寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)   

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 3)

6月号

239

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集を! 

            有明海・不知火海フォーラム委員会 古川 清久            

20070415

240

不知火海残映 3. 「桟橋の風」   

                      吉田 耕一

20020101

241

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第5回 

不知火海についての見解(私見) 

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

242

仮説・主犯は夜明ダムだった

“昭和28年6月の筑後川大水害を検証する”

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

243

気になる記 3  =今回よりブログに移行しました。=

 音屋の昭太郎 

20070331

244

自然石防波堤とコンクリート護岸の怪

 

245

山と川と海と

20070401

246

“有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第9回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ B

 

 

 

 

 諌早干拓の開門調査が宝の海再生への第一歩!   

 

− 有明海を世界遺産に −

 

 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007         

2007714日(土)13:0017:00 佐賀郡 川副町民会館(佐賀市)

@ 「諌早を締めてから十年間に起きたこと」

熊本県立大学理学部 堤 裕昭 教授(環境共生学部)

A 「有明海異変と大規模公共工事」 〜筑後大堰完成から22年〜

             佐賀大学名誉教授 蔦川 正義

B 「有明海の豊かさとその危機」 

鹿児島大学理学部准教授 佐藤 正典

問合先:佐賀・有明の会 川崎 賢朗 

 09033210259 携帯メール  kenroukawasaki0509@coral.ocn.ne.jp

*会場は、川副町役場の隣です。

 

239. 第10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007 に結集を!

 

現在、第10回有明海・不知火海フォーラムin佐賀2007の開催を目指して準備中です。前
掲の資料(上記)は、開催を知らせる案内文です。未確定の部分もありますが現段階での
最新情報で掲載するものです。

あの疎ましいばかりのイサカンのギロチンから十年が経過しました。“有明海異変”の
風化は致し方ないとしても一つのくぎりでもあり、ある程度空気の入る規模でフォーラム
を成功させ、有明海再生への新たなイニシアチィブを握りたいと考えています。

今回は海苔養殖の輝かしい伝統をもつ南川副漁協などを中心に結成された佐賀・有明漁
民の会を中心に実行委員会を結成し開催する予定です。フォーラムのメイン・イベントで
ある今回の講演は、赤潮、貧酸素水塊の問題などについて堤 裕昭教授に、筑後川河口堰
問題、河川流量の減少などについて蔦川正義名誉教授にお願いしています。最新情報に基
づく新たな研究成果の報告などが聴けることでしょう。

なお、このところ天草本渡(熊本県)柳川・久留米(福岡県)、島原市(長崎県)と私
も資料集に長文の論文を掲載させて頂いていますが、今回も 
大牟田市の住宅街で再生
する干潟」 “佐藤正典(鹿児島大学)研究に突き動かされて“  有明海・不知火海フ
ォーラム委員会 古川 清久 
を掲載させて頂く予定です。いずれ、これも本ホーム・ペー
ジに掲載するつもりです。

私の報告は大牟田市で開門された河川で干潟が再生しているという佐藤研究の一部を紹
介するものです。当日もおいでになるようですので、佐藤先生から直接お話をお聞きする
事もできるのではないかと思っています。

その外にも現場の海苔漁民の声など多くの興味深い話が聞けるでしょう。多くの皆さん
に参加していただけることを切望して止みません。

準備に入るのが遅かったこともありますが、会場は高校総体が七月ニ八日から佐賀市を
中心に行なわれるために会場の確保に困難を極め、佐賀市の中心部で行う事ができません
でした。場所は佐賀市の南、川副町の町民会館です。川副町は十月一日より佐賀市になり
ます。元々、佐賀市は短い延長ながら有明海に面していました。現在までフォーラムは有
明海、不知火海沿岸の市で持ち回りしていましたが、なぜか内陸部の農村都市のイメージ
の強い佐賀市では開催していませんでした。

平成の大合併によって、諸富町、東与賀町などが佐賀市と合併し、さらに十月には川副
町が加わるのですから、今後、佐賀市は有明海沿岸の重要な都市として、また、同時に海
苔の大産地として登場することになります。この川副町(将来の佐賀市)で開催できるこ
とを喜ばしく思っています。では、皆さん会場でお会いしましょう。

▲有明海の出口、口之津瀬詰崎灯台

10回有明海・不知火海フォーラム in 佐賀 2007に結集を!

240.  不知火海残映 3. 「桟橋の風

                            吉田 耕一

    桟橋の風(Copyright Koichi Yoshida 2002

 

  「不知火海残映」の連載について

 

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wのスタートに合わせて始めた“
知火海残映”の連載も三回目に入りました

このシリーズは、= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = を連載
していただいている元美術教師、
吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです
。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号
掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火
海を描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておら
れますが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を
全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載すること
もあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬
日の翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

3回目の「○○○○ 」は私の感性からはなれ音屋の昭太郎氏に選択して頂きました。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

241 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 

連載第5回 不知火海についての見解(私見) 

 

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

 

連載第5

 

5. 不知火海についての見解(私見) 

 

その1 不知火海は球磨川に支配される海であることについて

 

地図(資料1)を見ながら考えていただきたい。不知火海はきわめて閉鎖性の高い海であ
る。外とつながる部分は、北部二ヵ所「三角瀬戸」と「満越(大戸)瀬戸」。以上三箇所は
いずれも有明海とつながるもので、潮汐流は二つの海ほぼ同時進行するため多少の出入り
はあるかも知れないが、ほぼパラレルでゼロと倣してよいという点では研究者間において
も一致しているようである。となればあとは長島北西部と天草下島間の「長島海峡」と、長
島南端と黒之浜間の「黒之瀬戸」の二箇所のところでかろうじて外洋とつながるという特
異な形状の海である。

 ちなみに報告書ではこの間の潮流を長島海峡で最大7.0ノット、黒之瀬戸で約16ノッ
トとしているがこれは事実誤認なので訂正をお願いしたい。逆が正しい。流量では前者4
に対し後者1と記述されているがここはその通りだと思う。

 

 さて、有明海につながる三瀬戸をゼロとみなすならば、それは三角半島から天草下島ま
で陸続きであるとみなして良い訳で、不知火海を、残りの「長島海峡」と「黒之瀬戸」の
ところで外につながるとして算術計算してみることにする。

 

 まずA、河川からの水の流入が全くなくてゼロと仮定すると、不知火海の海流は、狭い
ながらも二海峡を出入りする外海の潮汐流のみとなり、単純に考えて不知火海の海水は外
洋の海と等価となり不知火海は外洋的条件に支配される海ということになるであろう。

 

 つぎにB、Aと同様河川流量ゼロとみなし、海峡を完全に閉鎖すれば不知火海はやがて
塩湖となりいわゆる「死海」のようになるだろう。

 

続いてC、海峡を遮断し、河川流のみ流入すれば不知火海はやがて淡水湖のダムとなり、
あふれる淡水はやがて長島の両端から滝となって外海に注ぐようになるだろう。今、不知
火海は環境状況的にはこれに近づくような状態になりつつあるように思われる。

 

 最後にD、これは現実の問題。海峡を通って出入りする海水量は、満ち潮の潮流量と、
引き潮の汐流量ということになり、出たり入ったりする量だから差し引きプラスマイナス
ゼロと無意識に観念的にとらえてしまうようなことはないだろうか。仮にそう考えたとす
れば、つまり満ち潮量が5で引き潮量も5ならば差し引き0でこれは全くAと同じになっ
てしまう。

 しかし実際は潮の満ち干に全く関係なく、常に河川からの流入量が存在するから、外洋
から入ってくる量よりも外洋へ排出する水量のほうが絶対値として大きいのである。仮に
その量を5:6としよう。すると6−5=1が排出する絶対量として存在しそれは不知火
海の排出口である二瀬戸へ向けて南下する海流として存在するということである。つまり
この物理的基礎海流が存在し不知火海全体の潮の動きを支配する潮の流れ(北から南への
一方向)の基礎的なファクターとなっていると捉えるべきである。

 

 そこで次に、「基礎海流」を生産する河川について考える。いくつかの中小河川が存在す
るが地図で見ても分かるとおり、一級河川球磨川が圧倒的の大きい。有明海最大の河川筑
後川よりも流量は大きいといわれている。これが不知火海の大動脈として北部に河口を開
いて存在していることは誰も否定することはできない事実であろう。背後地は勾配の大き
い山間部となるため、気象そのものも異変を生じているのか降水量も沿岸部との格差が著
しくなって、最近では山間部では300ミリ前後の降雨量が恒常化してきたかに見える。こ
れらの状況が球磨川の急流を通して即座に不知火海に流入し、それが海峡に波及するとい
う構造になっている。 

以上不知火海の特性を物理的に構造的に捉えた場合の結果として「不知火海は球磨川に
支配される海」を概念規定しても、なんら異論はないであろうと考えられる。

▲ 地図(資料1)

 

その2 不知火海は、もともと岩礁を基盤とした海であるこ

 

 素人考えであるが、不知火海は地学的には複雑な構造線がせめぎ合いクラッシュして出
来上がった海だろうと想像する。

特に内海の中には大小の島々がいくつも存在したりするので、そのように捉えるのが
手っ取り早く分かりやすいからである。構造線の方向は北北東から南南西ののびるものと
北西から南西にのびるものがあって、ずいぶん昔、一本釣りのベテラン漁師から、海底の
瀬の状態は(芦北海岸から見て)どれでも南西にのびる向きになっていると頭の中に入れて
おけば間違いないと教えられた。

 これは想像であるが不知火海が形成された最初は、長島に出口をふさがれたかっこうの
大きな海溝であったろうと考える。そのように捉えると、不知火海は外洋の影響を受けよ
うと受けまいとももともとそれ自身が最初から外洋的性格の海であったととらえる方が正
しいのではないかと考えられる。

 

 研究者の多くは、不知火海南部の生物相をとらえて、それは外洋の影響によるものだと
結論付けようとしているが、私はそれは現在に時点を発想の起点として捉えているために
そのように思い込んでしまうのではないかと思っている。研究者は口を揃えて「閉鎖性の
強い海だ」といいながら、不知火海中央部まで外洋の影響を受けている海だと、矛盾した
ことを言っている。例えば不知火海に生息する外洋性カイアシ類の分布の様相からもその
ような結論を導き出しているようだが、そうではなくてもともと不知火海が外洋的性格を
保有する海だから外洋性カイアシ類がもともと存在していたのだと捉えるほうが正しいと
私は思っているがどうだろうか。

ただ現在は、球磨川の長い年月の影響で特に北部では外洋性でない環境変化を来たし、
それが南下傾向を示すため今現在の不知火海特有の状況・性格を持っていると見るべきで
はないかと考える。不知火海中央部まで外洋の影響を受ける海ならば閉鎖性が極めて高い
などと言えない筈で、このような矛盾が起こるというのは、もともとは「時間」の観念を
固定してしまってそこから発想しようとするのが一つの原因だと思う、不知火海が形成さ
れていく時系列の中に現在があるという捉え方をしないため生じた矛盾ではないのか。

 

不知火海という海溝は長年に恒って、大小河川によって、様々な物質が搬入されて海底
に堆積されて現在の海底を形成し、河口付近にはそれぞれの扇状地を生成し、特に北部は
球磨川の規模も大きいため、八代平野を形成したり、広大な塩性湿地や干潟を形成してき
たりして、現在のような不知火海になっている。しかし、不知火海の基本構造は、あくま
で現在でも岩礁を基盤とした海である。実際に不知火海の海岸線(なぎさ線)80パーセン
ト(計算していないので大雑把)は岩礁である。

報告書も研究論文もこのことの視点がすっぽり抜け落ちているように判断される。不知
火海再生について、岩礁地帯の状況がどうかという視点はきわめて重要である。アマモ場
も大切であろうがそれ以上にガラモ場の褐藻類のほうがもっと重要である。報告書ではそ
のことへの着眼点が欠落している。これは致命的欠陥といわざるを得ない。このような報告
書は芦北としては受け入れ難いと発言したのは、基本的にはこのようなことがあるからで
ある。

 

藻場というのは周知の通り魚類が産卵し、そして稚魚が育つ場所のことをいう。産卵時
期が来ると魚類にはいわゆる「乗っ込み」現象が起こる。それは何処を目がけて起るか。
殆んど海岸線近くの浅場の岩礁地帯目がけて、つまりガラモ場目がけて起こるのである。
同じ褐藻類でも、まずコンブやワカメには産卵はしないようである(たぶん粘液を分泌す
るからだろう)。アマモ(正しくは藻でなく維管束をもつ顕花植物・草)のような緑藻類
にはどんな魚類が産卵するのだろう。(私はまだ現認したことがない)いずれにしても残
念なことに不知火海に生息する或いは回遊する魚類についての研究は今のところ皆無。魚
類に関する調査や研究があれば外洋に影響される海なのかそうでないかははっきりすると
思うが、それがないので、私の経験による知見でこのことを説明してみたい。

 

私の本格的なクロ(メジナ)釣りは黒之浜の少し手前東支那海に面する番所の鼻から始
まった。フェリーで長島に渡るようになっても、不知火海に面した透明度も低くどんより
した海の東北海岸よりは、澄み切って常に外洋の海流に洗われる男性的な南西海岸の方に
魅力を感じ、いつもそこで釣っていた。しかしそれは冬場だけで夏場に長島で釣りするこ
とはなかった。それは夏場にはクロに独特の臭みが出るからで、それでも旨いと食べる人
もいるが、私はそれが駄目だったからである。

ところがそんなある年、7月にはいる頃釣り仲間から「今、クロが面白いから行こう」
と執拗な誘いがあった。どこかと聞くと長島の薄井港の堤防だという。不知火海側ではあ
るが藷浦島を隔ててすぐ長島海峡である。長島は両方の海峡から外洋の海水が常に出入り
している不知火海最南端の島で外洋の影響を受けないはずはない。そんな所の夏場のクロ
など食えるはずがないという観念的な先入感を持っていたのも事実である。おまけに誘っ
た友人というのは何でも旨いといって食べる大食漢。「旨いんだよ。食えるから行こう」
と言っても、そんなこと信用できるかと突っ張っていたが、ついにほだされて腰を上げて
釣行する羽目になった。帰って釣った魚に恐る恐る箸をつけてみて絶句した。この一件で
私の先入観は一挙にひっくり返されてしまった。頭の中でイメージしていたことと実際と
はこんなにも違うのかと言うことを思い知らされたのである。外洋の海水が出入りしてい
るのは事実である。しかしそれにも拘らず外洋の影響を受けないと言うのが不知火海の不
思議さであり特徴であり正体であり本質であると、その後何百回も通う中で思い知らさて
いる事である。

ちなみに、最近になって不知火で獲れる魚の味は日本一であることが、分かる者には分
かり始めてきたようである。不知火海を「豊饒の海」という別の意味が分かり始めたのも
この頃からのような気がする。海水がきれいで速い海流で身を引き締められた魚の方が旨
いと言のは嘘。いけす料理は目の前で生きた魚を調理するから旨いというのもウソ。(ス
トレスがかかって味は落ちている。)(なま)で刺身にするのは釣ってすぐの魚が新鮮で最高と
いうのもウソ(ねかせて酵素分解の時間をおいたものの方が格上)というようなことも次
第に分かるようになって来て、観念的な先入観で物事とを判断しようとする自分の性格は
改めなければならないと思い出したのもこの頃からではなかったろうかと思う。しかしそ
う思うもののいつもこのことで失敗することが未だに多いので、思うばかりで未だに生ま
れつきの性癖は直っていない。

 

5. 不知火海についての見解(私見) 

 

  アンビエンテ編集長 古川 清久

 

吉田先生の 

 

潮の満ち干に全く関係なく、常に河川からの流入量が存在するから、外洋から入っ
てくる量よりも外洋へ排出する水量のほうが絶対値として大きいのである。仮にその
量を5:6としよう。すると6−5=1が排出する絶対量として存在しそれは不知火
海の排出口である二瀬戸へ向けて南下する海流として存在するということである。つ
まりこの物理的基礎海流が存在し不知火海全体の潮の動きを支配する潮の流れ(北か
ら南への一方向)の基礎的なファクターとなっていると捉えるべきである。

 

は、あまり聞かない話だけに多少驚きますが、実際にはこのような事が言えると思いま
す。簡単に言えば、多くの人が“海は潮の満ち干きによって大体同じ量の水が動いてい
る(出たり入ったりしている)と思いがちですが、大河川を背後に持つ閉鎖水域では入っ
てくる水が出て行く水よりも卓越するという事が言えるのです。ここであえて蛇足を加え
れば、河川からの水の供給は、単に表層水だけに止まらず、伏流水もあることを忘れない
ようにしておきましょう。

 

 

242. 仮説・主犯は夜明ダムだった  “昭和28年6月の筑後川大水害を検証する”

 

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 

「山のような津波が何回も襲ってきた。堤防に立ち並んでいた草葺き屋根の家は次から次
に押し流された」。

80才近いという古老が、若い頃に遭遇した大水害の記憶を、再現するように語ってくれ
た。あたりは筑後川の上流、五庄屋遺跡がある大石堰で知られる場所だ。このあたりで、
増水した筑後川で氾濫が始まったことを知った。

ダム問題で明け暮れるうちに、昭和28年6月末の筑後川大水害を知りたいと思った。久
留米市図書館で探していた記録と出会い、中味を読んでたどり着いた結論が、「氾濫は大
石堰付近で始まった」である。筑後川の堤防がどこで崩れたか、どのような崩れ方をした
のかも知りたいテーマだった。

大水害の始まりは、大石堰付近。さらに追記すれば、夜明けダム両岸の崩壊こそが氾濫の
引き金をひいた、である。

貴重な資料の一冊は福岡県がまとめた「福岡県水害誌」。他の一冊は建設省九州地方建設
局の「昭和28年6月末の豪雨による北九州直轄5河川の水害報告書」である。興味の有
る方はこの2冊を開いてみるといい。

 

1953年の筑後川大水害は、振り返れば54年前の出来事となってしまった。男女とも
長寿となり高齢化が進んでいるから当時20才台の若者が今は70才台の高齢者。とはいえ
、多くが健在だろう。大水害のいわば証言者が健在のうちに、貴重な災害記録を今一度集
める作業が必要ないのか、私は気がかりだ。

2006年、筑後川沿いの大都市久留米市で、大水害の記憶をたどってみたくなり水害の
痕跡を探し歩いた。久留米大学本部、中央公園、水天宮の境内前で、「ここまで洪水が
きた」と洪水の水位を示すプレートが貼り付けられ水害の記録として、残されていること
を知った。ただ久留米市内で出会う人々に水没した当時の話を尋ねても知らない人ばかり
。道路にも洪水の水位を示すものは何もないのが現実だから当然といえば当然なのだが、
筑後川や筑後川堤防に関する市民の関心の無さに、一抹の不安を感じながら歩いた。

多くの人が筑後川に関心が無いことに反発しながら、仮説・大水害の犯人捜し、を試みる
ことも面白いかもしれない。これが今回「仮説・主犯は夜明けダムだった」を書き始めた
動機だ。

 

前置きはこのぐらいにして、本題に入ろう。まず洪水の起こり始めに何があったのか。ま
たどこで最初の堤防破壊が起こるのか。

まず福岡県土木事務所がまとめた筑後川の堤防決壊のデータを紹介する。堤防の決壊が起
きた場所と時刻を時系列でピックアップする。

当時の町名で紹介する。資料によれば、昭和28年6月26日午前6時に最初の堤防決壊
が起きた。@ 浮羽町三春字袋野左岸。長さ360メートルが決壊した。この場所は大石
堰の上流500メートル付近だ。右岸は県道や店舗が点々とあり、筑後川から見ると、高
台になる。左岸は水田地帯で、明らかに増水した水が堤防を越えて一気に流れ、拡大しや
すい地形であることは、現場に立てば誰でも感じることができる。

A 同じく午前7時、吉井町船越大字長栖今泉集落。筑後川左岸で、主要地方道朝倉田主
丸線の朝羽大橋が架かる一帯だ。堤防決壊は2カ所と記録されており、一つは長さ110
メートル、他の一カ所は長さ70メートル。

B 同じく午前11時、浮羽町古川字古川村左岸で長さ130メートル。同じ頃浮羽町古
川字寿橋上下流放水路右岸で長さ477メートルとある。

A、Bは大石堰の2キロ下流で、美田が広がる一帯は筑後川と、古川放水路に囲まれた地
形となる。古川放水路は大石堰の付け根左岸から筑後川左岸一帯の水田開発を目的に造ら
れた灌漑用水路。この放水路の取水口が山津波のような洪水に繰り返し襲われた。冒頭の
古老の証言がそれだ。放水路の堤防には草葺き屋根の農家が転々と並んでいたが、津波の
ような洪水と大量の流木でせき止められ押し上げられた激流で、一気に押し流されたこと
は想像できる。

だから26日午前6時から同11時頃にかけて大石堰下流の筑後川左岸には猛烈な激流が
流れ込み、水田地帯を飲み込み始めていたことがわかる。筑後川本流と左岸の氾濫流を上空
から眺めることができたとしたら、2本の巨大な濁流が眼下に出現したと映ったことだろう。

C 同日午前11時半浮羽町古川吐合上流放水路で長さ170メートル、浮羽町古川字大
石北取水口放水路左岸で長さ160メートルが決壊する。

D 同日午前11時40分浮羽町古川字副左岸で長さ380メートル、E 同古川字放水
路吐合下流左岸で長さ1050メートル、F 古川字放水路吐合上流左岸で長さ380メ
ートル、G 古川字昭和橋下流左岸で長さ140メートルと堤防がずたずたに切り裂かれ
ていく様子が浮き彫りになる。

 

筑後川の水量がどのぐらい増水して、河川の水位がどこまで高さを増していたのかは、後
で触れる。

ここで、重大なデータをまず紹介して、記録しておきたい。それは「筑後川に九電が建設
中の夜明ダムは25日夜半から26日昼頃までの間に左右両岸を決壊し、濁流は奔流とな
って浮羽町袋野及び荒瀬付近において氾濫」とある記述だ。

時間に注目する。筑後川の左岸で発生した堤防の決壊を番号@からGまで時系列で掲げた。
G番目の堤防決壊、26日午前11時40分までに、次々と決壊が波及したことが歴然と
している。

夜明ダムは建設途中だった。洪水が発生したとき、8門ある水門で中央の第3、第4、第
5水門で門扉が取り付けられていた。水位が上昇したため3つの水門の門扉は底から高さ
6メートル付近まで引き上げられたが、その後停電のため操作不能となり放置。第2水門
は底に門扉の一部が取り付けられていたが、工事途中で放置。第6,第7水門も取り付け
たものの未完成のため操作不能で放置。第1と第8は門扉はない状態だった。

このような状況から、夜明ダム堰は河川の中央に巨大な障害物を据え付けた状態となって、
洪水の流れをせき止める結果となった。勢いを増す激流は、土盛りされた状態の、ダム堰
の左右両岸を襲い、右岸・大分県側では約9万立方メートルの小山が決壊。左岸・福岡県
側では約13万5000立方メートルの山が崩れ去った。

▲【夜明ダムと付近の地形図。筑後川がS字に急カーブする。建設省の水害報告書から転載】

 

左右両岸決壊の衝撃がどれほど大きかったか、今となっては証明は不可能。だが、山のよ
うな津波が何回も押し寄せて、大石堰付け根付近の古川放水路取水口付近で堤防を一気に
越えた事は容易に想像できる。

 

大水害の直後「今次の被害は端なる洪水による損害のみでない。夜明ダムの決壊が災害を更に大きくした原因となっている」との声が沿岸住民から起こった事が記録されている。

私は、損害をさらに拡大したという観点は取らない。主犯は夜明ダムと断定する。根拠は夜明ダム決壊の時刻と、下流で早朝から時間を追って発生した堤防決壊の事例を比較検討すれば明らかだからだ。さらにいえば、これから紹介する下流域での堤防決壊が、筑後川本流の中から起きるのではなくて、ほとんどが堤防外の水田側から崩されて、次々と堤防が決壊し被害が拡大した事実と照らし合わせれば、大石堰付近で本流の外へ流れ出た激しい洪水こそが被害拡大の1次的な原因となったといえるからだ。

 

▲【ダム下流から上流を望む。左岸は県道が走る大分側。水門の高さが10メートル】

 

一方、夜明ダムに関する調査報告書がまとめられている事にも触れたい。すでに書いたが
沿岸住民が「夜明ダム決壊が被害を拡大した」と騒いだ。そこで夜明ダムの影響調査委員
会が福岡・大分両県知事の委嘱を受けて設立された。九州大学工学部長を筆頭に教授6人
、福岡管区気象台長、大分測候所長、建設省九州地方建設局長、筑後川工事事務所長の1
0人で組織した。私が注目するのは「夜明ダム決壊の影響は、ダムの下流久大線鉄橋付近
でほとんど消滅した」としていることだ。夜明ダムから久大線鉄橋までの距離は約187
5メートル。また、ダム地点より下流2キロから4.7キロの間では「水位の上昇があっ
たかもしれない」とする。さらにこのように述べる。「河川工学の通念から判断するとダ
ム決壊の影響は大石堰付近に達する以前にほぼ消滅したものと考えられる。ただしこの事実
を理論的に証明することは困難である」。ダムから大石堰の距離は約4375メートルだ。

このような結論を読んで私は、「夜明ダムの決壊で起きた山のような津波が繰り返し大石
堰付近を襲った」、という証言を無視したか、そのような住民の声を聞くチャンスがなか
ったか、事実はわからないが、故意に影響を小さく評価したような印象を受ける。

 

夜明ダム地点の下流は極端に歪曲する地形で、巨大なS字カーブ。カーブを抜けて直線に
移って久大線の鉄橋まではわずか500メートル。堤防決壊による大津波がわずか500
メートルの距離でほとんど消滅したなどとは私は信じられない。このような洪水の実験こ
そ大学の工学部でこそ実行すべき課題ではないか、とさえ思う。

ここに面白いデータが記録されているので紹介する。洪水の痕跡調査の中にあった。ダム
直下での水位痕跡を判定したものものだが「右岸側では高さ61.9メートル、左岸側で
は高さ51.2メートル」という。左右の水位の差がざっと10メートル。通常なら考え
られない水位の極端な傾斜は、急激なカーブが原因だ。

洪水の急流は、右旋回する地形で、反時計回りに急激な加速度を受けて盛り上がった。次
の急カーブは時計回り。こちらに関する痕跡データはない。しかし、再び続く急カーブで
左右の水位は逆の現象となるであろうことは素人の私にも想像できる。下流の久大線鉄橋
に向けて、今度は左岸側が高く盛り上がり、右岸側が低くなった洪水が直線コースに出て
、一気に流れ下ることになる。左右10メートルの激流の水位差はカーブの出口付近から
直線コースを何メートル流れ下れば、左右の水位差が平坦になるか、大学でこそ実験をや
るべきテーマではないか。是非結果が知りたい。

モデルは100分の1とか、縮小して行うしかないが、急激なS字カーブの影響を考える
と、津波のような堤防決壊の影響は、はるか下流にまで延々と長時間続いたような気がする。

「水位の上昇があったかもしれない」とする短い文言こそ、津波のような洪水が襲った様
子を端的に語っているようにも思える。

 

筑後川の堤防は上流部で始まったことは理解していただけたと考える。次は下流に向かっ
た堤防決壊が次々に拡大し被害が増大してゆく状況を再現したい。書き出しで紹介した堤
防決壊を再び時系列で見てゆこう。

26日午後1時ごろに7カ所で決壊したことが記録されている。上流から拾うと大石堰から
約500メートル下流の筑後川右岸を濁流が削り始める。付近は杷木町字浜川で県道が走り
、杷木町の商店街が連なる。この付近で県道は長さ400メートル削り取られた。本流が
増水。川からあふれ出た洪水が県道を濁流に一変させた結果だ。

さらに洪水は下流へ拡大する。右岸の朝倉町大福一帯、左岸の吉井町千歳一帯、田主丸町
恵利一帯、さらに下流左岸の久留米市善導寺一帯で、筑後川と巨瀬川に囲まれた一帯が洪
水に飲み込まれていく。

 

繰り返すが大石堰を乗り越えた洪水は筑後川の左岸側の水田地帯を濁流となって流れ下る。
古川放水路を飲み込み、下流では巨瀬川とも合流して勢いを増した。

一方筑後川の右岸はどこが最初にやられたのだろうか。堤防決壊の記録によれば、26日午
130分ごろ、朝倉町古毛、田中付近の堤防が長さ600メートル一気に崩れたこと
がきっかけだ。県道甘木朝倉田主丸線の朝羽大橋が架かる付近の上流下流が一気にやられた
。左岸の吉井町一帯が午前7時ごろ破堤しており、それからほぼ6時間後。

濁流はこのあたりの上流、かんがい用水路堀川の取水口付近で午後1時頃すでに決壊が始
まっているから、筑後川の右岸側にも洪水の激しい濁流が流れ込み、下流一帯の水田地帯
をどんどん浸食していったであろう。

堤防決壊は筑後川の左岸側で26日早朝からはじまり、一方右岸の決壊は26日午後1時頃か
らだった事が判明した。

 

筑後川左岸の水田地帯を飲み込んだ原因は、古川用水路の付け根を繰り返し襲った山のよ
うな津波が原因だった。では下流で次々と起きる堤防決壊の原因は何か。筑後川の水害被
害について、結論的に述べられた部分に答えが書かれている。

筑後川では、上流部の破堤により流れ下った濁流が堤防の裏(裏法)、水田側から斜面を
洗掘して裏決壊を引き起こしたケースが多発した。「左岸側で田主丸町恵利堤防の破堤で
水田地帯に流れ込んだ濁流は穀倉地帯を流下、善導寺地区の破堤による洪水と合流して東
櫛原堤防を破り久留米市内を襲った」。右岸側でも同様だった。「山田堰付近の破堤で流れ
込んだ濁流が下流の堤防決壊を次々に引き起こしながら流れ下り、水田地帯を一気に飲み
込んで、被害を拡大した」と表現する。本流と、本流の左岸側と右岸側に流れ出た濁流の
様子を「あたかも3本の平行な流れとなって滔々と流下した」と結ぶ。

 

堤防の高さが部分的に低かったことが直接原因となった箇所もある。朝倉町山田の破堤ケ
ース。ここは渡し船の通路が堤防を横切っていた。高さが低かったことから溢流が発生し
、破堤につながった。

流木が流れをせき止めて破堤の原因となったケースも紹介する。上流の江蘇宿橋付近。朝
倉町と吉井町江南を結ぶ県道。大量の流木が流れを遮り、橋脚の洗掘で左岸側の江蘇宿橋
が流される。流された橋脚が下流の堤防斜面に引っかかり、斜面を激しく洗掘、破堤につ
ながった。

流木堆積が引き金となったケースは外にもある。下流の久留米市宮ノ陣橋と西鉄宮ノ陣橋
に流木が堆積。26日午後4時半頃、上流側と下流側で1メートルの落差ができる状態
となった。せき止められた洪水は両岸の堤防を乗り越えて流れ出して、堤防を削り左右両
岸で破堤した。

 

では水位の変化はどうだったであろうか。杷木町商店街近くの池田観測所のデータが有る
ので紹介する。ここは杷木町から浮羽町を結ぶ交通の要衝のひとつ。本流には昭和橋が架
かり、大石分水路には寿橋が架かる。さらに古川放水路の橋と高さもばらばらの大小3つ
の橋が連なる複雑な地形をなす。

大石堰の上流、浮羽町三春字袋野左岸の堤防が決壊する26日午前6時頃は6.65メー
トルと記録されている。しかし堤防が決壊する3,4時間前には、すでに6.80メートル
、7.20メートルの水位が記録されているから、早朝から溢流した洪水が堤防を浸食し
ていた恐れがある。

午前11時頃、大石堰取り付け付近の放水路が、津波のような洪水でやられるが、水位は
7.80メートル。池田地点の水位のピークは26日午後1時頃で8.40メートルとな
っている。

ピーク前後の水位が8メートル付近を記録するのは26日午前11時頃から午後4時頃ま
でで、5時間継続したことがわかる。

下流の瀬の下での水位変化も記しておく。

ピークは26日午後5時20分の9メートルだ。警戒水位5.50メートルを超えるのは
26日午前1時頃から。午前4時には7.40メートル。26日正午には7.96メート
ルとなる。どんどん増水は続き、午後5時8.95メートル。5時20分の9メートルか
ら減水が始まった。

 

最後に筑後川の河川整備計画が、1953年の大水害を受けて計画された、と耳にする。
しかし、私は素直に受け取れない。150年に1回といわれるその程度の水害がくれば、
また大石堰付近がまずやられ、洪水流が本流の外へ流れ出て、下流の堤防を次々破りはし
ないか、と心配なのだ。何故か。それは国土交通省筑後川河川事務所が作成した平成18
年度の筑後川情報図「水防」を見れば判然とする。

重要水防箇所【19】から【24】を点検してみれば一目瞭然だ。54年前ここが真っ先
に破堤して下流域に巨大な被害をもたらした。だからもっと早く完全な補強工事が最優先
で行われてしかるべきだった。しかるに現実はどうか。全く放置されている。

【19】区間長さ63メートルは堤防断面B、漏水A

【20】区間長さ128メートルは堤防断面B、漏水A

【21】区間長さ612メートルは堤防高B、堤防断面A

【22】区間長さ197メートルは堤防断面A

【23】区間長さ195メートルは堤防高A、堤防断面A

【24】区間長さ203メートルは堤防断面A

このように明示されている。Aは水防上もっとも重要な区間。Bは次に重要な区間。

漏水Aについて。「漏水の履歴があるが、その対策が未施工の箇所。

堤防断面Aについて。現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の
天端幅の2分の1未満の箇所。

堤防高Aについて。計画高水量規模の洪水の水位が現況の堤防高を超える箇所。

堤防断面Bについて。現況の堤防断面あるいは天端幅が、計画の堤防断面あるいは計画の
天端幅に対して不足しているが、それぞれ2分の1以上は確保されている箇所。

堤防高Bについて。計画高水量規模の洪水の水位と現況の堤防高との差が堤防の計画余裕
高に満たない箇所。

説明は「水防」に書かれている内容をそのまま複写した。わかりやすくいえば、堤防の補
強が必要なのにやっておりません、と白状している内容だ。この箇所は少なくとも平成1
5年版と平成18年度版の内容は、1字1句同じだ。この4年間補強工事は行われていな
いのだ。暗然とするほかない。

             

 

243. 気になる記 3 今回よりブログに移行しました。=

 

音屋の昭太郎

 

244. 自然石防波堤とコンクリート護岸の怪

 

はじめに

 

一昨年の盆のことですが、大阪で橋梁付属部品メーカーを経営する従兄弟から私的な会
合に呼び出されて、一〇人ほどの漁民(網漁師=漁船漁業者)と懇談する機会を得ました
。今回はここで聞いた話の一つを紹介したいと思います。

この会合はタイラギの潜水漁業の基地である(あった)佐賀県藤津郡太良町の竹崎、道越
地区などに住む従兄弟の同級生などを中心に持たれたものですが、多少とも大阪で政治的
な影響力を持つ従兄弟が、漁業者の窮状を見るに見かねて、
少しでも対策を探ろうでは
ないか
と計画した私的なものでした。この網漁師=漁船漁業者とノリ漁民との問題につ
いては一月号で ノリ漁民と漁船漁業者の棲み分けについて として書くつもりですので
、これ以上は触れませんが、私はアドバイザーなどとおだてられ、同級生仲間が集まる中
に一人だけ場違いな人間として、しばらく
有明海の窮状について話をしたわけです。

 

磯焼け

 

一般的に、有明海は干潟ばかりで磯などないものと思われているのかも知れませんが、そ
れは湾奥を中心とする干拓地の事であって、熊本県側で言えば、熊本市の西にそびえる金
峰山の山裾が海に落ちる河内町から熊本市の松尾地区にかけて、佐賀県側では、鹿島市の
南の太良町から、長崎県の小長井町周辺には多くの半島があり、磯や、砂浜、石浜なども
あるのです。従って、ここでは、磯焼けという言葉が充分に当てはまるのです。

この磯焼けという現象は日本の各海域で認められ、海草の消えた磯(海の砂漠)が目
だってきているのです。原因については、現在様々な説明がなされているのですが、有力
なのはミネラルの不足を原因とするものとされています。本来、河川から供給されてくる
はずの砂利がダムなどによって堰き止められ、石の中の鉱物が海に供給されにくくなって
いるというのです。これはミネラルの欠乏による磯焼けの話ですが、佐賀県の太良町です
から、ここから島原半島全域にかけての海域については元々ダムが無く、単純にダムを原
因にすることはできないでしょう。ただし、山の問題は残ります。山の針葉樹林化によっ
て低下した保水力は雨水の地下への浸透は減少させ、同時に、海へのミネラルの供給を衰
えさせていることはまず間違いがないと思われます。

ただし、今回、お話するここでの磯焼けには、全く別の要素が働いているのです。

それは、ノリ養殖の際に使用される酸(酸処理)です。これは百倍希釈でPH1という強酸
ですから、いかに凄まじいものであるか想像できると思います。

事実、ノリ養殖場の周辺の岩などにはフジツボはおろか、海草も全く消え、つるつるの岩
肌が露出しているのです。磯といえども、昔はたくさんいたタイド・プールのトビハゼや
エビの類から、蟹やフナ虫の類も一切消え失せ、まさしく生物が消えた海と磯が広がって
いるのです。ただし、なぜか不思議なことに例外があるのです。

それは、岸辺の真新しいコンクリートの護岸です。ここにだけは、僅かな海草が着いてい
るのです。この場所には石積みの自然石の防波堤もあるのですが、そちらには全く海草が
着いていないのです。

このことは、酸処理が行われる海域ではその強酸によって自然石の堤防には海草が育たず、
この酸を多少とも中和できる強アルカリの真新しいコンクリート護岸にだけ海草が着いて
いると考えられるのです。一般の正常な海(これが沿岸海域では殆どなくなっているので
はないかと危惧しているのですが)では考えられないことであり、アルカリの灰汁(アク
)の強いコンクリートには着かないけれどもミネラル分の多い自然石には海草が着くとい
うのが普通の理解だったのです。

実際、昔の石積み防波堤にはジャングルのように海草が着いていたものでした。二十年前、
長崎県の平戸島の沖に浮かぶ生月島の一文字波止に毎週のように釣りに通っていたのですが
、ここにも、驚くばかりの海草(藻場)があり、メバルの宝庫だったのです。しかし、今
やここにも石積みの防波堤の外側に上からコンクリートが覆い被せられ、海草も、メバル
も消え失せてしまったのです(これも農水省の漁港修築事業などでしょう)。

この三〇センチをこえる海草が生えた波止では、にわかには信じてもらえないかもしれま
せんが、四五センチの座布団級本カワハギ(ウマヅラハギでもウスバハギでもない)一・
五キログラム、アラカブ(カサゴ)の一・三キログラムの自己ベストを釣ったものでした
。これも、この海草のおかげだったのです。

してみると、今なお多くの海草が残る大分県佐伯市大入島の石間の磯がいかに貴重なも
のであるかが分ってくるのです(「大入島埋立を許すな!」現地リポートを参照のこと)。

 この、自然石防波堤とコンクリート護岸の話をしてくれたのは、この海の近くで育ち、
集団就職で関西に向かい、大手建設業関係の仕事を勤め上げ、先頃退職して故郷に戻って
きた方でした。

この人は、漁師の家の出身ではなかったようですが、会合があった日の朝方、網でアミ
(二センチ程度の小型のエビの仲間)を捕り、僅かな塩でアミ漬けを作って持ってきてく
れたのでした。昔は、夕方に磯際や浜を歩くと、魚に追われたアミが一斉に磯際まで寄せ
ていたのを思い出します。少なくともアミはまだいるのです。つまり、まだ有明海は完全
に死んではいないのです。

▲ この現象が見られる防波堤

 

245. 山と川と海と

 

海や川が山を育てている事は知られていない

 

海が川の影響を受け川が山の影響を受けているという話は、多少とも環境問題に関心を
持つ人々にとっては常識になっているようです。このため、このような手垢の着いた話を
改めてするつもりはありません。豊かで栄養に富んだ(ミネラルを含めて)水が間断なく
海に注がれる事が重要であるというにとどめておきます。

これに対して、海や川が豊かである事が山も豊かにするという事は、一般の人々はもと
より、環境問題に関心を持つ人々にとってもほとんど理解されていないようです。

“水は低きに流れる“の例えどおり、山から海への物質循環については常識的に理解さ
れていますが、この逆はほとんど理解されていないのです。

流れ下った水は再び雨として山に還元されます。しかし、蒸留された雨水ですから、た
だの水(通常、CO
などが溶け込みますので酸性ですが)に過ぎません。西日本であれば
、たまにも台風でも来れば、強風によって各種の塩やミネラルが送り込まれることがある
でしょうし、最近のように大量の黄砂が飛来すれば、土壌そのものが空から持ち込まれます
。ただ、栄養という意味からはそれだけではやはり不足なのです。

では、雨によって山から海に送り込まれたミネラルを含んだ多くの栄養はどのようにし
て補給されるのでしょうか。

海から山に栄養を供給する最大のものは、海で魚を捕らえて山に持ち帰る鳥でしょう。

ミサゴ(タカ科)やミズナギドリ(ミズナギドリ科)といった魚食の鳥を始めとして、
身近なところでは鳶(タカ科)もそうでしょう。鳶は死肉も食べますから、車に轢かれた
犬や猫もぶら下げて山に持ち上げるでしょう。当然ながら鳶は糞をするでしょうし鳶その
ものが死ぬことによって死体は山の土に還元されます。では、ヒマラヤなどの高山ではど
うでしょうか?

鶴はチョモランマを越えインドの北部に飛びますから僅かではあってもそれなりの物質
循環がもたらされます。一方、危険な場所に自分から出かけておいて、遭難したあげく“
助けてくれ!”などと言うわがままな登山家とか冒険家といった不見識な人種がありますが
、彼らが持ち込む大量の食料やそのなれの果てとしての生ゴミも糞尿も、また、雪崩に巻
き込まれたり滑落して回収されない死体などは山に必要以上の栄養を還元していることに
なります(分解し自然に還元される死体は回収しなくても構わないが、ゴミや機材だけは
きちんと持ち帰れ!・・・)。

一方、鮭、鱒の仲間が川を遡り産卵することは知られていますが、その一部がヒグマの
類に捕らえられさらに高い所に持ち上げられる事によっても山に栄養が戻されて行く事は
、まさしく栄養循環の驚異を示す例と言えるでしょう。

このことは一般の里山でも同様です。平地で食べ物をあせり山に戻る猿や猪やタヌキ、
それに昆虫などによっても栄養は還元されることになります。富士の裾野の森に入り自殺
する人間によっても、殺人によって密かに山中に埋められる死体も物質循環の一つになる
ことは言うまでもないでしょう。これ以上は必要ないでしょうが、チベットの鳥葬などは
最も分かり易い例かも知れません。

このため、国土交通省が税金を回収する事だけが目的で建設し続けているダムによって
クマタカ(タカ科)の生息域を原石山のために破壊したり、豊かな広葉樹の森を破壊して
小動物を死に追いやる行為がいかに愚かな事であるか、また、農水省が売れもしない杉、
桧を国家の宝のように吹聴し、鳥や小動物が住めない(針葉樹林には餌がない)杉、桧の
森を増やし続けている事が栄養の面だけで見ても、いかに、国土を破壊し続けているかを
考えるべきでしょう。

 

▲ 宮崎県延岡市曽木

 

山が海を育てている事を理解できない小役人

 

リポートV、206.においてご報告頂いた吉田耕一教諭 = 不知火海・芦北の海は 今は
どうなろうとしているのか = 連載第1回 において
このように書きました。

 

現在、熊本県の一部には川辺川ダムの推進を図る醜悪な勢力によって、水俣の漁民
などによるダム建設反対運動を惹起しかねないダム建設に反対する漁民、漁協の登場
を恐れ、“ダムと海は一切関係がない“と描こうとする傾向が見て取れます。このため
、熊本県の大河川の一つである川辺川と不知火海を切り離して議論しようとする県幹部
、T氏をはじめとする御用学者の発言が横行していると聞いています。

吉田先生も文中で、

 

ところが川辺川ダムと芦北とは直結していると言えば、言下にその通りだと答
えられる人はまだ少ない。それは飛躍のしすぎで突拍子もないというのが大方で
あろう。

現に自然科学者だと自認する人々の間さえ、口ではそう言いながら実際には細
分化された狭いフィールドワークの範疇でしかものごとをとらえようとしないた
めに自分のワークの循環と連鎖の中での位置付けや因果関係をきちんととらえ瞬
時に説明できる人はきわめて少ないような気がする。専門性なるが故の自然のメ
カニズムに対する洞察力の欠如だと思う。

 

とされていますが、ダムが造られることによって、また、現に存在している、市房、
瀬戸石、荒瀬ダムの存在によって、大量の土砂が現にダムに堆砂として溜め込まれ、
下流に送り込まれていないという事実(荒瀬、瀬戸石は一部流していますが)。そして
、泥だけが粒子が細かいために下流に送られ、干潟にしても砂と泥との比率に変化が
生じ、砂浜の上に泥が覆い被さって行きつつあるということなどによって、多くの生
物相に変化が生じているという事(目に見える例d言えば、キスが減ってハゼの類が
増える:実際には両方が消えている、アサリが消えている・・・等々)、また、一方的に
砂が海に送り込まれないことによって生じているミネラルの減少が海草、魚介類への
影響している事。

また、県農林部などが推進して今や経済的にも完全に破綻した拡大造林などの結果
として生じている山林崩壊、広葉樹林の激減と針葉樹林の増加による土壌流出、腐葉
土の喪失。さらにはそのことによって生じている保水力の低下などに起因する地下浸
透水の激減などによる海へのミネラルの供給の減少。また、針葉樹林化によって生じ
た洪水と渇水を繰り返す川の構造的変化によって生物への負荷が著しく拡大している
という事(営巣や稚魚などへの打撃)。・・・等々、山と海とは密接、不可分の関係にあ
ることは言うまでもないことです。

このことについては、球磨川と不知火海に限定して、いずれ、別稿として書きたい
と考えていますので、この程度に留めますが、無能な熊本県の一部土木系幹部などが
、川辺川ダム建設にからんで「何十キロも離れた不知火海と何の関係があるか」など
と恥知らずな暴言を吐いたと聞いたことがありますが、これなど、無知の典型と言え
ば言えるでしょう。

私は、県が主催するこの手の意見交換会の類は、やらせ発言で有名になった八戸の
タウン・ミーティングと大差ない、ただの聞いたふりをするアリバイ作りとしか理解
していませんが、吉田先生の真面目さには改めて頭が下がる思いがします。

それはさておき、今回はさわりでしたが、今後、吉田先生の極めて論理的(ロジカル)
な議論は冴えて来ることになります。次回以降の連載にもご期待下さい。

 

“一部の無能な熊本県の土木系幹部などが、川辺川ダム建設にからんで「何十キロも離
れた不知火海と何の関係があるか」などと恥知らずな暴言を吐いたと聞いたことがありま
すが、これなど、無知の典型と言えば言えるでしょう。”は、まずはお笑い草と言いたい
ところですが、これが受け入れるべき現実なのです。

恐らく、彼らには大量の砂が、従ってミネラルもがダムによって遮断され続けている事、
新たなダム建設によって数百年の長きにわたってその集水領域からの砂の供給が遮断され
る事さえ理解していないのです。

彼らがやることは見せ掛けだけの魚道を造り、それで、また土建屋に一儲けさせる程度
でしょう。そもそも、魚道さえあればそれで済むということ自体がデタラメで、水温が急
速に変わる事によって適応できないある種の魚種や稚魚、河口堰の魚道に至っては塩分
濃度が急速に変わる訳ですから、稚魚ならずともその遮断性は言うまでもない事でしょう。

 

246. 有明海から考える「神話と伝説」H

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

 

第三章 神話

 

大国主の神と兄弟八十神

 

 多数派が、今の日本列島に到着します。

 ここには、以前から、暮らす人たち(少数派)がいます。多数派が到着して暮らすよう
になれば、以前からいる少数派と、衝突することも考えられます。

 その前兆は、すでに、「稲羽の白うさぎ」で見えています。

 そうこうしているうちに、晩氷期に変わり、海面が下がっていきます。

 海面低下は、ウルム氷期(スサノオ時代)ほどではないと言われています。しかし、そ
れは、最新の科学技術を駆使して得られた結果であって、先人たちにすれば、スサノオ時
代と同じ陸地です。

 そこに、移動していくことになります。その、理由づけも必要になります。

 

 八上姫は、求婚に来た兄弟神に、

 「あなた方の、お言葉を、受け入れることはできません。

 わたしは、大穴ムジの神の、妻になろうと考えております」

 とおっしゃいました。

 すると、兄弟神は怒り、大穴ムジの神を殺そうと相談しました。

 そして、大穴ムジの神が、伯岐(ははき)の国の、手間山の麓に来たとき、

 兄弟神は、

 「この山に、赤い猪がいる。俺たちが追い下ろすので、下で待ち受けて、捕らえるのだ。
もし、捕らえることができなかったら、必ず、お前を殺してやる」

 と言って、狼に似た大石を真っ赤に焼いて、山から転がし落としました。

 下で待ち受けていた大穴ムジの神は、それを捕らえようとして、たちまち焼かれ、石に
へばりついて、死んでしまいました。

 それを知った御母の神は、嘆き悲しみ、天上に上って行き、神ムスヒの命の、お力を請
われました。神ムスヒ命は、すぐ、(きさ・赤貝)貝姫と蛤(うむ)貝姫を、治療に派遣
なさいました。

  貝姫は、赤貝を、ガリガリこすりって、粉にして集めます。蛤貝姫は、それを蛤のと
混ぜ、母乳のようにといて、全身に塗りました。

 すると、大穴ムジの神は、以前のような、うるわしい男になり、自由に歩けるようにな
りました。

 それを知った兄弟神は、また、大穴ムジの神をだまし、山につれて来ました。

 そして、大木を切り倒し、ヒメ矢(くさび)をしかけ、大穴ムジの神が中に入った時、
ヒメ矢をはずして殺してしまいました。

 そこで、また、御母の神が泣きながら、探してまわりました。そして、大穴ムジの神を
見つけ、木をさいて助け出し、再び、生きかえらせました。

 そして、御子に、

 「あなたが、ここにいると、兄弟神に、いつ、滅ぼされるか分かりません」

 と言って、木の国の、大屋ヒコの神のもとに逃がしました。

 そこへも、兄弟神が追ってきて、矢を射ろうとしています。

 それを、大屋ヒコの神が察知し、木の間をくぐらせ、大穴ムジの神を逃がしました。

 そして、

 「スサノオの命がおられる、根の堅洲国に、行くようになさい。

 あの大神なら、必ず、うまく計らってくれるでしょう」

 と進言なさいました。

 

 大国主の神の試練

 

 大穴ムジの神は言葉に従って、スサノオの命がいる、御殿に到着しました。そこに、ス
サノオの命の娘、スセリ姫が出て来ました。そして、目と目を合わせただけで、心が通じ
、結婚の約束をなさいました。

 スセリ姫は御殿に戻り、父の神に、

 「とても、うるわしい神が、いらっしゃいました」

 とおっしゃいました。

 大神は、大穴ムジの神を見て、

 「これは、葦原のシコオの命だ」

 と言って、すぐ御殿に呼び入れ、蛇の室に泊まるよう、仰せになりました。

 スセリ姫の命は、夫の大穴ムジの神に、蛇を払いのける領巾(ひれ)を渡し、

 「蛇が噛みつこうとしたら、領巾を三回振って、払って下さい」

 とおっしゃいました。

 大穴ムジの神が言われたとおりにすると、蛇が静かになったので、ゆっくり休んで、翌
朝、出て来ました。

 また、あくる日の夜は、ムカデと蜂がいる室に入るよう、仰せになりました。スセリ姫
の神が、ムカデと蜂の領巾を渡し、前と同じように教えたので、何事もなく出て来ました。 

今度は、鳴鏑(なりかぶら)の矢を野原に放ち、それを探して来るよう、仰せになりま
た。そして、大穴ムジの神が野原に入った時、まわりぐるっと火をつけました。

 大穴ムジの神は逃げ場を失い、それを探していると、鼠がきて、

 「内は、ほらほら、外は、ずぶずぶ(外は、すぼまっているが、中は洞穴)」

 と言います。

 そこで、言われたとおりに踏み込むと、洞穴に落ちて隠れてしまい、その間に、火は燃
え去っていきました。そして、鼠が鳴鏑の矢をくわえてきて、大穴ムジの神に奉りました
。しかし、矢羽根は、子供鼠が、全部、食い破っておりました。

 妻のスセリ姫が泣きながら、葬式の道具をもって来ました。父の大神も、すでに死んだ
と思って野原に出て来ました。そこに、大穴ムジの神が来て、大神に、鳴鏑の矢を奉りま
した。

 今度は、大穴ムジの神を、御殿の八田間(やたま・柱間の数の多い)大室につれて来て
、頭髪の虱を取るよう、仰せになりました。頭を見ると、ムカデが無数たかっています。

 

 一難去って、また一難です。スサノオの命は憎しみでもあるかのように、数々の試練を、
大穴ムジの神に与えます。

 しかし、これは、「世継ぎの儀式」でしょう。

 大穴ムジの神が、木の国を逃げ出す時、スサノオの命がいるところは海底で、根の堅洲
国でした。

 しかし、到着する時は陸地で、再び、葦原の中つ国、出雲の国になっています。ここも
、時間が短縮されています。前任のスサノオの命から、後任の大穴ムジの神に継承する、

「世継ぎの儀式」です。

 大穴ムジの神は、この後、スサノオの命から、大国主の神という、名前をもらいます。
日本列島は、ほぼ、陸続きになって大きく広がり、まさに、大国になっています。大国主
という名前のとおり、日本全土を治める神です。

 そこを、治めることになります。軟弱では、勤まりません。また、娘婿としても、立派
に勤めを果たしてもらわなければなりません。

 スサノオの命は、愛情があるから、試練を与えたのでしょう。事実、この後、これ以上
ない言葉を、大穴ムジの神に送ります。

 

 妻のスセリ姫は、椋(むく)の木の実と赤土を渡し、噛むまねをなさいました。大穴ム
ジの神は言われたとおり、木の実を噛みわり、赤土を含んで吐き出します。

 大神は、ムカデを食い破り、それを吐き出している思い、心の中で愛しいと感じ、すっ
かり安心して寝てしまいました。

 そこで、大穴ムジの神は、大神の髪を垂木ごとに結びつけ、五百人力で動かす、大石
を戸にして塞ぎました。そして、妻のスセリ姫を背負い、大神の生大刀・生弓矢と天のヌ

(りっぱな)琴を持って、逃げ出しました。

 その時、天のヌ琴が木にふれ、大地がゆれ動いて、地鳴りがしました。寝ていた大神は、
大きな音に驚き、急に立ち上がったので、室を引き倒しました。

 しかし、垂木ごとに結んだ髪をほどているので、その間に、大穴ムジの神・スセリ姫夫
婦は、遠くへ逃げて行きます。大神は、黄泉ひら坂まで、追って来ました。

 そして、はるか遠くを見やりながら、大声で、

 「おまえが手にしている、生大刀・生弓矢で、腹ちがいの兄弟たちを、坂のはずれに、
また、川の瀬に追っ払うがよい。

 貴様が大国主の神として、また、うつくし国玉の神として、わが娘スセリ姫を本妻にし
て、宇伽(うか)山のふもとの地底の岩盤に太い宮柱を建て、高天原にも届く千木をつけ
た宮殿を造り、そこで住むがよい。

 こいつめが!」

 と呼びかけられました。

 大穴ムジの神は大刀や弓矢を使い、坂のはずれに、また、川の瀬に、兄弟神を追い払い、
それから、国作りをしていきました。

 なお、あの八上姫は、先の約束どおり、大穴ムジの神と、夫婦の契りを結びました。

 それで、八上姫を連れて来ましたが、本妻のスセリ姫に遠慮して、子供を木の叉にはさ
んで、本国に、お帰りになりました。

 そのようなことで、御子に名づけて、木マタの神と申しますが、またの御名を、御井の
神とも申しております。

 以下略。

 

 「世継ぎの儀式」を終え、名実ともに、大国主の神になります。

 それから、大国主の神は、沼河姫と結婚します。大国主の神は、スセリ姫・八上姫とも、
結婚しています。また、系譜では、他の神とも結婚しています。

 出雲大社には、大国主の神が祀られています。大国主の神が、よく、結婚することから、
出雲大社は、縁結びの神社と言われています。

 ここでいう結婚は、族と族が手を結んだなどという、大げさなものではありません。同
じところで、一緒に暮らしたということです。

 スサノオ時代の、陸地になります。そこで、一緒に暮らすようになり、スサノオの命の
娘、スセリ姫と結婚します。

 また、朝鮮半島側とも陸続きになり、渡来系の特徴をもつ人が南下してきます。そこで、
一緒に暮らすようになり、沼河ヒメとも結婚します。

 八上ヒメは、大穴ムチの神と結婚します。しかし、本妻のスセリ姫に遠慮して、子供を
木の叉にはさんで本国に帰ります。

 八上ヒメは、今の日本列島の、国土及び人です。同じところで一緒に暮らすようなり、
大穴ムチの神と結婚しました。

 しかし、大国主の神は、海面低下で、八上ヒメがいる、今の日本列島から離れていきま
す。八上ヒメが、今の日本列島から、離れることはありません。それらを考慮して作られ
たので、このような話になりました。

 

 少名ビコナの神

 

 日本列島は、再び、ほぼ、陸続きになり、スセリ姫と結婚します。また、朝鮮半島側と
も陸続きになり、沼河姫とも結婚します。

 それから、沖縄地方のように、離れ離れになった人たちと、数百年ぶりの再会もありま
す。それを、ドラマチックにしたのが、「浦島伝説」でした。

 しかし、史実は、その後の海面上昇で、再び、離れ離れになります。伝説は、どこで終
わってもかまいませんが、神話は、史実どおりでなければなりません。

 それが、この記述になります。

 

 大国主の神が出雲の御大(みほ)の岬にお出かけになりました。すると、波頭を、ガガ
イモの実を二つに割って作った舟で、蛾の皮をそっくり剥いで作った衣服を着た神が、こ
ちらにやってきました。

 そこで、名前を聞いてみましたが、お答えがありません。

 お供の神にも、聞いてみましたが、皆「知らない」と申します。

 すると、ひき蛙が、

「これは、クエビコが知っているでしょう」

 と申しました。

 クエビコを、呼んで聞くと、

 「この方は、神ムスヒの神の御子、少名ビコナの神と申します」

 とお答えしました。

 そこで、天上の神ムスヒの御祖の命に、お聞きになると、

 「まことに、わが子だ。子供は大勢いたが、わたしの指の間から、漏れていった子だ。
そなた、葦原シコ男と兄弟となり、国作りを固めなさい」

 とおっしゃいました。

 それから、大穴ムチ・少名ビコナの二柱の神は、協力して国作りを固めていきました。
しかし、後になって、少名ビコナの神は、常世の国に渡っていきました。

 なお、少名ビコナの神の御名を、皆に教えたクエビコは、今の、山田のかかしのことで
す。この神は歩けませんが、天下のことを、ことごとく知っている神であります。

 残された大国主の神は、心配して、

 「わたし独りで、どのように、国を作っていけばいいのか。

 どなたが、わたしと協力して、国作りをしてくれるのか」

 とおっしゃいました。

 その時、海面を光らせながら、こちらにやって来る神がいます。

 そして、その神が、

 「わたしの霊を丁重に祀れば、わたしが協力して、国作りを完成させましょう。

 もし、そうでないなら、国作りは完成いたしません」

 とおっしゃいました。

 大国主の神が、

 「では、あなたの霊を、どのようにお祀りすればいいですか」

 とお聞きになると、

 「わたしを、倭の国の青や緑に囲まれた、東の山の上にお祀りしなさい」

 とお答えになりました。

 これが、御諸山の上にいらっしゃる神(三輪山の大神神社)でございます。

 以下略。

 

 この話は、途中までは、「浦島伝説」と要素が同じです。しかし、史実どおりでなけれ
ばならないので、離れるという、もう一つの新たな要素が加わります。これは、複々合型
と言えます。

 さらに、もう一つの新たな要素が加わると、「浦島伝説」と、まったく違う話になり
ます。史実を知らなければ、「浦島伝説」のモチーフが発展した話、と分かりません。

 ここで記した蛾は、『古事記』では、鵝(が)と記述されています。そして、蛾と鵝の
違いについては、二つの意見が述べられています。

 一つは、蛾を、鵝と誤記したものである。

 二つは、記述どおり、鵝である。そして、鵝は、雁(かり)を家畜化したものと言われ
ています。

 少名ビコナの神が乗ってきた、カガイモの実を二つに割って作った舟の、ガガイモは、
今も、日本各地で植生しています。

 果実は、直径・一センチ、長さ・一○センチぐらいで、先のとがった卵形をしています。
熟すと、縦に裂けて、果皮は舟に形になると言われています。

 ここで、鵝と蛾の、違いに戻ります。記述どおり鵝(雁を家畜化したもの)だとすれば、
少名ビコナの神は、その皮を剥いで作った衣服を、着ていることになります。

 それを、衣服にしています。そこで、少名ビコナの神は、雁と同じ大きさの神(人間)
ということになります。これは、一般人より、かなり、小さな神(人間)です。

 しかし、そんな小さな神(人間)でも、ガガイモの実を二つに割った舟に乗れば、すぐ、
沈没してしまいます。

 この舟に乗れるのは、小指か豆粒ぐらいの、もっと、小さな神(人間)でなければなり
ません。それより大きな神(人間)では、舟は、すぐ沈没してしまいます。

 そして、その神(人間)が着る服は、蛾の皮を剥いで作ったものが、ちょうどの大きさになります。そのような理由で、蛾が適当と思われるので、本文では、蛾と記しています。

 少名ビコナの神は、みすぼらしい恰好をした、小さな神(人間)ということになります。

 海面低下で、海中に隠れていた島(神)が、生まれます。島は、年ごとに成長していま
すが、まだまだ、生まれて間もない、幼い子供です。

 一方、大国主の神は、本土側全域を治める神です。本土側を、成人に例えると、生まれ
て間もない島は、小指か豆粒ほどの大きさです。

 また、生まれたばかりの島は、塩分の濃度が高く、一般の植物が植生しておりません。
蛾の皮で作った衣服を着ていると言われても、仕方がありません。

 国土を、人間に例えたことで、小人、という発想が生まれました。しかも、生まれて間
もない、幼い子供です。

 幼い子供を、想像します。何を聞いても、答えてくれません。ちょっと、おませな子供
でも、「は〜い」という返事ばかりで、さっぱり埒があきません。そのうち飽きて、どこ
かに遊びに行ってしまいます。

 短い話ですが、先人たちの、すべてが集約されたところで、何度読んでも飽きません。
少し書き加えて、再度記します。

 

 ある日、大国主の神は、お供の神を連れて、出雲の御大(みほ)の岬に出かけました。
すると、お供の者の一人が、

 「あれは、何だ!」

 と遠い海上を指しました。

 目をこらすと、波の上を、こちらにやって来る、小さな舟が見えます。

 舟が近づくと、ガガイモの実を二つに割って作った舟に、蛾の皮を衣服にした、豆粒ほ
どの、小さな神が乗っています。噂を聞いて、他の神も集まり、岬は、いっぱいになりま
した。

 小さな神は、舟を岬に着けると、ぴょんと飛び降りました。そして、大勢の神に、きょ
とんとしておられます。

 近くでよく見ると、凛々しいお顔です。大国主の神は、すぐに、高貴な方だと察知しま
した。

 そして、

 「失礼ですが、どこから来られました。

 また、名前を、お聞かせ願えませんでしょうか」

 と丁重にお尋ねになりました。

 しかし、小さな神は、恥ずかしそうにしただけで、何もお答えになりません。

 そこで、大国主の神が、

 「この方を、知ってる者はおらぬか」

 とお供の者に聞いてまわりましたが、皆「知らない」と申します。

 大国主の神は、再度聞こうと、振り向きました。しかし、小さな神の姿が、どこにも見
当たりません。話の最中に、どこかに行かれたようです。

 もしやと思って、岬を見ましたが、舟はつながれたままになっています。近くに、おら
れるのは、間違いありません。

 手分けして、さがす相談をしていると、見物していた神が、

 「あの中です」

 と打ち上げられた、巻き貝を指しました。

 巻き貝は、小さな神の家に、ちょうどの大きさです。

 大国主の神が、中をのぞくと、小さな神は、もう、寝息をたてておられます。

 「弱ったな。どうしたものか」

 と思案していると、ひき蛙がやって来ました。

 そして、

 「この方のことは、クエビコがよく知っております」

 と申し上げました。

 大国主の神は、すぐに、お供の者を遣い、クエビコを呼びました。

 そして、

 「さっそくだが、この方を知っておるか」

 とお聞きになりました。

 クエビコは、

 「はい、存じております。

 この方は、神ムスヒの神の御子で、

 『少名ビコナの神』

 と申す方でございます」

 とお答えしました。

 そこで、天上の神ムスヒの御祖の命に、お聞きになると、

 「まことに、わが子だ。子供は大勢いたが、わたしの指の間から、漏れていった子だ。
そなた、葦原シコ男と兄弟となり、国作りを固めていきなさい」

 と仰せになりました。

 それから、大穴ムチ・少名ビコナの二柱の神は、協力して国作りを固めていきました。
しかし、しばらくすると、少名ビコナの神は、海の向こうの常世の国に、行っておしまい
になりました。

 

 天照大御神の使者

 

 少名ビコナの神が、常世の国に渡っていきました。少名ビコナの神が、常世の国に渡っ
ていったということは、再び、海面上昇がはじまったことを意味します。

 海面上昇は、陸地が下がることです。陸地は、年に一○センチ弱、海没します。これだ
けの海没では、最初は分かりません。しかし、四、五年すれば、おかしいと気づきます。
そして、十年もすれば、あちこちで騒ぎが起こります。

 騒ぎが起こるのは、葦原の中つ国側だけではありません。高天原側でも、騒ぎが起こり
ます。むしろ、高天原側の方が、騒ぎが、大きいかも知れません。

 前に海没した時、天照大御神は、とり残された可能性があります。その時、スサノオの
命は、本土側に渡って行きました。そこで、その後、活躍することが出来ました。

 しかし、天照大御神は、高天原側に残りました。高天原側に残ったので、その後の活躍
が出来ませんでした。今度、渡って行かないと、永久にとり残されてしまいます。

 

 天照大御神は、

 「豊葦原の千秋の長五百秋の瑞穂の国(日本国の美称・豊かな葦原で永久に穀物が生
育する国)は、わが御子、正勝吾勝々速日天のオシホミミの命が、治めるべき国である」

 と仰せになり、天上から、御子が、降りて行かれることになりました。

 天のオシホミの命は、天上から降りて、天の浮橋に立ち、

 「豊葦原の千秋の長五百の瑞穂の国は、たいへん騒がしくなっている」

 と言って、すぐ天上に戻り、天照大御神の、ご指示を請われました。

 そこで、高御ムスヒの神・天照大御神のご命令で、天の安川の川原に、八百万神が集め
られました。

 そして、思金の神に、

 「葦原の中つ国は、わが御子が治めるべきと遣わせましたが、その国には、荒ぶる国つ
神が多くいるようです。

 どの神を遣わせ、説得にあたらせたらいいでしょうか」

 とお聞きになりました。

 思金の神・八百万神が、一緒に相談し、

 「天のホヒの神、これが使者に適任です」

 と申しあげました。

 

 ここで、おもしろいことに気づきます。

 天照大御神は、天の安川の川原に八百万神を集めます。そして、誰を説得に派遣するか、
八百万の神と、相談して決めようとします。

 天照大御神ほどの実力者であれば、命令するだけでよさそうです。しかし、八百万神
と相談して決めようとします。みんなで、相談して決めるのが、一般的だったようです。

 前、天照大御神が天の岩屋戸に隠れた時も、八百万神が集まって相談しました。また、
スサノオの命を追放する時も、八百万神が相談して決めています。

 日本人は、合議主義の民族だと言われています。それは、すでに、「神代」の時代から、
はじまっていたようです。

 陸地は、年ごとに海没しています。二、三年で、どうだということはありませんが、の
んびりは出来ません。この先、どうなっていくのでしょうか。

 

 ところが、天のホヒの神を遣わせましたが、大国主の命に媚びへつらって、三年たって
も、復命いたしませんでした。

 そういうわけで、高御産巣日の神・天照大御神は、

「葦原の中つ国に遣わした、天のホヒの神は、久しく復命いたしません。

 こんどは、どの神を、遣わせたらいいでしょうか」

 とまた、八百万の神に、お聞きになりました。

 思金の神は、

 「天つ国玉の神の御子、天の若ヒコを、遣わすのがいいでしょう」

 とお答えしました。

 そこで、天の若ヒコに、天のマカゴ弓・天のハバ矢を賜り、遣いに出されました。

 ところが、天の若ヒコは葦原の中つ国に降りると、大国主の命の娘下照ヒメと結婚し、
また、その国を、自分のものにしょうとして、八年たっても、復命いたしませんでした。
 そういうことで、天照大御神・高御ムスヒの神は、

 「天の若ヒコは、いつまでたっても、復命いたしません。

 こんどは、どの神を遣い、久しく復命しない理由を、問いただしたらいいでしょうか」
と再び、八百万の神に、お聞きになりました。

 八百万の神・思金の神は、

 「鳴女という名の雉を、遣わすのがいいでしょう」

 と一緒にお答えしました。

 天照大御神は、雉を呼び、

 「おまえが、天の若ヒコに、問いただすのは、

 『おまえを葦原の中つ国に遣わした理由は、その国の、荒ぶる神たちを説得平定するこ
とだ。

八年もの間、どうして復命して来ないのですか』と」

 と仰せになりました。

 鳴女は天上から降りて、天の若ヒコの門前の、神聖な桂の木にとまり、天つ神のお言葉
を、ありのままに伝えしました。

 ところが、その話を、天のサグメが、そばで聞いておりました。

 そして、

 「あの、鳥の鳴き声は、とても不吉です。

 ご自身で、射殺された方が、よろしゅうございます」

 と天の若ヒコを、そそのかしました。

 天の若ヒコの神は、天つ神から賜った、天のハジ弓・天のオク矢で、雉を射殺してしま
いました。

 矢は雉の胸を貫通し、逆さまに射上がって、天の安川の天照大御神・高木の神のところ
に、飛び込んできました。高木の神は、高御ムスヒの神の別名です。

 高木の神が、矢を取ってご覧になると、矢羽根に血がついています。

 「この矢は、わたしが、天の若ヒコに賜った矢です」

 とおっしゃいました。

 そして、矢羽根を、八百万の神に示しながら、

 「もし、天の若ヒコが、天つ神の命令どおり、荒ぶる神を射った矢であれば、天の若ヒ
コに当たるなよ。

 もし、邪心があったとすれば、天の若ヒコよ、この矢で禍を受けよ」

 と言って、飛び込んできた穴から、矢をつき返されました。

 矢は、朝寝をしていた、天の若ヒコの、厚い胸に当たって、死んでしまいました。

 (これが、世にいう返し矢のおこりです)

 また、雉はついに帰りませんので、今日のことわざに

 「雉のひた使い(行くだけで、帰って来ない使い)」

 と申しますが、その起こりは、ここにあります。

 

次号へ続く

 

 

▲ 少彦名命を祀る八代市の天子宮

 

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 

アンビエンテ 編集長 古川 清久

 

この話は縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承
されているとする驚愕の仮説です。

いよいよ少名ビコナの神の登場です。少彦名(命)神とも書きます。現在、地名のサイ
トをスタートさせる予定で、地名の話を百本は書いていますが、この中で天子宮を調べて
います。この天子宮は有明海沿岸の佐賀、熊本、鹿児島(福岡では消されたか?)に分布
しており、そこに祀られているのが少彦名(命)神なのです。久光さんの説には非常に興
味をもっております。氏の

 

少名ビコナの神が、常世の国に渡っていきました。少名ビコナの神が、常世の国
に渡っていったということは、再び、海面上昇がはじまったことを意味します。

 海面上昇は、陸地が下がることです。陸地は、年に一○センチ弱、海没します。こ
れだけの海没では、最初は分かりません。しかし、四、五年すれば、おかしいと気づ
きます。そして、十年もすれば、あちこちで騒ぎが起こります。

 

にも相変わらず驚かされますが、今後も久光さんの展開が期待されます。

 

久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場す
る『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされ
ているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられる
のです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺
いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので
刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。
非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ B

 

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 4)

7月号

247

大牟田の住宅街で再生する干潟                        

20070714

248

不知火海残映 4. 「 未定 」   

                      吉田 耕一

20020101

249

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第6回 赤潮について

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

250

淡 海

20070701

251

未 定

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

252

海を無視する球磨川と川を知らされない不知火海

20070701

253

開聞岳を破壊する鹿児島県

20070101

254

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第10

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ C