寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)

 

W 現代の十常侍、行政官僚を追放せよ! (NO. 4)

7月号

247

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集せよ!

     有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070415

248

不知火海残映 4. 「海を見に行こうよ」   

                     吉田 耕一

20020101

249

 

 

不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第6回 赤潮について

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

250

太陽光エネルギーを使ってお湯を沸かす

 中原 孝矩(元記者)

20070203

251

「環境問題を考える」掲載論文

熱 禍 (打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!)

アンビエンテ編集長 古川清久(自治体職員)

20060625

252

ホーム・ページ・デザインの変更について

20070608

253

 出版のご紹介 

佐藤 悦子著  『ふるさとの川城原川』  ダムに拠らない治水を探る

20070623

254

“有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第10

久光教弘『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ C

 

 

247

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集せよ!                      

            有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            


諫早湾干拓の開門が宝の海再生への第一歩!

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

日 時 : 2007714日(土)13:3017:00    ノリ大不作から6年 

場 所 : 佐賀郡 川副町 鹿江6231 町民会館 1階 0952458919

1. 映画上映  「有明海のメカニズム」(漁民市民ネットワーク)など     30

2. 基調講演

T 「諫早を締めてから十年間に起きたこと」                40分 

熊本県立大学環境共生学部 堤 裕昭 教授

U 「有明海異変と大規模公共工事」 〜筑後大堰完成から22年〜    40

佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

3. パネル・ディスカッション                        40

熊本県立大学環境共生学部  堤 裕昭 教授   佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

鹿児島大学理学部  佐藤 正典准教授

馬奈木 昭雄弁護士(よみがえれ!有明海訴訟弁護団)

佐賀 有明の会  川崎 賢朗 会長     漁業者 松永 政則(小長井漁協)ほか 

 


10回有明海・不知火海フォーラム実行委員会

共催:佐賀 有明の会 川崎 賢朗(連絡先)

携帯)090-3321-0259  携帯メールkenroukawasaki0509@coral.ocn.ne.jp

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

  目 次 

 

目次 

1

プログラム

2

佐賀・有明の会からのアピール

3

 

基調講演資料

     

@ 「諌早を閉めてから十年間に起きたこと」

熊本県立大学理学部 堤 裕昭 教授(環境共生学部)

 

4

A 「有明海異変と大規模公共工事」〜筑後大堰完成から22年〜

 

佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

8

論文掲載と解説

 

「大牟田市の住宅街で人知れず再生する干潟」

“佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて

 

有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久

「有明海の豊かさとその危機」 

鹿児島大学理学部准教授 佐藤 正典

13

 

資料ほか

参考資料

32

 

実行委員会構成 後援団体

34

 

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 

諌早湾干拓の開門が宝の海再生への第一歩!

 

 プログラム 

 

1. 13:3013:40   開会宣言 実行委員長挨拶、来賓挨拶ほか 

 

2. 13:4014:10    映画上映

 

       「有明海のメカニズム」(漁民市民ネットワーク)など

 

3. 14:1015:00      基調講演 @ (質疑応答)  

 

「諌早を閉めてから十年間に起きたこと」

 

       熊本県立大学環境共生学部 堤 裕昭 教授

 

〜 休憩 〜

 

4. 15:1016:00   基調講演 A (質疑応答) 

「有明海異変と大規模公共工事」〜筑後大堰完成から22年〜

佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

 

5. 16:0016:30      パネル・ディスカッション 

                     

佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

熊本県立大学環境共生学部  堤 裕昭 教授

鹿児島大学理学部  佐藤 正典准教授

馬奈木 昭雄弁護士(よみがえれ!有明海訴訟弁護団)

佐賀 有明の会  川崎 賢朗 会長

漁業者 松永 政則(小長井漁協)ほか

(司会) 生駒 研ニ(天草の自然を守る会)

  

6. 16:30          閉会宣言   川崎 賢朗 実行委員長 

 

※ 場内連絡 川崎 賢朗、佐々木 成人 

報道対応 脇 義重(フォーラム委員会)川崎 賢朗(佐賀・有明の会)

 

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集せよ!

 

現在、第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 の開催を目指して準備中です。前掲の資料(上記)は、開催を知らせる案内文であり、資料集の内容の一部です。未確

定の部分もありますが、現段階での最新情報で掲載するものです。

既に、あの疎ましいばかりのイサカンのギロチンから十年が経過しました。“有明海異変”の風化は致し方ないとしても、一つのくぎりでもあり、ある程度空気の入る規模でフォーラムを成功させ、有明海再生への新たなイニシアチィブを握りたいと考えています。

今回は海苔養殖の輝かしい伝統をもつ南川副漁協の海苔漁民などを中心に結成された佐賀・有明の会を中心に実行委員会を結成し開催する予定です。

フォーラムのメイン・イベントである講演は、赤潮、貧酸素水塊の問題などについて堤 裕昭教授に、筑後川河口堰、河川流量の減少問題などについて蔦川正義名誉教授にお願いしています。最新情報に基づく新たな研究成果の報告などが聴けることでしょう。

なお、このところ天草本渡(熊本県)柳川・久留米(福岡県)、島原市(長崎県)と私も資料集に長文の論文を掲載させて頂いていますが、今回も 「大牟田市の住宅街で再生する干潟」 “佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“  有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久 を掲載させて頂く予定です。いずれ、これも本ホーム・ページに掲載するつもりです。

私の報告は大牟田市で開門された河川で干潟が再生しているという佐藤研究の一部を紹介するものです。当日もおいでになるようですので、佐藤先生から直接お話をお聞きする事もできるのではないかと思っています。

その外にも現場の海苔漁民の声など多くの興味深い話が聞けることでしょう。多くの皆さんに参加していただけることを切望して止みません。

準備に入るのが遅かったこともありますが、高校総体が七月ニ八日から佐賀市を中心に行なわれるために会場の確保に困難を極め、今回は佐賀市の中心部で行う事ができませんでした。場所は佐賀市の南、川副町の町民会館です。川副町は十月一日より佐賀市になります。元々、佐賀市は短い延長ながら有明海に面していました。現在までフォーラムは有明海、不知火海沿岸の市で持ち回りしていましたが、なぜか内陸部の農村都市のイメージの強い佐賀市では開催されていませんでした。

平成の大合併によって、諸富町、東与賀町などが佐賀市と合併し、さらに十月には川副町が加わるのですから、今後、佐賀市は有明海沿岸の重要な都市として、また、同時に海苔の大産地として登場することになります。この川副町(将来の佐賀市)で開催できることを喜ばしく思っています。では、皆さん会場でお会いしましょう。

▲ 有明海の出口、島原半島 口之津瀬詰崎灯台

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007に結集を!

台風4号の接近のため、延期となりました。

 

248.     不知火海残映 4. 「海を見に行こうよ

              吉田 耕一

umiwominiyukouyo

▲ 海を見に行こうよ(C)Koichi Yoshida 2001

 

  「不知火海残映」の連載について

 

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wのスタートに合わせて始めた“不知火海残映”の連載も四回目に入りました

このシリーズは、= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = を連載していただいている元美術教師、吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられますが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載することもあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

3回目からは私の感性からはなれ音屋の昭太郎氏に選択して頂きました。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

249 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 

連載第6回 不知火海についての見解(私見) 

 

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

 

連載第6

 

6. 赤潮について

 

その1 不知火海は球磨川に支配される海であることについて

 

地図(資料1)を見ながら考えていただきたい。不知火海はきわめて閉鎖性の高い海である。外とつながる部分は、北部二ヵ所「三角瀬戸」と「満越(大戸)瀬戸」。以上三箇所はいずれも有明海とつながるもので、潮汐流は二つの海ほぼ同時進行するため多少の出入りはあるかも知れないが、ほぼパラレルでゼロと倣してよいという点では研究者間においても一致しているようである。となればあとは長島北西部と天草下島間の「長島海峡」と、長島南端と黒之浜間の「黒之瀬戸」の二箇所のところでかろうじて外洋とつながるという特異な形状の海である。

 ちなみに報告書ではこの間の潮流を長島海峡で最大7.0ノット、黒之瀬戸で約16ノットとしているがこれは事実誤認なので訂正をお願いしたい。逆が正しい。流量では前者4に対し後者1と記述されているがここはその通りだと思う。

 

 さて、有明海につながる三瀬戸をゼロとみなすならば、それは三角半島から天草下島まで陸続きであるとみなして良い訳で、不知火海を、残りの「長島海峡」と「黒之瀬戸」のところで外につながるとして算術計算してみることにする。

 

 まずA、河川からの水の流入が全くなくてゼロと仮定すると、不知火海の海流は、狭いながらも二海峡を出入りする外海の潮汐流のみとなり、単純に考えて不知火海の海水は外洋の海と等価となり不知火海は外洋的条件に支配される海ということになるであろう。

 

 つぎにB、Aと同様河川流量ゼロとみなし、海峡を完全に閉鎖すれば不知火海はやがて塩湖となりいわゆる「死海」のようになるだろう。

 

続いてC、海峡を遮断し、河川流のみ流入すれば不知火海はやがて淡水湖のダムとなり、あふれる淡水はやがて長島の両端から滝となって外海に注ぐようになるだろう。今、不知火海は環境状況的にはこれに近づくような状態になりつつあるように思われる。

 

 最後にD、これは現実の問題。海峡を通って出入りする海水量は、満ち潮の潮流量と、引き潮の汐流量ということになり、出たり入ったりする量だから差し引きプラスマイナスゼロと無意識に観念的にとらえてしまうようなことはないだろうか。仮にそう考えたとすれば、つまり満ち潮量が5で引き潮量も5ならば差し引き0でこれは全くAと同じになってしまう。

 しかし実際は潮の満ち干に全く関係なく、常に河川からの流入量が存在するから、外洋から入ってくる量よりも外洋へ排出する水量のほうが絶対値として大きいのである。仮にその量を5:6としよう。すると6−5=1が排出する絶対量として存在しそれは不知火海の排出口である二瀬戸へ向けて南下する海流として存在するということである。つまりこの物理的基礎海流が存在し不知火海全体の潮の動きを支配する潮の流れ(北から南への一方向)の基礎的なファクターとなっていると捉えるべきである。

 

 そこで次に、「基礎海流」を生産する河川について考える。いくつかの中小河川が存在するが地図で見ても分かるとおり、一級河川球磨川が圧倒的に大きい。有明海最大の河川筑後川よりも流量は大きいといわれている。これが不知火海の大動脈として北部に河口を開いて存在していることは誰も否定することはできない事実であろう。背後地は勾配の大きい山間部となるため、気象そのものも異変を生じているのか降水量も沿岸部との格差が著しくなって、最近では山間部では300ミリ前後の降雨量が恒常化してきたかに見える。これらの状況が球磨川の急流を通して即座に不知火海に流入し、それが海峡に波及するという構造になっている。 

以上不知火海の特性を物理的に構造的に捉えた場合の結果として「不知火海は球磨川に支配される海」を概念規定しても、なんら異論はないであろうと考えられる。

img011

▲ 地図(資料1)

 

その2 不知火海は、もともと岩礁を基盤とした海であるこ

 

 素人考えであるが、不知火海は地学的には複雑な構造線がせめぎ合いクラッシュして出来上がった海だろうと想像する。

特に内海の中には大小の島々がいくつも存在したりするので、そのように捉えるのが手っ取り早く分かりやすいからである。構造線の方向は北北東から南南西に延びるものと北西から南西に延びるものがあって、ずいぶん昔、一本釣りのベテラン漁師から、海底の瀬の状態は(芦北海岸から見て)どれでも南西に延びる向きになっていると頭の中に入れておけば間違いないと教えられた。

 これは想像であるが不知火海が形成された最初は、長島に出口をふさがれたかっこうの大きな海溝であったろうと考える。そのように捉えると、不知火海は外洋の影響を受けようと受けまいとも、もともとそれ自身が最初から外洋的性格の海であったととらえる方が正しいのではないかと考えられる。

 

 研究者の多くは、不知火海南部の生物相をとらえて、それは外洋の影響によるものだと結論付けようとしているが、私はそれは現在に時点を発想の起点として捉えているためにそのように思い込んでしまうのではないかと思っている。研究者は口を揃えて「閉鎖性の強い海だ」といいながら、不知火海中央部まで外洋の影響を受けている海だと、矛盾したことを言っている。例えば不知火海に生息する外洋性カイアシ類の分布の様相からもそのような結論を導き出しているようだが、そうではなくてもともと不知火海が外洋的性格を保有する海だから外洋性カイアシ類がもともと存在していたのだと捉えるほうが正しいと私は思っているがどうだろうか。

ただ現在は、球磨川の長い年月の影響で特に北部では外洋性でない環境変化を来たし、それが南下傾向を示すため今現在の不知火海特有の状況・性格を持っていると見るべきではないかと考える。不知火海中央部まで外洋の影響を受ける海ならば閉鎖性が極めて高いなどと言えない筈で、このような矛盾が起こるというのは、もともとは「時間」の観念を固定してしまってそこから発想しようとするのが一つの原因だと思う、不知火海が形成されていく時系列の中に現在があるという捉え方をしないため生じた矛盾ではないのか。

 

不知火海という海溝は長年に恒って、大小河川によって、様々な物質が搬入されて海底に堆積されて現在の海底を形成し、河口付近にはそれぞれの扇状地を生成し、特に北部は球磨川の規模も大きいため、八代平野を形成したり、広大な塩性湿地や干潟を形成してきたりして、現在のような不知火海になっている。しかし、不知火海の基本構造は、あくまで現在でも岩礁を基盤とした海である。実際に不知火海の海岸線(なぎさ線)の八〇パーセント(計算していないので大雑把)は岩礁である。

報告書も研究論文もこのことの視点がすっぽり抜け落ちているように判断される。不知火海再生について、岩礁地帯の状況がどうかという視点はきわめて重要である。アマモ場も大切であろうがそれ以上にガラモ場の褐藻類のほうがもっと重要である。報告書ではそのことへの着眼点が欠落している。これは致命的欠陥といわざるを得ない。このような報告書は芦北としては受け入れ難いと発言したのは、基本的にはこのようなことがあるからである。

 

藻場というのは周知の通り魚類が産卵し、そして稚魚が育つ場所のことをいう。産卵時期が来ると魚類にはいわゆる「乗っ込み」現象が起こる。それは何処を目がけて起るか。殆んど海岸線近くの浅場の岩礁地帯目がけて、つまりガラモ場目がけて起こるのである。同じ褐藻類でも、まずコンブやワカメには産卵はしないようである(たぶん粘液を分泌するからだろう)。アマモ(正しくは藻でなく維管束をもつ顕花植物・草)のような緑藻類にはどんな魚類が産卵するのだろう。(私はまだ現認したことがない)いずれにしても残念なことに不知火海に生息する或いは回遊する魚類についての研究は今のところ皆無。魚類に関する調査や研究があれば外洋に影響される海なのかそうでないかははっきりすると思うが、それがないので、私の経験による知見でこのことを説明してみたい。

 

私の本格的なクロ(メジナ)釣りは黒之浜の少し手前東支那海に面する番所の鼻から始まった。フェリーで長島に渡るようになっても、不知火海に面した透明度も低くどんよりした海の東北海岸よりは、澄み切って常に外洋の海流に洗われる男性的な南西海岸の方に魅力を感じ、いつもそこで釣っていた。しかしそれは冬場だけで夏場に長島で釣りすることはなかった。それは夏場にはクロに独特の臭みが出るからで、それでも旨いと食べる人もいるが、私はそれが駄目だったからである。

ところがそんなある年、七月にはいる頃釣り仲間から「今、クロが面白いから行こう」と執拗な誘いがあった。どこかと聞くと長島の薄井港の堤防だという。不知火海側ではあるが藷浦島を隔ててすぐ長島海峡である。長島は両方の海峡から外洋の海水が常に出入りしている不知火海最南端の島で外洋の影響を受けないはずはない。そんな所の夏場のクロなど食えるはずがないという観念的な先入感を持っていたのも事実である。おまけに誘った友人というのは何でも旨いといって食べる大食漢。「旨いんだよ。食えるから行こう」と言っても、そんなこと信用できるかと突っ張っていたが、ついにほだされて腰を上げて釣行する羽目になった。帰って釣った魚に恐る恐る箸をつけてみて絶句した。この一件で私の先入観は一挙にひっくり返されてしまった。頭の中でイメージしていたことと実際とはこんなにも違うのかと言うことを思い知らされたのである。外洋の海水が出入りしているのは事実である。しかしそれにも拘らず外洋の影響を受けないと言うのが不知火海の不思議さであり特徴であり正体であり本質であると、その後何百回も通う中で思い知らされている事である。

ちなみに、最近になって不知火で獲れる魚の味は日本一であることが、分かる者には分かり始めてきたようである。不知火海を「豊饒の海」という別の意味が分かり始めたのもこの頃からのような気がする。海水がきれいで速い海流で身を引き締められた魚の方が旨いと言のは嘘。いけす料理は目の前で生きた魚を調理するから旨いというのもウソ。(ストレスがかかって味は落ちている。)生(ナマ)で刺身にするのは釣ってすぐの魚が新鮮で最高というのもウソ(ねかせて酵素分解の時間をおいたものの方が格上)というようなことも次第に分かるようになって来て、観念的な先入観で物事とを判断しようとする自分の性格は改めなければならないと思い出したのもこの頃からではなかったろうかと思う。しかしそう思うもののいつもこのことで失敗することが未だに多いので、思うばかりで未だに生まれつきの性癖は直っていない。

 

6.  赤潮について の掲載について

 

  アンビエンテ編集長 古川 清久

 

吉田先生の 

 

潮の満ち干に全く関係なく、常に河川からの流入量が存在するから、外洋から入ってくる量よりも外洋へ排出する水量のほうが絶対値として大きいのである。仮にその量を5:6としよう。すると6−5=1が排出する絶対量として存在しそれは不知火海の排出口である二瀬戸へ向けて南下する海流として存在するということである。つまりこの物理的基礎海流が存在し不知火海全体の潮の動きを支配する潮の流れ(北から南への一方向)の基礎的なファクターとなっていると捉えるべきである。

 

は、あまり聞かない話だけに多少驚きますが、実際にもこのような事が言えると思います。簡単に言えば多くの人が“海は潮の満ち干きによって大体同じ量の水が動いている(出たり入ったりしている)と思いがちですが、大河川を背後に持つ閉鎖水域では入ってくる水が出て行く水よりも卓越するという事が言えるのです。ここであえて蛇足を加えれば、海上に降る雨とその蒸散による収支を一応はパラレルと考えれば、球磨川から供給される雨水だけが不知火海という深皿から絶えず溢れ出ていると考えて良いのではないかと思われます。ただ、河川からの水の供給は、単に表層水だけに止まらずに伏流水もあることを忘れないようにしておきましょう。

 

 

250. 太陽光エネルギーを使ってお湯を沸かす

 

 中原 孝矩(元記者)

自分のこの手に太陽のエネルギーをつかんで、お湯が沸かせたら、どんなにかすばらしいだろう。長い間恋焦がれている私の夢について今回は、語りたい。それは長年抱いてきた構想が、ようやく形の有る物として最近、具体化しかけているからだ。

この簡単な装置の実用化ができれば、石油を燃やしたり、灯油を消費することなく太陽の光さえ受ける場所があれば、水から湯が沸かせるだろうから。生活に必要な1日の必要エネルギーの全部とはいわない。滝や池や川から水を汲んできて、湯を沸かす時の、エネルギーの7割ぐらいを代替えできればすばらしいと、考えるから。

太陽熱で湯を沸かす物は既に世の中にたくさん出回っている、といわれそうだ。たしかにそうだ。民家の屋根に設置されて日中太陽熱で暖めて、風呂の湯として使うという製品がたくさん出回っている。製品名もソーラー何々という品物、いろんなメーカーの製品が目白押しだ。

でもちょっと待ってください。私の夢である装置は、もっと手軽で、効率の良い物で、短時間に100℃程度の熱湯を手に入れられる装置なのだ。できるだけお金もかけずに、日常生活で手軽に使える代物なのだと、声を大にしたい。夢が実現しかけていると書いた理由は、100℃まで得るのに、1時間程度はまだ時間がかかるからだ。沸かす時間をどこまで短縮できるか。今後の大きな課題だ。

太陽加熱器001

▲【照明灯傘を利用した初期の太陽光利用の加熱器1号】

 

どんな装置か、読者の皆さんがそれぞれにイメージを描いてもらえたらうれしい。私がこの装置を夢に描がき始めたきっかけは、10数年前のオリンピックの時だった。聖火リレーに使う火を、太陽から直接、採取するという儀式がギリシャの神殿で行われるというニュースがテレビで流れていた。神殿に仕える女神という設定だろうが、着飾った女性達数人が、光り輝く器を手に、太陽光を集めて、たいまつに点火する光景だった。ここで採取された太陽の火こそ、オリンピックの聖火として、開催地へリレーされるのだった。

凸レンズで太陽の光を一つに集めれば、手軽に紙を焦がし、点火できる。同じ事をギリシャでは、両腕に抱えられる程度の、長さが50センチぐらいの大きなお椀のような金属製の器で実行した。私はこの光景を見て、太陽光を集める神殿の女神が使った「あのような器」を自分の手で開発できないかを考え始めた、というわけだ。

 

放物線とか、双曲線という図形の性質を学んだときに、焦点に光が集まる時の、光の入射角と反射角は常に等しい、という定理を思い出していた。入射角と反射角が常に等しい性質を持つ点をつないでいけば、そのような図形が描ける。凸レンズを使った時のように焦点には常に太陽の熱が集中する。言葉では簡単だが、どうやったらそのような曲線を手で描く事ができるだろうか。

太陽から入ってくる光が、反射する。その同じポイントで光が反射して、焦点に集まる。そうした光景は頭の中でいくらでも想像することはできる。でも具体的に自分の手で、線を描くにはどんな道具をつかえばいいか、現実に無ければどんなものを造ればいいか。すぐには思いつかなかった。

 

夢を描いて4年後、風呂に入っていた時だ。曲線を描く道具が、ひらめいた。なんだこのような道具を造れば、太陽の光と熱を1点に集める曲線が描ける。思いついたときに踊り出したいくらいうれしかった。おおげさだが、私にとって、衝撃的な瞬間だった。キノコに舞いたけという、香りがすばらしく、味が飛びきりよくて、おいしいものがある。雪国に暮らした時に食べて、なるほどと感じ入ったが、ひらめきとともに、そんなことを連想する自分が滑稽だった。

思いついた道具は、簡単にできた。確かに手書きで双曲線が描ける。焦点を中心に、美しい曲線が、画用紙に描いていけるのだから、我ながらすばらしい発明だった。

一時期は実用新案の出願まで真剣に考えた。しかし、すでに世の中はコンピュータ時代の到来。精密な機械、装置はすべてコンピュータが動かし、コンピュータが制御する時代へと激変した。

このような時代に、双曲線を手書きするようなレトロで、アナログな道具を考えたからといって、いったいどこの誰が喜ぶ。誰も見向きもしやしないさ。ということで、手元に置いて、双曲線を描いて楽しむだけの道具となった。

道具はできたが、ギリシャの女神達が太陽から火を採取したような器はどうしたら作れるのか。立体的な双曲線の器を金属で作るには、金属加工会社に作ってもらうしかない。そこまで私の思考が到達したところで、私の夢は頓挫してしまう。

こんな装置を作る会社を興して実行するほどの資金も、起業精神も私にはない。第一お金がかかりすぎる。実際にそのような器を真剣に考えて、作る会社が、日本にあるだろうか。これも疑問だった。

悶々とする時間が過ぎていった。だが、ある日、私は新聞の小さな記事に釘付けになった。

佐賀市内の工場が開発した、照明灯の傘が、予想もしない効果を発揮しそうな直感が働いた。記事によると、工場の敷地や野球場のような広い場所で、夜間の照明用の電灯につけるカバー、傘に過ぎないが、電灯の光の反射効率がきわめて高いと、説明されていた。これだと思った。私は電灯を使うのではない。傘だけあればいい。太陽から届く光をこの傘で受けて、光と熱を集めるのに使う。電球をはめる箇所に水を入れた容器を置ければ、容器を太陽の熱で加熱して中の水を沸かせるはずだ。

私は早速佐賀市内のメーカーに連絡して、照明灯用の傘を1個買い求めた。届けられた金属製品は私の求める形と、性能をかなり満足させてくれる物だった。品物が届いたその日から、私の水を沸かす装置作りが本格化した。

 

まだ、個人的な試作品造りの段階だが、日常の暮らしで十分使える器具の一つになりつつあるので、ここに紹介することにした。

改良に改良を加えて、コピー用紙に火が付くようにできた。照明器具の傘を、そのまま集熱器として使えば、100度のお湯を取るのに1時間半ぐらいかかった。が、私の改良で、30分で80度のお湯がとれるまでになった。お天気次第ではあるが、空にした500CCの飲料水用アルミ容器を、器の中心に据える。光が器に集中して、すぐ熱くなる。手で触れられないほどに熱くなる。アルミ容器に水を入れてやれば、時間はかかるが湯を沸かせるのだ。

照明灯用の傘の大きさは、根元から縁までの長さが25センチ。広い部分の直径は46センチであった。中心に据えるアルミ缶は、有るメーカーの飲料水の容器がぴったりだった。ただ、据え付ける位置に安定させるには、いろいろ工夫が必要で、完成させるまで試行錯誤を繰り返した。

 

余談だが、我が国の工業規格の正確さにいつも感心する。小さなネジ一つでも実に正確に製造されている。樹脂製品でも大きさの違う物がたくさんあり、日曜大工の店にいけば、適当な品物が簡単に手に入る。しかも値段がてごろだ。アルミ容器を支える円形の品物は水道工事に使われる塩ビパイプだったり、電気工事に使われる取り付け器具の一部だったりした。結局、中心部の温度が上がると、樹脂製品は高温のために変形してしまうことがわかり、全て金属で置き換えることにした。

金属の適当なものもまた、これがいいというやつが簡単に見つかった。

金属加工用のドリルで適当な箇所に穴を開けるといった、手頃で簡単な作業が、これまたことのほか私には楽しみだった。失敗してもだれも困らない。だれも文句を言わない。手作りの醍醐味は極まれりだ。

川の現状100及び太陽光加熱器 030

▲【改良型加熱器。面積は1号器の5倍。中心部に紙を置くと点火できる。】

 

最初の太陽光加熱器は、メーカーから届いたままの大きさで造った。だが、高温を得るにはやや力不足だった。2時間ぐらい、太陽の動きを追って、器具全体を動かしてやる必要があった。温度計を入れて、暖まり具合を確かめる。10分、20分。少しずつ温度が上がるのは手に取るようにわかるし、感じられる。アルミ容器は手で触れない程度に熱くなるが、水の温度は50度、60度近辺だ。容器の上と底では10度以上の温度差がある。容器を取り外して、上下を振って、水をかくはん。中の温度を均一にしてまた、加熱器の中心に置いてやる。こんな作業を繰り返す。また、昼飯の間、ほったらかしにしておくと、太陽の位置がずれて、せっかくの熱を効率よく受け止められていない。だからお湯が沸いていない、という失敗も繰り返した。

効率が良いとはとてもいえないぞ。なんとか温度を高める方法はないか。結論は出ているようなものだ。私の手帳には書いてある。1平方センチメートルに受ける太陽のエネルギーは毎分1.94カロリー。15℃の水1グラムを16℃にするために必要な熱量は1カロリー。

そのままの単位で計算することは科学的では無いのかもしれない。でも日曜大工的な私の工作でやることだ。大まかな計算、検討で十分だ。500CCの井戸水は17℃ある。90℃のお湯にするには36500カロリー必要なのだ。この器の内側の面積は計算すると概略1000平方センチメートル。90℃の温度を得るには37分同じ状態で加熱し続けなければならないということがわかる。科学的な計算は違うだろうが、これで十分。なかなか高温の湯が手に入らないのは、太陽を正面にとらえているつもりで、とらえきっていない。風が熱を吹き飛ばしてしまう。暖められた空気が器の外へどんどん逃げて、加熱のロスがおおきい。要するに非科学的、非効率的、損失が大きいのだ。広辞苑によれば、太陽炉というものがあって、3000度という、信じられない高温を得られると説明してあった。悔しいな、100度でいいんだ。私は。

川の現状100及び太陽光加熱器 031

▲【飲料水の空容器。受ける台はブリキ缶。金具は水道器具を転用して加工】

 

実際には2時間程度付きっきりで加熱し続ければ100度の湯が得られることは確認できた。これで、満足はできない。

次は自分にできる範囲での改良だ。お金もかけない。どうするか。選択の道は半ば決まっている。光の反射率のいい、ステンレスの板を使うことだ。日曜大工の店に行き、手頃な一枚を購入。ステンレスも縦20センチ、横13センチの小さな四角板を切り取り14枚を用意。ステンレスの板を、照明灯傘の縁にネジで固定して、光を受ける面積を格段に大きくする。面積が大きくなれば、加熱する時間が短縮できる。焦点に集める太陽の熱も高まるに違いない。

 

さっそく、試作器の縁にドリルで穴を開ける。ステンレスの板にも、取り付け用の穴を開けて準備完了。大きな器が新たに誕生した。効率良く太陽の光を焦点に集めるには、ちょっとした工夫が必要だが、説明は省く。

結論を先に書けば、面積を拡大したことは劇的な変化をもたらした。

新しく誕生した加熱器の性能を試したくなるのは、誰でも同じ。書き損じたコピー用紙を一枚丸めて、新型加熱器の中心にかざした。光が当たって、ホワイトに輝いてまぶしい。確実に高温の熱が集中している証拠だ。ゆらゆらと煙がたちはじめ、焦げ臭い。黒い穴があいて、みるみる広がっていく。紙が燃えている。光の中心にかざして20秒ぐらい経過しただろうか。紙が燃える温度はだいたい200度から250度といわれる。

今度は大丈夫だ。新しい加熱器に、飲料水の容器を置いてみる。確実に効率が良くなった事を確認できた。30分もあれば、80度ぐらいの湯が得られる。

同じ容器を10本ぐらい準備して、次々に取り替えてやれば、数リットルの湯は簡単に得られるメドは付いたと思う。

改良型の効率を面積比で計算してみる。長さを20センチ広げた結果、面積は当初の5倍程度に大きくなった。ということは最初の器が37分かかって90℃程度のお湯が得られたとすると、改良型では8分程度で、90℃のお湯が得られる可能性、ということになる。

実際にはロスが大きいので、30分程度かかることは実証済である。

 

同じような加熱器を10台、飲料水の500CC容器を20本も用意すれば、住宅1軒家族4,5人が食べるぐらいの料理用の湯は得られると見当をつけた。オリジナルの照明灯傘とステンレス板を使用した改良型10個の費用は15万円程度で準備が可能だ。飲料水容器20個はジュースを20本買えば手に入る。3000円もあれば十分。つまり費用的にもたいした出費ではないということが理解していただけるだろう。

 

アフリカや南アメリカ、熱帯地域で開発が遅れた地域では、洗濯の湯を沸かしたり、食事の支度に、住民達が住んでいる周囲の樹木を切り倒して木炭を製造し、煮炊きに使用するという。或いは家畜の糞を乾燥させて、煮炊きの燃料としていると聞く。暖房にもそうした身近な燃える物で、人としてぎりぎりの生活をしているという。

石油や灯油や、石炭、あるいは電気といった近代的な熱源とは、遠い昔から無縁の暮らしを続けてきたという。先進国では、電気やガスや灯油が手軽に手にはいるから、煮炊きに木炭を使うことは今ではほとんど無い。しかし、ほんの50年前、国内で我々が貧しかった敗戦直後、木炭で乗り合いバスを走らせ、石炭で飯を炊き、風呂を沸かしていた。今日からみれば、50年前の我々と同じ暮らしが、今なおアフリカや中南米や開発途上国の一部での住民の暮らしの中心だという現実がある。

私の太陽光加熱器は直接、食事の煮炊きには使用できないが、80度に高めた湯を鍋に溜めて、炭火で追加加熱すれば、十分炊事に使える。この器具を使うことで、アフリカや、南米など開発途上国で、石油や天然ガスなど近代的なエネルギーに恵まれない諸国で、天然自然の保護をしながら、太陽の光と熱を利用した暮らしが実現できたら、すばらしい。地球規模で進行する炭酸ガスの温暖化への影響が懸念される今、このような試みの積み重ねで、少しでも日常生活から炭酸ガスの発生量を減らせるなら、本望だ。

 

編集長より

中原論文の最後の二行については、失礼ながら同意できません。

 

 

「環境問題を考える」掲載論文

251. 熱 禍 (打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!)

 

 アンビエンテ編集長 古川清久(自治体職員)

 

熱 河

 

私が勝手に創り出しただけのものですが、ヒート・アイランドの意味を持たせた造語で「熱禍」(ネッカ)と読んで頂きます。

“ネッカ”と言えば、ついつい満洲事変から支那事変の泥沼に引き摺り込まれるきっかけとなった満洲(国)の一省、熱河省を巡って行われた「熱河作戦」()を思い出してしまいますが、これについて書き始めては、最初から脱線になってしまいます。

 ただ、敗戦から六〇年を経て、ひとりよがりの国土交通省の官僚によってもたらされたヒート・アイランドという名の新たな敗戦(国民が蒙る災禍を敗戦と言うならば)を思う時、「熱禍」から「熱河」を思い浮かべる事に全く必然性がない訳でもないのです。

まず、ヒート・アイランド現象は人間の手ではどうしようもない天災とか異常気象、さらには天変地異とかいったものでは全くなく、ここ数十年で到達した国土交通省を先頭とする国家機関(農水省など)の暴走(かつての武藤章や牟田口蓮也といった連中が引き起こした陸軍の暴走)によってもたらされた人災、国による国土、生活環境の決定的破壊でしかないのであり、この無能極まりない国家機関という国民と国土への敵対者=国賊によって引き起こされた第二の敗戦に等しいものなのです。

“禍”は“わざわい”であり、鬼のなす業(ワザ)のハヒ=ありさま のことですが、人間というよりも国土交通省のもたらした災難のことを意味するものと思っていただいて構いません。

それはともかくとして、前回の「“打ち水大作戦”の大間抜け」がヒート・アイランド問題の総論とでも言うべきものであった事に対して、今回は、国土の再建に向けた各論になるものであり、さらに下世話な話をしたいと思います。

 

熱河作戦 : 満洲国は満洲事変により中国東北三省、内蒙古(熱河省)に成立した植民地国家(私は本来、満洲は満洲族の国土であって漢族のものなどではないと考えており、“日本が中国を侵略した”といったありきたりの議論に単純にくみすることはしません。満洲が中国の領土であるという議論は歴史を鵜呑みにする人間の言う事でしかなく傀儡政権といった政治的な意図を持った蔑称は使いませんが)でした。その熱河省の主席であった汪兆銘派の湯玉麟(トウギョクリン)は張学良と通じ、熱河省奪還のための抗日軍を組織して侵入を繰り返します。このため、一九三三年、関東軍は熱河作戦を発動し山海関を占領するに至ります。満洲事変の元凶であった石原莞爾は満洲を確保する事を第一義的課題として長城線を越えて中国本土に入るような戦線の拡大には一貫して反対しますが(山海関を越えるな!)、満洲国内である熱河すら安定せず、その後の北支事変へと発展していくのです。

 

この作戦は、緒戦では関東軍の機動作戦が図にあたって、約十日間で熱河省を掃蕩(そうとう)したが、三月初旬、喜峰口をはじめ、長城線重要関門を攻撃する段になって中国中央軍の頑強な抵抗にあい、予想外の苦戦を味わわなければならなかった。そのために、戦闘は長城線を越えて、やがて後の灤東(らんとう)作戦につらなるのである。

「関東軍」在満陸軍の独走 島田俊彦(講談社学術文庫)

 

※ 今回、満州の表記を“満洲”としました。前述の島田俊彦による 「関東軍」在満陸軍の独走 においても、表記は“満州”とされていますので、必ずしも拘る必要はないのですが、ツングース系の民族である“マンチュリア”の表記は水に生きる民との認識から“満洲”とされたのであり、本来、その方が正しいと考えるからです。

中国共産党政権はこの民族が打ち立てた国家である清国の存在をよしとせず(漢族が清国によって支配されていた)、水に生きた独立した民族の記憶を消したいと考えているかのようです。

 

高温多湿の消失

 

十年ほど前から感じていたことですが、東京は意外に涼しいと思っていました。これはそのまま理解されると実質的には誤解になると思うのですが、“大都会の夏は暑くてたまらない”といった先入観を持って覚悟して田舎から出て来た割には、日陰は涼しく東京湾からの風道になっているビルの谷間などでは爽快感さえ感じられたのです。

私は佐賀の片田舎の地方都市に住んでいる人間ですから、夏になると周りにある多くの水田には水が張ってあります。このため、水が多い分だけ周囲の気温は低いとしても、湿度が非常に高く蒸し暑い日が続きます。一方、コンクリートで固められた大都会は湿度が極端に低く日陰に入れば結構凌げるのです。最近は少なくなりましたが、“カリフォルニアは気温は高いもののカラッとしていて爽快だ!”などといった気取った話をかつては良く聞いたものでした。少なくなった訳は、私たちの周りでも実際にそのような状態になっているからなのかもしれません。しかし、このことは、事実上高温多湿と言われてきた日本型気候の消失とも言え、木をなくし林を消し森を壊した大都会東京の最期の姿を示しているとも言えるのです。

皆さんは高温でも乾燥した国土を愛しますか?それが文明だと考えますか?欧米化は経済、社会、文化の面ばかりではなく、自然環境の面でも急速に進行しているのです。

 

コンクリートのレインコート

 

都会がコンクリートのレイン・コートに覆われていることは、既に、「“打ち水大作戦”の大間抜け」である程度書きましたが、最大のレイン・コートに覆われた空間は、地下都市とも言うべき地下街でしょう。しかし、この問題を持ち出すと混乱しますので、ここでは、将来乾燥が進むと黄河流域黄土高原の穴居住宅のように地下で生活しなければならないかもしれないとだけ言っておきましょう。

都会がコンクリートに覆われている事のメリットを考えた場合、剥き出しの土は雨によって流れ出します。都会の運動場が一時期コンクリート化された背景には土壌の流出と、その土の補充や草刈のコストや手間が問題になったからでもあったのですが、それは、剥き出しているからであって、日本のような高温多湿の土地では必ず草木が覆い茂り、根を張るのですから、それを保ってさえいればそれほど流れ出すことはないのです。

問題は駐車場とか歩道でしょうが、車椅子までも考えて一定の舗装はするとしても、全てを雨のあまり降らないヨーロッパ庭園風に変える必要などないのであって、ここにも明治以来の欧化政策の残滓が見え隠れしています。

仮に舗装するとしてもやりようはいくらでもある訳で、雑石、廃煉瓦、廃瓦と土を併せて施工し草が生え、水が地下に浸透するように施工してコンクリート舗装を必要最小限に限定すれば良いだけなのです。

やり方にもよりますが、仮にコンクリートで施工したとしても大した強度はないのであり、二、三十年もすれば劣化して廃棄物に成り下がり処分しなければならなくなるのです。

それよりも、落ち葉掻きや草刈りするとしても、枯れては生え、毎年、毎年、新たな葉を蓄え、日差しや雨を和らげる木の覆いは永遠にもつのです。これは、歩道、公園、駐車場、壁面、川端など全てに言える事で、コンクリートの覆いなどは必ずしも必要はないのです。最近では木製(間伐材)のブロックもありますので、歩行者に辛い歩道、道路を改良することは決して難しくないのです。

そもそも、アスファルトは熱容量が大きく、昼間蓄積された大量の熱を保っており、夜間にそれが放出されるのです。ホームレスはこの事を知っているので、道路で寝るとしても冬場はコンクリートよりはアスファルトを選ぶのです。

道路構造令、河川構造令、建築基準法、その他の補助金の規則など、一切は人間が決めたものに過ぎないのであり、どのようにもなるのです。

 

道路で働く人々に人権を

 

真夏の道路作業ほど辛い仕事はないでしょう。この炎天下で行われるアスファルト舗装の作業に至っては五〇度にも上がるそうですから、その辛さは想像を絶します。いつも思うことですが、ひところ二十代の税務署長などの“馬鹿殿教育”の見直しが叫ばれたことがありましたが、国土交通省の新米キャリア官僚に現場の実態を教えるためにも、道路舗装の交通整理でもさせてみてはいかがでしょう。数分でノック・アウトとは言わないまでも、まず、一時間はもたないのではないでしょうか。

かく言う私も夏の炎天下の釣りを昔はやっていたのですが、十五年ほど前から夏場の数ヶ月は釣りから完全撤退しています。釣りのように面白いならばいざ知らず、くそ面白くもない炎天下の交通整理などできるはずもありません。実際、この辛く危険な仕事を良くやれるものだと感心も驚きもしますが、まず、労働基準法には完全に抵触するでしょう。

気象台によって伝えられる最高気温といったものは、百葉箱の中で直射日光が当たらない高台のある程度緑のある場所で観測する事になっていますから、直射日光が当たり排気ガスとコンクリートなどからの照り返しに曝される破壊された環境の路面とは全く異なるものなのです。

歩道までも不必要にアスファルト化された真黒な路面で作業する土木作業員、交通整理要員にとって、雨や強風はそれこそ天の恵みに思えるでしょう。まず、現実の地表温度、体感温度というものは五〇度を越えているはずであり、人権の面からも炎天下の日昼での作業は禁止し、原子力産業なみの危険業務として短時間、短期の交代制、作業中でも頻繁な交代制を敷くべきでしょう。

最近は交通渋滞を避けるためと称して長延長、長時間の夜間作業が行われていますが、実際には作業員が対応できなくなっている事が反映されているのではないかと思うばかりです(通行車両に迷惑をかけて、長延長、短期で機械化された工事として大手だけが高い単価で受注できる仕組みでもありますが)。

 

土日になると降ってくる雨

 

ひところ、“土日になると雨が降る”といったことが言われていました。私も日曜釣師の端くれですから雨や風には敏感でいつも気をまわします。このため、被害者意識も手伝ってか確かにそういった実感を持っていました。ただし今ではそれさえも狂ってきたといった気がしています。

この、“土日になると雨が降る”という、にわかには信じられないような話は、気象予報士などの間で囁かれていたもののようですが、もちろん大都市ばかりではなく、地方の都市部にもあてはまるものと考えています。当然ながら本来の自然現象ではないのです。

一般的に人間の活動は週単位で行われます。土、日、祭日に働かされる人間が増えているのは事実ですが、通常、産業活動は月曜から金曜にかけて行われ、その結果、雨さえなければ大気中の浮遊粉塵量が最も増加するのが終末になると考えられるのです。

昔は風呂も煮炊きも暖房さえも薪に頼っていたのですから、大気中には煙が漂い、それを凝結核として風の無い日は朝霧が良く出たものです。もちろん今はそのような優雅な風景は過去のものです。

最近は工場のばい煙(この言葉も死語になりつつありますが)も減っていますから、現代の凝結核とはさしずめディーゼル車などの排ガス粉塵に大陸起源の黄砂やスモッグになるでしょう。

その大気中に漂う粉塵量が最も大きくなるのが週末だとすると、週末になると雨が降りやすくなるのは良く理解できるのです。一旦、雨が降れば雨とともに大気中から粉塵が地表に洗い落とされるのですから、再び浮遊粉塵が蓄積されるまでは雨が降りにくくなるという訳です。これが科学的な分析であるかどうかの判断は読者にお任せするとして、この現象さえもどうやら消えつつあるのではないかと思うこの頃です。もはや都市ではいくら凝結核が供給されても、そもそも雨になる水が下水道管で持ち去られ、地表には存在しません。なけなしの都市型豪雨さえも国土交通省の愚かな政策のもと、全てが下水道管で持ち去られ雨樋と化した都市型河川で海に棄てられています。私には国土交通省は気が狂っているとしか思えません。

言っちゃ悪いのですが、土木をやろうとする人間は理工系とは言っても物理や化学が分からなかった連中なのではないかと思わざるを得ません。彼らは結局、ヒート・アイランドの発生する仕組みなど理解できていない土建屋上がりの地方議員と同程度の頭なのではないかと・・・。だから“打ち水大作戦”などといって無意味なパフォーマンスに下水再生水を配ったりしているのではないかと・・・。思うものです。

 

都市型集中豪雨

 

昨年(二〇〇六年八月下旬)も大阪の豊中で時間雨量一一〇ミリという都市型の集中豪雨が発生しましたが、この水がどこからやってきているのかを考えていました。砂漠に雨が降らないのは砂漠の表面に水がない事が最大の原因ですが、既に、都市もその表面から水を失っているのです。豊中は大阪北部丘陵の比較的緑の多い場所であるのは事実ですが、どうもそこの水をかき集めて降ったとは考えられません。

都市は熱せられ上昇気流が発生します。しかし、乾燥しているためになかなか雨にはなりません。ただ、あまりに熱せられ巨大な上昇気流が形成されると、周辺の農村部などからかき集められた水分を多く含んだ空気と、海から送り込まれた湿った南風とが一気に押し上げられ巨大な積乱雲が形成されて都市型豪雨になるのです。これは水を含んだ竜巻のようなものですが、この大雨も都市住民からは忌み嫌われているために、いち早く排水され海に押し流されてしまいます。このため、都市の乾燥化を防ぎ次の雨を準備する材料にはならないのです。もはや、国土交通省を叩き潰さない限り、豊かな自然が傍らにある環境は戻ってこないでしょう。

 

内水氾濫

 

下水道による生活廃水の地中化が都市の乾燥化と気温上昇に関係している事は既に述べましたが、なけなしの雨水さえも地下放水路に流し込み、川そのものに蓋をするといったことによって乾燥化した都市のさらなる乾燥化を推し進め、気温上昇に歯止めが掛からないものにしているのです。現在、国土交通省によって進められているものにヒート・アイランドを抑えるものはまずないでしょう。彼らによって都市環境の破壊は最終段階まで進むことでしょう。この中で発生する都市型集中豪雨によって雨水が一気に河川に流れ込み水位が一気に上昇するために雨水が逆流するのですが、これを彼らは内水氾濫と呼んでいます。結果、地下水道の空気圧が一気に上昇し、空気銃のようにマンホールの蓋が飛び上がる現象が続発していると聞きますが、まさに、都会は国土交通省によって破壊され尽くした結果、このような怪奇現象が起こるお化け屋敷と化しているのです。

 

カナートとしての上水道を考える

 

中央アジアなどの乾燥地帯にカナートと呼ばれる地下水道、地下灌漑施設があることは有名です。オアシス農耕民は延々とトンネルを維持し命の水道を守っているのです。

では、なぜ彼らはトンネルを掘ってまで水道を地下に持ち込んだのでしょうか。もちろん地上に水道を造っても直ぐに砂に埋まり、地下に浸透し、残った水もすぐに蒸発してしまうからです。水の絶対量が不足するどうしようもない乾燥した土地ではこのような水道を造る事しかできないしそれこそが正しいのです。では、日本はどうでしょうか、周りに多くの水があるにも関わらず、水道は時として百キロ以上も離れた場所から供給されているのです。

本来、上水道が建設された背景には大規模な都市化があったのです。いち早く水道を造った(最も早いのはモヘンジョダロでしたか)ローマも延々と水道を造ったのですが、基本的には水の絶対量が不足していたからでしょう。日本は伝統的に農業国家であったために水を得やすいように分散して居住してきたのです。このため、上水はそう遠くない周りから獲得し、同じく周りの水路に流してきたのです。

私は二十年ほど前に熊本県の人吉に近い山村の集落(一勝地)で五右衛門風呂のある農家に泊まった経験がありますが、朝起きるとタオルを渡され家の裏の水路に行くように言われました。裏に出るときれいな用水路が流れており、そこで顔を洗い歯を磨いた事があります。このように、一九八〇年代においてさえも上水と下水が一体の場所が残っていたのです。もちろん、これを普遍化せよなどと言うつもりはさらさらありませんが、比較的水に恵まれている日本においては、可能な限り水は周辺で調達し周辺に還元するべきであり、上水道、下水道を文化的と考えるのはそろそろやめるべきであると思うのです。本来、水は使用した人間がその場で浄化して川に戻すべきであり、各々に複雑に汚された水を全部まとめて処理しようとするなど不可能な上に効率も悪いのです。天水を利用するなど、徐々に広域下水道を廃止し、小さな単位での処理水を川に戻すべきであり、上水道と言えども使用した人間にその場で処理させ、循環させ、極力廃止する方向に向かうべきなのです。こうして、上、下水道の廃止の延長に水循環、熱循環の復元が望めるのです。

 

高台の岩場

 

住居をどこに構えるかという事を考えた場合、百姓の目から見た好地は決して高台の岩場などではありません。例外的に宮崎県の高千穂町、日之影町など崖地の上に集落をつくる場合がありますが、これは作物(概して雑穀)の日照を重視していたものであったからであって、この場合でも背後に豊かな里山があり水の確保に問題がなかったからに過ぎません。

近年、高台(往々にして重要な里山)を破壊して、○○ケ丘、○○台といった醜悪な名の付いたにわか造成地に集まって住む向きがありますが、一頃前までの稲作農耕民の目から見た場合、そのような土地に家を建てた者は笑われてしまった事でしょう。百姓にとっての住宅好地とは、背後に豊かな里山が控え、住居の補修に必要な資材(竹、蔓、木材、土)や飲水、燃料(薪、落ち葉)の確保に困らない土地であり、かつ、通作距離の短い場所に求めたものだったのです。 

眺望だけが売りの土建屋系議員などが好む高台の豪邸といったものは、およそ住み着こうなどとは考えもしなかった場所であり、取引価格としても非常に低いものだったのです。このような感覚で都市を見た場合、六本木ヒルズなどといった高層ビルは、古老の百姓の目には“どうしてあのような場所に住もうとしますかなあ”というものになるでしょう。当然ながら、もしも停電したら水、食料、燃料の調達から、廃水処理さえも直ちに困窮し、地上に降りる事さえできなくなってしまうのです。停電を短時間のものと考えるのはイメージ、想像力の乏しい人間でしかなく、まずはお気楽というべきでしょう。それほどまでにこの都市文明が磐石なものと考えるのは誤りなのです。大災害、暴動、内乱、戦争、巨大津波、エネルギーの高騰、放射能災害(これは都市、農村に関係なく破綻に導きますが)など、都市化の行き着いた先が高層化であり、耐えがたいまでのヒート・アイランド化がその先に控えているのだとすれば、結局は高層化によって生み出された空地を緑化し、複林化していくしか方法しかないのではないかと思うのです。

こと、ヒート・アイランドの側面から都市を見た場合、普通は人が住み着かなかった場所の崖地にまで人が住み着き里山を破壊した事、水と里山を大切にした農業を捨て去り異常な空間を形成した事、水を遠いダムから水道管によって配られるものとしてしまったために川をただただ雨水を吐き出すためのものと考え、コンクリートで覆い、地下放水路にまで変えようとしている事の延長に現在の環境破壊も存在しているのです。

 

国土交通省によって破壊された大都市をどう再建するか

 

@) 屋上緑化、壁面緑化

これは技術的な問題よりも、「いつまでにどの程度義務付けるか」といった問題でしかありません。既に技術は完成しているはずです。草花程度なら直ぐにでも可能でしょう。「打ち水大作戦の大間抜け!」で書いた簡易屋上張り水と併用しても良いのです。個人で始めるとしても、屋上に使用済み紙おむつ(植物への第一段階の栄養はこれで十分でしょう)などを敷き詰め、その上から砂や泥や小石を少しづつ敷き詰めるだけで完成するのです。問題は、泥の流出と排水口の目詰まりでしょうが、少しずつやるとか、排水溝を取り囲むように浅いプールを施工すればこの問題は解消できるでしょう。いずれ水草などが生え、トンボが卵を産みに来るようにもなるはずです。

問題は、樹木が植えられるかです。もちろん、吹きさらしの屋上ですから、木が成長して台風などで落下するような事態は許されるはずがありません。その場合は、ビルの外郭の枠を義務付ければ対応できるはずで、土壌の深さを制限さえすればそれほど大きな樹木に成長するはずはないので盆栽の大木と同じなのです。

 壁面緑化はそれほど簡単ではありませんが、蔦を這わせるぐらいはすぐにでも可能でしょうし、保水性のある壁面緑化技術はある程度確立していますので(ミラクル・ソル工法でしたか、垂直の壁面でも対応が可能になるのです)、一般住宅や小規模ビル程度にはすぐにでも対応できるでしょう。

 

A) 道路を造り変えろ

道路舗装を透水性のものに変えていく傾向が一般道路でも認められますが、これは雨天でのスリップ事故対策といった話に過ぎず、ヒート・アイランドに対してはほとんど効果がありません。なぜならば、吸い込まれた水は底で受けられ、道路側溝に落ちるだけだからです。ただし、これでも多少は道路側溝に落ちる排水嵩を調整することによって、いくらかの効果を得る事は可能ですが、本来は少しでも地下の地盤に浸透させる事が重要なのです。ただ、応用は可能ですから最初から否定する事は止めておきましょう。要はやりかたなのです。

道路舗装については、路盤以下に雨水を浸透させると水道(ミズミチ)が生じ、陥没事故が発生するために透水性舗装を敬遠する向きもありますが、これも発生頻度の問題なのです。ヒート・アイランド対策のためだけならば、路盤以下には手を着けずに、紙おむつ用の素材やスポンジ状の合成樹脂(吸水性ポリマー)を敷き詰めても良いですし、陥没しないようにワッフル構造やハニカム構造にしても良いのです。

 これまで透水性舗装は強度が問題だとされて普及が遅れてきましたが(私は本当に強度が低いかどうかよりも既得権の問題と理解しています)、現実には舗装し直さなくても良いものまでもが工事が行われ、配分される予算を完全消化して道路舗装企業(大体、大手地場の別会社や子会社なのですが)に吸い込まれる仕組みになっているという話も聞こえてきますので、所詮は屁理屈の類に過ぎないでしょう。

歩道の方は陥没事故の心配も車道ほど気を使う必要はありませんし、強度などさらさら問題になりません。それに、歩道の舗装し直しなどほとんど不要だからです。それ以前に、本当に舗装が必要かどうかさえ疑問なのです。まず、街路樹のある歩道は、地下に水が入るようにもっと地面を大きく開くべきでしょう。また、煉瓦や瓦や石畳と土とで施工し、草の生える部分を増やしても構わないのです。ジョギングやウォーキングで歩く人間が夜間にシフトしているのも暑さと関係があるはずですし、硬いアスファルトを歩くよりも土や草を踏んで歩きたいはずなのです。

また、歩道を路面と同じ程度の高さに施工し、車道に降った雨を歩道の中に引き込み、滞留型の小河川を造っても良いのです。これだけでも道路は人間にとって潤いのあるものに変わるはずなのです。

そもそも、なぜ歩道を車道より上げてきたのかを遡れば、明治以来の市街地の歩道整備がヨーロッパを模範とし、その猿真似から始まったものが戦後も続いてきただけの話でしかないのです。ヨーロッパの街中の歩道が路面よりも高く施工された理由については諸説あるようですが、トイレットが完備していなかった時代には道路に面した建物から人糞が投棄される慣行があったために(もちろん馬車が主流であった時代ですから馬の糞尿はあたりまえだったのです)、雨が降るとぬかるんで道を歩く事がほとんどできなかったために歩道を高くせざるをえなかったと言われています。本当かどうかはわかりませんが、ハイヒールの起源もそれが理由という話を聞いたこともあります。日本では、道路に人糞を投棄する慣行は全く無く、確実に集められて肥料にされていたのですから、幕末に来た欧米人が日本は清潔な都市だと評したという話しさえあるのです。

現在、都市部に造られた歩道はともかくとして、車での移動が中心になっている地方都

市や農村では、登下校の小中学生をのぞいて歩道を歩いている人間はほとんどいませんが、手始めとして観光地を中心に実験を始めても良いはずです。現在の歩道は既に道路が過剰供給になっている中でなおも道路工事を拡大したいためだけに便法として利用されてきたものでしかなく(車道拡幅、四車線化、歩道、両側歩道化と道路工事を拡大させてきた国土交通省も、そろそろ過剰供給になっている事は十分に認識しているはずなのです)、くだらない工事を繰り返すよりはヒート・アイランド対策としての転換を図るべきです。そもそも、ヒート・アイランドの元凶は国土交通省なのですから。

 

B) 都市の舗装を変えろ

 都市の緑地率が低下している事は言うまでもありません。しかし、手っ取り早くヒート・アイランド対策を行うとするならば、道路よりも簡単でしょう。駐車場やテラスといったもののアスファルト、コンクリート舗装を引き剥がし、廃材や間伐材などで簡易舗装にすれば良いのです。土と草の部分を可能な限り拡大し、本当に必要な部分だけを舗装すれば良いのです。

 この手のものは、行政機関、学校、公民館・・・といったものから随時行っていけば、十年を待たずしてかなり具体的な効果が見えてくるでしょう。

 この程度の事なら、権限をほとんど持たない環境省に渡しても良いはずで(環境大臣の小池百合子は“打ち水大作戦”ではしゃぐ程度ですから、恐らく事の重要性については全く理解してはいないでしょう)、補助金で自発的に行わせるか(民間企業の敷地の舗装については、新規は法で規制し、既にあるものは補助金で行っても良いでしょう)、法律で強制するかは国家の選択の問題ですが、予算規模と対策のスピード、時間との戦いでしかありません。

 

C) ヒート・アイランド対策と建築確認申請

 家、マンション、オフィスビルを建てる際に建物の設計審査が行われますが、その際に駐車場、玄関、庭などの舗装を可能な限り制限し、最低でも透水性の舗装にすることを義務付けるべきでしょう。排水路や側溝を浸透性のものに施工し、雨水を一時的に貯留する底穴の空いた防火水槽(プール)の設置を義務付けるとか、庭の隅に素堀りの地下浸透升を造るようにする事を奨励するのです。

 これは新規の着工について行うものですが、このような考え方で地面の改築を進めていくのです。これらの施策はもっと早く行われていてもおかしくないのですが、国土交通省に都市のヒート・アイランド化の責任が自分達にあるという認識がかけらもなかった事により対策が全く打たれていないのです。

▲ どこにでも見られるコンクリートで覆われた駐車場

 

D) 巨大地下貯水池

 東京都は都市型豪雨によって溢れ出した水の受け皿として、杉並区の環状七号線の地下四〇メートルのいわゆる大深度地下に延長数キロ、貯水能力数十万トンという巨大貯水池を完成させています(一期、二期合計:延長四.五キロ、五四万トン)。現在、この計画は都の財政悪化によって凍結されていますが、本来は東京湾まで地下河川として伸ばすことになっているのです。現状では完成していない地下放水路で雨水を一時的に溜めるものでしかありませんが、長期間溜めて利用できる可能性もあり、また、渇水期に本来の河川(神田川)に上流域から還流できる可能性もあるので単純な評価はできないでしょう。ただし、河川の地下埋没は、それ自体として都市のヒート・アイランド化を大規模に促進するものであり、所詮は生まれてしまった私生児をどうするかといった程度の話なのです。少なくとも、夏場の大都会の地下に巨大な水塊があることそれ自体は多少の冷却効果があるとは言えるのですが(もちろん無いよりはましという程度のものです)、将来、上水機能を持たせる計画があるのか、洪水対策だけを考え、一時的に貯水して徐々に放水するのかも分かりません。

ただし、洪水調節が目的ならば通常は空にしておかなければならないわけで、大雨の後に、河川に還流させれば、その時だけは一定の効果があるという程度の代物です。

 この計画は時間雨量五〇ミリを想定したものでしたが、昨年九月の六〇ミリに対しては無力であったと言われています。建設費一〇〇〇億円を投じて当初の目的であった洪水調節さえも達成できていないのですから、まずは、大手ゼネコンにくれてやった事業と言わざるをえないでしょう。地下貯水池はダムの抑制、再生水の循環利用と多くの可能性を持っていますが、今回はヒート・アイランド中心の話に限定していますので割愛します。

 

E)地下街、地下空間をどう評価するのか

 日差しの強い日に日傘を差すように、日の射し込まない地下に入ることはそれなりの効果があるのは事実ですが、これをどう考えるのかはかなり難しい問題です。

 夏に鍾乳洞や風穴に入ればそれだけでもかなり涼しいことはどなたも経験されているでしょう。これは、鍾乳洞や風穴といった特殊なものに限らず、トンネルや防空壕(こんなものにはあまり入られた経験はないでしょうが)やダムの堤体内通路でもある程度は実感できますので、冒頭で“黄土高原の穴居住宅のように地下で生活しなければならないかもしれない”などと書いたわけです。では、地下街や、地下空間はどのように評価するべきでしょうか。

この手の話は近藤邦明氏の領域になりますのでアドバイスを得なければなりませんでしたが、彼によると、コンクリートで固めた人工的な地下空間と鍾乳洞や風穴といったものには多少構造的な違いがあり、同視する事はできないという事でした。ただのメールでのやり取りでしたが、正確を期すために、以下、近藤見解をそのまま掲載します。

 

  鍾乳洞ないし風穴の場合、石灰岩の浸食地形であるか、火山性地形であるかには差がありますが、共通するのは多孔性の構造を持っていることです。一つは寒冷な時期に地表に通じる穴から寒気が侵入して多孔性の風穴や鍾乳洞内の壁面を蓄熱装置として冷却しているというものです。場合によっては部分的に氷室になっている部分もあるでしょう。夏には外気が高温=低圧になるため相対的に高圧になった風穴や鍾乳洞から冷気が噴出することになります。もう一つの理由は要するに冷却水の存在です。地下水自体が地面の断熱によって年間ともに15℃程度で安定しているのは勿論ですが、さらに風穴や鍾乳洞内の壁面にしみ出す地下水が蒸発するときに潜熱を吸収することによって更に冷却するというものです。

   地下街や大規模下水道の「発達」した都会では、まず地下水位が極端に低下していると考えられますから、地表からの蒸発量が減っています(ヒート・アイランド現象ですね)ので、地表面の断熱効果はかなり低くなるばかりか、逆にコンクリートやアスファルトで被覆された蓄熱装置として機能するため、都市化以前の地下空間ほど涼しくはないでしょう。また地下水はあったとしても、都市の地下空間への「漏水」は邪魔者として速やかに排除されますから、蒸発の潜熱として冷却するという機能も期待できそうにありません。

 

というものです。いつもながら明解ですね。ここでも水循環が熱循環の鍵である事が分かります。

多少似たものとして、核シェルターや長時間潜航する原子力潜水艦内部の熱環境の問題があります。前者は放射能の流入を一切拒絶する事を目的とするために造られる完全に閉鎖された空間であり、後者は海中の潜水艦内という完全に閉鎖された環境ですが、最大の問題は人間自体が発する体温と人間の生活に伴う廃熱の処理と言われています。これが前者においては特に難しいのです。

地下街は必ずしも完全に閉鎖された空間ではありませんが、内部の熱の問題によって直ぐに冷却装置に頼らなければならなくなるのでしょう。排気口を使って熱せられた空気を排出するとしても、替わりの空気を巨大な鍾乳洞のような大きな地下空間から永久に供給できるならば別ですが、そのようなことはほぼ不可能であり、地下街は、太陽の直接放射を遮る事が可能になる以外は、何の意味もないものであることが分かると思います。つまり、素堀りの壁面を維持する黄土高原の穴居住宅以下のものであるということは明らかなのです。

 仮に鍾乳洞や風穴にレストランを作ったとしても、大繁盛して多くのお客がやってくれば、直ぐに破綻し、大型の冷却装置が必要になることでしょう。地下街も、地下マンション(そんなものがあればですが)も決して住民を快適にはしないのです。

 

F)上、下水道をどうするのか

 現状で上、下水道を全て廃止する事は不可能です。しかし、上、下水道は既に後進国のものと理解すべきでしょう。

本来、水はそれを使う人間の周辺で調達し、極力その人間の周辺の河川に還元するべきなのです。この周辺の範囲をどのように考えるかは、その土地条件、環境によって全く異るでしょうが、一例を挙げれば、企業単位で、工場とその社宅などの居住部において、雨水を一時的に地下貯水池や遊水地に集めその一部をその敷地内で浄化して使用するのです。飲用まで利用するかどうかは選択であり、地下水に頼れる場所では地下水を、また、雨水による天水利用をできる集水面積があれば、それを浄化して使ってもよいでしょう。上水、またトイレ、風呂などの中水に利用しても良いのです。浄化槽で処理した再生水は下水道に流さずに河川に流すのです。こうすれば、事実上、既存の上、下水道から独立したエリアが実現できるのでしょう。既にその水道料金の高さから上水からは企業の撤退が静かに進行しています。その理由はダムの過剰供給状態の中でもダムが乱発されその無駄な事業のコストが水道料金に確実に上乗せされているからに外なりません。

 いずれ、企業などを中心に大型下水道からも撤退が始まることでしょう。下水道が市街地から郊外へと延長が拡大するに従って管の大型化、施設の巨大化が等比級数的に拡大し、下水道は非常に割高なものになってくるのです。

上、下水道ともに一極集中型のものにするのではなく、葡萄の房のように小規模な連携の集合体に変えていくべきであり、そのぶどうも可能な限り巨峰からデラウエアのような小粒の集合体に変えていくべきなのです。

 下水道で多くの水を一箇所に集めて処理する事が元々無茶な話で、起原が分かりやすい小さなエリアで集めた水をその汚染状況に合致した処理をするのが効率的であり、赤、青、黄、緑、黒、白、灰と多くの絵の具で混ざったものを真水に戻すよりは、緑一色が混ざった水を真水に戻す方が簡単なのです。下水道が後進国のものだと言ったのは、こういう意味からです。高度処理とか言ってはいますが、実態は極めてお寒いものだという話は下水道関係者の間では常識なのです。

 上水にしても、巨大な駐車場や屋根で集められた水をただ海に流し込んでいる現状ほど愚かなことはないでしょう。既に都市河川の中流域で取水した水を飲んでいる都市住民も多いわけですから、実質的には下水を飲んでいるのと変わりがないという話も良く聞きます。そのような中ではさらに一層雨水の利用を進めるべきなのです。少なくとも過剰供給の中でダムを建設する口実を与える必要はないのです。

 個人レベルでも企業レベルでも、可能ならば上下水道から極力撤退することをおすすめします。これらはコレラが蔓延しているような後進国でこそ有効なシステムなのです。既に、雨水の利用、浄化槽による処理の技術水準は遥かに上がっています。上、下水道の廃止は新たな産業と豊かな自然を取り戻す一歩となるのです。 

 まず、新たな発想と新たな理想の構築をその延長上に上、下水道に寄生し続ける土建業者や腐敗した官僚、議員どもの追放も可能になるのです。

 

G)最大の問題である河川をどうするのか

ここでは都市河川のあり方一般を考えるつもりはありません。あくまでもヒート・アイランド現象に対する問題として、その側面についてだけを議論するものです。と、言っても極めて単純です。河川を洪水の側面だけで考えれば、普段はほとんど水が流れず、洪水時にはいち早く海に流し込めるものが理想ということになります。このためには、できるだけ直線化されて、瀬や渕といったものがない、平坦で障害物の無い、また、周りにも通水を阻害する可能性のあるものが一切ないものということになるでしょう。ひところ前までの彼らの理想を簡単に説明すると雨樋だったわけです。事実、都会の河川はそのようなものになっているのです。このため可能な限り直線化され、堤防周辺では木が切り倒される(根が張ると決堤の原因になるとされるのです)ことになります。実際には川が直線化されると流速が増し、このことによってかえって堤防は破壊されやすくなるのですが、それを補うものとしてコンクリートなどによって補強が進められるのです。この点から考えると土木業者の理想とも重なっているのです。

川をコンクリートで覆うことは道路の幅を拡大する要請から始まったものですが、同時に水の蒸散を促進するものであることは言うまでもありません。また、地下河川、下水道はそもそも水の蒸発による熱循環に全く寄与していません。と、言うよりも大半の水を地下に流し込むことが、ヒート・アイランドの最大の原因なのです。

対症療法的ではありますが、地下河川(地下貯水池型のものはは運用によって、洪水調節後にポンプ・アップでも自然流下でも極力河川に還流させ、都市河川の維持水とすべきでしょう。また、浅いスリット状の堰を設け、また、河川に水深の違いを設け、極力貯水、溜水、流水化を求めるべきでしょう。もちろん、川床に変化を付け、渇水期でも水が残るようにするのです。

一方、枝葉の小河川や市街地の側溝といったものも、ほぼ、完全にコンクリート化されているために、雨水を流し出すという一方向の役割は持っていますが、雨がやめばただのカラカラの溝になり、僅かな水さえ保つこともできません。このコンクリート側溝というくだらないものは、周囲の地面から少しずつ水分を集めて安定した水を流すということもできなければ、乾燥した時に自らが保つ水を周囲の地面に戻すこともできません。私が理想と考える側溝とは、コンクリートの壁面ではなく、乾燥した時には室内に水分を補い、湿潤な時は余分な水分を吸収し蓄えることができる土壁のようなものです。つまり、周囲の地面と水分のキャッチ・ボールが行えるような水路、側溝ですが、必ずしも難しいものではなく、多孔質コンクリート、ネット状の側溝、極端な言い方をすれば既設の水路に一定の孔を開けても良いのです。また、側溝の形状を、深さの違うでこぼこのあるものに変えても良いのです。

こうすれば、僅かながらも水を保つ事ができますし、側溝に浅いスリット状の堰を義務付けても良いのです。掃除がやりにくいと言うのならば、スロープ状の堰にしても良いのです。泥が溜まると言うのならば望むところでしょう。なぜならば、それこそが長時間水分を保つスポンジになるのですから

▲ どこにでもある都市型河川

 

番外)使用済み紙おむつの花咲かジジイ

 末端水路の先にある地面の事を考えましょう。

冒頭で“打ち水するより、コンクリートを引っ剥がせ!”としましたので勢いで書きますが、引き剥がした跡地の荒地に自然に草が生えてくるのを待っている事は理想ですが、本当に乾燥している斜面などにはなかなか豊かな緑は戻ってはこないものです。このような破壊された環境での複林には、使用済み紙おむつを、鉛筆や、割り箸を鉛筆削りで研いだ木釘などで突き刺し、土を被せてどんぐりの種でもばら撒いておけば、かなり早く草木が生えてくるものです。コンクリートを引っ剥がした荒地では、水ばかりではなく栄養が不足しているのです。これらは河川堤防でも有効ですからゲリラ的に複林運動をされる方は、浅いダンボールの箱に使用済み紙おむつを敷き詰め、上から浅く泥を被せ、どんぐりと言わず好みの木や草の種などを放り込み、車のトランクに積み込んで、荒地にそっと置いてくるだけですからスコップで穴を掘るような苦労をしなくても良いのです。このように簡単に緑を取り返す運動ができるのですから、特に環境破壊の元凶として人生を送ってきた土建会社の社長や地方議員、天下り官僚の老後の“罪滅ぼし”、死ぬ前の悔悟の行脚には最適かと思います。自然環境を死に追い込んだのだから、ちゃんと人生の責任を取ってからくたばれ!

 

H)さらなるヒート・アイランドへ地下放水路は延びる

 地下放水路の拡大がヒート・アイランドの原因である事は論争の余地のない物理学的事実です。もしも、ヒート・アイランドが都市にとって重大な危機であるのならば、なにをさておいても国家は全力を上げて対策を取るべきはずですが、実際には全く逆の事が起こっているのです。地下放水路がひとつの要因でしかないとしても、環境省がクレームをつけるわけでもなく一方的に拡大を続けています。一例ですが首都圏外郭放水路を見てみましょう。

 

 埼玉県の東部で進む、世界最大級の地下河川の建設計画です。

   首都圏外郭放水路は国道16号の地下約50mに建設される延長6.3qの地下放水路です。施設は、各河川から洪水を取り入れる流入施設、地下で貯水したり、流下する地下水路、そして地下水路から洪水を排出する排水機場等で構成されています。

 

国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所のホーム・ページ“私たちの仕事”から

 

私たちの仕事と誇らしげに書かれていますので、まず、自分達がよほど良いことをやっていると考えているのでしょう。彼らは洪水調節のことしか頭にないのです。無自覚である事ほど恐ろしいものはありません。しかも、膨大な予算を食い潰すのですから、もはや国家機関は機能停止に陥っているとしか考えられません。

 この手の事業は、首都圏にとどまらずに地方にも拡散を続けています。最近、訪れた滋賀県でもその一端を目にしましたので紹介しておきます。

 

大津放水路は、大津市街地の慢性的な洪水被害を軽減するために、大津市南部を流れる8つの小河川の洪水を中流部でカットし、放水路を通して、瀬田川へ流下させる地下トンネル放水路です。現在、一期区間(瀬田川〜盛越川までの約2.4q)の工事を終えて、既に通水を開始しています。

 

国土交通省近畿地方整備局琵琶湖河川事務所のホーム・ページ大津放水路事業から

 

ここでは、地下放水路が全国的に拡大の様相を呈しているということを紹介しておきます。個別的にこの事業をどう評価するかについては踏み込みません。問題は、その運用と、コストです。ただ、これがヒート・アイランドを助長するものであることは理解しておいて貰いたいと思います。まず、琵琶湖沿岸の大津市では大規模なヒート・アイランドは目の前の大水塊によって緩和されていますから、自宅の駐車場をアスファルトで固めた為に暑くてたまらない程度の話であって、自業自得でしかありません。

 

I)都市型豪雨の頻発と都市の水不足について(驚愕の近藤仮説から)

上位サイト「環境問題を考える」には近藤邦明氏が書く 5.HP管理者から という非常に水準の高いコラム(?)がありますが、その No.225号(2006/08/24「都会の豪雨と内陸部の乾燥化」という驚くべき仮説が掲載されています。詳しくは原文を読んでいただくとして、簡略化して書けば、既に、ヒート・アイランドが点的な孤島にとどまらず、過熱列島、焦熱ベルトとでも言うべきものに成長しており、このことが日本列島の雨の降り方に非常に大きな変化を与えているのではないかというのです。

それは都市型の集中豪雨の激発です。本来は地表にあまねく広がるスポンジのような土から静かに水が供給され、それが蒸発することによって安定的に雨が降る穏やかな気候だったものが、海に面してベルト化した都市のヒート・アイランド帯によって強く熱せられて生じる上昇気流に南からの海の湿った空気が一気に取り込まれ海岸部の都市部だけで海水起源の大規模化した集中豪雨が発生しているのではないか、しかも、沿岸の都市部だけで降ってしまうために、残りの乾燥した大気が夏場の南風によって内陸部に送り込まれ、結果として、内陸部の乾燥化、脊梁山脈を越えたフェーン現象の拡大といったものに繋がっているのではないかと・・・。

カーテンと化したヒート・アイランド起源の海岸部の上昇気流の帯が夏場における南からの湿った大気の侵入を遮断し、列島中央部の内陸部まで水分が持ち込まれなくなっている可能性を指摘しているのです。

つまり、海岸部で降る都市型集中豪雨は受け皿がないためにその大半が海に戻され、都市の生命線でもある脊梁山脈の集水域では全く雨が降らないという傾向が促進されているのではないかと・・・。もしも、この仮説が妥当であるならば、ヒート・アイランドによる都市型集中豪雨の増加と、大都市の水不足、大渇水という現象は裏腹の関係で進行していることになるのです。

既に、“打ち水大作戦の大間抜け”で書いたように、国土交通省の河川の雨樋化、被覆化、地下放水路化、下水道化、さらには農水省のほ場整備、拡大造林などによって、大都市、地方都市、農村、山林を問わず、列島の全てにおいて不可逆的な乾燥化が起こり、そこから夏場の夕立の激減に象徴されるような現象が起こる中、夏以外でもドシャブリ的な降り方が増えていま。ヒート・アイランドはもはや夏だけの問題ではないのです。

 

ワーム・ホール ⇒ 「環境問題を考える」近藤邦明 5.HP管理者から

 No.225号(2006/08/24)「都会の豪雨と内陸部の乾燥化」

 

見失ってはならないこと

 

一応、対症療法的なものも含めて、ヒート・アイランドへの対策のようなものを提案しました。しかし、実のところ“心もとない”という思いを払拭できません。

それは、地方都市ではこの対策も一定の効果を持つのかもしれませんが、大都市ではほとんど手が打てないのではないかと思うからです。それは、地表に水を取り返すとしても現状ではそれだけの余地が取れないからです。

まず、消費する水を現地周辺で調達し、また、処理するとしても、そのための空間(例えば合併処理浄化槽)や、還元するための「生きている地表ないし表土」といったものの絶対量が不足するのです。これは、大都市の必然でしかないのであり、あまりにも過密になった都市を解体するというベクトル、つまり、人口の分散化がどうしても必要になってくるのです。従って、現状を前提として「工業的な技術」によって小規模な水循環を回復する事は部分的に可能としても、結局は余計なエネルギーを投入することにしかならないのです。まず、国や産業界の愚かな技術者達はその方向でしか物事を考えられない社会構造になっているからです。

この問題に関しては「工業的な技術」は結局のところ小手先でしかなく緊急避難的な次善の手段でしかないのであって、本質的には人を分散させる方が正しいのです。と、すると、首都機能の移転と分散の方がまだ正しいのではないかと思うのです。

それでは、都市の分散はそれ自体として可能なのでしょうか?私にはあまり期待できるとは思えません。

それは、日本の富を独占し、政策決定に力を持っている大都市圏の不動産所有者が、地価の高騰によって成立している収益構造の破壊をもたらすような首都の解体に同意するとは到底考えられないからです。

従って、この大都市圏の巨大土地資本を占拠し、そのことによって日本に君臨し続ける独占的金融資本を叩き潰さない限りそれが可能になるとは思えないのです。

ただ、ここで、唯一の現実的な可能性を指摘しておきたいと思います。それは、少子化、無産化です。

現在でもビルの裏庭などで寝泊りするホームレスの上には誰も住まない高級マンションが数多く売れ残っていますが、少子化、無産化はこの傾向をさらに助長する事でしょう。

愚かな米国ハバードのエピゴーネンで竹中平蔵と小泉がもたらした中産階級の破壊、下層階級のさらなる所得低下、富裕層による富の独占は、この少子化、無産化をさらに大規模に推し進め、過剰生産の極致にある都市不動産の価値下落を劇的に推し進める物理的基礎条件を与えてくれる事になるでしょう。

もちろん、このヒート・アイランド化への道が必然であったのではないのかという思いは消えませんが、いずれにせよ、止まらぬヒート・アイランド化への道は、さらに一層、都市を人間にとって住みづらいものにすることでしょう。そして、大都市の不動産を価値の低いものに変えることでしょう。そうすることによって、始めて都市の解体が可能になるのです。

 

国土交通省を国土再生省に

 

何のことはない。ただの看板の挿げ替えじゃないかと思われるかもしれませんが、私は非常に重要な意味を持っていると考えています。

とは言うものの、これほどまでに破壊され、なお、とどまるところを知らない都市の乾燥化への動きを止め、“都市の水循環をどう再生するのか”という問題を考えると、気の遠くなるような思いがします。しかし、元に戻していくしかないのです。

ヒート・アイランドを消すための特効薬や魔法といったものがある訳ではありません。

なぜならば、現在進行している事態は明瞭な物理的現象であって、それを元に戻すに

は物理的法則に従う以外に方法はないからです。ただ、ただ、数十年掛けて破壊した環境を数十年かけて元に戻すだけのことなのです。しかし、既に色々な技術も生まれている訳であり、本気で始めさえすれば効果は比較的早く現れてくることでしょう。

もちろん、江戸落語に登場するような日本を取り戻す事はできないでしょう。しかし、決して不可能ではないはずです。

現在、不必要極まりない公共事業が続けられています。道路建設一つを取ってみても、既に供給過剰であり、一度拡幅した道路に歩道を付け、次に二車線化し、歩道を両方付け、立体的に、道路の上にまで道路を造っているのです(一粒で何度も美味しい)。都会ならばいざ知らず、地方都市でもこのようなことが繰り返され、それに天下り官僚といった連中が食い付いて離れないのです。一方、俗に箱物といわれる何々センターや何々スタジアムといったものに至っては、そもそも全く不必要であるにもかかわらず、発注権を持った薄汚い政治勢力が税金を私的にピンはねする事だけを唯一の目的として造られ続けているのです。

このことは逆に考えれば、不必要なものを造り続けられるほどにこの国はまだ豊かであるということであり、仮に自然環境再生のために政策の舵の切り変え事業を開始すれば、無意味な事業が意味のある事業に転換できるということです。本来、このような馬鹿げた事に国家的資源を費やす事ほど愚かなことはないのであり、これらの富が国民に等しく分配されるならば、国民の幸せも増大し、科学的、文化的水準も維持されるはずなのですが、国土の荒廃がここまできた以上、仕方がないことなのです。

しかし、今後も日本に同程度の余裕があるとすれば[実はこれは非常に危ういのですが(*]、この問題は比較的簡単なのです。

今、なお、くだらない不必要な公共事業が繰り返されている理由は、土建業者、議員、官僚が自己完結的な経済網をつくりあげ、これを維持し、その中で国家の富を掠め取り続けているからに外なりません。従って、彼らはこの経済網を維持し続けるためならば、いかなる事業も喜んでやるはずなのであって、もともとビジョンのどというものを持ち合わせていない彼らは自分達の経済網が維持できるならば新幹線も瀬戸大橋も高速道路もいらなかったはずなのです。このため、ヒート・アイランド現象が彼らがやってきた延長上に生じた災禍であることが明確になり、その変更が必要である事を強制されれば(もちろん、強制させる以外、自ら悔い改めはしないでしょうが)、豊かで住みやすい環境を取り返すための自然再生型“壊す公共事業”(**)を嬉々としてやり始め、彼ら自身も人生に生きがいを感じ、生きる意味を理解するはずなのです。もちろん必要最小限の費用でこの事業は行われるのであり、土建屋の社長にだけ旨い汁を吸わせる必要はりません(この事業で働く人間の給与を一律固定にするだけでこれは可能になります)。これは増大し続ける生活保護費と自然再生型公共事業費とが入れ替わるだけなのです。

ただし、事業のベクトルを変えさせるためには、土木官僚に自らがヒート・アイランド化の最大の原因者であり、都市整備のあり方を変えなければならないという意識、理念を植え込む必要があるのです。

 

“我々の脳裏に新たな世界が構築されることなく、現在の転換はありえない。”のです。

 

 

 

我々の脳裏に新たな世界が構築されることなく、現在の転換はありえない。

 

室伏志畔

 

越境としての古代[]越境の会/編 越境通信歴史学は動いたか? 冒頭から

 

私はもちろん唯物論者のつもりですが、意識的に行動する人間の登場なくし

て社会の転換は不可能なのです。皆さんは愚かな国土交通省が引き起こした

禍の中で一生を終える事を認めますか?

 

 

*  実はこれは非常に危ういのですが : これについては既に十分書いていますので、そちらを参照していただければ幸いです。ここでは、その一部を掲載します。

 

ワーム・ホール86大公共事業時代(公共事業は止められない!しかし、終わる!)

 

・・・ コンクリートは永久のものではない

 

 公共事業が終わる!という最大の理由は、これまでに造ってきたものが、既に、十分大きくなり過ぎており、もはや手に負えなくなってきているからなのです。

例えば、新幹線や高速道路においても、早いものは五〇年に近づくものが出始めており、かなりのコンクリートの劣化(鉄筋の腐食その他)が目に付き始めているのです。

 仮に、走行中の新幹線にトンネルからコンクリート塊が大きく崩落したと考えましょう。既に想定にあるはずであり監視体制は取られているとしても、現在のような過密ダイヤ、高速運転の中で事故が防げなかった場合、そのことによる犠牲者は今回のJR西日本の事故程度では収まらないことは分かりいただけるはずです。

恐らく、その建設の背後にある多くの条件(海砂、シャブ・コン、経営体質…)から言って、後から建設された山陽新幹線の方がよほど危ないと言われているようです。

東海道新幹線の時代は、川砂で建設が進められている上に、世界一の鉄道を造るという戦後日本資本主義の気概もあり、凡そ手抜き工事などというものは考えられなかったとされています。鉄路建設技術者、鉄橋やトンネルの技術者、受注企業のモラルも非常に高かったというのです(これもどこまで信じられるのか、結局は不明なのですが)。

 もしも、新幹線路の劣化がすさまじく、そのメインタナンスに多くの予算を注ぎ込まなければならない状態で、目の前に美味しい○○新幹線建設事業があったとしても、最終的な選択は現存の稼働中の線路に投資を振向けざるを得ないのは明らかであるからです。

 JR西日本の事故に象徴されるように、安全を無視し、経営を優先して事故が発生することはあるでしょう。ただ、一般国民は新線建設工事中の事故は許容できたとしても、事故によって自らが犠牲になるかもしれない稼働中の既存路線における利用者の事故だけは絶対に許容しないと考えられるのです。このことが、美味しい新線よりも現存路線を優先せざるを得ないという意味なのです。

残念ながら、多くの犠牲を伴ったこれらの事情によって新規が止まる可能性があるのです。現在、全く必要性のない長崎新幹線の建設が議論されていますが、してみると、まだ、国家に余力があるとも言えるのでしょうか。実際には国の借金は許容限度を越え、天下りし続ける官僚と土建業者と悪質政治家どもによって、とっくの昔に国民の貯蓄を食い潰しているのですが、“精算しない(できない)経済”の賜物でしょう。

 かつて、米国はレーガン政権下において全国の高速道路に通行止めの区間が続出しました。橋梁やトンネルのメインタナンスに追われ、新規路線の建設はおろか、既存の路線が使えなくなってしまったのでした。背景にあったのは民主党から共和党への政権の移行に伴う予算配分の削減であり、その後のレーガン軍拡は平和な土建産業への投資を抑え、軍事産業への投資を増やしたのでした。もちろん、あまりにも建設が肥大化したことの結果であったことは言うまでもありません。どうやら、現在の日本の政権も同様の動きを始めているようですが。

 日本のモータリゼーションの波はアメリカに半世紀近く遅れ、五〇年代後半に始まったのですが、アメリカで高速道路の劣化(特に橋梁やトンネル)が問題になるのが建設から五〇年近く経過した八〇年代です。日本の高速道路も建設から五〇年に近づくものが出始めており、そろそろ同じ問題が始まるのです。

参考のために「道路構造物の今後の管理・更新のあり方検討委員会」なる国交省の肝いり団体の報告を見てみましょう。これは、高速道路だけでなく一般の道路も含まれていますので、危機は全体に広がっていることが良くわかります。 ・・・ 以下。

 

** 自然再生型“壊す公共事業” : これについても以下を参照して下さい。

 

ワーム・ホール64第21回水郷水都全国会議, 第8回有明海・不知火海フォーラムin 久留米・柳川  資料集挿入論文「私が書く大会宣言」から

 

環境保護運動の限界とこれからの課題(壊す公共事業の提案)

 

 筑後川水問題研究会会員 古川 清久

 

環境破壊のはじまり

 

 これまで、全国の環境保護団体や多くの反対運動は悪化する環境に危機感を抱きながら横暴な企業や破壊的な公共事業に対する勝ち目のない闘いを続けてきました。

古くは明治の田中正造による足尾銅山の鉱毒との闘い、下筌ダム建設反対運動、四日市ぜんそく、琵琶湖の汚染、そして水俣病訴訟……など多くの闘いの前史が存在します。始めは生活様式の変化による水環境の悪化や、野放しにされた企業が排出する汚濁物質が、直接、大気や河川や海などを汚すものが多かったのですが、これがいつの頃からか変りはじめます。新幹線騒音問題、美しい谷を沈め続ける多くのダム建設、ゴルフ場、スキー場などの大規模リゾート開発、ブナの森を破壊する林道建設、中海干拓、長良川河口堰問題、反対運動がなければ美しい珊瑚礁を破壊した石垣島白保の空港建設、徳島吉野川の第十堰建設、川辺川ダム建設、ギロチンの諫早湾干拓事業……など、民間企業によるものから国など行政がらみの問題が圧倒的に多くなり、中心が公共事業による環境破壊に移ってきています。これは、最終段階でのいわゆる産業廃棄物が依然として大きな問題であることには変りがないのですが、工業排水や煤煙といった生産段階で生み出される汚染が産業の空洞化もあり、ある程度収まった印象を与えているからでしょう。

まず、環境保護運動とは読んだ字面のとおり、良くて環境が守られる程度のある意味で保守的な運動です。しかし、それすらもほとんど達成できていないのが現実なのです。民間企業の場合はゴルフ場開発のように経済的に成り立たなくなれば収束するのですが、国家丸抱えの公共事業の場合は経済原則を無視して行われるために際限もなく続けられているのです。公共事業がいまだに止まる勢いにないのは、行政そのものが自らを全く制御できていないことに原因を求めるべきでしょう。

 初期の環境保護運動は、民間企業が生産活動によって直接、空や海や川などを汚したことに対して生産の制限や操業の中止を訴えその補償を企業や行政に求めるものでした。これを第一期とすると、次に現れるのは官民の別なく大規模に国土を破戒する大規模リゾート開発、ダム建設、干拓事業を止める運動でした。もちろん、この多くが達成されていないことは明らかですが、ここまでが第二期と言えるかもしれません。

 

次ぎは何か

 

 ここで、諫早湾干拓事業を考えてみましょう。イサカンは現在、工事が完全に止まっています。もちろん、これは一時的で瞬間的な勝利に過ぎず、国になびく高裁レベルではたちどころに覆されるのかもしれません。しかし、これほどの大規模公共事業でさえ止まる段階に到達したのです。この瞬間的な高みに立って環境保護運動の将来を展望する時、必然的に“止めた後にどうするのか“という問題に突き当たります。

これが「止める時代は終わった」と私達が言っている意味なのです。もちろん、“まともな補償を受け取ることも、止めることもままならない中でなにをバカな”と言われるかもしれません。しかし、この問題が解決できなければ依然として未来はやって来ないのです。逆に、ここさえ突破できれば、新たな破壊を食い止め、失われた自然を取り返すことも夢ではなくなるかもしれないのです。

一方、いまなお、破壊は続いているのですが、既に産業活動によって悪化した環境や公共事業など行政によって破壊されたままにされている環境が放置されています。

それが次ぎのテーマ“壊す公共事業”を必要とする理由なのです。イサカンのように“役に立たないどころか全く害悪しかもたらさなかった無駄な公共事業に対して、先細りになる資源をまたも投入するのか”という怒りは十分に理解できますし、それは正当な議論でしょう。では、イサカンの大堤防や土砂が堆積を続けるダムや砂防ダム、せっかく止めた干拓事業の中海干拓堤防、直線化され押し流すことしか考えていない愚かな三面張り水路や河川をそのままにしておくのでしょうか。

逆の言い方をすれば、この破壊された環境をそのままにしておいてもらっては困るのです。盗人に追銭のようですが、やはり、選択肢はこれしかないのです。ただし、これまでのような甘い汁を吸わせる必要は一切ありません。国土の復元と新たな自然の再生に必要最小限の投資で、半世紀をかけて元に戻す作業を始めなければならないのです。これが、私たちが考えている第三期の環境保護運動です。

もしも、この“壊す公共事業”に乗り出すことができれば、造ることが目的となっている公共事業の方向を変えさせることが可能になるのです。なぜならば、彼らはダムや道路が本当に必要だから造っているのではなく、工事そのものが欲しくて公共事業を続けようとしているからです。このため“壊す公共事業”が始められれば、無駄な新規を抑制することができるうえに、リストラで街頭に放り出された大量の失業者の雇用を生み出し、就業の機会を奪われ人生のスタートラインに立てなかったフリーターとかニートとか呼ばれる事実上の失業者に新たな職業訓練を行うことができるのです。さらに、大量の雇用を創出することは新たな景気循環を造りだし、経済に活力を与えることができることにもなるのです。従来型の公共事業を続けていても投資の大半が一部の利権集団と一握りの土建業者の懐だけを潤し隠匿され続けるだけで、次ぎの投資には全く振向けられないのです。これに対して、低所得者の就業を拡大できれば、彼らには貯蓄の余裕がないために、獲得した所得は全て消費に回すことになり新たな景気循環を創り出すのです。

このような、経済の再循環という副産物の付いた環境の再生、復元への道を阻んでいるものこそ、事業の正当性にあくまで固執する官僚機構なのです。

造林地の広葉樹転換、薄汚いテトラ・ポッドの撤去、押し流すことしか考えていない愚かな三面張り水路の地下浸透型親水水路への転換、需給バランスを欠き限度を越えて建設された大量のゴルフ場の復林、アスファルトで固められた駐車場の浸透型への転換、ダムの撤去、水循環を破壊した下水道を抑制し合併処理浄化槽に転換する……など、まず、これらの破壊された環境が放置されたままでは豊かな環境を取り戻すことなど全くできないのです。既に破壊されたところでは復元のための作業を直ぐにでも開始しなければならないのです。当然ながら彼らに責任を取らせるために、計画段階から住民が参加して公共事業という形で必要最小限の経費で再生事業を始めさせようではありませんか。

 

 

 

 

252. ホーム・ページ・デザインの変更について

 

四月から編集を移管し「アンビエンテ」をスタートさせましたが、ホーム・ページのデザインの加工が難しく、スタッフの“音屋の昭太郎”氏の努力にもかかわらずなかなか思うように動きません。

このため自主開発の方針を諦め、基本的なデザイン変更について外注することにしました。助けに舟とは良く言ったもので、四月の人事異動でやって来た“ネズミ男”ことS氏に紹介された嬉野町在住の“コンプタドールのマエストロ”U氏に有償で設計と施工をお願いすることにしました。現在作業中ですが、完成後は“音屋の昭太郎”氏によってメインタナンスされることになります。近々デザインを一新します。ご期待ください。

 

 出版のご紹介 

 

253

佐藤 悦子著  『ふるさとの川城原川』  ダムに拠らない治水を探る

 

さる六月一六日に開催された筑後川水問題研究会の月例会において、「城原川を考える会」(200412月に結成)代表世話人をされている佐藤悦子氏に城原川ダム建設問題に関する講演をして頂きました。

城原川ダム建設問題については、既にリポートT 38.「城原川ダム建設を許すな!」で取上げていますが、『ふるさとの川城原川』  ダムに拠らない治水を探る は、国・佐賀県共催の城原川流域委員会で町推薦委員として活動されていた佐藤悦子氏によって書かれた城原川ダム建設を巡る丹念なドキュメントです。

佐藤女史も月例会で基本高水(洪水時の河川で仮想された最大流量)や計画高水や内水や外水といった概念に悩まされたと語っておられましたが、私に言わせれば、基本高水は事実上の捏造であって、造ろうと思うダムに合わせて“この流量を調整する必要があると”逆算されたものでしかないのです。もしも、これほどの水がやってこないならばそもそもダムなど始めから必要がないからです。そして、新たにダムを造ろうとしたり、新たに堤防の嵩上げを計画する場合などには、逆に基本高水は引上げられるのです。

事実、下げられた例はなく、据え置きか引上げられたものしかないのです。私はこれが引上げられる最大の要因はどれだけ予算が獲得できるかが唯一の基準でしかないと考えています。

ただし、城原川ダムは佐賀県知事の「英断」によって、既に、建設のレールが敷かれています。国土交通省の「穴空ダム」という新手のペテン的手法による建設が動き始めているのです(恐らくこの「穴空ダム」というトリックで環境を配慮するというカモフラージュが可能であったからこそ、御用学者が動員され国・佐賀県共催の城原川流域委員会がはでにぶち上げられたのであろうと考えています。要は、初めから建設が予定されたデキ・レースが行なわれただけなのです。)。

そう遠くない将来、この城原川ダムのダム軸周辺は、原石山も含めて徹底的な破壊が行なわれることになります。そして、佐賀県に残された最後とも言える清流と渓谷が失われることになるのです。このダムを必要としているのは住民では全くなく、嘉瀬川ダムの次の仕事を欲しがっている国土交通省とその周辺の人間でしかないことがいずれ分かることでしょう。

最後には、一度として満水になることのない、つまり、なんの役にも立たない巨大なロック・フィル・ダムの残骸だけが残る事になるのです。不幸な事にこれが日本の河川行政の実態であり、同時にその一面でしかない事に空恐ろしささえ感じるものです。

この本を読んだ感想も含めて、いずれ「城原川ダム建設を許すな!」Uを書く事にしたいと思っています。

いずれにせよ、城原川の流域住民は実に愚かな選択を行なったものです。

img002

 

img003.jpg

 

img004.jpg

 

▲ 『ふるさとの川城原川』  ダムに拠らない治水を探る

 

 

254. 有明海から考える「神話と伝説」I

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

 

第三章 神話

 

アヂシキ高ヒコ根の神

 

 さて、天の若ヒコの妻、下照ヒメの泣く声が、風とともに、天上まで届きました。

 それを聞いて、父の天つ国玉の神と妻子は、若ヒコの神が死んだことを知り、泣き悲しんで、天上から降りて行きました。

 そして、喪屋を作り、葬儀の支度をはじめました。

 雁は、死者に供える食物を、運ぶ役。

 鷺(さぎ)は、ホウキで穢を、はらう役。

 翡翠(かわせみ)は、死者に供える食物を、作る役。

 雀は、臼で米を、つく女。

 雉は、泣き女。

とこのように葬儀の役割を定め、八日八晩、舞い歌い続けました。

 この時、親族が喪に服しているところに、アヂシキ高ヒコ根の神が、弔問に来ました。すると、若ヒコの神の、父と妻が、

 「わが子は、死なずにいたのだ」

 「わが君は、死なずにいらっしゃいました」

と言って、アヂシキ高ヒコ根の神の、手足に取りすがって、泣き悲しみました。

 若ヒコとアヂシキ高ヒコ根の神が、よく似ていたので、このように間違えてしまったのです。

 アヂシキ高ヒコの神は、ひどく怒り、

 「友だちだから、弔問に来たのに。どうして、きたない死人と、一緒にするのだ」

と言って、十拳の剣で喪屋を切り倒し、足で蹴散らしました。

 それが、美濃の国の藍見(あゐみ)川の川上にある喪山です。その時、手にしていた大刀の名を大量(おおはかり)といい、またの名を神度(かむど)の剣といいます。

 アヂシキ高ヒコの神が、怒って飛び去って行った時、同母妹の高ヒメの命は、兄君の名を、皆に知らせようと思い、

 

 天なるやおとたなばたの

 うながせる玉のみすまる、

 みすまるにあな玉はや。

 み谷にわたらす

 アヂシキ高ヒコ根の神ぞ。

 

とお歌いになりました。

 この歌は「夷振り(ひなぶり)」という曲で歌われるものです。

 

 国譲り

 

 天照大御神は、使者を遣いにだしますが、ことごとく失敗します。

 陸地は、年ごとに下がっています。このままでは、本当にとり残されてしまいます。もう、一刻の猶予もありません。

 

 天照大御神は、

 「今度は、どの神を遣わせたらいいでしょうか」

とおっしゃいました。

 また、思金の神・八百万の神が、一緒に相談し、

 「天の安川の、川上の天の岩屋にいる、伊都の尾羽張の神がいいでしょう。

もし、尾羽張の神でなければ、御子の建御雷の男の神がいいでしょう。

 また、尾羽張の神は、天の安川の水を逆にせき上げ、道をふさいでますので、他の神ではと

ても行けません。

 ここは、天のカクの神を遣い、意向を聞かれたらどうでしょうか」

と申し上げました。

 天のカクの神を遣い、尾羽張の神の、意向を聞いたところ、

 「まことに恐れ多いことで、お仕えいたしましょう。

 ですが、その役目は、わが子の建御雷の神が、お仕えいたします」

 

とお答えしました。

 そして、御子を、天照大御神にさしあげました。

 それから、天照大御神は、天の取船の神を建御雷に従え、葦原の中つ国に、派遣なさいました。

 二柱の神は、出雲の国の伊那佐(いなさ)の小浜に降りていき、十拳の剣を、刃先を上にして刺しました。

 そして、刃先の前で、あぐらを組み、

 「天照大御神・高木の神の、ご命令で、問いただしにきた。

 そなたが領有している葦原の中つ国は、

 『わが御子が、治めるべき国である』

 とご委任があったところだ。

 そなたの考えはどうか、それが聞きたい」

と大国主の神に問いかけられました。

 大国主の神は、

 「わたしからは、何とも申し上げかねます。

 それにつきましては、わが子、八重事代主の神が申し上げるでしょう。

 ですが、鳥や魚をとりに御大(みほ)の先まで出かけ、まだ、帰ってきておりません」とお答えしました。

 すぐ、天の鳥船の神を遣い、八重事代主の神を呼んで、意向を聞きました。

 すると、八重事代主の神は、

 「まことに、恐れ多いことです。この国は、天つ神の御子に奉りましょう」

 と父の大国主の神に答えました。

 それから、乗ってきた船を踏んで傾け、呪術の逆手を打って、青々とした柴垣に変え、その中に隠れてしまいました。

 建御雷の神は、

 「そなたの子は、今、あのように申した。他に、意向を聞く子はいるか」

 と再び問いかけられました。

 大国主の神は、

 「もう一人、わが子、建御名方の神がおります。他にはおりません」

とお答えしました。

 このようなやり取りをしている間に、建御名方の神が、千人力で動かす、大岩をかかえてやってきました。

 そして、

 「誰だ!

 わしの国に来て、ひそひそ話をしているのは。

 しからば、力くらべをしよう。わしが、まず、そなたの手をつかむぞ」

 と言って、建御雷の手をつかみました。

 建御雷の神は手をつかませましたが、たちまち氷柱に変え、さらに剣の刃に変えました。そこで、建御名方の神は、恐れをなして退いていきます。

 今度は、建御雷の神が手をつかみ、若葦でも取るように、一掴みにして投げたので、建御名方の神は逃げ去っていきました。

 それを、建御雷の神は追って行き、科野(しなの)の国の州羽(すは)湖で追いつき、建御名方の神を殺そうとしました。

 すると、建御名方の神は、

 「どうか、殺さないで下さい。この土地以外、どこにもまいりません。

 また、父の大国主の神の、ご命令に従います。八重事代主の神の、ご命令にも従います。 この葦原の中つ国は、仰せのとおり、天つ神の御子に献上いたします」

と申し上げました。

 建御雷の神は、帰って来て、

 「そなたの子、八重事代主・建御名方の二柱の神は、天つ神の御子の、ご命令に従うと申しておる。

 そなたの、本心はどうなのだ」

とお聞きになりました。

 すると、大国主の神は、

 「わが子、二柱の神の申すとおり、わたしも従います。

 この葦原の中つ国は、ご命令どおり、すべて献上いたします。

 ですが、わたしの住むところを、天つ神が、お継ぎになる御殿のように、地底の岩盤に太い宮柱を建て、高天原に届く千木をつけた御殿を造っていただければ、わたしは、あちこちの物陰に隠れております。

 また、わたしの子は百八十と、多くの神がおりますが、これには、八重事代主の神を指導者にしますので、他に、逆らう神はございません」

と申し上げました。

 以下略。

 

 ニニギの命の降臨

 

 天照大御神・高木の神は、ひつぎの御子の、正勝吾勝々速日天のオシホミミの命に、

 「いま、葦原の中つ国は平定された、と報告がありました。

 そなたに賜ると言ったように、今から降りて、葦原の中つ国を治めなさい」

と仰せになりました。

 すると、オシホミミの命は、

 「わたしが、降りる準備をしている間に、子供が生まれました。

 名は、天(あめ)のニキシ国ニキシ天つ日高ヒコホの、ニニギの命と申します。

 ニニギの命を、降ろして下さい」

とお答えになりました。

 この御子は、高木の神の娘の、万幡豊秋津シヒメの命と結婚して生まれた御子で、天の火明の命、次が、ヒコホのニニギの命の、二柱の神であります。

 

 「国譲り」では、国譲りを迫る高天原側、それを説得にいく使者、それを迫られる大国主側、と三つの立場があります。その当事者が、ここで、同時に代替りします。

 

 まず、使者です。尾羽張の神に意向を聞くと、子供の、建御雷の神を推薦します。

 次は、大国主側です。国譲りを迫られると、あれほど君臨していたのに「わが子が、申し上げるでしょう」と答えます。

 次は、高天原側です。ここでは、オシホミミの命が、降臨することになってました。ところが、オシホミミの命は、子供のニニギの命を推薦します。

 それぞれの当事者が、ここで、同時に、子供と代替りします。代替りは、次の時代に、移ったことを意味します。

 使者を決めるとき、「尾羽張の神は、天の安川の水を、逆にせき上げ道をふさいでいるので、他の神では行けません」と話します。

 先人たちは、水位が一定で、陸地が上下したと考えていた、と書きました。しかし、ここでは、反対の見方をしています。陸地が一定と考えると、水が、逆に、せき上がることになります。

 先人たちは、こんな細かなところまで、注意をはらっています。使者は、水をせき上げる、陸と海、その、最前線にいる神がなりました。

 

 天照大御神は、オシホミミの命に、進言された時と同じように、

 「葦原の中つ国は、そなたが、治めるべき国です。さあ、命令どおり、降りて行きなさい」

とニニギの命に仰せになりました。

 ニニギの命が降りることになりましたが、その時、天上の分かれ道で、上は高天原、下は葦原の中つ国を、照らす神がいました。

 天照大御神・高木の神は、天のウズメの神を呼び、

 「そなたは、かよわい女であるが、向かってくる神に、気おくれしない。

 『天つ神の御子が、天上から降りようとしている道に、そのようにしているのは、何者か』

と問いただしてきなさい」

と仰せになりました。

 ウズメの神が、問いただすと、

 「わたしは、国つ神で、名は猿田ヒコの神と申します。

 ここにおりますのは、天つ神の御子が、天上から降りて来られると聞き、先導役を勤めようと、お待ちしていたのでございます」

とその神はお答えしました。

 それから、天つ神の御子は、天の児屋の命・フト玉の命・天のウズメの命・イシコリドメの命・玉の祖の命と、あわせて五つの部族の長を従え、天上から降りて行きました。

 そのとき、天つ神は、大御神をお招きした、八尺の勾玉と八尺の鏡、また、草薙の剣を賜りました。

 また、常世の思金の神・手力男の神・天の石門別の神にも、従っていくよう進言され、 「この鏡を、わたしの御魂として、わたしを拝んでるように祀りなさい。

 それから、思金の神は、わたしを祀ることと、他のいっさいの政をして、治めなさい」 と仰せになりました。

 天照大御神と思金の神の二柱の神は、五十鈴の宮(伊勢神宮の内宮)にお祀りしてあります。

 また、トユウケの神は、外つ宮(外宮)の度相(わたちひ)に鎮座なさいます。

 中略。

 さて、ニニギの命は、高天原を出発し、天の八重雲を押し分け、威勢よく道を切り開いていき、天の浮橋の階段から浮島に渡って立ち、それから、筑紫の日向の高千穂のクジフル岳に、天降りなさいました。

 そのとき、天のオシヒの命・天つ久米の命の二人は、矢を入れるじょうぶな靱を背負い、柄の頭がコブになった大刀をつけ、天のハジ弓をもち、天のマカコ矢を手につかみ、先頭に立ってお仕えしました。

 なお、

 天のオシヒの命は、大伴の連らの祖先、天つ久米の命は、久米の直らの先祖になります。 こうして、ニニギの命は、

 「この地は、韓国(からくに)に向かい、笠沙(かささ)の岬に筋が通り、朝日が真っ直ぐさし、夕日も照り輝く国である。

 この地は、ほんとうに良いところだ」

とおっしゃいました。

 そして、地底の岩盤に届く太い宮柱を建て、高天原まで届く千木をつけた、りっぱな宮殿を造営されました。

 

 やっと、葦原の中つ国は平定しました。そして、ニニギの命は、高天原から、筑紫の日向の高千穂の、クジフル岳に降臨します。

 ここで、神話の舞台、高天原と日向が、どこにあるか、という興味がわきます。その候補地は、日本各地にあると言われています。

 その前に、国譲りが、本当にあったのか、ということがあります。

 天照大御神は、「葦原の中つ国は、わが子が治めるべき国である」といって、大国主の神に国譲りを迫ります。大国主の神は、出雲の国に、りっぱな宮殿を建てることを条件に、国譲りを承諾します。

 まず、出雲の国が、どこにあるかです。「少名ビコナの神」で、大国主の神が、出雲の御大の岬に出かけます。そこから、出雲の国は、海の近くだと分かります。

 高天原側の使者は、水を逆にせき上げる、最前線にいる神がなりました。最前線にいる神同士で、国譲りの、交渉をしたことになります。

 葦原の中つ国の、最前線にいた出雲族が、本当に、国譲りを迫られたのかもしれません。そして、追われるかたちになり、九州北部側に回り、最終的に、現在の出雲に到着したのかもしれません。出雲地方からは、先進性を示す青銅品が、多数、出土しています。

 別の、考えもあります。前、海面上昇した時、天照大御神は、高天原に残りました。そこで、その後、活躍することができませんでした。今度、本土側に渡らないと、永久にとり残されてしまいます。とり残されてしまえば、話を、先に進めていくことができません。 また、大国主の神が治めた、葦原の中つ国、出雲の国は、スサノオ時代と同じように、いずれ海没して、国を譲る運命にあります。先人たちは、巧みです。これらを総合して話が作られたので、国譲りに、なったのかも知れません。それは、これから先の問題です。

 次は、日向が、どこにあるかです。

 ニニギの命は、日向に降臨して、

 「この地は、韓国に向かい、笠沙の岬に筋が通り、朝日が真っ直ぐさし、夕日も照り輝く国である。

 この地は、ほんとうに良いところだ」

と話しています。

 日向は、朝日が真っ直ぐさし、夕日も照り輝くところです。日向は、朝日と夕日が、直接さします。目の前に障害物があると、直接、太陽を見ることはできません。日向は、東西方向の幅が、狭いところになります。

 また、日向は、韓国に向かい、笠沙の岬に筋がとおるところです。笠沙は、鹿児島県川辺郡、笠沙と言われています。日向から韓国に向かうと、その先に、現在の川辺郡、笠沙があります。

 では、韓国は、どこにあるかとなります。それについては、様々な意見があります。音読みが同じということから、大韓民国という説もあります。しかし、それでは、韓国に向うと、その先に、川辺郡、笠沙があるという話と、あまりにも違いすぎます。

 韓国は、吐カ喇(とから)列島のことではないでしょうか。

 「稲羽の白うさぎ」で、話の舞台は、ここではないかと書きました。海面上昇で、今度も、同じところを移動、後退することになります。

 『地名の語源』(角川書店刊)で、カラは、

 「唐、韓などの字を用い、中国または朝鮮半島のことで、貿易港または交通の寄港地の名に多い。一説に、カラは朝鮮南部の旧名で、マライ語のkarang(岩礁…朝鮮多島海)に由来か」

とあります。

 吐 喇列島は、平地が少なく、切り立っているのが特徴です。火山島も、あります。古代まで溯ると、ほとんどの島が爆発しています。

 切り立った島、岩礁。

 吐 喇(とから)の「と」は、数字の十で、十の岩礁、「とから」になったものと思われます。吐 喇列島は、正確には、十二の島からなっています。しかし、このような名前のつけられ方は、日本では、よくあります。

 『日本書紀』の、スサノオ時代に、韓国の記述があります。

 

 一書(第三)では、

 スサノオの尊(みこと)は、韓鋤(からさび)の剣をもって、頭を斬り腹を斬られた。

 これは、「八俣の大蛇」に、記載されます。スサノオの尊は、韓鋤の剣で、大蛇退治をしています。

 

 一書(第五)では、

 スサノオの尊が、いわれるのに、「韓郷(からくに)の島には、金銀がある。もし、わが子の治める国に、舟がなかったら、よくないだろう」

 と。

 

 ここでは「韓郷の島」と、記述されています。

 前に、韓国は、大韓民国という説があると述べました。大韓民国は、島ではありません。もし、大韓民国が、ここでいう韓国だとすれば、島とは表現しないはずです。

 また、韓郷の島には、金銀があります。金銀は、鉄類と言うことができます。韓郷の島には、鉄類があります。

 「八俣の大蛇」で、鉄類のつくり方は、早くから知っていたと書きました。

 

 また、日本は火山国で、量は少ないものの、ほとんどの鉱石が、そろっていると言われています。吐  喇列島には、その火山があります。

 また、笠砂までの行程が、記述されています。

 

 一書(第四)より、

 うきじまの、たいらにお立ちせになって、膂宍(そしし)の空国(むなくに)を丘続きに求め歩いて、吾田の長屋の、笠狹の崎につかれた。

 

 宍の空国を丘続きに求め歩いて、吾田の笠狹に到着します。そうすると、膂宍の空国は、韓国のことになります。

 宍の空国は、次のように、考えられています。

 宍は、背中の肉。空国は、やせた国と言われています。空国は、別では、胸副国と表記されています。そして、全体の意味は、背中の骨のまわりに、肉のないような痩せた国と言われています。

 しかし、それでは、どういう意味か、はっきりしません。

 背中に肉がある動物、それは恐竜です。もちろん、この時代、恐竜は生息しておりません。しかし、沖縄地方では、ミニ恐竜の、クロイワトカゲモドキなどが生息しています。当時を想像すると、大きな恐竜の、背中ように見えます。

 「稲羽の白うさぎ」では、わに鮫を、一列に並べた状態と見ていました。今度は、恐竜の背中と見ています。どちらも、ピッタリの、表現だということが出来ます。

 人も、恐竜の背中した国を、丘続き歩き求め、笠紗に到着することになります。

 韓国が分かると、日向の国が、おぼろげながら見えてきます。

 ある島から、吐カ喇列島に、向かって立ちます。その、筋を通した先に、川辺郡の笠沙があります。

 そうすると、日向の国は、川辺郡の笠沙から見ると、逆のところに、あることになります。笠沙から、吐カ喇列島に向かって立ちます。その筋を通した先に、日向の国が、あることになります。

 地図でみると、奄美諸島あたりの島になります。このあたりの島は、東西方向の幅が狭く、朝日が真っ直ぐさし、夕日も照り輝くところです。ニニギの命の、話どおりになります。

 では、そこが、どこかとなります。

 今は、海面が上昇してしまいました。もしかしたら、海没しているかも知れません。また、島が残っていたとしても、痕跡を探しだすのは、永久にできないと思われます。

 

 次は、高天原が、どこにあるかです。高天原は、天上にあると言われています。高天原が天上にあれば、現実の行き来ができません。

 しかし、この地上に、神格化した地(高天原)を、設定した可能性はあります。

 実は、沖縄地方に、天の石屋戸と、古くから伝承されているところがあります。

 

 辺戸岬の西方の東シナ海の沖に、伊平屋(いへや)、伊是名(いぜな)諸島がある。以前は、伊平屋島と伊是名島を総称して伊平屋村と呼んでいたが、昭和十四年に分村した。俗に伊是名を前地(めーじー)、伊平屋を後地(くしじー)と呼んでいる。

 伊平屋には、籠屋(くまや)がある。クマヤー穴ともいうが、土地の方言では、フマヤーである。クマヤーは、日本の神話に出てくる、天の岩屋戸であるという話がある。 

 島の人たちの多数は、むかしから、そのことを信じてきたらしい。が、広く一般に知れわたったのは、徳川時代の学者、藤貞幹が、その著書『衝口発(しょうこうはつ)』の中で触れられたことによる。

 「神武天皇は恵平也(えへや)の生まれであり、御母玉ヨリヒメは海宮(あまみや)豊玉彦の娘なり、海宮とは、琉球の恵平也なり云々」

 しかし、本居宣長をはじめ、貞幹の説に激しく反論した人は少なくない。半面、貞幹の説に関心を寄せる学者も多い。天照大御神の天の岩戸は、日向の国(宮崎県)か伊平屋か、決着がついたわけではない。

 クマヤーは、島の田名部落の北東の海岸沿いにあって、周辺に奇岩も多い。そして、手力男の神が、岩戸をあけたと思わせるような大岩が、入口にある。いかにも、伝説をほうふつとさせるものがある。

 内部の広さは二百坪ほどあって、中央の壁際に拝所がある。

 しかし、地元には、もう一つの口碑伝説があるのだ。

 むかし、米が豊富にあった時代、島に米の強盗団が襲ってきた。身の危険を感じた島の人たちは、島の北東にある大きな洞窟に隠れて、みんな難をのがれることができた。それで、くまゆん(隠れる)の意から、クマヤーと名づけられたという。

                         『日本の伝説2沖縄の伝説』より

 陸続き時代があります。前、総称して呼んだのも、そのへんが理由かも知れません。  神話の舞台は、陸続きになったり、離れ離れになるところで、九州から沖縄にかけてと書きました。高天原は、海面が上昇すると、離れ離れになり、取り残されてしまうところです。

 陸続き時代の伊平屋は、現在より、百メートル以上も高いところになります。天上にある、高天原のようです。そこに、籠屋があります。天候によっては、八重雲が、かかっていたかも知れません。

 伊平屋・伊是名を高天原、奄美諸島あたりの島を日向の国と仮定します。そこから、吐カ喇列島に向かうと、笠沙に筋が通ります。地理的条件と情景は、ピッタリということができます。

 これも、これから先の問題です。

 

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 

アンビエンテ 編集長 古川 清久

 

この話は縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承されているとする驚愕の仮説です。

いよいよ少名ビコナの神の登場です。少彦名(命)神とも書きます。現在、地名のサイトをスタートさせる予定で、地名の話を百本は書いていますが、この中で天子宮を調べています。この天子宮は有明海沿岸の佐賀、熊本、鹿児島(福岡では消されたか?)に分布しており、そこに祀られているのが少彦名(命)神なのです。久光さんの説には非常に興味をもっております。氏の

 

少名ビコナの神が、常世の国に渡っていきました。少名ビコナの神が、常世の国に渡っていったということは、再び、海面上昇がはじまったことを意味します。

 海面上昇は、陸地が下がることです。陸地は、年に一○センチ弱、海没します。これだけの海没では、最初は分かりません。しかし、四、五年すれば、おかしいと気づきます。そして、十年もすれば、あちこちで騒ぎが起こります。

 

にも相変わらず驚かされますが、今後も久光さんの展開が期待されます。

 

久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ B

 

 

W  現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!   (NO. 5)

8月号

255

得 仏                        

20070614

256

不知火海残映 5. 「 未定 」   

                      吉田 耕一

20020101

257

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 連載第7回 再生への基本的な考え方と当面の方策 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

258

“続” 城原川ダム建設を許すな!

20070701

259

未 定

 中原 孝矩(元記者)

20070203

260

里山を破壊し尽くす最悪の「急傾斜事業」

20070625

261

開聞岳を破壊する鹿児島県

20070101

262

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第11

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ D