寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!  (NO. 5)

8月号

255

 

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 は台風4号の通過に伴い延期となりました。その後、再度、開催を検討しましたが、高校総体の関係などで会場の確保が困難な上に、現地実行委員会の中核である「佐賀有明の会」が大半海苔漁民で構成されているために開催時期が限定的であること、後援予定者のスケジュールなどによって、今年度中の開催が困難となりました。来年度の新たな開催に向けて再度の結集を訴えます!

 

有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070808

256

不知火海残映 5. 「休養地の日没」   

                    吉田 耕一

20020101

257

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第7回 再生への基本的な考え方と当面の方策 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

258

再び津江導水路問題を糾弾する

 中原 孝矩(元記者)

20070203

259

「悪事は露見する」が現実のものに

 中原 孝矩(元記者)

20070816

260

得 仏 “不知火海はアコウの海”

(九月号に向けた予告掲載)

20070801

261

 

新著「筑後川を道として“日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

20070714

262

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚機構T

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070811

263

再びホーム・ページ・デザインの変更について

20070808

264

開聞岳を破壊する鹿児島県

20070101

265

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第11

久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ D

 

 

255

 

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 は台風4号の通過に伴い延期となりました。その後、再度、開催を検討しましたが、高校総体の関係などで会場の確保が困難な上に、現地実行委員会の中核である「佐賀有明の会」が大半海苔漁民で構成されているために開催時期が限定的であること、後援予定者のスケジュールなどによって、今年度中の開催が困難となりました。

来年度の新たな開催に向けて再度の結集を訴えます!

 

 有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

            

 

台風4号は鹿児島県大隈半島に上陸し東に進みましたが、非常にタイミングが悪いことにフォ
ーラム開催の時間帯に最接近しました。もちろん鉄道は運転を見合わせましたし、台風の進路
によっては直撃を免れなかった訳ですから、まずは、延期は仕方がない判断だったと思います。
しかし、全ての準備を完了していた実行委員会としては、今後の取組をどのように行うかを悩ま
なければならないことになりました。まず、印刷した資料集と延期したフォーラムの開催内容が
一致するかとか、

講演をお願いする蔦川、堤教授の日程が調整できるか、また、会場が確保できるかといった問題
が発生しました。

 その後、現地実行委員会によって開催への努力が行なわれましたが、非常に調整が難しく本年
は開催を中止し、来年、佐賀で行う事としました。まあ、十年もやっていれば何らかの事故は致
し方ないと思います。

来年の開催日が決まり次第、本ホーム・ページでもお知らせ致します。以下は、開催されていた
場合の概要です。

 

諫早湾干拓の開門が宝の海再生への第一歩!

 

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

 

日 時 : 2007714日(土)13:3017:00    ノリ大不作から6年 

場 所 : 佐賀郡 川副町 鹿江6231 町民会館 1階 0952458919

1. 映画上映  「有明海のメカニズム」(漁民市民ネットワーク)など     30

2. 基調講演

T 「諫早を締めてから十年間に起きたこと」              40分 

熊本県立大学環境共生学部 堤 裕昭 教授

U 「有明海異変と大規模公共工事」 〜筑後大堰完成から22年〜    40

                   佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

3. パネル・ディスカッション                        40

熊本県立大学環境共生学部  堤 裕昭 教授   佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

鹿児島大学理学部  佐藤 正典准教授

馬奈木 昭雄弁護士(よみがえれ!有明海訴訟弁護団)

佐賀 有明の会  川崎 賢朗 会長    漁業者 松永 政則(小長井漁協)ほか

 

10回有明海・不知火海フォーラム実行委員会

共催:佐賀 有明の会 川崎 賢朗(連絡先)

携帯)090-3321-0259  携帯メールkenroukawasaki0509@coral.ocn.ne.jp

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

目 次

 

目次 

1

プログラム

2

佐賀・有明の会からのアピール

3

 

基調講演資料

     

@ 「諌早を閉めてから十年間に起きたこと」

 

熊本県立大学理学部 堤 裕昭 教授(環境共生学部)

 

4

A 「有明海異変と大規模公共工事」〜筑後大堰完成から22年〜

 

                 佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

8

論文掲載と解説

 

「大牟田市の住宅街で人知れず再生する干潟」

“佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて

 

有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

「有明海の豊かさとその危機」 

                鹿児島大学理学部准教授 佐藤 正典

13

 

資料ほか

参考資料

32

 

実行委員会構成 後援団体

34

 

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

諌早湾干拓の開門が宝の海再生への第一歩!

 

プログラム 

 

1. 13:3013:40   開会宣言 実行委員長挨拶、来賓挨拶ほか 

 

2. 13:4014:10    映画上映

 

       「有明海のメカニズム」(漁民市民ネットワーク)など

 

3. 14:1015:00      基調講演 @ (質疑応答)  

 

「諌早を閉めてから十年間に起きたこと」

 

                   熊本県立大学環境共生学部 堤 裕昭 教授

 

〜 休憩 〜

 

4. 15:1016:00   基調講演 A (質疑応答) 

「有明海異変と大規模公共工事」〜筑後大堰完成から22年〜

                    佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

 

5. 16:0016:30      パネル・ディスカッション 

                     

佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

熊本県立大学環境共生学部  堤 裕昭 教授

鹿児島大学理学部  佐藤 正典准教授

馬奈木 昭雄弁護士(よみがえれ!有明海訴訟弁護団)

佐賀 有明の会  川崎 賢朗 会長

漁業者 松永 政則(小長井漁協)ほか

(司会) 生駒 研ニ(天草の自然を守る会)

  

6. 16:30〜          閉会宣言   川崎 賢朗 実行委員長 

 

※ 場内連絡 川崎 賢朗、佐々木 成人 

報道対応 脇 義重(フォーラム委員会)川崎 賢朗(佐賀・有明の会)

 

有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2008 に結集せよ!

 

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 の開催を目指して準備してきました。前掲
の資料(上記)は、開催を知らせる案内文であり、資料集の内容の一部でした。未

確定の部分もありましたが、開催時点では全ての準備が完了していました。

既に、あの疎ましいばかりのイサカンのギロチンから十年が経過しています。“有明海異変”
の風化は致し方ないとしても、一つのくぎりでもあり、ある程度空気の入る規模でフォーラムを
成功させ、有明海再生への新たなイニシアチィブを握りたいと考えていました。

このため、今回は海苔養殖の輝かしい伝統をもつ南川副漁協の海苔漁民などを中心に結成され
た佐賀・有明の会を中心に実行委員会を結成し開催する予定で準備していました。

フォーラムのメイン・イベントである講演は、赤潮、貧酸素水塊の問題などについて堤 裕昭
教授に、筑後川河口堰、河川流量の減少問題などについて蔦川正義名誉教授にお願いしていました
。最新情報に基づく新たな研究成果の報告などが聴けるはずでした。

なお、このところ天草本渡(熊本県)柳川・久留米(福岡県)、島原市(長崎県)と私も資料
集に長文の論文を掲載させて頂いていましたが、今回も「
大牟田市の住宅街で再生する干潟」
佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“
有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久
を掲載させていました。いずれ、これも本ホーム・ページに掲載するつもりです。

私の報告は大牟田市で開門された河川で干潟が再生しているという佐藤研究の一部を紹介する
ものでした。本来ならば、当日もおいでになるようでしたので、佐藤先生から直接お話をお聞き
する事も予定しておりました。

その外にも現場の海苔漁民の声など多くの興味深い話が聞けるはずだったのですが、残念でし
かたがありません。来年に延期になりましたが、再度、多くの皆さんに参加していただけること
を切望して止みません。

準備に入るのが遅かったこともありますが、高校総体が七月ニ八日から佐賀市を中心に行なわ
れるために会場の確保に困難を極め、今回は佐賀市の中心部で行う事ができませんでした。場所
は佐賀市の南、川副町の町民会館です。川副町は十月一日より佐賀市になります。

 

有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2008 に結集せよ!

 

元々、佐賀市は短い延長ながら有明海に面していました。現在まで、フォーラムは有明海、不
知火海沿岸の市で持ち回りしていましたが、なぜか、内陸の農村都市のイメージの強い佐賀市で
は開催されていませんでした。

今回の平成大合併によって、諸富町、東与賀町などが佐賀市と合併し、さらに十月には川副町
が加わるのですから、今後、佐賀市は有明海沿岸の重要な都市として、また、同時に海苔の大産
地として登場することになります。不幸な事に来年に延期となりましたが、この佐賀市で開催で
きることを喜ばしく思っています。来年、新たな気持ちで皆さんとお会いできる日を楽しみにし
ています。

▲有明海の出口、島原半島 口之津瀬詰崎灯台

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007に結集を!

台風4号の接近のため、来年に延期となりました。

 

256.  不知火海残映 5. 「休養地の日没

                            吉田 耕一

           「不知火海残映」の連載について

 

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wのスタートに合わせて始めた“不知火
海残映”の連載も五回目に入りました

このシリーズは、= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = を連載してい
ただいている元美術教師、
吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の
許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号掲載して行くこ
とができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を描き続けて来られた
吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられま
すが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せら
れているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載することもあるかも知れま
せんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の
翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

3回目からは私の感性からはなれ音屋の昭太郎氏に選択して頂いています。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

257 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 

連載第7回 再生への基本的な考え方と当面の方策

 

 芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

 

〈基本的な考え方〉

 

ある科学者が原子力や核の問題について述べていた。原子や核の問題は宇宙規模で起る現象で
あり、地球でそれを扱い処理しコントロールできるような問題ではない。地球自体で処理できる
のはせいぜい分子どまりである。現代の人類は地球では制御不可能な手に負えない問題に手を突
っ込んでしまったのだ、と。

私たちの年代つまり戦中戦後に青少年時代を過ごした者は、物資は不足しすべてに耐久生活を
強いられた。物を壊して使えなくしてしまえば今なら「買い替えればいい」とくるであろうが、
当時は二度と手に入れることは出来ない。修繕しようにも材料も部品もない。 

だから私たちは機械の把手一つ、スイッチのボタン一つ押すのも、それをやったら何が作動し
その結果何がどうなるのかと言うことが理解できない限り、不用意にボタン一つ押すようなこと
はしなかった。元には戻らない取り返しつかないような無責任な行動はとるべきではないという
意識が、誰から教えられたわけではなく人々の生活の中にあって、それが一つの行動規範として
存在していたように思う。

しかし、物質が豊かになり生活は便利になり経済活動がすべてと言うような現代になると、例
えば物を壊しても新しい物を買えばいい、買って返せばいい「金があれば何でも出来る」と言う
世の中になった。

「物質文明・消費文明」になると、人々は意識の中にも「本当の価値」とは何かを考えること
よりも「交換価値」を至上の価値と捉えるようになって来る。そうなると他の物と取替えがきく
事から、取るべき責任も他の物に摩り替えてしまおうとする「責任転嫁」と「無責任体制」が人
々の意識の中に浸透し始め、文明の持つ構造的な本質に支配されたものの見方捉え方となり、人
間としてあるべき行動規範にまで崩壊現象が起り始めているように見える。

今まで私たちは、今こうすれば次に何がおこり、結果としてどのようになるという見通しもな
いままに、或いは結果が見通せたとしても、それはそれで後は何とかなるだろうと、責任を先送
りして回避・転嫁して「皆で渉れば恐くない」の無責任体制でやってきたのではなかったか。そ
の結果が、美しいわが国の現在の自然の姿であろう。経済の論理でものごとを考えようとする限
り日本はいつまでも美しい国にはならないだろう。

 

海について言えば、私たちが今まで陸上でやったことの始末も責任も取らないで、すべてを先
送り転化し海に丸投げしてしまった結果の今の姿である。それは取り返しのつかないような姿で
ある。それを取り戻そうというのが今回の「海を再生する法律」ではないのか。

ところが今、取り返しの作業を「海」でやろうとしている。これはちょっとおかしくはないか。
陸上で起っている「先送り転化し丸投げする構造」を放置したまま同じような形で海に手をつけ
ようとしているのではないか。陸上で起ることは陸上で始末をつける。「陸上のツケを海に回さ
ない」ことを原則ととらえこの事業を進めるべきである。具体的には、有害な化学物質の処理、
ゴミ等廃棄物の処理、特に生活雑廃物の浄化処理・下水道整備、これらのインフラ整備を最優
先の課題として力点を置くべきであろう。先ず水質が改善されない限り海で何をやっても無駄
である。

不知火海で考える場合。陸上最大の課題は、先述の通りその死生を制している球磨川流域のイ
ンフラ整備はどうなっているのかということであろう。球磨川の水質改善が出来ていない限り不
知火海の再生はありえないことは自明の理である。先ず陸でやるべきことをやりながら、そし
て海は海でやるべきことに取り組む。それを「八代海再生の基本構想」として再検討いただきたい。

 

〈 当面の方策 〉

 

 海を再生させるためには、先ずそこに流入する河川の水質を改善することが第一義として考え
なければならない。本来河川が持っていた浄化機能は治水工事の名の下に、三面工法によって法
面はいたる所コンクリートで塗りつぶされ、大きな河川はダムや堰堤によって分断され、その機
能を喪失させているばかりか、ダム湖底にたまり生成される有害な汚泥物質を海に流して著しい
環境汚染を招いている。

 

 カナダは日本より緯度の高い位置にあるが、地形が日本に似ていて、山がすぐ海に迫り、河川
も山からすぐに海に注ぐものが多いそうである。日本同様、治山治水、あるいは産業、開発、水
利のためのダム建設が国の重要な施策、公共工事として取り組まれてきたが、その結果、著しい
環境の悪化現象を生じ、特に山と海、林業や水産物等、地場産業に大きなダメージを与えている
ことが明らかになり、現在では今までの政策を180度転換してそれが誤りであったこと認め、今
までに作ったダムや堤防をとりこわしてなるべく元の自然の姿に戻すような工事を公共工事のメ
インテーマとして取り組むようになっていると聞いている。

 オランダの国土は海水面より低い土地が多く、干拓によって造成された国である。しかしこの
国でも最近では従来の発想を改めて、干拓はしてもそこを完全に埋め立てることはしないで、大
雨の時の治水のための遊水地の造成という方策をとっているようである。乾期になれば農耕地と
して利用できるため、雨期には水没することを前提に農地として利用したいものには国が安い料
金で耕作地として貸与するような仕組みを整備しているということである。

 

 今、球磨川では川辺川ダムが問題になっている。第1回の県民集会に参加したが、国交省は環
境には影響しないとの主張を前提に、予測される水位の計算やコンクリートの強度や厚み等、土
木技術に関する計算数値を前面に出して工事の正当性を強引に主張することに終始して、地域
住民の疑問や反対する意見には全く耳を貸そうとしない態度に怒りと失望を覚えただけであった。

 その中で唯一、環境に配慮した設計をしているのだというダムの構造について説明があったの
でそれを紹介してみたい。ふつうダムは出水時のオーバーフロー(あふれ出る水)を調整するため
、水位が一定以上あがると、ダム湖の底に溜まる ヘドロと共に下の方から放水をする。しかし
そのために下流が汚染されるのでそれがないようにダムの上手(かみて)に取水口を作り導水路
を通してダム堤下に放水しオーバーフローを調整するので、常にきれいな水を流すから問題はな
いというものであった。

 これこそ子供だまし。正気の沙汰なのか。もし仮にそのようなダムが出来たならその後はどう
なるのか考えているのだろうか。このようにすればダム湖に溜まる堆積物の量は加速的に大きく
なるばかりで、やがてはダムそのものの機能を喪失してしまう、そうならないためには、ダム湖
に溜まるヘドロの処理をどうするかの見通しとその計画が必要であろう。第一そういう技術もな
ければ、もともとそのことについて何も無いのである。見事に「無責任体制・責任転化構造」が
この設計書で表現されている。

 いつかはダムのヘドロは放流しなければならないのである。それがダムの縮命でありダムの基
本原理である。その時川辺川はどうなる。そして海、不知火海は。

 作ることにこそ使命感があり価値が存在する、だから後のことは関知しない。都合が悪ければ
また作ればよい、それが国交省の論理であろうか。それが美しい国日本の中枢を担う人たちの姿で
あろうか。市場経済の論理と利権の構造を脱却しない限り日本は未来永劫美しい国にはなれない。

 

7.    再生への基本的な考え方と当面の方策 の掲載について

 

アンビエンテ編集長 古川 清久

 

吉田先生の 

 

いつかはダムのヘドロは放流しなければならないのである。それがダムの縮命でありダム
の基本原理である。その時川辺川はどうなる。

 

はもっともですが、国土交通省に“清水バイパスを造れば良い”とか、“穴空きダムだから環
境に問題はない”などとされても困ったものです。ただ、それ以前に、コンクリートの強度その
ものにも疑問があります。ダム本体の劣化によって、堤体は百年前後で非常に危険なものになっ
てくるのではないかと思われます。堆砂、堆泥の問題もさることながら、建設から六十年を越え
るダムが増加していますので、あと数十年余で非常にやっかいなものになってくるでしょう。国
土交通省はダムの決壊、大洪水の発生の危険性を知っていないはずはないのであって、国家のた
めに働こうとする意志など更々無く、国家と国土を売り飛ばしてもただただ私腹を肥やそうとす
る連中しかいないかのようです。

仮に、どうしてもダムを造らなければならないとしても、川そのものを堰き止めるのではなく、
砂、泥、ヘドロを下流に流しながら、水だけを脇に造られた貯留池に取り込み仕組みを考える時
期がきているのではないかと思うばかりです。

これでも十分に洪水調節は可能であり、同時に利水機能を維持することも堆砂の問題も解決で
きるのです。そして川は本来の川であり続けることができるのです。

 

 

258. 再び津江導水路問題を糾弾する

中原 孝矩(元記者)

 

漏水が止まらない津江導水路問題で、国土交通省は黙りを決め込んでいる。新聞記事で経過
を知ることは、ほとんど不可能。新聞記者が津江導水路について、関心がないからだと思う
。そこで、私はやむを得ず、津江導水路問題を何回も取り上げざるを得ない。

読者には論文113「漏水を知りながら強行されたダム」論文164「でたらめな導水路事業」論文208「滑稽さが極まった導水路事業」と3回にわたり、すでに紹介した。いきなり一度紹介したことのある内容を再録するわけにもいかないが、今回強調したいニュースは二つある。一つは漏水を止めるために試験的に行った工事は既に終わったこと。長さ24メートルに約6000万円の税金を投入した。二つ目は、さらに今後ざっと500メートルにわたる漏水区間について、本格的な漏水防止工事を実行するということだ。

▲下筌ダム湖上流に建設された津江導水路取水口

 

読者には記憶を取り戻してもらうために、論文113「漏水を知りながら強行されたダム」
で紹介した内容の重要なポイントを再度、概略紹介する。その上で、私は、無謀な漏水防止
工事は直ちに廃止せよと全国民に呼びかけ、阻止を訴えたい。

現地、大分県日田市では、飲料水や農業用水の枯渇など、漏水で発生した現地の深刻な被害
は、国が責任を取ると表明した後、実施された被害補償工事によって、被害前の状態にもどり
、市当局は「住民の暮らしには、まったく不安はありません」と説明している。

被害が回復しているなら、漏水を防止する工事は、いったい誰のための工事なのかと国土交
通省に問い質したい。いったい何のための公共工事なのか、費用対効果の面で、無駄な工事
は即刻廃止を断固、主張する。

  竜門ダム。

菊地川の支流、迫間川に建設された。重力式コンクリートとロックフィルの全く異なる方式
によるつぎはぎダム。国内最大級の複合ダムというのが自慢

 

論文113で指摘したのは、ダム建設に先立ち、国自らが諮問した国の専門委員会から「山
を掘ってはならない」と明確に指摘されていたことを紹介しながら、当時の建設省が行った
無謀な導水路トンネル工事を糾弾したつもりだ。

くどいようだが、国が行う行政手続きの真実の姿を議論したいと考え、改めて紹介する。1
986年・昭和61年、時の建設大臣から公害等調整委員会に出された「竜門ダム関係鉱区
禁止地域指定請求」という公文書がある。官報に掲載された内容だから、信憑性については
異論がないはず。ダム建設にあたり、公害等調整委員会は「熊本県菊池市から大分県上津江村
、中津江村を含む県境の約855ヘクタールに鉱山事業開発を禁止する」という回答を建設
大臣に出している。

民間の開発業者や鉱山開発事業者を排除する目的で行われる重要な手続きだ。禁止、排除す
る理由が、実に面白い。漏水と対比すると、滑稽ですらある。「請求地域は熊本・大分県境
にまたがる山岳地帯の南麓に位置し、標高600から1000メートル内外の山々に囲まれ
た山地。 地質は主に花崗岩類を基盤岩とし、それらを阿蘇火砕流堆積物が覆っている。民
間によって鉱業権が設定され、鉱物の掘採が行われれば、ダム施設の損壊、貯水池の埋没、
漏水等の原因となり、ダム、貯水池、及び導水施設の保全に支障を与えるおそれがある」と
明記する。トンネルを掘ったら、漏水事故が起きますよと、指摘してる。建設大臣とダム建
設を担当する建設官僚は、漏水の危険を十分承知をしていて、公共工事を企画、発注したこ
とになる。

同様の公文書はまだある。古いが1960年・昭和35年、松原・下筌ダムの建設に先立ち、
建設大臣から土地調整委員会に出された「鉱区禁止地域指定請求」にもほぼ同様の指摘がある
。「日田郡大山村、中津江村、上津江村、栄村、熊本県小国町付近一帯の広さ約2430ヘ
クタールを鉱区禁止地域にする。地形は急峻で、地質的には断層節理が多く、崩壊、埋没、
漏水の恐れなしとせず」とある。

 

二つの官報告示から公文書の内容を再び掲載した。民間には守らせるが、国は無視してもか
まわないのだろうか。無視するなら勝手にしたらいい。損害賠償の責任はどうするの。企画
、立案した建設官僚よ、出てこい。釈明を聞きたい。漏水事故が起きる危険を指摘されながら
、何故あなたたちは、無謀な事業を行ったのか。恥を知れ。大臣に命令されたからか。不当
な命令なら何故、阻止しないか。

 

導水路は大分県・中津江から熊本県・菊地川水系に建設する竜門ダムへ水を送るために建設
された。取水口は筑後川の上流、津江川にある下筌ダム湖に建設された。長さ12.2キロ
、内径約3メートルのトンネルが掘られた。毎秒最大10㎥の水を下筌ダムから竜門ダム湖
へ引くために建設が強行された。良い機会なのでトンネル工事の時期と施工業者、工事費も
書いておく。

竜門ダム側の鳳来工区、4167メートルをフジタ・大豊建設共同企業体が契約金額約39
億5300万円。工期は1987年から1995年。次いで中間の都留工区、長さ4470
メートルは間・佐藤建設共同企業体が契約金額約146億2400万円。工期は1989年
から2002年。上流側の川原工区2693メートルは飛島・梅林建設共同業体が契約金額
約84億5400万円。工期は1990年から2002年。下筌ダム湖からの取水口を含む
長さ818メートルは奥村組が契約金額約18億4500万円で施工した。

トンネル工事だけで合計288億7000万円、我々の税金が投入された。事業は2002
年までに完了した。

ところが、漏水事故の発生。くどいがこれは事故ではないと私は思う。このケースは国があ
らかじめわかっていたことを強行した結果、現実となっただけのこと。

国民を馬鹿にした話だが、まだある。今年は2007年だが、トンネル工事が完了して5年
経過して、まだ1回も導水路として利用した実績がないのだ。造っただけで、役立たずとい
う現実がある。必要な時に毎秒10㎥を取水して、竜門ダムへ送水するために建設されたのに
、この5年間放置状態であることも今回初めて公にする。

役立たずだが、漏水を止めることを目的に、2006年度工事で日特建設が事業費約640
0万円かけて事業を実施したことが特筆できる。工事区間は長さわずかに24メートルと聞
いて、私は口あんぐり。特筆としたのは漏水が有るのは約500メートルもの区間で、本格
的な漏水防止工事を今年から実施すると聞いたからだ。

 

国土交通省はまじめにこんなことを考えているのだろうか。

確かに私は、論文で漏水事故の責任を取れと主張した。有明海漁民や直接的な水枯れの被害
を受けた住民達に補償すべきだと書いた。漏水の責任は国にあることを認めたと聞いていたが
、日田市によると、津江川流域の被害を受けた住民、9地区、約80人への補償は完了して
いると、いう。

だとすれば、何のために漏水防止工事を行う必要があるのか、を問題にしなければならない。
公共事業だから、費用対効果の側面から、予算的に厳密な評価を前提としなければならない
はずと考えるから。

繰り返すが、トンネルの中に流れ込む漏水は全量が竜門ダムへ流入しているのだ。トンネル
から外に、竜門ダム湖以外へ流れ出ているわけではない。最大毎秒10㎥ではないが、現
在毎秒0.4㎥が流れ込んでいるのだから、止める工事の馬鹿ばかしさをここに強調したい。

漏水の量にも触れておこう。いちど論文で紹介したが、当初は毎秒0.7㎥流れ出ていた。
日量に換算すれば約6万㎥。それが今では毎秒0.4㎥、日量で3万4000㎥程度に減っ
ている。どうして減量したのか。菊地川河川事務所では「漏水が始まってから今日までの経
過の中で減ってきた」と説明する。

なんのことはない、自然に減少してきたのだ。見方を変えると熊本・大分県境付近の山体に
含まれる地下水の全体量が減ってきた、といえるのではないか。わざわざ莫大な工事費を投
入してまで、漏水を止める必要がどこにあるのか。水はいまも、いつでも竜門ダム湖に流れ込
んでいるのだ。しかも、仮に放置したままでも将来、何年後かには止まる可能性だってある。

 

次に国土交通省が得意とする、「年度概算要求に向けた河川局関係事業における事業評価」
という行政手続きについて、漏水防止工事の是非を論じてみたい。

本題に入る前に、官報に告示された竜門ダム事業の事業目的を精査しておこう。津江導水路
がダム事業に含まれることを確認しておきたいから。

「この事業は、菊地川水系における洪水調節及び流水の正常な機能の維持と増進を図るとと
もに、筑後川水系から分水し、これと菊地川水系の流水とあいまって、熊本県菊地台地地区
及び玉名平野地区の農地に対し、必要な農業用水を確保し、福岡県及び熊本県の工業用水を
確保する物とする」と事業目的に述べる。津江導水路事業は、「筑後川水系から分水し」と
ある部分に明確に示してある。

この事実から、国土交通省は竜門ダム事業で派生した津江導水路漏水防止工事も本省河川局
の担当で、処理しているはずである。

国土交通省河川局が作成するであろう文書をまねて、「新規事業採択時評価」とでも呼ばれ
る文書について、中身を指摘する。

この公文書には必ず、事業名、総事業費、総便益、費用、その他の指標による評価、担当課
長名が記載される。

津江導水路の場合、事業名はおそらく「津江導水路湧水防止事業」となるはずだ。新聞等

では、湧水ではなくて、漏水と表現してきたので、それに習う。

私がここで指摘する項目は「便益」である。漏水を食止める便益とはなんだろう。金額に置
き換えて表現できるのか。既に大分県日田市の説明を紹介したが、「漏水による住民の被害
はすでに回復している」のだ。いまさら漏水を食止める便益が有るとは、私には考えられない
。費用対効果、つまり投下する事業費と比較して、得られるであろう便益が大きければ、
それだけ公共事業として適切な予算処置といえる。これが彼ら国土交通省官僚の言い分だ
ろう。

津江導水路に発生した漏水は、トンネル内部を流れて全部が竜門ダムに流れ込んでいる。竜
門ダムに、筑後川水系から取水する目的で掘られた導水トンネルであることは何度も書いた
。現状から指摘すれば、漏水を止める事が、「便益」になるとは信じられない。

「便益」について更に指摘する。筑後川水系からの分水事業は、完成して5年以上経過した。
にもかかわらず、これまでに導水路は1回も使われていない。使用せずして、ダム事業の「
便益」は計算できるのか。現実には「便益」どころか、漏水発生で、損害賠償すら実施せざ
るをえなくなった。竜門ダム事業を企画立案した官僚は、顛末について国民に説明責任があ
ると信じる。

繰り返すが、巨大な借金財政にあえぐ我が国に、便益がない公共事業を実施する余裕がある
とは到底信じられない。漏水防止工事は即刻廃止すべきだ。

                             7.22.2007

 

259. 「悪事は露見する」が現実のものに

小石原川ダムの利水配分にも重大な影響

 中原 孝矩(元記者)

合所ダムの利水配分に関して「覚書」、「確認書」と書かれた公文書が突然手に入った。中身
はこうだ。合併前の田主丸町、浮羽町、吉井町3町は、配分された毎秒0.107立方メ
ートルの上水道水利権を当分の間、福岡地区水道企業団に、無償で提供します、と書かれ
ている。

日付は1975年7月5日。当時の吉井町・高山茂町長。田主丸町・井上鉄五郎町長。浮羽
町長・遣水速太町長の3人と福岡地区水道企業団・吉橋輿四一企業長が連名で署名押印してい
る。「覚書」、「確認書」の立ち会い人は、福岡県衛生部環境整備局長・友野隆となっている。

文書には概略このように書かれている。

T 筑後川総合開発に伴い、新規に開発される水道用水のうち浮羽郡3町に配分された水量
毎秒0.107立方メートルについては、浮羽郡3町の事情を考慮し、次期水源が開発され
るまでの間、福岡地区水道企業団が使用するものとする。

U 費用負担は江川・寺内ダムと合所ダムとのプール計算方式とし、浮羽郡3町が使用する
時点で精算し、両者に不利益が生じないようにする。

 

私は合所ダムについて、福岡県に平成17年秋、公文書の開示請求は行っていた。しかし、合
所ダムの利水配分に関して、このような公文書が福岡県庁に存在すること自体を私は知ら
なかった。これで県はこの事実をこれまで、ひた隠しにしてきたことが判明した。今、私は
怒りを込めて「覚書」、「確認書」を私に開示するように働きかけている。県は自ら定めた情
報公開条例に違反するような行為をとった、と私は断定するが、県がこの件で、どのような
誠意を示すか、楽しみである。

 

私が、小石原川ダム建設反対を唱えて久しい。筑後川の実態を調べたり、筑後地方の上水道
の姿をデータで把握し、大量の水が余っていると書いてきた。例えば論文28「破格に高
い水」・2004年
論文46「集落全滅へ秒読み」・2005年論文93「小石原川ダム
建設を絶対阻止せよ」・2005年
論文157「事業の必要性が無い小石原川ダムをなぜ
造る」・2006年
などだ。また国の水資源開発もいい加減だと、データを示して批判して
きた。だが、水資源機構は着々と小石原川ダム建設への準備を進め、何時、大型建設機械が
、ダム建設予定地に投入されてもおかしくない状況にある。

ところが2007年7月の末、私の手元に、とんでもないデータが飛び込んできた。小石原
川ダムに上水道水源として確保された合併前の浮羽3町分、日量10,110立方メートル
が吹っ飛ぶような話だ。

小石原川ダムでは、合併前の田主丸町4370立方メートル、吉井町3740立方メートル、
浮羽町2000立方メートルという配分が決定されている。ところが建設準備を進めていた
合所ダムを含め、1975年完成していた江川ダム、計画中の寺内ダム3つをあわせた利水
配分の中に、合計0.107立方メートル/Sの水利権をこっそり潜り込ませていたという
ことを証明する文書が冒頭の内容だ。

3町分併せて日量9200立方メートルを、たいした水量ではない、とみるか、大きな水量
とみるか、判定は読者に任せる。

▲福岡県庁に公文書を開示請求して得られた覚書と確認書

 

ダム建設に伴う利水配分は厳格なもの、が一般の認識だ。配分水量に応じてダム建設費とい
う大きな財政負担を伴う問題だからだ。

これまで私は、約2000億円と巨額な税負担を求める小石原川ダム建設を糾弾してきた。
筑後地区の上水道用水が不足しているなら、やむを得ないとする立場もあっただろう。

だが私が、福岡県水道台帳、各自治体の水源事情、人口の見通しなどに関するデータを開示
請求し、数字を検討すると、筑後地域の上水道水源は十分足りているという結論になった。
約2000億円もの血税を投入すべきでは無いという結論にならざるをえなかった。

それがこともあろうに、江川ダム、寺内ダム、合所ダムの公文書開示の中で、密約と表現す
るに等しい利水配分が実行されていたとは、思いもしなかった。それも全て福岡県庁が隠し
ていたことにつきる。

 

「悪事は露見する」、の故事そのものずばりではないか。こんなふざけた話はない。福岡県
は県民に正直に語るべきだ。上水道が不足するという説明ばかりではなくて、実態を語るべ
きだ。県知事は水道行政に関する説明責任を果たせと厳しく要求する。

 

これまで集めたデータから江川ダム、寺内ダム、合所ダムの利水配分に関する具体的な数字
を挙げ、密約の中身との関連、その背景を詳しく説明してみたい。

まず手始めに江川ダム、寺内ダムの上水道配分量とダム建設費負担額を示す水資源機構(旧
公団)作成の資料を読者に提供する。

 

水資源機構から開示された資料には福岡地区水道企業団が負担するダム建設費用として江川
ダム分は90.3/1000。寺内ダム分として142.6/1000の二つがあげてある
。江川ダムの建設費は約114億円。寺内ダムは約254億円。合計368億円という事業
費となっている。

福岡地区水道企業団の負担する費用を推定してみよう。計算すると江川ダム分は約10億3000万円。寺内ダム分は36億2200万円となる。合計で46億5200万円という内容。

参考までに甘木市が1975年9月から1998年まで年2回ずつ、23年間計46回の分割払いで支払いを完了した。ダム建設費用は元利合計で約2億6500万円。金利は年6.81%という設定だった。23年間の償還額は元利合計で約5億3000万円となっている。

概略で福岡地区水道企業団は同様の金利、返済方法を実行したとすれば、元利合計約93億
円を支払ったことだろう。

 

さてここで、開示されてきた水利権について具体的な数値を紹介する。

江川ダム・寺内ダムから水道用水の配分を受ける団体は福岡県側が福岡市、甘木市、福岡地
区水道企業団、福岡県南地区水道企業団。佐賀県側は佐賀県東部水道企業団と、鳥栖市。工
業用水として甘木市となっている。個別の配分量については省くが、肝心の福岡地区水道企
業団は1.669立方メートル/Sとなっている。今回明るみに出た覚書、確認書によれば
、1.669という数字の中に浮羽3町分の0.09立方メートル/Sが含まれているわけだ
。このような事実は私が手にした水資源機構、福岡県水資源開発担当、県南広域水道企業団
等の資料のどこにも無かった。

0.09立方メートル/Sの数字は小さい。でも日量に換算すると、約7700立方メート
ルという水量になり、甘木市への配分量とたいして変わらない。やはり大きな水量であると
イワザルをえない。

ここで小石原川ダムから配分する上水道用水について、再度検討する。

福岡県南部の久留米市をはじめとする地域総人口約95万人の地域には筑後大堰、江川ダム、
寺内ダム、合所ダム、大山ダム(建設中)から日量計約165,000立方メートルと筑後
川から直接取水できる久留米市の水利権、大牟田市の河川水利権等で182、170立方メ
ートル。合計で347、000立方メートルが確保されている。これに対して、地域の需要
量は1日約18万立方メートルだ。1日当りの消費量は水源量の約52%だから十分足りて
いるという結論を書いた。論文196「即刻廃棄すべき小石原川ダム建設事業」でも指摘し
たとおり。

今回の密約で、浮羽3町分の0.107立方メートル/Sが福岡地区水道企業団から筑後地
区へ返還されるなら、日量換算で9、200立方メートル分の水源が増えることになる。日
量換算で筑後地域の水源総量は347,000立方メートルではなくて、356,200立
方メートルと訂正しなければならない。

1日消費量との比率は50%と、水余りの傾向は一段と顕著となる。

ここに小石原川ダムの上水道用水の1日配分量、56、160立方メートルを加えるという
のだ。筑後地域の水源量は更に大幅増加し412,360立方メートルという巨大な数値と
なる。118万立方メートル程度の消費量に比べ需要比率は44%台へ激変する。

環境保護の意識が高まり生活用水の消費量を減らす方向へ市民の意識が高まりつつある。節
水があたりまえ。国土交通省が国民一人当りの平均的な消費量を1日200リットルとしてる
。これを300リットルに増やして計算しても筑後地域95万人全員が水道を使用すると
仮定しても1日285,000立方メートルあれば足りる。現実の水道利用者は70万人
代だ。

将来への予測の一つとして、水道を設置する町村が増加するのではないか、という観点でも
検討してみる。甘木市、うきは市、八女市などで水道設備の拡張が予測される。しかしこう
した市町村で新たに水道を求める人口は大胆に推計しても合計10万人程度と考えられ、大
幅な需要の増加はないと断定できる。山間部で清涼な地下水を先祖代々生活用水として使う
人々は、水道水への切り替えなど望んでいないことは明白だ。

 

どうしても水道用水を確保したいという方々へ提案したい。それは海水淡水化設備を設置し
なさいという提案だ。私はこれまで福岡市が選択した海水の淡水化事業を無謀な公共事業だ
という視点でとらえてきた。しかし考えを変えよう。

日量5万立方メートルの水道用水を確保できるこのプラント建設費は約400億円という。
ざっと計算して淡水1立方メートルは80円で手に入る。

小石原川ダムは総事業費は1960億円。ここで、日量56、120立方メートル確保する
から、水1立方メートルは349円となる。上水道用水がどうしても必要なら、馬鹿げてい
るが、海水の淡水化施設を設置した方がはるかに安上がりだ。ダムを造らないで、第2の海
水淡水化プラントの設置を提案する理由だ。

                 2007.8.16

 

 

260. 得 仏 “不知火海はアコウの海” (九月号に向けて予告掲載)

 

徳 淵

 

かつて、球磨川の河口、熊本県八代市に徳淵(トクブツ)と呼ばれる港がありました。

「ありました」としたのは、この港もが江戸時代になると光を失うからです。

理由は徳川幕府の鎖国政策といえば分かりやすいのですが、私は鎖国はなかったという立場で
すので、多少意味合いが違います。幕府は一貫して、朝鮮、中国、スペインからオランダとの貿
易を続けていましたし、開幕以来、一貫して情報の収集には極めて貪欲だったのです。つまり、
その拠点を長崎(平戸から移動)、対馬などに限定したものの有力な敵対者が登場しないように
幕府によって外国貿易が独占されたのでした(もちろん薩摩による琉球を通じた大陸貿易はあっ
たのですが)。そして、当然のことながら、このことによって、かつての国際貿易港“徳淵”は
消滅せざるをえなかったのです。

 徳淵港の起源をどこまで遡るかについては、歴史というものの考え方にもよりますが、当然な
がら、この中世の国際貿易港を支配するために置かれていた城がありました。それが古麓城です
。二〇〇二年には熊本地名研究会によるシンポジウム“城と地名”中世から近世が二〇〇二年に
行なわれていますが、その資料集に佐藤伸二氏による「囲・麓から城下町へ」という論稿が掲載
されています。

 

八代市に古麓町という所があります。そこに城跡がありますが、中世の八代城があった所
です。春光寺という禅宗の寺院がありますが、その裏山が城跡です。そのすぐ南にお稲荷さ
んがあって、赤い鳥居が目に付きます。新幹線のトンネルの出口も見えますが、そのあたり
が城跡の北の端になります。

戦国時代に、名和氏を宇土に追い出して、相良氏が本拠地をここに移しました。

 

概括すれば、肥後は、一五八七年の島津の降伏、秀吉による九州平定に前後して佐々成政の首
が挿げ替えられ、北は加藤(清正)領、南は小西(行長)領として分国支配が始まりますが、八
代は小西により麦島城が築かれます。その後が八代城になるわけです。

その後の島津の支配を経て、一五八七年の秀吉の薩摩攻めの後、小西領となった八代には行長
によって麦島城が築かれます。この海に突き出した城は徳淵港を守るべく想定されていたことは
まず間違いがないでしょう。ただ、行長は関ヶ原により斬首され、小西領も失われます。そして
貿易の幕府による独占によって、この八代という国際貿易港も消え去ったのです。

徳淵は、いわば、球磨川から吐き出される堆積物を桟橋にしてできあがった港であり、球磨川
の洪水によって絶えず浚渫される良港だったのです。

 

八代のアコウ

 

不知火海の東岸では、現在でも八代の南、田浦町の波多島(ハタト)に最後のアコウの群生地
ありますが、田浦町から芦北町にかけてはアコウの木がところどころに残されています。そして
、未確認ではありますが、恐らく水俣市にも、そして、御所ノ浦島や産島といった島嶼部などに
も人知れず根着き、残っているアコウがあることでしょう。

もちろん、対岸の天草上島の旧姫戸町永目にはアコウの大木がありますし、大矢野島の東に並
ぶ維和島の蔵々(クラクラ)など、不知火海が、かつてアコウの生茂る海であったことが分かり
ます。

ただ、不知火海最大の港湾都市である八代にだけアコウの痕跡を見出せなかったのですが、最
近になって、現在は干拓地の拡大によって陸化している大鼠蔵島(八代市鼠島町)にかなりの大
木のアコウが残っていることを知りました。

 この大鼠蔵のアコウ発見(私が知らなかっただけですが)は、八代、そして徳淵の港があの強
烈な印象を与える南方系樹木に覆い尽くされていた可能性を確信するに至ったのです。

 

▲ 八代市鼠蔵町(大鼠蔵島)鼠蔵山のアコウ

 

九月号に「得 仏」を全面掲載します。今回は八代のアコウをお見せしたかっただけです。

 

 

261

 

新著 「筑後川を道として “日田の木流し、筏流し”」

語り渡辺音吉・聞き書き竹島真理(不知火書房)のご紹介

20070714

                               Amazon.co.jp購入できます

 出版のご紹介   

 

 

 

 

262. 絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚機構 T

 

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

 

 “打ち水大作戦”の大間抜け

 

今年も国交省、環境省・・・その他の肝いりによる“打ち水大作戦”が行なわれているようです。
いわく・・・

 

「打ち水やらない?温暖化とめない?」みんなで「打ち水」をして真夏の気温を2℃下げ
よう。723日(大暑)823日(処暑)いっせい打ち水どき:正午

打ち水大作戦2007

【主催】打ち水大作戦本部

ルールを守って楽しく打ち水。一度使った水や雨水を使うのが打ち水のルールです。

 

という訳です。

 

今回から、都市のヒート・アイランドをもたらした国土交通省が何の責任も取らず、民間は過
大な投資をして屋上緑化や庭園化をやらざるを得ない状態になっているというこの無能な官僚国
家のバカさ加減を追及するキャンペーンを張ることにします(確か都は条例により1000u以上
の敷地を持つ建物は二割を緑地にしなければならないという遅過ぎた対策を取るようにしまし
たね)。

これは、併せてCO2地球温暖化論という国家的詐欺を暴露することにもなるはずです。そし
て、いずれCO2温暖化真理教徒のデマが明らかになり、温暖化CO2原因説を吹

聴した科学性のない学者が恥をかき、彼等が科学の徒ではなかった事が明らかになる日が来るこ
とになるでしょう。

 

打ち水大作戦本部なるものが如何なるものであるかはここでは触れませんが、大量の税金が投
入され天下りの連中がはしゃいでいる事は間違いないでしょう。

しかし、まあ、本気で物事を考えているのか、単に税金を引き出して使い込む事だけを考えて
いるのか、多少とも科学的知識を持っている人間であれば、気がふれたのかと思うばかりでしょう。

もちろん、水の潜熱、蒸発熱、気化熱・・・表現はどうであれ、1gmol)の水が100℃で蒸発す
る時に周辺から539.8calの熱を奪う事は物理学的法則であって、その効果が一切ないなどと言う
つもりはありません。しかし、バケツ一杯、柄杓一杯の水が周辺の温度を下げるのはほんの瞬間
でしかなく(2.0℃など掛け声ばかりでしかなく実際には瞬間的に0.5度下がる程度でしょう)、
直ぐに耐えがたいまでの灼熱地獄が戻ってくるのです。

善意で参加されている方を揶揄する意志はありませんが、打ち水をしている方は、これほどま
でに温度が上がったことについて、その原因は一体何だと思っているのでしょうか?

 本来、地表に土が残され、地下と繋がる事によってその中に含まれている大量の水が絶えず表
面から放出され、それが気化して地上を冷やし、再び雨となって地表に還元され、結果、地表を
冷やして地下に吸い込まれる事によって溜め込まれるという構造が存在していた場合には、夕立
や安定した降雨によって、水循環、熱循環が維持されていたのです。

 ところが、それを徹底的に破壊してきたのが国土交通省であったのであり、また、これほどま
での都市表面のコンクリート化を防げたはずなのに放置してきたのも同様に国土交通省や環境省
、一部旧厚生労働省だったのです。

 まず、@地下埋設の上水道の普及まではむしろ都市の水を増加させる事になる訳ですから、善
悪は兎も角も、差し引きプラスとしておきますが、A下水道管の整備=地下埋設は日常生活水を
実質的に、都市の水循環従って熱循環から除外させている事になっているのです。B当然ながら
、都市河川を徹底的に雨樋化させて都会の表層から水を奪ったものこそ旧建設省だったのです。
それに加えて、C都市の洪水調節と称して雨水を地下トンネルで直接海まで一気に持ち出そうと
しているのですから、都市の水循環=熱循環の破壊に関して言えば超A級戦犯であることは自明
でしょう。一方、D都市の駐車場、道路横の歩道、住宅地の駐車場を含めてコンクリートやア
スファルトで固めてしまうという愚かな事を放置してきた全体としての行政の無策にはあきれて
しまいます。Eこんなものは、建築確認申請の中で土の部分を残すなり、隙間を作らせるなり、
格子状の舗装を義務付けるなりさせれば解決する事であり、F別の法律を作り透水性舗装を義務
付ければ十年を待たずして変化が現れるはずなのですが、全体としての都市環境、特に気温の安
定化には何の関心も払わず、利権が生じなければ一切動こうとしないかの如くなのです。

 

打ち水大作戦2007 に関しては「一度使った水や雨水を使うのが打ち水のルールです」だけが
真面目に考えられているとしか言えないようなのです。

いずれにせよ、数十年にわたる都市の乾燥化を放置した行政官僚の無能には目を覆うばかりで
す。文官とは、元々、物理、化学がデキなかった頭の悪い連中の集まりでしかないとするのは乱
暴でしょうが、実際、行政の無策ぶりにはあきれてしまいます。

 

梅雨明け十日

 

既に、“打ち水大作戦”の大間抜け熱 禍とヒート・アイランド問題を書いてきましたが、
今年も日本列島は耐えがたいまでの熱い夏に見舞わられています。次の二本は言わば、ヒート・
アイランド現象に関する総論、各論といったものでした。これから何度かにわたり、別の側面か
ら周辺の問題を書いて行きたいと思います。

 

161

“打ち水大作戦”の大間抜け

(ヒート・アイランド化の最大の原因者である国土交通省が打ち水の水を配る)

251

熱 禍 

(打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!)

 

既にこの二本の長文で書くべき事は十分に書き尽くしていますので、上記のバックナンバー参
考にして下さい。

 

良く“梅雨明け十日”と言いますが、今年に関しては、まずは“梅雨明け二十日、一月”とも
言うべき好天が続き、連日三五度前後の熱い日が続いています。もはや、暑いという文字では実
感と合わない気さえしています。

これほどまでの熱い日が続く原因には、一応、@エル・ニーニョ現象(エル・ニーニョの年は
冷夏になりやすい)が終わり、ラ・ニーニャ現象が始まったから・・・、A地球温暖化の影響・・・、
Bヒート・アイランド現象・・・C経年的変動・・・D黒潮の蛇行・・・といったことが語られますが、
三〜四十年前を知っている私たちから見れば、五〜七度は高い三五度に近い前後の日が続くとい
うのは尋常ではなく、明らかに別の因子が作用していると考えるべきではないかと思います。

実際、私たちが知っている子供の頃の夏というものは、扇風機、夕立、行水で十分に耐えられ
たものであり、たまに三〇度を越えると“昨日は暑かったとなあ・・・”などと言っていたという
記憶があります。

どう考えても、最近の傾向は平均気温が一〜二度上昇するといった、いわゆる「地球温暖化現
象」(レベル)とは全く別物であるようなのです。

もちろん、私たち(少なくとも近藤、古川)も、地球の温暖化そのものを全否定している訳で
はなく、その原因をCO2濃度の増加に求めるのは誤りだと言っているのです。 

従って、最近の熱い夏の底流にその要素があるとしても、この耐えがたいまでの熱さの大半は
ヒート・アイランド現象によるものと考えるべきなのです。

 

発表される気温は百葉箱のもの

 

まず、「最高気温が三五度・・・」などと伝えられる気象台の発表ですが、これはある程度風通し
があって、直射日光も当らない彼等が言うところの標準的な気温であって、私たちが日常的に接
する気温の実感とは全く異なったものです。

もっとも、気象台の発表によってさえも、最高気温三五度以上が四〇都道府県になり、四〇度
を突き抜ける都市まで現れるに至るや、国家的危機管理レベルにまでなっているのかも知れません。

例えば、エアコンの効いた車でスーパーに買い物に行ったとしましょう。まず駐車場のアス
ファルトの上に降り立つと、ここで感じる気温は照り返しもあって卒倒するばかりです。ましてや
、道路の舗装工事を行なう建設会社の従業員が接するものは五〇〜六〇度に上がるという話です
から、既に沖縄や石垣島の比ではないのです。

実際、夜七時を過ぎても気温が三〇度を切らないのですから(道路表面は日中で六〇度、夜でもアスファルトは四〇度に近いのです)舗装を繰り返してきた連中の犯罪性は明らかでしょう。

 

東京、大阪よりも沖縄の方が気温が低いという事実は夏の

異常な暑さが地球温暖化とは無縁であることを示している

 

まず、夏になると、発表される沖縄と東京、大阪の気温とが逆転する日が多くなっている事に
気付きます。昔はこんなことは絶対になかったのであって、沖縄三〇度、東京三五度という一事
をもってしても、この熱さが地球温暖化などといったものとは無縁であることが分かります。

もしも地球温暖化が原因ならば、単純には言えませんが、沖縄も、東京もそのまま底上げにな
るはずだからです。

海流の変化の問題はあるとしても一〜二度の海水温の上昇はかなり普遍的に認められる現象で
すから、沖縄も四、五十年前と比べてベースとなる平均気温が上がっているはずです。しかし、
常時逆転するという現象は近年のもので、仮に都市の水循環が同様に破壊されているとしても、
海に囲まれた沖縄の方が低緯度にも関らず東京、大阪よりも熱循環が保たれているからなのです
。汀、干潟を徹底的に破戒した旧運輸省を始めとした埋立ての結果、東京湾がもたらす熱循環の
天恵を東京が受けにくくなっていることは事実です。

 

夕立が減っている中でも今年は特別に夕立が少ない

 

辞書によれば、夕立とは「晴れた夏の日の午後などに・・・激しく降る大粒の雨」というこ
とになりますが、今年は特に夕立が減っているようです。どうも、地上に水がないために上
空に持ち上げられる水分が少ないためになかなか飽和せず夕立にならない。という印象をも
っています。

この夕立の減少はかなり前から始まっていましたが、長年の気温上昇によって、水循環に
関係する地下の水分の絶対量さえも減少、枯渇してきているのではないかと思ってしまいます。

要は地上から目に見える水分がなくなった上に、水を保っていた土が舗装され尽くして雨
が降っても吸収できずに徐々に水分を失って行くという訳です。

結局、夕立とは地表の水を空と地上との間でキャッチ・ボールしているようなものであり、
この地表や直ぐ下の表層の水分の減少は、もはや雨の元となる水分は海からしか供給されな
いことを意味しているようにも思えるのです。そして、実はこれが臨海部の都市型豪雨の原
因のように思うのです。

 

私の自宅の水循環(家庭でやれる簡単なヒート・アイランド対策)

 

私の自宅は身分不相応にも、四二〇坪という敷地のど真ん中に延面積七〇坪の在来工法による
和風建築住宅の実家と三五坪のパネル工法による家を渡り廊下で繋ぐというものですが、裏には
椿の林があり、庭には池があり、柿、胡桃、八朔、枇杷など多くの木々があります。その上に雑
草に覆われていますから、よそよりは確実に温度が低く、駐車場もコンクリート舗装などという
愚かな事はしていませんから、風でも吹けば涼しく、普段でもそれほど高温にはならないのです
。ただし、草刈はしなければなりません。しかし、刈払機、草刈機、剪定機、チェーン・ソウな
ど便利なものも有りますからそれほどの苦労はないのです。

加えて、最近は甕や余った容器を使って小さなプールを作り、布袋葵などを浮かべてメダカや
金魚を放り込んでいますので水は淀まず、見た目にも涼しくなるというものです。 

今年は朝顔を植えませんでしたが、朝顔やヘチマの棚を作るだけでも体感温度はかなり下げる
事ができるのです。皆さんもコンクリートを引っ剥がし、水溜りを作ることから始められたらい
かがでしょうか。

 

▲ この大きさの壺でも水草もメダカも生き続け水はきれいなままなのです。まさに中国の“壺
中居”ですね。

 

 ▲ この壺は埋め込んだものですが、やはりメダカと金魚が入っています。舗装もレンガです
から隙間から雨によって水が地中に補充され、逆に、熱くなれば水蒸気として大気中に水分を供
給し温度を下げるのです。

▲ 猫(我が家のワル猫ミー太郎)は涼しい所を人間(私)以上に良く知っているものです。
水場に近い風が通る木陰の石畳ですからシャムの血が混ざった長毛の猫でも涼しいけっこう涼し
いようです。

 

それでも草むしりをしたくないという我がままを通し、エアコンでガンガン冷やして病気にな
りますか?

今も庭にはチャボや羽骨鶏が木立の間で餌をあさり、数匹の猫が涼しそうに休んでいます。次
回は再度、農村部、山林のヒート・アイランド化の話をします。農水省林野庁が無自覚な熱循環
を破壊したことを書きたいと思います。

(続く)

 

263. 再び、ホーム・ページ・デザインの変更について

 

四月から有明海・諫早湾干拓リポートの編集を佐賀に移管し、「アンビエンテ」としてスター
トさせましたが、ホーム・ページのデザインの加工が難しく、スタッフの“音屋の昭太郎”氏の
努力にもかかわらずなかなか思うようなものになりません。

このため自主開発の方針を諦め、基本的なデザイン変更について外注することにしました。助
けに舟とは良く言ったもので、四月の人事異動で私の課にやって来た“ビビビのネズミ男”こと
“Si”氏に紹介された嬉野町在住の“コンプタドールのマエストロ”U氏に有償で設計と施工
をお願いすることにしました。現在作業中ですが、もうすこしお待ちください。新たに、「地名
は時間の化石」「九州古代史の探求」という地名学(民俗学)、古代史(九州王朝説)に関するサ
イトを加えて再スタートします。完成後は“音屋の昭太郎”氏によってメインタナンスされるこ
とになります。近々にデザインを一新します。期待してください。

 

264. 開聞岳を破壊する鹿児島県

 

はじめに

 

開聞岳の景観が大規模に破壊されています。今回はたまたま目にした景観の破壊の話をするこ
とにします。

直接的に開聞岳が破壊されているという話としては、開聞岳東岸の花瀬望比公園なる施設があ
ります。

一応はレイテ戦を始め悲惨な闘いの犠牲者を鎮魂し祀る施設のつもりなのでしょうが、その参
道に大量の御影石の石灯篭を破壊的に並べているのです。これは、現地を見られれば一目瞭然と
言うべきで、予算消化のつじつま併せで並べたとしか考えられません。仮に一基百万としても百
個で一億の消化、施工業者には全体で空恐ろしい税金が転げ込んだ事が想像できます。

これはテトラ・ポッド(一応商品名ですが)も同様で、開聞岳裾野にある小さな港の防波堤の
外への直接的投入の話もあるのですが、今回は間接的に破壊しせっかくの絶景、景勝地を損なう
行為が平然と行われている事をリポートすることにします。

 

開聞岳を見たくない

 

南国鹿児島の象徴として良く使われるものに、桜島と開聞岳がありますが、この開聞岳の景観
が決定的に破壊されているのです。写真を見れば一目瞭然でしょう。

 

 

▲ いかなる良心がこのようなデタラメな工事を行なわせるものなのか不思議でなりませんが、一旦、失われた景観は容易には戻らないことは言うまでもありません。少なくと私は二度と南薩に足を踏み入れたくなくなりました。

 

 

▲ このような施設がなぜ必要なのか全く理由が分かりません

 

詳しく調べれば直ぐに分かる事ですが、この手の工事は海岸を保全するという美名のもと主に
県営(一部直轄事業もある)で行われるもので、かつては、農水省構造改善局、旧建設省、旧運
輸省それに農水省の漁港整備が加わった四つのセクター、四つの所管による県営の海岸保全事業
として無制限に自然海岸が破壊されてきたものです。

 やるに事欠いて、とうとうここまでやるとは、私も正直言って信じられなかったのですが、開
聞岳への直接的な工事ではないため良しとされたのでしょうか?

まず、必要性ですが、この写真を撮影した場所も背後には百メートルの丘陵、松林、海岸性樹
木が茂る十分な土地があり、ようやく、開聞温泉(国民宿舎かいもん荘とは別)と言うかけ流し
の共同浴場があるのですが、全く海岸が崩れていると言った危機的状況にもないのです。恐らく
最終的には四キロの海岸線がこのくだらない事業のためにテトラとコンクリートのパラペット(
波返し)で埋め尽くされる事になるでしょう。

なぜ、これほどデタラメな工事が行われるのか不思議に思う方も多いでしょうから、あえて踏
み込みますが、なんの必要性もない場所に大量の税金を投入して喜ぶ人間とは誰かを考えれば直
ぐ分かることです。直接的に事業を受注できるマリコンと地場のコンクリート関連業者が潤う事
は言を待ちません。しかし、それを計画し発注したのは行政の人間であり、その最大の責任が行
政にある事は言うまでもありません。やはり、それを発注したい役人がいるのです。それは、発
注することによって良いことがあるからに外なりません。実際、発注した役人が潤う構造がある
のです。

理由は簡単で、一般的に言われている事は、一部の役人達には、発注した事業を手土産に良い
条件の天下り先が確保されているのです。

しかし、普通はやってはならない事業であり、観光資源を決定的に破壊するこのような工事は
まずやらないはずなのですが、既に、事業を投下するべき場所がなくなっていることを示してい
るようです。

特に事業を発注する側の人間の節操のなさは信じられない事で、彼等は自分達の幸せのために、
素晴らしい景観を破壊して良しとしているのです。

たまたま手にした二〇〇六年一二月三一日付けの南日本新聞には、宮崎県の話ですが、県外観
光客9年連続減という96年から05年棒グラフ付きの記事が掲載されていました。さらに南に位置
している鹿児島県も基本的な構造を考えれば傾向は同様で、新幹線による浮揚もサーカス的なブ
ームに過ぎない一過性のものであるはずです。指宿温泉の観光業者などはこの気がふれたとしか
思えない事業をなんとも思っていないのでしょうか?少なくとも私は二度とこの海岸線は見たく
もありませんし、鹿児島観光からは足が遠のく事は言うまでもありません。

 

宮崎県の県外からの入り込み客数が九年連続減少し、十年前に比べ約百二十万人も少なく
なったことが、宮崎県の二〇〇五年観光動向調査で明らかになった。旧来型の「見る観光」
から脱却できず、観光客の志向をとらえきれなかったことが影響していると見られ、県は観
光王国復活に向け、官民共同の観光地づくりを模索している。

 

( 二〇〇六年一二月三一日付け「南日本新聞」 )

 

自分の手でかけがえのない観光資源を破壊しているのだから世話がない!鹿児島県の観光課は愚
か者の集まりか!

 

265. 有明海から考える「神話と伝説」J

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

特別連載

 

第三章 神話

 

猿女の君

 

 ニニギの命は、

 「先導役をつとめた猿田ヒコの大神は、身分を聞いた、そなたが送りなさい。

 また、そなたが、その神の名をもらって、お仕えしなさい」

 と天のウズメの命に仰せになりました。

 これで、猿女の君は、猿田ヒコという男神の名前をもらったので、神事に奉仕する女を、猿女
の君と呼ぶようになったのです。

 なお、猿田ヒコの神が、阿耶詞(あざか)にいった時、魚をとろうとして、ヒラブという貝に
手をはさまれ、溺れて海中に沈んでいきました。

 そのとき、海底に、沈んだときの名を、海底につく神霊といい、

 海水が、つぶつぶ泡立つときの名を、つぶ立つ神霊といい、

 海水の泡が、さけるときの名を、泡裂く神霊といいます。

 それから、天のウズメの命は、猿田ヒコの神を送って、帰って来ました。

 そして、ヒレの広い魚・ヒレのせまい魚と、大小の魚を集めて、

 「おまえたちは、天つ神の御子に、お仕えするか」

 と問いかけられました。

 もろもろの魚が、

 「お仕えいたします」

 と申し上げましたが、海鼠(なまこ)だけが、返事をしませんでした。

 これを見ていた、天のウズメの命は、

 「海鼠の口は、答えをしない口だ」

 と言って、紐のついた小刀で、口を切り裂きました。

 それで、海鼠の口は、今でも、裂けているのです。

 そのようなことで、代々、志摩(しま)の国から、海産物の供えものがあると、猿女の君たち
にも、下されることになりました。

 

 ニニギの命の結婚

 

 ある日、天つ日高ヒコホのニニギの命は、笠沙(かささ)の岬で、美しい娘に、お会いになり
ました。

 そこで、

 「あなたは、どなたの娘さんですか」

 とお聞きになりました。

 娘は、

 「わたしは、大山津見の神の娘で、名は神アタツ姫、またの名は、木の花のサクヤ姫と申しま
す」

 とお答えになりました。

 重ねて、

 「あなたに、姉妹はいますか」

 とお聞きになると、

 「わたしには、姉の、石長姫がおります」

 とお答えになりました。

 ニニギの命が、

 「わたしは、あなたと結婚したいと思いますが、どうですか」

 とお聞きになると、

 「わたしからは、何とも申し上げられません。父の大山津見の神が、ご返事いたします」 と
お答えになりました。

 そこで、大山津見の神の意向を聞いたところ、たいそう喜ばれ、姉の石長姫もそえ、たくさん
の引出物をもって来られました。

 しかし、姉の石長姫が、非常にみにくい容姿だったので、恐れをなして送り返されました。た
だ、妹の、木の花のサクヤ姫を留め、一夜を共にし、夫婦の契りを結びました。

 大山津見の神は、石長姫が送り返されたことを、いたく恥じ、

 「わが娘、二人、一緒にさしあげました理由は、石長姫がそばでお仕えすれば、天つ神の御子
の命に、雪が降り風が吹こうとも、岩のように動かず、いつも安泰です。安泰を、願ってのこと
です。

 また、木の花のサクヤ姫が、そばでお仕えすれば、木の花が一斉に咲くように栄えます。繁栄
を、願ってのことです。

 その誓いをたてて、あなた様に奉りました。

 このように、石長姫を帰し、木の花のサクヤ姫だけを留められましたら、天つ神の御子のお命
は、花の命のように、短いものになりましょう」

 とおっしゃいました。

 こういうわけで、今日に至るまで、天皇方のお命は、長久とはいかないのです。

 それから、しばらくして、木の花のサクヤ姫が、御子のところに来ました。

 そして、

 「わたしは身ごもって、そろそろ、お産の時になりました。

 生まれる子は、天つ神の御子ですから、勝手に産むことはできません。そのことを、申し上げ
に来ました」

 とおっしゃいました。

 すると、御子は、

 「木の花のサクヤ姫、一夜の契りで、身ごもったというのか。

 わたしの子では、あるまい。きっと、国つ神の子であろう」

 とおっしゃいました。

 木の花のサクヤ姫は、

 「身ごもった子が、国つ神の子なら、お産のとき、よくないことが起こります。

 もし、天つ神の御子なら、よいことが起こるでしょう」

 とお答えになりました。

 すぐに、戸口のない、大きな産殿が建てられました。

 木の花のサクヤ姫が中に入ると、さらに、すき間なく壁土が塗られ、産殿に火をつけて、お産
をなさいました。

 火が燃え盛ってる時に生まれた御子が、火照りの命と申します。これが、隼人吾田の君の、ご
先祖にあたります。

 次に、お生まれになった御子は、火スセリ(衰える)の命と申します。

 次に、お生まれになった御子は、火ヲリ(静まる)の命、またの御名を、天つ日高ヒコホホデ
ミの命と申します。

 三柱の神になります。

 

 神話は、書き換えられた、という説があります。

 その多くは、「国譲り」とからめて、指摘されます。国譲りは、本当だ。そして、勝利した天
孫族に、都合のいいように、書き換えられたというものです。

 しかし、その説には、自己矛盾があります。

 仮に、都合の悪い方法で、国譲りをしたとします。そうすると、国譲り自体が、都合の悪いこ
とになります。その、都合の悪い国譲りを、どうして残すのでしょうか。都合の悪い「国譲り」を
、削除すればすみます。

 ここでは、天皇方のお命にふれ、しかも、長久とはいかない、と言い切っています。

 天皇方にとっては、ここが、一番、都合の悪いところです。ここを省略しても、話がおかしく
なる、意味が通じない、ということはありません。書き換えるとしたら、ここが、真っ先に、省
略されるはずです。

 

 海幸・山幸の話

 

 ニニギの命は、笠沙の、木の花のサクヤ姫と結婚します。

 結婚は、同じところで、一緒に暮らすことです。笠沙は、今の鹿児島県、川辺郡、笠沙と言わ
れています。この時代は、日向と、今の陸地との間で暮らしていました。

 この話は、途中の日向が、舞台になります。

 海面上昇は、約一○、五○○年前頃、はじまり、約九、五○○年前頃、終わります。海面上
昇は、およそ、一、○○○年間、続いたことになります。ここは、その途中の、話になります。

 途中の話だから、海没する地で、人は、自由に暮らしています。しかし、海面上昇は続いてい
ます。

 そして、この話が終わる時、それまで暮らしていたところは海没し、海の中になってしまいま
す。海の中になると、二度と、行き来をすることができません。

 ほぼ、陸続き時代、人は、東シナ海側、太平洋側と、背中合わせで暮らしていました。そして、
海面上昇に合わせて、移動、後退します。背中合わせで暮らしてたのが、海面上昇で陸地が切れて
、隣り合わせになります。

 隣り合わせになると、主導権争いが起こります。主導権争いをしながら、今の日本列島に到着
します。

 このような、背景があります。それを考慮して、先人たちは、どのような、話にしていくのでしょうか。そして、どのような、結末を用意しているのでしょうか。結末まで、一気に記します。

 

 火照りの命は海幸彦として、大小、様々な魚を獲物に、暮らしておられました。

 一方、火ヲリの命は山幸彦として、毛のあらい動物・毛の柔らかい動物、様々な獣を獲物に、
暮らしておられました。

 あるとき、山幸彦が、

 「道具を、交換しよう」

 と兄の海幸彦に三度頼みましたが、聞きいれてくれません。

 しかし、やっとのことで願いがかない、道具を交換することになりました。

 山幸彦は、さっそく、魚を釣りに行きました。しかし、一尾も釣れません。その上、釣針を、
海になくしてしまいました。

 すると、海幸彦は、

 「山幸彦も、自分の道具だ。

 海幸彦も、自分の道具だ。

 もとの、自分たちの道具に戻そう」

 とおっしゃいました。

 山幸彦が、

 「あなたの釣針で魚を釣ろうとして、一尾も釣れないまま、釣針を海中になくしてしまいまし
た」

 と答えると、海幸彦は、頑固に返せと要求しました。

 そこで、山幸彦は、大切な十拳の剣をこわし、五百本の釣針を作り、これで償おうとしました
が、海幸彦は受け取ろうとなさいません。

 さらに、千本の釣針を作って、償おうとしましたが、それも受け取らず、

 「あれは、威力がこもった釣針だ。やっぱり、本物の釣針じゃなければ、だめだ」

 とおっしゃいました。

 山幸彦が、泣き悲しみながら海辺にくると、塩ツチの神が、

 「空つ日高の命が、泣き悲しんでおられるのは、どういうわけですか」

 とお聞きになりました。

 「わたしは、兄の釣針と交換して、釣針をなくしてしまいました。

 釣針を返せと言われたので、代わりに、たくさんの釣針で補おうとしたが、受け取らず、 
『やっぱり、自分の釣針がいい』

 と言い張っていらっしゃいます。

 そこで、泣き悲しんでいるのです」

 とお答えになりました。

 すると、塩ツチの神は、

 「あなた様のため、わたしに、よい方法があります」

 と言って、すぐに、すき間なく編んだ竹籠の小船を作り、山幸彦を乗せ、

 「わたしが、この船を押し流したら、しばらく、そのまま行って下さい。

 そうすると、よい、潮の道が見つかります。

 その、潮の道に乗っていくと、ウロコで造った宮殿があります。そこが、海神(ワタツミの
神)の宮殿です。

 御門に行くと、井戸のそばに、りっぱな桂の木があります。その木の上で待っていれば、海神
の娘が会って、相談にのってくれるでしょう」

 と進言されました。

 教えられたとおり行くと、ことごとく、言われたとおりになります。そこで、桂の木に登って
待ちました。しばらくすると、海神の娘、豊玉姫の侍女が、水汲み用の美しい碗をもって、井戸
の前に来ました。

 

 そして、水を汲もうとしたら、水面に、人影が映っています。驚いて、上を見上げると、りっ
ぱな若者がいます。侍女は、何とも、不思議なことがあるものだと思いました。

 山幸彦は、

 「水を、いただきたい」

 と頼みました。

 侍女は、すぐ水を汲み、りっぱな水汲み碗に入れ、さしあげました。すると、山幸彦は、水を
飲まずに含みました。

 そして、首飾りの玉を外し、碗に吹きかけると、それが、くっついてしまいました。

 侍女は、玉を離すことができず、そのまま、豊玉姫の命にお見せしました。

 豊玉姫の命は、

 

 「もしや、外に、どなたかおいでですか」

 とお聞きになりました。

 侍女は、

 「井戸のそばの、桂の木の上に、人がいらっしゃいます。りっぱな、若者です。

 海神に、まさるほどの、非常に尊いお方のようです。

 その方が、水を所望されたので、さしあげました。

 しかし、水を飲まず、玉を含んで吹ききかけられました。それが離れませんので、そのまま、
お持ちしました」

 とお答えしました。

 豊玉姫の命は、奇妙なことがあると思い外に出て、御子とお会いになりました。

 そして、一目で、心を通い合わされました。

 それから、父の海神に、

 「門のそばに、りっぱな、人がいらっしゃいます」

 とおっしゃいました。

 海神が出てきて、ご覧になり、

 「この、お方は、天つ日高の御子、空つ日高の命だ」

 とおっしゃいました。

 そして、すぐ、御殿の中に、お連れしました。

 そこには、海驢(あしか)の皮の敷物が八重に、その上には、絹織りの敷物が八重に敷いてあ
ります。

 その上に、お座り願って、たくさんの引出物とごちそうを用意し、海神の娘、豊玉姫の命と、
盛大な結婚式をなさいました。

 山幸彦が暮らすようになって、三年経ちました。

 ところが、ある日、山幸彦は、こうなる発端を思いだし、大きなため息を、一つ、つかれまし
た。

 それを見た、豊玉姫の命は、

 「ここで、三年、暮らしてらっしゃいますが、御子が、ため息をつかれることはありませんで
した。

 昨夜は、大きなため息をつかれました。もしや、訳が、おありではと思います」

 と父の海神に、おっしゃいました。

 それを聞いた、父の大神は、

 「今朝の、娘の話では、今日まで三年間、普段、ため息などつかれなかったのに、昨夜は、大
きなため息をつかれたと聞きました。

 もしや、何か、訳が、おありでしょうか。また、この国に、お出ましになった事情は、どのよ
うなことでございますか」

 と聟の君に、お聞きになりました。

 そこで、山幸彦は、兄の釣針をなくしたこと、それを返せと頑固に要求されていることなどを、
つぶさに、大神に話をなさいました。

 それを聞いた海神は、すぐ、大小、さまざまな魚を呼び寄せ、

 「もしや、釣針を取った、魚がいるのではないか」

 と問われたところ、多くの魚が、

 「このごろ、鯛が、喉に刺さったものがあり、ものが食えないと、つらそうに話していました。

 きっと、これが取ったのでしょう」

 とお答えしました。

 さっそく、鯛の喉を調べてみると、釣針があります。それを、すぐ取り出し、きれいに洗いま
した。

 そして、山幸彦に、

 「この釣針を、お返しになる時、

 『この釣針は、

 おぼち(ぼんやり針)

 すすち(あわて針)

 まぢち(びんぼう針)

 うるち(おろか針)』

 と唱え、後ろ向きのまま、渡して下さい。

 そして、兄の命が高い土地に田を作れば、あなた様は、低い土地に田を作って下さい。また、
兄の命が低い土地に田を作れば、あなた様は、高い土地に田を作って下さい。

 そうすると、わたしが、水を司ってますので、兄の命は、三年のうち、必ず貧乏になります。

 もし、そのことを、恨みに思って攻めてきたら、潮満の玉を出して溺れさせ、また、悲しんで
救いを求めてきたら、潮干の玉を出して助けてください。

 このようにして、悩み苦しめてやればいいのです」

 と海神は言って、潮満の玉と潮干の玉の、二つの玉を授けました。

 そして、わに鮫を、全部呼び、

 「天つ日高の御子、空つ日高の命が、上方(地上)の国に、お帰りになられる。

 誰が、何日で送って、御子の、お帰りのお手伝いができるか」

 と問いかけられました。

 それぞれが、自分の身長から、日数を割り出しています。

 その中の、一尋(ひとひろ・手をひろげた長さ)わに鮫が、

 「わたしは、一日で送って、帰ってくることができます」

 と申し出ました。

 そこで、海神は、

 「それなら、お前が送りなさい。

 海中を渡るとき、怖いことがないよう、注意していきなさい」

 と仰せになりました。

 そして、わに鮫の、首のところに山幸彦を乗せ、約束どおり、一日で送りました。

 わに鮫が本国に帰ろうとした時、山幸彦は、ひものついた小刀を抜き、わに鮫の首につけて
、送り返されました。そこで、一尋わに鮫のことを、今でも佐比持(さひもち)の神と言います。

 山幸彦は、海神の言葉どおりにして、兄の海幸彦に、釣針を返しました。

 海幸彦は、それから後、どんどん貧しくなり、なおさら、荒々しい気性を出し、御子を攻めて
きました。

 しかし、攻め込まれた時は、潮満の玉を出して溺れさせ、それが悲しくなって救いを求めてき
た時は、潮干の玉を出して救うということをなさいました。

 このように、悩み苦しめられたので、海幸彦は、

 「わたしは、これから先、あなた様の守護人になります。

 そして、昼夜たがわず、お仕えいたします」

 と平伏して、申し上げました。

 それで、隼人の舞には、溺れる、いろいろな仕草が取り入れられ、今日まで、舞い続けられて
いるのです。

 

 豊玉の命

 

 それから、しばらく経ちました。

 海神の娘、豊玉姫の命が、地上の国に出て来ました。

 そして、

 「わたしは、以前から、身ごもっておりました。そろそろ、お産の時になりました。

 生まれる子は、天つ神の御子ですから、海の国で、お産をすることはできません。そこで、地
上に出て参りました」

 とおっしゃいました。

 そこで、波うちぎわに、鵜の羽根で葺いた屋根の産殿が建てられましたが、屋根を葺き終えな
いうちに産気がきて、耐えきれず、産殿に入りました。

 そして、いよいよ、お産の時、

 「他国の者は、生まれ育った国の姿で、お産をします。

 どうか、お願いですから、わたしの、お産の姿を、ご覧にならないでください」

 と日子ホホデミの命(山幸彦)に、おっしゃいました。

 それを聞いた山幸彦は、不思議に思い、中の様子をのぞき見したところ、八尋のわに鮫が、く
ねくねと這いまわっております。山幸彦は驚き、おそろしくなって、逃げて行きました。

 豊玉姫の命は、それを知って恥ずかしく思い、御子を生んだ後、

 「わたしは、海の道を通って、いつまでも、かよい続けようと思っておりました。

しかし、のぞき見され、非常に恥ずかしゅうございます」

 と言って、海と陸の、境界をふさいで、海の国にお帰りになりました。

 それで、姫がお生みになった御子の名は、天つ日高日子ナギサ建・鵜葺草葺キアエズの命と申
します。

 それから、しばらく経ちました。豊玉姫の命は、山幸彦に、のぞき見されたことを恨めしく思
いながらも、恋する気持ちを押さえることができません。

 そこで、生まれた御子を育てるという理由で、妹の玉ヨリ姫を派遣なさいました。そして、そ
の時、山幸彦に送るヒメの歌を託されました。

 その歌は、

 

 赤玉は、緒さえ光れど

 白玉の、君が装し

 尊くありけり

 

 そこで、日子ホホデミの命(山幸彦)が、お答えになった歌は、

 

 奥つ鳥、鴨著く島に

 我が率寝し、妹は忘れじ

 世の尽に

 

 さて、日子ホホデミの命(山幸彦)が、高千穂の宮におられたのは、五百八十年です。 その
御陵は、高千穂の山の、西にあります。

 

 鵜葺草葺(うがやふき)アエズの命

 

 天つ日高日子、ナギサ建・鵜葺草葺アエズの命が、叔母の玉ヨリ姫の命と結婚して、生まれた
御子の名は、五瀬の命。

 次に稲ヒの命、次にミケヌの命、次に若ミケヌの命・またの名を豊ミケヌの命・またの名を神
倭イハレビコの命と申します。

 このうち、ミケヌの命は、波頭を飛ぶように、常世の国に渡って行きました。

 また、稲ヒの命は、亡き妣の国の、海原に入って行きました。

 

次号へ続く

 

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 

アンビエンテ 編集長 古川 清久

 

久光さんの話もいよいよ佳境に入ってきました。今回はいわゆる干珠満珠の話も出てきました。
私は古田史学の会の会員であり、古田武彦氏の九州王朝説を支持するものです。

一般的に『日本書紀』ではニニギ尊の子、兄の海幸彦(ホノスソリ)命と弟の山幸彦(ホオ
リ)命の話はオセアニアにまで広がっており、南方系海洋民族のもたらした神話とも言われてい
ます。舞台は薩摩半島先端(野間崎)とされていますが、こと干珠、満珠の話になると、最も大
きな干満をもたらす有明海湾奥を舞台に産み出されたものではないかと考えているところです。

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ム
ツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ム
ツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常
に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ D

 

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!   (NO. 6)

9月号

266

絶望的ヒート・アイランドをもたらした無能な官僚国家 U

“国交省、農水省がもたらした熱い夏”

20070811

267

不知火海残映 6. 「 未定 」   

                     吉田 耕一

20020101

268

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第8回 不知火海の藻場再生について 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

269

得 仏

20070801

270

未 定

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

271

里山を破壊し尽くす最悪の「急傾斜事業」

20070625

272

今年の海水浴、プールは熱くて泳げない

20070801

273

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第12

久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ E