洗い、そして最後に燃料を補給してはじめて漁師の一日が終わる。

「そぎゃんじゃなかばい。」どうして?「おれがダレヤミは、今からばい。」

まったくその通り。これから家に帰り、テレビでも見ながらショウチュウの一杯でもひっかけて、はじめて漁師の一日は終わる…。いつまでも、そんな平和な日々が続いて欲しい。         文:吉田耕一

 

「不知火海残映」の連載について

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wのスタートに合わせて始めた“不知火海残映”の連載も六回目に入りましたこのシリーズは、 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか を連載していただいている元美術教師、吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられますが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載することもあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

第3回目からは私の感性からはなれ音屋の昭太郎氏に選択して頂いています。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

267 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

  連載第連載第8回 不知火海の藻場再生について  

芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

 

8 不知火海の藻場再生について

 

 自然科学という学問は、自然のしくみを解明する学問で、自然界に起こるある事実や現象があれば、その因果関係や必然性を説明するために、先ずどのような条件でそれが起るのかと、原因を追究する調査研究が、順序として最初に考えられるものだと理解していたが、報告書を見る限りどうもそのような気配がない。不知火海の藻場が消滅したのだから、先ず消滅した原因を明らかにしないと手は打てないと素人の私は思うのだが、そのことには全く無頓着に藻場再生を考えているようである。

 実験的な意味で先ず生えるか生えないか、どのような条件では植生しどの条件では生えない等を調べデーターを集積する中で、環境条件を把握したりモニターしたりするという意味では重要であることは理解しているつもりだが、それをやった結果何をどうするのか、どのような仮説に基いてそれをしようとしているのかの説明が欠落しているために展望が見えないということである。

 私たちが考えることは、藻というのは、水中の植物で、藻が枯れたのは海水が無くなり干しあがって枯れたのでなく、海水の中で枯死したのだから、海水成分が藻の生育に適しないものに変化したために枯れてしまった、育たなくなったのだと考える。つまり藻が生存する基本的条件は水でありその水質はどうなのかということに着目するのであるが不思
議なことに報告書では環境浄化とは触れてはいても藻場再生とは照準が合っていないようである。何をおいても海水の水質変化が何によってもたらされているのかを解明する事が藻場再生において基本的に重要なことではないか。

 

次に不知火海は岩礁を基本構造とする海でありアマモ場よりガラモ場が重要であることは先述したのでここでは省略するが、報告書ではこれも欠落している。藻は植物とはいってもアマモを除き地上ではとても考えられないような変態を海中で展開している。私たちがよく知っているワカメは雄でも雌でもない無性の「胞子体」のことを言っているのだが、ワカメの耳と呼ぶ根っこのところから二本の鞭毛をもった「遊走子」が放出されてプランクトンとして海中を泳ぎまわり、岩にくっつくと発芽して糸くずのような「配偶体」になり、雄と雌に分かれて受精し受精卵が発芽して成長し「胞子体」(ワカメ)となる。―これはワカメだけの話でもっと進化したものはまた別の生活史を展開する。アサクサノリは進化が遅れているのか放出される遊走子に当たるものは鞭毛が無くて胞子体も雄性のものと雌性のものと雌雄両性のものがあるそうで、とにかく複雑で頭が混乱しそうであるが、海水の水質の変化で、これらの全生活史の中のどこがどのように化学的に淘汰され死滅するのか、或いは水質の化学的変化で食物連鎖の均衡がくずれ他の優性種によって自然淘汰される結果なのか、そこあたりをターゲット・ポイントとして解明し対策を考えていただきたいと思うのである。ガーデニングをする中で進化した種ほど環境変化に弱いということは分かっているが、海の中ではここら当たりどうなのかも知りたいと思う。

いずれにしろ藻場を再生するために、よそから苗を持ってきてそれが育ったとしても、その種の全生活史がこの海の中で展開することが出来ないならば、それは一代限りのもので藻場再生には何の意味も無いことになる。やはり基本的な課題は不知火海の水質浄化ないしは改善である。そこに的を絞って取組む体制を整え事業を展開してもらいたい。それが地元住民としての要求である。

地元では、水質浄化のインフラ整備で少しは進展したためか、絶滅種とあきらめていたテナガエビが佐敷川にも湯浦川にも復活してきた。人間が自然にやさしくすれば自然は必ずそれに応えてくれる。ただ残念なことにその効果は佐敷湾の潮間帯とまりである。潮下帯以下の不知火海は依然として球磨川に支配され地元芦北の力では及ばない。これが現実の姿である。

 

8. 不知火海の藻場再生について の掲載について

 

アンビエンテ編集長 古川 清久

 

極めて僭越ながら、多少のコメントを加えさせて頂きます。これだけが編集長の特権ですのでご容赦願います。

吉田先生は、

 

藻というのは、水中の植物で、藻が枯れたのは海水が無くなり干しあがって枯れたのでなく、海水の中で枯死したのだから、海水成分が藻の生育に適しないものに変化したために枯れてしまった、育たなくなったのだと考える。つまり藻が生存する基本的条件は水でありその水質はどうなのかということに着目するのであるが不思議なことに報告書では環境浄化とは触れてはいても藻場再生とは照準が合っていないようである。何をおいても海水の水質変化が何によってもたらされているのかを解明する事が藻場再生において基本的に重要なことではないか。

 

と書かれています。これ自体間違いとは思いませんが、主たる要素であるかどうかについては多少の疑問を感じます。一般的に藻が消える要素には、

1.土砂の流入などに起因する汚濁による透明度の低下により日照量が低下すること

2.森林の針葉樹林化によって生じた湧水の減少などに伴うミネラルの不足

3.海水温の上昇によって藻の種類が入れ替わっている事

4.海水成分の変化D栄養の減少などがあります。この中のどれが最も大きなファクターとなっているかの問題です。

今のところ不知火海の藻場の消失の原因はA森林の針葉樹林化によって生じた湧水の減少などに伴うミネラルの不足が最大の要素だと考えています。それは緊急避難的な珪酸鉄の散布などによる磯の急激な再生の事例を知っているからです。ミネラルの増強、つまり、海洋へのサプリメントさえも必要という話です(これについては別稿とさせて頂きます)。

 

 

268. 産廃で儲けを企む一流企業   頭は隠したが、捕まれたしっぽ

 

 中原 孝矩(元記者)

 

                          ジャーナリスト 中原孝矩

熊本県水俣市で実に奇妙な事件と騒動が進行中である。事件としたのは、疑惑とイワザルをえない不可解な事実が明らかになるからだ。その奇妙な実態を報告する。まず事実から。

東証1部上場の道路舗装会社が熊本県水俣市の山林を買収した。この山林には土地を取得した会社とは別の会社が、産業廃棄物の管理型最終処分場設置を計画して、環境影響評価手続きを進めている。土地を取得した東証1部上場の道路舗装会社が産業廃棄物処分場を設置すればいいのに、土地を買収しながら、なんで直接かかわろうとしないのだろう。

 

水俣市といえば、化学工場チッソが戦前・戦後にかけて垂れ流した工場廃水に高濃度で、大量に含まれた有機水銀化合物で汚染された魚介類を食べたことが原因で起きた深刻な食中毒事件が世界的に知られる。患者の総数は国の怠慢もあって、未だに不明。患者の救済が行われたのもごく一部に過ぎず、患者の公的確認から50数年たつのにまだ係争中だ。

 

騒動とは、産廃処分場の設置を許さないとして、市民団体が次々に結集し、反対運動の輪を広げていることだ。持ち上がった騒動の核心は「水銀汚染でも大変な未解決の問題を抱えているのに、この上に大量の環境汚染物質の持ち込みは許されない」ということに尽きる。もっともな住民の主張である。ただ、全市民が反対かといえばそうではない。設置に賛
成の市民もいるのは事実だ。

私も、産業廃棄物処分場や一般ゴミの処分場は必要だと考える一人。但し条件がある。技術的に環境汚染が完全に防止できること、業者が経済的に経営のための資金力があり、不測の事態に素早く対応できて、住民の不安を取り除けること、行政と住民に協力的で、公害防止協定などの締結に積極的である、ことが挙げられる。このような業者が経営をもくろむ産廃処分場なら、私は特に反対は唱えない。

しかしながら、資金量は十分なのか。経営者は産廃処理事業にまじめに取り組む姿勢があるのか。技術力はどうか。隠し事はないのか、などにいささかの不安があると、直ちに諸手を挙げて賛成とはいかない。

水俣に進出をもくろむ業者について、調べを進めると、次々に不可解なデータに直面し、何かを隠している。産廃でどのような儲けを企んでいるのか、など疑惑のタネが次々に芽を吹くのだ。こんな有様でどうして、水俣の産廃処分場の設置に賛成ができるだろう。

 

水俣市の資料で、これまでの経過を概略紹介しよう。

地元で産廃処分場設置の計画がはじめて明るみに出たのは平成16年3月30日だった。

開催された水俣市環境審議会で、「IWD東亜熊本」からだされた建設計画を、水俣市が報告した。これが伝わって、5月28日には建設地の湯出地区住民が反対する会を結成。さらに6月27日「命と水を守る会」が結成される。

株式会社「IWD東亜熊本」は平成16年3月、環境影響方法書を公告・縦覧。同じく平成19年6月、環境影響準備書を公告・縦覧した。環境影響評価書の公告・縦覧は年内の予定。

▲IWD東亜熊本が発表した計画図。

真下の湯出川沿いの集落は沢の水や地下水を生活に使っている。湯出温泉も処分場の真下になる

 

公表された計画書を見てみる。敷地面積は83.4ヘクタール。ここに管理型最終処分場を設置する。埋め立て面積は83.000平方メートル。埋め立て容量は約200万立方メートル。ここに約150万立方メートルの廃棄物を投入する。敷地83.000平方メートルに高さ24メートルのゴミの山を造る。今明らかにされている計画は敷地全体から
見ると1割に過ぎない。買収された土地の面積は83.4ヘクタールと広大だ。熊本県の設置許可がおりて、埋め立てが軌道に乗れば、敷地全体へ次から次へと設置許可を求める手続きが続き、敷地83.4ヘクタール全体がゴミの山になる恐れは十分だ。産業廃棄物の巨大ピラミッドが水俣市に誕生することになろう。

 

関心を持って調べ始めた私の手元に、次々不信感を呼び起こすデータが集まり始めた。これだけ大規模な事業である。広大な土地を開発したり、利用する場合、国土利用計画法に従った手続きが必要だ。この産廃処分場の場合は、土地を産業廃棄物処分場として利用する業者、会社、或いは個人が、開発の目的を説明した書類を、水俣市を通じて熊本県知事への届出が義務づけられる。

水俣市や熊本県への電話取材では、国土利用計画法に従った手続きは行われたように感じられる。私は、熊本県庁に対する公文書の開示請求をしていないので、感じられるとしか、今はいえない。開示請求が終わった段階で、改めて述べる。

        県道沿いの集落 真上の急傾斜の台地上が産廃処分場になる。

道路は海抜100メートル。台地は海抜300メートル

 

次に株式会社「IWD東亜熊本」について調べる。正確を期すには、法務局に出かけて、登記書類を取るしかない。会社の社長は、小林景子代表取締役だ。株式会社の登記書類を見て、驚いた。小林社長は、栃木県那須塩原市(那須郡西那須野町)が住所なのだ。水俣市と関係ないと思われる人が、なんで水俣市内で産廃処理業をやろうとするのかしら。住所地に近い、関東でやればいいでしょう。ただ、今はどんな人が、どこで起業しようが、許されるご時世だから仕方がない、としておこう。

水俣市や処分場近辺にまるで土地勘がない人が、産廃事業を仕掛けていることはわかった。会社の資本金は1000万円。会社の目的には、「産業廃棄物及び一般廃棄物の収集、運搬、処理並びに道路建設用資材等の再生製品の製造販売」が、トップに挙げてある。但し、産業廃棄物及び一般廃棄物の収集、運搬、処理に関する熊本県の許可は、2007年8月現在得ていない。

会社本店の住所を見て新たな驚き。法人登記に取締役として名を連ねる山口幸治氏は水俣市で、資産家の噂の高い人だ。会社の本店住所は、山口氏が最近建てたと噂される豪勢な建物の所在地に設定されていた。産廃処分場予定地に近い山口氏所有の建物を本社にしたのなら、山口氏自分が代表取締役・社長となればいいものを、とこれは私の感想。

山口氏名義の本社の土地、建物には住宅金融公庫・1810万円、あしきた農業協同組合・1000万円、熊本中央信用金庫・3000万円という内容の根抵当権が設定されて、共同担保物件となっていることが判明した。住宅ローンだろうか。資産家ではなかったのか。いや十分な資産があっても、事業に使う資金は別物という場合だってあるのかな。

▲産廃処分場が設置される予定の手前の台地には茶畑や竹林、杉林が広がる。

谷川を挟んで海側にはゴルフ場が見える

 

次に、大規模な産廃処分場敷地を現地の人々から買収したのは誰か。当然、株式会社「IWD東亜熊本」が土地を所有していると考えた。事実が確認できればいいからと、登記書類を調べて、再び私の「何で」、である。

株式会社「IWD東亜熊本」が所有する土地がない。土地を買収して所有権登記をしているのは、東亜道路工業株式会社となっていたのだ。日本経済新聞社が定期的に出す会社四季報によれば次のように紹介される。東亜道路工業株式会社。本社・東京都港区六本木。道路舗装中堅。設立は1930年。総資産701億円。会社本体は建築解体など環境関連
事業が伸びる、とある。改めて紹介するまでもないが、東証1部上場の一流企業である。

 

ここまで書いてくると、国土利用計画法の名義はだれか、が誠に重大なデータであることになる。まだ熊本県に対して、この件で公文書の開示請求をしていない、と書いた。だから推測だが、国土利用計画法の手続きは取られているらしいので、東亜道路工業株式会社が土地の買収名義人で、産業廃棄物処分場を設置するという、目的を明らかにしていると信じる。

ここからは推定で話を進める。東亜道路工業株式会社は一流企業。本社の新たな事業として産業廃棄物処理業に進出した。国土利用計画法にもとづき、産廃処分場設置のために、土地約83.4ヘクタールを取得した。

これが、国土利用計画法に基づく真実だ。では株式会社「IWD東亜熊本」は何者ですか。

名前の一部に、「東亜」の名が見える。このことから、水俣市では、事業を進めるのは東京のでっかい会社らしいと、もっともらしい、噂が飛ぶ。でも環境アセスメントの手続きをする会社は東亜道路工業株式会社ではない。株式会社「IWD東亜熊本」なのだ。この会社は土地の所有者ではない。産業廃棄物処分場を設置するには、東亜道路工業株式会社から土地を借りなければならない。産廃処理業の利益がどんなものか、私は知らない。知識もない。しかし、土地を借りて土地代を支払いながら操業しても、まだ儲けが残る業態なのか。

私は知らなかったが、産廃処理業者は、必ずしも土地を所有する必要はない。廃棄物の処理及び清掃に関する法律では、処理施設を設置する場所について、借地では不許可、となっていない。つまり借地でも良いとなっている、これが、我が日本国の現実の一つだ。

ただし国土利用計画法では、目的を明確にしなければならない。熊本県の土地利用審議会は、届けられた土地利用の中身について審議するとなっている。産廃処理施設が設置されようとしている水俣市湯出の山林について、土地を買収した東亜道路工業株式会社が届け出た「土地利用の中身」が重要だ。

 

私が、産廃事業について、こだわるには訳がある。定年退職後、住居を構えた甘木市で、産廃処分場設置計画を巡って、甘木市が業者に6億3500万円騙し取られる事件が起きた。市民3人が甘木市の買収計画は不当だとして裁判闘争を続けながら1審、2審と敗訴した。戦いが終わって、業者への支払いが終わった数年後、私は原告だった市民から裁判資料を借りて、検証する機会があった。

特に証人尋問調書に驚くべき真実が隠されていた。市長、市議会、市民団体はまんまと欺されていたのだ。屎尿くみ取りと浄化槽管理を業とする市内の業者Aが、牧場経営者のBと仕組んだ事件だった。あらすじはこうだ。

牧場経営者のBが産廃処分場予定地約12ヘクタールを、次々に買収した。牧場の拡大が国土利用計画法で届けた中身。市内の業者Aは、牧場経営者Bの土地を月100万円の借地料を払う契約で産廃処分場を経営するという話。

市民は場所が水源地であることを心配して、署名活動を展開。福岡県を巻き込んでの反対闘争がおきた。市長は土地の買収で納めるしかないとの政治判断を固め、市議会を説得して買収で決着した、というもの。こうした市民の反対運動と市長と市議会の動きに不信感を持った市民3人が民事訴訟を提起したという経過。

証人尋問では、牧場経営者Bは業者Aから月100万円の借地料を受け取っていなかった。架空の話だった。牧場経営者Bが牧場経営の拡大を目的に土地約12ヘクタールを買収したが、これも業者Aの金。産廃処分場設置を知られては地権者が同意をしないから、事実を隠して、こっそり買い進めたものだった。

甘木市は二人の悪党にまんまと欺され、6億3500万円もの税金を土地代として、業者Aに騙し取られる結果となった。山林約12ヘクタールは、裁判所が行った鑑定で約6000万円の価値だった。甘木市は土地の買収に当たって、業者から時価30億円以上の価値があるなどとふっかけられ、だれも反論できなかった、という。市議会も市長提案に反発しながらも、買収賛成を決議していた。

さらにこんな産廃計画も浮上した。甘木市内の木材チップ処理業者が、突然、堆肥をつくる産廃処理計画を明らかにした。中身は、木材チップに動植物性残渣を投入。さらに腐敗を促進させる特殊な培養液を振りかけて、発酵処理。堆肥を製造し、農家に販売するという内容。もっともらしい計画だったが、私は市民数人とともに動いた。放置しておくと美しい山林がヘドロの山になりかねない。福岡県の産廃処理に関する届け出業務の不備、ずさんさを追及、計画断念に追い込んだ。

 

高濃度の硫化水素ガスで従業員3人が死亡した産廃処分場は、福岡県筑紫野市にある。水俣市で計画が進む管理型最終処分場では、燃えがら、汚泥、廃油。廃酸。廃アルカリ、廃プラスチック、ゴムくず、金属くず、動物の糞尿、煤煙、一般廃棄物などが投入される。

地元の住民が谷川の水を生活用水として利用し、井戸水を飲んで長年暮らしている美しい安全な環境の真上の台地だ。地下水の水源地だ。ここに、あらゆるゴミを持ち込んで埋め立てる、というのだ。埋め立てが許可されて操業が始まれば、地元の住民は故郷を捨てざるを得ないだろう。

有毒ガスの発生、山地から麓への有毒ガスの流下、水の深刻な汚染。環境汚染物質の拡大など、考えられるあらゆる危険が予想される。

 

こうした重大な事業展開をもくろむ一流企業が、土地を買収しながら、産廃処分場設置を巡る環境影響評価手続きには、その名前さえ出ない。東亜道路工業株式会社は、株式会社「IWD東亜熊本」の株主であると紹介される。こんなふざけた話が許されるのか。

私は、ここまで東亜道路工業株式会社の姿勢を糾弾してきた。だから会社側の弁明を聞こうというわけではないが、会社社長の姿勢を紹介することも意義があるように思う。インターネットで得た、会社のホームページから引用させていただく。

澤山民年(たみとし)社長はこのように挨拶する。『当社は環境をキーワードに人と地球に配慮した環境事業への取り組みを進めています。その一つとして関連企業や協力会社とともに「建設廃棄物処理一元化システムを確立しました」』と述べる。

社長の言葉を借りると、水俣市で計画されている事業こそ、社長が口にする環境事業ではないのか、という疑問。環境事業なら、なぜ、社長自ら水俣で事業をすることを明確にしないのだろう。株式会社「IWD東亜熊本」は社長が言う関連会社なのか、協力会社なのか、あるいは子会社なのかも明確にすべきだ。

東亜道路工業株式会社は熊本県菊池郡菊陽町辛川に熊本中央アスコンという事業所を設置している。道路舗装に必要なアスファルト舗装材を製造するプラントと推測する。

株式会社「IWD東亜熊本」の設立登記を調査して判明したのは、同社が設立された平成15519日付け設置場所が、熊本中央アスコンの事業所内にある軽量鉄骨造2階建て事務所だった。

ここまで密接な二つの会社である。隠された真実が何なのか、私にはわからない。しかし、株式会社「IWD東亜熊本」の株主と紹介される東亜道路工業株式会社には隠したいことがたくさんあるらしい。

2007.8.24

 

 

269. 得 仏 “不知火海はアコウの海”

 

徳 淵

 

かつて、球磨川の河口、熊本県八代市に徳淵(トクブツ)と呼ばれる港がありました。

「ありました」としたのは、この港もが江戸時代になると光を失うからです。

理由は徳川幕府の鎖国政策といえば分かりやすいのですが、私は鎖国はなかったという立場ですので、多少意味合いが違います。幕府は一貫して、朝鮮、中国、スペインからオランダとの貿易を続けていましたし、開幕以来、一貫して情報の収集には極めて貪欲だったのです。つまり、その拠点を長崎(平戸から移動)、対馬などに限定したものの有力な敵対者が登場しないように幕府によって外国貿易が独占されたのでした(もちろん薩摩による琉球を通じた大陸貿易はあったのですが)。そして、当然のことながら、このことによって、かつての国際貿易港“徳淵”は消滅せざるをえなかったのです。

徳淵港の起源をどこまで遡るかについては、歴史というものの考え方にもよりますが、当然ながら、この中世の国際貿易港を支配するために置かれていた城がありました。それが古麓城です。二〇〇二年には熊本地名研究会によるシンポジウム“城と地名”中世から近世が二〇〇二年に行なわれていますが、その資料集に佐藤伸二氏による「囲・麓から城下町へ」という論稿が掲載されています。

 

八代市に古麓町という所があります。そこに城跡がありますが、中世の八代城があった所です。春光寺という禅宗の寺院がありますが、その裏山が城跡です。そのすぐ南にお稲荷さんがあって、赤い鳥居が目に付きます。新幹線のトンネルの出口も見えますが、そのあたりが城跡の北の端になります。

戦国時代に、名和氏を宇土に追い出して、相良氏が本拠地をここに移しました。

 

概括すれば、肥後は、一五八七年の島津の降伏、秀吉による九州平定に前後して佐々成政の首が挿げ替えられ、北は加藤(清正)領、南は小西(行長)領として分国支配が始まりますが、八代は小西により麦島城が築かれます。その後が八代城になるわけです。

その後の島津の支配を経て、一五八七年の秀吉の薩摩攻めの後、小西領となった八代には行長によって麦島城が築かれます。この海に突き出した城は徳淵港を守るべく想定されていたことはまず間違いがないでしょう。ただ、行長は関ヶ原により斬首され、小西領も失われます。そして貿易の幕府による独占によって、この八代という国際貿易港も消え去ったのです。

徳淵は、いわば、球磨川から吐き出される堆積物を桟橋にしてできあがった港であり、球磨川の洪水によって絶えず浚渫される良港だったのです。

この天恵の地にポルトガル宣教師ルイス・フロイスが訪れたのは、一五八七年、秀吉の薩摩攻めに随行した折りでしたが、この時の八代の美しさに対する驚きを歴史的な名著『日本史』に書き留めています。

 

艦隊が口之津を出航すると我らはそこから肥後国に向かったが、関白はすでにそこに到着していた2彼が通過する地の領主たちは簡単に彼に屈服し、幾らかでも抵抗すればただちに鎮圧された。

我らはある寄港地に二、三日いたが、そこでは(関白の)軍勢の先陣が攻撃した多くの町村が四、五日間も続いて炎上しているのが船から望見された。その(炎上したものの)中には多数の寺院や仏僧の僧院が含まれており、何一つとして容赦されはしなかった。我等は同所から(さらに)八代と呼ばれる地に向かったが、そこは薩摩(
の島津氏)が肥後国で有していた町のうちもっとも主要なところであった。

この地がいかに美しく、清らかで、(また)優雅であるかは容易に説明できるものではない。…中略…まるで日本の自然は、そこに鮮かな技巧による緞帳3を張ったかのようであり、同所に住まうデウスの教えの敵たちが、いとも恐るべく残酷なだけに、その地の美と快適さはひとしお際立つものがあった4。(そこには)幾つもの美しい川5が流れ、多数の岩魚(トゥルータス)が満ち溢れている。海(水)は城6
麓にある主要な町ボボアサン
(7)に入る一里手前まで(入りこんでおり)、その町へは、海路からでなくては入ることも登ることもできないようになっている。これはいっそうその地を安全に確保せんがためである。見渡す限り、小麦や大麦の畑が展開し、清浄で優雅な樹木に掩われた森には、多くの寺院が散見し、小鳥たちの快い囀りが満ち溢れている。仏僧の数は夥しく、狩猟(に適した)ところと同地の背景とか神経とも言うべき(もっとも)主要で優れたところを彼らは所有し、そこに居住し、(仏僧らの)数は夥しい8…」

 

私はフロイスが他の多くの美しい土地があるなかでも、この八代に特別な感動を覚えた理由を、清冽な大河が注ぎ、水島に象徴される豊かな伏流水の湧き出す河口の美しさであったと考えていましたが、八代の美しさを考えるうちに、フロイスが「清浄で優雅な樹木に掩われた森」と書いた海岸性の森とはアコウの森のことではなかったのかと考えるようになりました。

 

成 仏

 

徳淵(トクブチ、トクブツ)という地名はなにやら天台や真言などの平安仏教的な臭いのするものですが、その点が気になって八代河童共和国の大統領である田辺達也氏にお尋ねすると、現在の前川に掛かる新前川橋付近にあったとされる徳淵の港は「古くは得仏とも書き、トクノフチと呼ばれていたという話を何かの本で読んだ事がある・・・」とのお答えを頂きました。

いうまでもなく得仏とは成仏(ジョウブツ)のことです。得度(トクド)が仏門に入ることであり、得道(トクドウ)が悟りをひらくことからも、徳淵がなにやら仏教系統の臭いがするとしたのは的を得たのかもしれません。「多くの寺院が散見し、・・・仏僧の数は夥しく、」としたフロイスの見た景観とも符合するように思えます。

 

【成仏】

@[]煩悩を断じて悟りを開くこと。仏になること。成仏道。得仏。

(広辞苑)

 

ここで、いつものように話を飛躍させますが、福岡県旧甘木市の南に同じく徳渕(トクノフチ)という地名があります。この甘木の徳渕はトクノフチと古い読み方がなされていますので、八代の徳淵と併せて地名成立の時期は南北朝期辺りまで下がるのではないかという気がしてきます。当然ながら徳淵という港の名が着けられたのは沖縄、五島を経由して大陸との貿易が頻繁に行なわれていた時代にまで遡る事でしょう。もしもこれが正しければ、甘木の徳淵の付近には倉吉という地名が拾えることもあり(倉吉は鳥取の船上山の東に位置する行政都市です)、八代が後醍醐天皇によって名和長年の一党に与えられていたことを考えると、なにやら名和氏の没落後にその一部が筑前に安住の地を得たようにも思えるのですが、無論、根拠がある話ではありません。

皆さんはお笑いになるかも知れませんが、“八代の九千坊河童が移動して田主丸の対岸に入った痕跡か“などと考えたこともありましたが(加藤清正が九千坊河童を追い払った・・・という伝承もありますが、これは分からないことを清正公の功績とする擬制なのでしょう)、佐賀にも、少ないながら徳淵姓もあります。それはともかくとして変わった地名だけに興味は尽きません。

 

八代のアコウ

 

不知火海の東岸では、現在でも八代の南、田浦町の波多島(ハタト)に最後のアコウの群生地ありますが、田浦町から芦北町にかけてはアコウの木がところどころに残されています。そして、未確認ではありますが、恐らく水俣市にも、そして、御所ノ浦島や産島といった島嶼部などにも人知れず根着き、残っているアコウがあることでしょう。

もちろん、対岸の天草上島の旧姫戸町永目にはアコウの大木がありますし、大矢野島の東に並ぶ維和島の蔵々(クラクラ)など、不知火海が、かつてアコウの生茂る海であったことが分かります。

ただ、不知火海最大の港湾都市である八代にだけアコウの痕跡を見出せなかったのですが、最近になって、現在は干拓地の拡大によって陸化している大鼠蔵島(八代市鼠島町)にかなりの大木のアコウが残っていることを知りました。

この大鼠蔵のアコウ発見(私が知らなかっただけですが)は、八代、そして徳淵の港があの強烈な印象を与える南方系樹木に覆い尽くされていた可能性を確信するに至ったのです。

 

鼠の浄土

 

この鼠蔵島(大小二島)については柳田国男の晩年の著作である『海上の道』の“鼠の浄土”の冒頭にも登場します(ルビは省略しています)。

 

島に鼠があまり沢山いるので、人が住むことができないといった話は、思いのほか多いものである。私は最初に日本のまわりの例を拾い集めて、それからよその遠くの島々はどうであろうかを尋ねてみようと思っている。

一ばんよく知られているのは肥後の鼠島、是は橘南渓の『西遊記』続編という、百五十年ばかり前の旅行記に出ている。「肥後と天草の島々との間、海中に小さき島あり。いかなることにや、此島には鼠昔よりおびただしく、元より小さき島なれば人も住まず、たゞ鼠のみなりといふ。この海を通ふ船にては、三味線を引くことを船頭堅く留めて許さず。もし此辺にてこの禁を犯せば、必ず波風大きに起こりて危きことあり。三味線は猫の皮にて張りたるものなれば、鼠の忌む故なりとぞ云々」とある。人をこの島に寄せ付けなかったのみか、海上をゆく船をさえ脅かしたというのは、えらい剣幕であったが、或いは又聴きで少しばかりおまけがあるのかも知れない。『肥後国志』という同じ頃の郷土誌には、鼠島ではなくて鼠蔵島とあって、この方が正しいようである。「俚俗かくれ里と云ひ、鼠多し、近年可賀島に移るといふ。この島にて猫の声を禁ず」とあるが、それは前後の二つの島の両方ともに謂っていたことと思われる。この二つの島は、もとは熊本県の八代の沖にあった。ところがこの辺の海は遠浅でだんだんと埋め立てられて行くので、鼠蔵の方は夙くから陸続きになった。可賀島は少し離れていたから、一時鼠はそれへ引移ったのであろうが、是もどうやら新田場の外囲いになって、もう鼠ばかりの隠れ里ではなくなってしまったのである。

 

※ 『定本 柳田国男集』によらずとも岩波の文庫(青138-6)があります。

 

古来、鼠は生存のための貴重な穀物を食い荒らしますので、農耕民や船乗りにとってはやっかいな天敵でした。このため、我が国の領域には鼠に関る多くの伝承が残っています。この話もその一つに過ぎません。

柳田の『海上の道』には、“古見の島の盛衰”という論稿があります。この話にも見られるように、稲作や稲を携えて渡って来た南方の人々がいたことを描こうとしたのですが、この鼠の話もそれを補足するため伝承を書き留めようとしたのだと思います。

この鼠蔵島に奄美大島を中心領域とするアコウが残っている事を考えるならば、八代は柳田が考える海上の道が直接あたる九州本土の玄関口であったことを改めて認識させられます。

フロイスが八代に足を踏み入れた後、八代は小西領となり、麦島城が作られます。現在もなお、麦島は球磨川の三角州として川中(海中)に浮かんでいますが、鼠蔵島はこの麦島の目と鼻の先にあります。この島に残存するアコウはフロイスの時代には麦島、徳淵、そしてもっと内陸部の古麓辺りにまで生茂っていたことを今に伝える最後の証言者なのではないかと思います。そして、球磨川や不知火海の再生を考える時、私にはこの鼠蔵島のアコウがその象徴にさえ思えてくるのです。

 

※ 柳田は「可賀島は少し離れていたから、一時鼠はそれへ引移ったのであろうが、是もどうやら新田場の外囲いになって、もう鼠ばかりの隠れ里ではなくなってしまったのである。」とも書いていますが、この可賀島は現在も八代新港の出口にあるカガ島のことと思われます。柳田の心配にも関らず、この島は陸化されず、未だに独立島であり続けています。このことから、この島は依然として鼠の浄土なのかも知れません。

 

 

▲ 八代市鼠蔵町(大鼠蔵島)鼠蔵山のアコウ

 

有明海の再生とマングローブ林

 

 イサカンやダムの撤去、既に資源としては全く意味を失っている針葉樹の処分と広葉樹林の再生といった本質的な課題を解決することなく、干潟の“耕うん”技術の確立とか、汚染され狂ってしまった海でのタイラギやアサリなどの養殖技術の開発とかいった、イサカンの存在を前提とした現状の改善策への提案を提出することには非常に大きな矛盾と嫌悪を禁じ得ないのですが、既に現実の破滅的な政策破綻の附け廻しを引受けなければならない状態にもあるわけであり、現状に対する改良の方途も多少は考えてみようと思います。

 私が始めてマングローブ(*)と有明海の再生とを結び付て考えたのは、〇三年の秋のことでした。

マングローブは亜熱帯や熱帯の河口や潮間帯の泥地に発達する特異な植物群の総称ですが、亜熱帯、熱帯地方の海岸地帯を中心に様々な種類の高木、低木を複層的に発達させます。

亜熱帯性のアコウについてはかなり前から意識していましたが、まだ、マングローブを有明海や不知火海の再生に利用するところまでは考えてはいませんでした。

ところが、仮に動機が、魚付林による漁獲量の拡大であったとしても、マングローブの試験栽培を試みている人々がいたことを数年前に知りました。

その後、このことについて調べていくうちに、有明海に隣接する南側の海、不知火海(八代海)において既にマングローブの試験栽培が進み、今や、沿岸の不知火町、芦北町、津奈木町の三町にまで広がり、既に六千本を越えるメヒルギなどが植えられていることまでも知りました。

 それは、十一年前の九六年に“熊本県不知火水産指導所”の事業として試験的に不知火町の桂原地区に魚付林を育てようとしたことが始まりだったようです。

当然ながら、魚付林が育てば山から海への土壌流出を防ぐとともに、稚魚の“ゆりかご”を造り漁業資源の再生を可能にします。

 既に、不知火海の磯にも造林(人工林)地やほ場からの流入によると思われる泥が堆積を続け、磯は磯でなくなり、藻場の多くが失われていきつつあります。

不知火海は南の水俣湾が、チッソによって流し続けられた有機水銀によって汚染されたことに続いて、全域が“土壌流出”という新たな汚染の脅威に晒されているのです。この不知火海でも漁獲量が落ちていることは言うまでもありません。まず、漁師の絶対数が最盛期の半数以下に落ち込んでいます。その背景には、漁師の高齢化ばかりではなく、恐らく漁獲量の絶対的減少があるはずなのです。このことが、不況化の就職難の中にあっても、次世代の漁業への進出意欲を失わせ続けている理由と考えてほぼ間違いがないでしょう。

元来、閉鎖性海域というものは特にそうなのですが、土壌の流入は、単に砂地や岩礁に泥が覆い被さっていくばかりではなく、海の透明度を低下させ、結果的に全域において光の流入量を減少させ、ほとんど光が届かない海域を広げることになります。いずれ全ての海藻を死に追いこみ海底を砂漠状態にしていくことになるのです。そして、最終的には、光が届く浅い部分においてさえも徐々に藻場を失わせていくことになるのです。恐らく、流入した泥はヘドロ化し、日々、不知火海の底を覆い尽くしていきつつあることでしょう。

その原因は、単にゼネコンや地場の土建業者に税金を流し込むことだけが目的でしかない新幹線や高速道路さらには林道といったものの歯止めのない建設や、ゴルフ場開発などによる直接的な里山の破壊ばかりではなく、ダムや砂防ダムの乱発による海への砂の供給の減少や、拡大造林政策の蔓延によって周辺の森が針葉樹に覆われ、その多くが、間伐や枝打ちがなされていないために、地面(林床)まで光が届かず、下草が生えないことによって、剥き出しの表土が雨によって流出を続けているからに外ならないのであって、これを続けているのが林野を所管する農水省を始めとする行政というのですから驚くばかりです。

 

マングローブ育林に纏わる緊張

 

話をマングローブの魚付林の話に戻しますが、不知火海のマングローブについては、その成否について一定の論議があります。

事実、〇二年七月の熊本県の自然環境審議会がこれにブレーキを掛けているのですが、曰く「干潟のアシ、そこに生息するエビやカニ、貝類のほかバクテリアもそれぞれ連鎖して生きている。自然のなかの仕組みに目を向けず、単に植えるだけでは環境破壊を招いてしまう」というものです。それ自体はまったくそのとおりなのですが、自然審議会は不知火海が死の渕にあることについてはどのように考えているのでしょうか。

もちろん、何もないように見える干潟といっても、そこには一定の藻類が定着しているわけであって、一般的にアシなどの在来の植生に、新たに外来植物を安易に持ちこむこということは、ブラックバスの先例を持出すまでもなく、生物相に新たな緊張関係を造り出す危険な行為であることは言うまでもありません。しかし、そのことだけを持って、表土の流入や人為的な埋め立てによって現実の不知火海の藻場や磯や砂地が絶対的な消滅の危機に陥っているということには一切目を向けず、単に机上だけで成否を判断することは、どのように考えても大事と小事を混同しているようにも思えるのです。

仮に、「外来種の植物を安易に持ちこむべきではない」と主張するとしても、それならば、現在の環境が消滅の危機に晒されていることに正面から取り組み、その改善や保護に向けた方途を前提にするべきでしょうし、短絡的に外来種と在来種の緊張関係という一点だけで、問題を考えることは偏狭なセクショナリズムとしか言い様がないように思うのです。

それどころか、熊本県は不知火海北部海域で唯一残された最良の海域である大筑島周辺において、廃棄物(浚渫残土)処分のための埋立てを強行しようとしているのです。

また、もしも、“安易にマングローブを植えることは危険だ”と言った高尚な議論をするのならば、熊本県が、補助金だけを目的に風倒被害によって崩壊した急傾斜地の造林地に再び針葉樹を植え直すなどといった愚かな行為をどうにかするべきでしょう。きっとそこも、ほんの五〜六十年前までは広葉樹が生茂った照葉樹の森だったに違いがないのです。このように照葉樹の領域に無理やり針葉樹を植えることは、それ自体外来種を導入することと大差はなく、さらに、そのことがどれほど土壌流出に拍車をかけ“不知火海を死に追いこんでいる”といったことこそ、本気で議論をすべき課題のはずなのです。

ここで少しばかり冷静になって考えてみましょう。民俗学者柳田国男のエッセーの中に「椿は春の木」という話があります。“椿”は言うまでもなく押しも押されもしない代表的な照葉樹ですが、比較的暖かい海岸部を中心にしているとは言いながら、その分布域は通常の北限を超えて、東北地方の北部、秋田県から青森県にまで延びています。このことから柳田は海流に乗るかのように南から北に移動していった人々による移植によるものと見たのです。つまり、“彼らが移動していく場合には、食料ばかりではなく、薬や資材になるような植物の種も同時に持っていくはずだ”ということを言っているのです。

恐らく古代の女性も、髪を飾り髪油が採れる椿の実もきっと携えていったことでしょう。そもそも、このようなことがあるのが一般的な分布域なのであり、一時期、外来種も外来種であるケナフ(インド原産のアオイ科の一年草)の栽培を推進したのが農政局であり、熊本県も恐らく推進者だったことを考えれば判りやすいかもしれません。

それ以上に、古くはレモンやオリーブを、最近でもヤーコンとかウコン(ただのカレー粉のもとになるターメリック)など外来の新品種を積極的に持ち込み奨励してきたのが、農水省や県の試験場であったことを忘れてつごうの良い時だけ生態系の論議に引き込むのは論理性の欠片もない人々であることがこの一事をもってしても分かるのです。

彼等にとっては既に大規模に開始している海岸保全事業にとって障害となるという姑息な考えからマングローブを敵視しているのが真相でしょう。

また、静岡県を始めとして全国的にもマングローブ林の育成が進められていることも紹介しておきます。

願うべくは、マングローブ植林という素晴らしい活動を潰された心有る人々が、再びアコウの植林に向かわれる事を期待したいと思うばかりです。さすがにアコウならば、県も外来種としてあからさまな排除はできない事でしょう。もちろん、工事のためにはなんのためらいもなく破壊することでしょうが。

これまでの見解を多少修正して、ここでは、マングローブ林の造成への成否については、一応、留保しておきますが、もしも、厳密に「外来種の植物を安易に持ちこむべきではない」ということを強調し生態系の保全を主張するのならば、同様にそれを一挙に破壊する埋立事業や造林地からの土壌の流出やダム建設にも厳しくあたって欲しいと思います。

突き詰めるところ、問題の本質は極めて政治的なものなのです。川辺川ダム建設もさる事ながら、やはり、この不知火海も第二の有明海に向かいつつあるようです。

しかし私にとっては、まだ、有明海よりは不知火海が海としての魅力に富んでいることはいうまでもありません。平戸、伊万里湾、九十九島、島原沖の有明海といった海域において、あまりにも魚が釣れなくなっているため、しかたがなく大遠征を繰返し、不知火海なかでも天草上島東岸の龍ヶ岳町(上天草市)、倉岳町(上天草市)さらには御所ノ浦島などに釣行を重ねているのです。私のような、釣果よりも海を楽しみたいと考える釣人にとっては、御所ノ浦島などはまだまだ魅力的な釣場なのです。

既に最近の温暖化傾向は顕著であって、北部九州の気候は事実上鹿児島のそれであり、鹿児島のそれは奄美に近く、沖縄は台湾に近づいていると言えそうです。このような傾向が常態化し始めている以上、マングローブの植林は十分に可能と言うよりも、むしろ必然化しているのではないかとも思うのです。このように考えれば、潮汐の幅が大きい有明海といえども、それほどの沖合でなければ、必ず生育可能な樹種があるはずと思うものです。既にギロチンから相当期間が経過していることを考えれば、再生への一つの可能性とは言えるように思います。

もちろん、これは対処療法でしかありません。本来は、イサカンやダムを撤去するとともに、針葉樹林を広葉樹林に戻し、耕作放棄地を利用してほ場からの土壌流出を止めるといった、環境再生への具体的な方策をすぐにでも実行すべきなのですが、農水省は利権が見え透いたような事業には熱心なのですが、本当に必要なことには全く手を付けようとはしていません。僅かに、不知火海に流れる球磨川において、熊本県が荒瀬ダムの撤去を発表したことにとどまっているのです。

マングローブ林の浄化能力や稚魚の営巣地としてのゆりかご的機能や防潮能力については改めて語る必要はないでしょう。テトラ・ポッド(これは商標名ですが、普通名詞化していますのでそのまま使用します)が景観を破壊し、海岸の保全にはほとんど価値がないことを考えれば、こと環境の復元には相当に効果が望めるのではないかと思うのです。過渡的な政策としては、テトラ・ポット製造業者に転業を促進させ、マングローブ林の育成事業(仮称)といった事業などに転業させるなど、有効と考えられる政策を少しずつでも行っていくという選択も例外的にあるかもしれません。

もちろん、広葉樹林の再生や在来種のアシ原の復元などによって環境を再生することが基本なのですが、アシ原と自然海岸を破壊し続けているのが、県や国土交通省、農水省などの海岸保全事業や漁港修築事業であることを考えるべきなのです。

 

▲ 不知火海のマングローブの苗 旧熊本県宇土郡不知火町桂原(カズワラ)

 

高潮被害とマングローブ

 

 不知火町といえば、一九九九年に台風による高潮、高波などにより、一二人の死者が出たところです。その時、不知火海を通過したのは台風18号(**)でした。普段は本当に静かな内海なのですが、不幸にも風向きと地形が最悪の方向で重複した結果、非常に増幅した高潮、高波が不知火海最奥部の小さな集落を一気に襲ったのでした。

 一般的に海岸管理者は県知事とされていますが(機関委任事務)、旧建設省など三省庁の海岸保全区域(海岸法)が指定され、多くの海岸堤防が、今、なお、際限なく整備され続けています。

ここで考えることがあるのですが、大量の海水が堤防内に侵入し海岸の集落を襲うことがあります。もしも、それが地震による津波であった場合には、確かに非常に大きな波は来るのですが、海水は一気に引くことになり連続して大きな波が長時間に亘って何度も襲うということはありません。一方、高潮の場合は、規模の問題があり一概には言えませんが、地形によって増幅された三陸大津波のような高波はこないのですが、その潮位は容易には低下せずに波状的に高波が襲うことになります。

確かに地震などによる津波の場合は、時として、地形により異常に増幅された巨大な波が襲ってくることがあります。もしも、これに完全に対応するとしたら、いつ襲ってくるか全く判らない巨大な波に備えて、それこそ海も空も見えないような堤防を築かなければならないことになってしまいます。もちろん、そのようなことは不可能なことであり、堤防だけで守り抜くなどといったことは、土台できるはずがありません。

では、台風による高潮、高波の場合はどうでしょう。三陸大津波のようなものに比べて、「堤防で受けきるということは全くできない」とまでは言いませんが、やはり、九九年のこのケースも、牛深市で66.2m/sという観測史上最大の強風が吹いたわけで、想定を超えた波が襲ったことは間違いがありません。

しかし、性質の異なる波に堤防だけで対処すると言うことはやはり不可能としか言い様がないように思います。「有明・八代海の高潮特性と海岸環境の現状」という熊本大学工学部(熊本大学沿岸環境科学教育研究センター)田渕幹修、滝川清両氏による報告書を読みましたが、結局、「不知火海沿岸(特にその北部)では過去に例を見ない大規模な高潮と高波の来襲にある.いわば,生起確率の小さい大規模な自然の異常現象による災害(…略…)であったといえる.このような生起確率の小さな自然災害にたいしては,ハードな対策には限度があり,ある程度の危険を覚悟しながらも壊滅的被災を避け,一方で避難措置などのソフト面を充実させる,というのが,今日の大方の考え方と思われる.」…「…今回の各地の被災は許容危険度の内にあるのか.このような視点で被災地を見るとき,答えを出すのに最も大きな障害となったのは,互助的(公的)な保障制度の不備である.被災者の心労は大きい.これでは,いつまでもより大規模な防災施設への要望が続くように思われる.」(下線強調は筆者)とされているのはその通りと思います。事実、この災害を奇貨として、この沿岸にどう見ても必要を超えていると思われる大規模な海岸堤防が整備されているようとしていることは言うまでもありません。

このような堤防があったために返って海水が海に戻らず、別の被害が拡大する場合も中にはあるのです。一概には言えませんが、堤防による高潮対策は、ある程度水が抜ける形にもしておく必要もあるのです。

河川堤防の決壊や溢流の場合もそうですが、溢流(堤防を越える)はいくらしても、後背地が広い場合は、それほどの被害は発生しません。ただし決壊(破堤)は絶対にさせてはならないのです。このため、堤防を必要以上に高く造るのではなく低くても強固に造るべきと思うのですが、素朴過ぎるでしょうか。

マングローブ林は、それ自体で防潮機能を持っていると言われます(しかも、維持管理の必要が一切なく日々成長を続けて、多くのエビやカニなどといった副産物まで与えてくれるのです)が、同時に海水もブラシのように抜けていくのです。

漁港などに「海岸保全事業を一切やるな」とまでは言いませんが、不必要に巨大な構造物を造るべきではなく、マングローブ林などとの併用を考えても良いのではないかとも思うものです。

それよりも、背後地に全く守るべきものがないようなところにまで海岸保全事業が行われ、醜悪なテトラ・ポッドを大量に放り込むのは、世界的に見ても北朝鮮、韓国(そもそも、この二国の場合は、元来、戦時下にあるために敵国の海岸強襲上陸作戦を阻止するというふれ込みで大量に投入されているのです)と日本ぐらいですので、利権構造による薄汚い話(ボーナス時期などに、「あと五〇メートル余計に発注すれば、予算が完全に消化できるので、必要性は薄いけれどもやってしまえば良いじゃないか」とかいった話)も聞こえてきますので、あまり問題にされないうちにそろそろ自主的に止めてもらいたいものです。

 

ゴミの溜り場となるマングローブ林

 

河川に生えるアシ原の場合も同様ですが、こういったところはプラスチック系のゴミが非常に溜まりやすいものです。このことから、景観が悪いとして「アシ(ヨシ)は早く刈ってしまい、ゴミは下流に流してしまえ」などといった乱暴なことを平然と口にする自治会長とかいった人が良くいるものです。また、釣りをすれば良くわかるのですが、テトラ・ポッドの内部もゴミだらけといったところが多いものです。同様にマングローブ林もかなりの海洋性漂着ゴミを貯留させていると言われています。山猫で知られる西表島のマングローブ林もその内部はプラスチック系のゴミが大量にひっかかっているといいます。これは自然に少なくなることは決してありません。例外はトロ箱、緩衝材、漁業者の利用する浮材などに使用されている“発泡スチロール”=ポリスチレン(PS)樹脂ですが、これは早い段階でボロボロに崩れていき、マングローブ林からも流れ出し、最終的にはかなり小さな粒子になっていくようです。この小さな粒子が魚などのエラに濾し取られて呼吸の障害になっているという話まで聞きます。こんなものは即刻製造そのものを禁止すべきなのですが、発泡スチロール・トレイは回収してリサイクルに廻せるというふれ込みで、結局、生活協同組合や漁連の一部などによる使用見直しへの動きはストップしてしまいました。トレイの製造会社は、この動きが出始めるや直ちに回収・再生プラントを造り上げ、消費者の錯覚と善意を逆手に、この醜悪な発泡スチロール・トレイの存続を容認させ、産業の存続へと道を開いたのでした。かわいそうなのは年老いた消費者だけなのです。“賢い消費者”と言われることへの喜びを噛締めながら、誇らしくも嬉々としてトレイの回収を続ける「賢い」(?)消費者に過大な負担をかけるこの制度はそろそろ再考の余地があるように思うのですが、「賢い」消費者は、回収されたトレイが全体生産の何割なのか、また、回収されたトレイのうち何割が再生に廻されているのか知っているのでしょうか。この点は、牛乳紙パック、アルミ缶、古紙にも同様の問題がありますので、賢い消費者のリサイクル運動を推進する方々も多少自分の頭で考えてみるべきではないかと思う限りです。

犠牲はいつの時代も善人によって甘受させられてしまうものなのです。この始末に悪い合成樹脂の海洋への流出と細粒化を防ごうなどとは、通商産業省、環境省はもとより、どのセクターも考えようなどとはしていないのです。これが、我が国の実態なのです。

 

映像に見るテトラ・ポッドの無残

 

 誰にでも判るはっきりした現象についてお話しましょう。「海岸延長に対してどの程度の率でテトラ・ポッドが投入されているのか」といった感覚で、テレビや映画を見ているのですが、日本の映像で海の風景が出てくると、かなりの高率で画面のどこかにテトラ・ポッドを発見します。

これは誰にでもできることですので、何度か試みられれば私が言っている意味がお分かりになってくることでしょう。驚くほどの高率であることはあらかじめ申し上げておきます。テレビを見るときなどに手元にノートをおいて一〇日間ほど調べて見れば、それなりの精度で一般的な傾向をつかむことができると思います。もしも、児童、生徒でこのHPを見ている人がいたら、夏休みの宿題として取り組んでみれば、非常に面白い研究報告になることでしょう。

「映像に見る日本の海岸線のテトラ・ポッド発現率」といったものです。これは「映像に見る山村、漁村の老人化率」といった調査などにも拡げることも可能です。こういったものは図像学(イコノグラフィー)と呼ばれるものの延長にあるものかもしれません。

 私がおこなった結果からは、国外と国内の圧倒的な差が見て取れました。国外の場合はテトラ・ポッドを見つけることが非常に難しく、国内の場合は逆に全く見えない海を見出すことがかなり難しいといったものになりました。このことから、海外ではテトラ・ポッドの投入は、どうしてもやむをえない場合だけに、限定して採用されているのではないかといった印象を持っています。読者の方々にも、この簡単な調査はぜひともやっていただきたいと思います。かなり面白い環境調査といえるでしょう。

 

* 「マングローブ」【mangrove】(マレー語の monggi に由来)

1.熱帯林や熱帯の河口・潮間帯の泥地に発達する特異な植物群落。ヒルギ科などの高木・低木から成り、耐塩性で葉は常緑で厚く、支持根・呼吸根が著しい。場所により構成種は多様。東インド諸島・マレー、南西諸島や台湾に見られる。紅樹(こうじゅ)林。

2.1.を構成する樹木。ヒルギ科のオオバヒルギ・ヒルギダマシなど。(広辞苑)

** 「台風18号」

平成一〇年九月二三〜二四日に来襲した大型台風で、熊本県牛深市では最大瞬間風速66.2m/sが観測されています。

【不知火町の高潮災害】 死者12名 浸水被害家屋18戸(床上8戸、床下8戸)

 

※「有明海再生にマングローブ林は有効か」以下の五節は有明海・諫早湾干拓リポートT七月号に“19.有明海再生にマングローブ林は有効か”として掲載中のものです。

 

不知火海周辺のアコウ

 

皆さん、残された数少ないアコウを守ろうではありませんか。また、海の再生のためにも海の拡大造林ともいうべきアコウの増殖運動を実現しようではありませんか。

  

▲ 八代市鼠蔵町(大鼠蔵島)鼠蔵山のアコウ

       ▲この波多島に残された文化遺産とも言うべき美しい

石積堤防と不知火海最後の貴重なアコウ群落も、土建業者の

政治代表でしかない地方議員によって、人命と財産のために

という美名のもとで実施される愚かな県営海岸保全事業により、

いずれ確実に破壊されることになるでしょう。

▲ 熊本県田浦町波多島(ハタト)地区のアコウ群落の一部

 

 

▲ 芦北町鶴木町のアコウ

▲ 上天草市(旧大矢野町)維和島、蔵々のアコウ


▲ 天草上島姫戸町永目のアコウ(大きさでは全国第三位)

 


▲ 天草上島上天草市(旧龍ヶ岳町)池の浦のアコウ

 

出版のご紹介

 

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

Tel 092-781-6962

Amazon.co.jpでも購入できます

 

270. 今年の夏はプールで泳げない

 

今年の夏、日本列島はとんでもない暑さに見舞われました。

熱中症で亡くなる人が一日十人に登り、気温三五度はおろか、四〇度を越えるところも激増しているもですから驚くばかりです。

以前、25.「空気より熱いプールの水」(リポートT九月号 25.)という駄文を書きましたが、今年もプールで泳いでいます。六月半ばから泳ぎはじめましたが、既に現在(八月二一日)まで二十三回は通っていますので、プールだけで二十三キロは泳いだ事になります。この他にも海で三回、川で一回は泳いでいますから、その延長は二十五キロは超えているはずです。あと一月は泳げますので、一夏で三十五キロは泳ぐ事になるでしょう(最終的に三十二キロでしたが)。とは言ったものの、実は全く泳ぎたくはありません。と、言うのはプールの水温が高過ぎるからです。子供を遊ばせる程度の話ならばともかくも、一キロとは言えそれなりの距離(五〇メートル・プールを十往復)を泳ぐのですから、二八度を超える温度では温泉で泳ぐのと同じでへとへとになってしまうのです。

今年は梅雨明けするや、あっという間に三〇度を超える水温になり、朝でも二八度程度ですから、仕事を終えて泳ぎに行くと水温が三二度になっているのです。それでも辛抱して泳いでいますが、さすがに八月になると耐えられず、雨の日や夕立が降った時、朝方を狙って泳ぐ事になってしまいました。

そのうち、プールでは泳ぐ気がしなくなり、海に行くことにしました。場所は長崎県の西彼杵半島の沖、崎戸島と大島の間の中戸の瀬戸で、水深はないものの、かなり速い潮が流れている小海峡です。土日の干潮を狙って(理由は人が少ないからです)行くようになりました。

まず、泳いでみて爽快感が全く違うのです。そもそも人は真夏の日中の耐えがたいまでの暑さから逃れるために海に入るのであって、プールに入っていやな思いをするようでは何の意味もないのです。潮の通す海は実に爽快でした。心地よい温度のすがすがしい潮がとうとうと流れているからです。

まさに、海の水循環、熱循環を実感しその恩恵に感謝したものでした。

対して、プールはどうでしょうか?確かに水は循環され濾過されています。しかし、殺菌のために次亜塩素酸ナトリウムなどが過剰投入(これはソーダ産業の廃棄物処理なのです)が行なわれているだけで、こと熱に関しては、夜の間にプールの表層から多少放熱されるだけなのです。しかし、夜になっても気温が三〇度以下にならないこともあるのですから、私が言う爽快感など得られるはずもありません。

夕立でも降ればかなり温度が下がるはずなのですが、国土交通省や農水省が地表を徹底的に乾燥化させてしまったために夕立による水のキャッチ・ボールが完全に破戒されてしまったのです。その責任は放置して、CO2地球温暖化のせいにしたり、「打ち水大作戦」でお茶を濁すのですから気がふれているとしかいいようがないではありませんか。

 

(再掲載)

 

25.空気より熱いプールの水

 

暑い日ではなく“熱い日”が続いています。夏は暑いのがあたりまえですが、あまりに暑すぎて、“エアコンの効いたシェルターの中でしか生活できないようになってしまったのではないか”といった気にもなってきます。

私の家は一般的な認識からすれば、地方の小都市近郊としてもかなり広く、一〇羽ほどのニワトリと四匹の猫がのんびりと庭を歩きまわり、多くの木立が生茂っています。もちろん駐車場や進入道もコンクリートで覆うなどといった愚かなことはしていませんし、裏には椿などの小規模な森もありますので、これまでも大抵の暑さは扇風機だけで凌げたのですが、今年の暑さは尋常なものではなく、さすがに辛抱ができません。宗旨違いですが、“厭離穢土欣求浄土”(オンリエドゴングジョウド“この世は疎ましく早く御浄土に逝きたい”)が真理に思え、冗談ではありますが「早く死んでペンギンにでも生まれ変わりたい」などと騒いでいるこの頃です。

私はスポーツが嫌いで、軽蔑すらしている人間ですが(スポーツをするくらいなら労働しろ)、泳ぎだけは一般の方々のジョギングなみにかなりやるほうです。仕事を終えると直ちにプールに行き、ゆっくり三十分ほどかけて、一キロ泳ぐことにしています。週にニ、三回、月に十回、年に百二十回程度になりますので、年に百キロ以上は泳いでいる勘定になります。

1キロ程度に過ぎませんが、距離を泳ぐ者にとって水温が高いことは結構きついものです。私の場合は、水温二六〜三〇度が限度であって、二八度前後が最適と思っています。 

ところが、気温三五度の日が続いているために、水温は三四、五度にまでなります。空気の方は急に雨でも降れば、結構早く三〇度近くまで下がりますが、プールの水は三五度のままで全く下がりません。朝こそ多少下がり、三二、三度なりますが、ほとんど低めの温泉といった状態が続いています。このため遠泳をすると爽快感など全く無く、疲れてしまいます。マラソンで気温が高いと記録が伸びないのと同じ事でしょう。こんなことは十年前までは全くなかったのですが、夕立が減っていることと対応しているように思います。夕立がないと夜も気温が全く下がらず、熱帯夜が続いていることもこれが原因でしょう。では、なぜ夕立が減っているかを考えると、都市部はエアコンの廃熱とコンクリートのせいですが、農山村部でも夕立が減少している理由は、恐らく針葉樹林の増加による保水力の減退、水路の三面張り、河川改修などによる平地の乾燥化、さらには駐車場の舗装などによって、地表の水の絶対量が減少し、地上と空との間の水のキャッチ・ボール(水の循環)が減少しているからではないかと思います。ヒート・アイランド現象は都市部だけの問題ではないのです。仮に森林行政、林野行政に携わる人間が「暑くてたまらない」などと言ってきても、「それはおまえ達のせいだ」と言いたくなるこの頃です。 

20040815

 

271. 有明海から考える「神話と伝説」K

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

特別連載

 

第四章 おわりに

 

 まとめ

 

冒頭で、

 神話と伝説は、それぞれの分野から、長年、研究が続けられています。それは、古代人の心、歴史的事実、民族学的視野、近隣諸国と比較してなど、それぞれの分野からです。そして、諸説が述べられています。

  しかし、長年、研究が続けられていますが、未だ、核心にふれたものはありません。核心にふれることが出来ないのは、古代の歴史が、まだ、解明されてないからです。

 

と述べ、さらに、

 

 古代人は、日々の生活のことや、大きな出来事を話にし、それを、永く語りついできました。話には、ものの見方、考え方、世界観、死生観など、精神的なものが反映します。その、ものの見方、考え方、世界観、死生観は、日々の生活の、積み重ねから生まれます。

  神話や伝説には、精神的なものが反映します。神話や伝説の核心に迫るには、日々の生活、古代の歴史を知らなければなりません。古代人の心にふれるには、歴史を探ることからはじまります。そこを誤ったままでは、何年経っても、真の歴史を解明することはできません。また、それが出来なければ、神話や伝説の、核心にふれることも出来ません。

 

と真の歴史を探る、必要性を述べました。

 

そして、真の歴史を探る手がかりに、ムツゴロウを選びました。ムツゴロウは、日本で有明海だけに生息します。どうして、ムツゴロウが、日本では有明海だけに生息するのか、という疑問が生じます。そして、その謎を探っていきました。

  ムツゴロウの謎を探っていくと、日本でここだけ生息するという生物だから、年代や場所を特定することができます。そして、古代の歴史を、解明することができました。それが、新たな歴史です。

  それから、新たな歴史をベースに、はじめに、「海没島伝説」、「浦島伝説」と、二話を見てきました。

  そこでは、ものの見方、考え方、世界観、死生観など、精神的なものが、新たな歴史を承襲していることが分かりました。また、モチーフも、新たな歴史を承襲していることが分かりました。

  それから、神話の「神代」を、見てきました。ここでも、ものの見方、考え方、世界観、死生観など、精神的なものが、新たな歴史を承襲していることが分かりました。それは、モチーフも同じです。

  そして、「神代」は、ウルム氷期の、日本列島が、ほぼ、陸続き時代から、今の陸地時代になるまでの、歴史を語りついだもの、と分かりました。

  氷期の時代、海面が一○○メートルも低下して、日本列島は、ほぼ、陸続きでした。それが温暖な気候に変わり、海面が上昇していきます。そして、海面上昇が終わって、日本列島は、今の地形になります。

  それを、氷期の陸続き時代、今の陸地になるまでの中間時代、温暖期の今の陸地時代、と三つの時代に分け、神話の要点を記載すると、次の表になります。

 

神話の時代別表

 

 

今の陸地時代

中間時代

陸続き時代

ウルム氷期↓

 

 

天照大御神、スサノオの命の時代

 

 

 

 

@イザナギの命が、みそぎ祓いをして、神話の主役天照大御神、月読の命、スサノオの命、と三柱の神を生む。天照大御神は高天原、月読の命は夜の世界、スサノオの命は海原を、治めることになる。 

                      

 

 

 

A約、二二、○○○年前頃姶良カルデラが大爆発。空は厚い火山灰に覆われ天照大御神(太陽)が隠高天原と葦原の中つ国が暗くなる。

                

 

 

 

B八百万の神が、天照大御神(太陽)が出てくるよう、祈願する。しばらくすると、天照大御神(太陽)が出て、高天原、葦原の中つ国は再び明るくなる。

 

 

 

 

C大ゲツヒメの身体から、   稲、粟、小豆、麦、大豆の種子が生まれる。

    

 

 

 

Dスサノオの命が、高天原を追放される。スサノオの命は、本土側に渡る。(海面上昇がはじまる)

 

中間期↓

 

スサノオの命(海原)の時代(海面上昇中、約、一五、○○○年前〜約一三、○○○年前)

 

 

 

@追放されたスサノオの命が、出雲の国の肥の川の川上、鳥髪に到着する。そこで、八俣の大蛇が襲ってくるのを知り、大蛇を退治する。そして、大蛇(溶岩)の尾を切り、草薙の剣(鉄                           (鉄類の起源、約一五、○○○年前頃〜                       約一三、○○○年前頃)スサノオの命は、尋常なものではないと感じ、天照大御神に献上する。

 

 

 

 

Aスサノオの命は、大蛇退  治を終え、出雲の国の須賀の地に、立派な宮殿を造営し、櫛名田ヒメと結婚する。               (同じところで、一緒に暮らす)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B海面上昇が続き、スサノオの命が治める海原は、年ごとに下がっていく。そして、海原は、海に沈んでしまう。

海没して、スサノオ(海原)時代は終わる。

 

 

温暖期↓

大国主の神の、時代のはじまり                

 

 

 

@穴ムチの神(多数派)が、わに鮫の背中を渡っ  て、今の日本列島に到着する。(約一三、○○○年前)

 

 

 

A多数派が来て、以前から暮らす少数派(兄弟神)と、衝突が起きる。

 

 

 

 

B後で分かるが、大穴ムチの神が、八上ヒメと結婚する。(同じところで、一緒に暮らす)

 

 

 

 

Cまもなく、氷期に変わり海面低下がはじまる。大穴ムチの神(多数派)は、海面低下に合わせ、今の日本列島から離れていく。

しかし、八上ヒメは、本妻のスセリ姫に遠慮し、子供を木の叉にはさみ、本国に帰っていく。(八上ヒメが、今の日本島から、離れることはない)

                  

 

 

 

次号へ続く

 

 ※ 有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

この図表を見ると久光さんの独創性が良く分かります。

縄文海進、海退の中で、陸続が切断された記憶が神話に反映されているという驚愕の仮説ですが、普通の学者ではまず考えきれませんね。まずは、久光史観に大喝采!でしょう。

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ E

 

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 7)

10月号

272

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 V

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070817

273

不知火海残映 7. 「 未定 」   

            吉田 耕一

20020101

274

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第9回 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

275

大牟田市の住宅街で再生する干潟

佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

20070501

276

未 定

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070000

277

橋が沈む“有明海沿岸道路のお粗末”

20070000

278

〇四艇と大村湾のアコウ

20070501

279

公共事業と“もぐら叩き”

20070818

280

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第12

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ F