寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)   

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 2)

5月号

231

干潟を守る日 2007 諌早全国集会報告                        

20070415

232

不知火海残映 2. 「 今宵停泊 」   

                      吉田 耕一

20020101

233

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第4回 不知火海(八代海)はどういう海なのか

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

234

 極まった机上の空論 でっち上げられた洪水

(小石原川ダムの治水計画の無謀さを暴く)

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

235

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

236

高千穂鉄道残映(X)あこがれの鹿川

20061106

237

湯平温泉と広葉樹の森   

20061031

238

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第8回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ A

 

 

231.  干潟を守る日 2007 諌早全国集会報告                                              

 

干潟を守る日 2007 諌早全国集会報告

 

ギロチンから十年

 

四月十四日、諌早で行われた“干潟を守る日 2007 諌早全国集会”に参加しました。

詳細はプログラムをご覧にいただくとして、今回は勝手な感想を書かせていただきます。

 集会規模は一五〇〜二〇〇人といったところでしたが、今回は十周年ということもあり、韓国からJu,Yung-Ki氏外一〇名近い参加があるなど、参加者の思いもひとしおだったようです。

 特に際立っていたのは、パネル・ディスカッション参加者の豪華さでした。

 御用学者、官僚OBで固められる以前の農水省第三者検討委員会で名を馳せられた東幹夫(長崎大学名誉教授)、ムツゴロード構想の片寄俊秀(大阪人間科学大学教授、費用対効果の側面から農水省の経済効果を徹底的に追及された宮入興一(愛知大学教授)、よみがえれ有明海訴訟の堀 良一弁護士、有明海・不知火海フォーラムでもおなじみの堤裕昭(熊本県立大学教授)、佐藤正典(鹿児島大学准教授)、佐々木克之(元中央水産研究所長)、碇山 洋(金沢大学教授)それにフジマエ干潟の辻 淳夫(日本湿地ネットワーク代表)とフォーラムなら三〜四年分に相当する花形役者による揃い踏みといったところでした。  

それ以外にも会場には東京大学の清水准教授がおられるなど、パネラリストに相当する多くの学者、研究者、活動家や闘士がおられたようです。

 

まず、今回、壇上に並ばれたパネリストの方々は、真実を追究せんとする本物の学者と言うべきでしょう。

少なくとも、行政や産業界の意向にそって都合の良い学説を捏造する御用学者は一人もいないはずです。

現在、国土交通省や農水省といった行政主導によるシンポジウムや討論会といったものが花盛りです。公共事業のソフト化とも言えますが、独立行政法人化された大学の予算獲得のために予算を握る産業界、官僚に尻尾を振る学者が後を断たないのです。

パネル討論の際に某教授も言われていましたが、学者、研究者の姿勢の問題があるのです。皆さんも九大の○○、熊大の○○、佐大の○○といった連中の話はまずは巧妙な嘘と考えておいた方が無難でしょう。

 

諌早での懇親会

 

集会終了後の懇親会は実に盛会でした。共に権力の誘惑に負けなかったという誇りと互いの信頼感に満ち溢れており、なにやら戦友会が行われているかのようでした。

この事だけでも、この集まりは今後二十年を経ても続けられるのではないかと思ったものです。果たして、二十年後の有明海はどうなっているのでしょうか。私には有明海の再生は人々が忘れた頃に人知れず始まると考えています。

当然、悪いことを知った上で始めた農水省のさもしい官僚ども、それに手を貸した御用学者、金のことしか考えなかった土建屋や糞議員ども。彼らも、この十年の間に退職し、天下りし、有明海の祟りから痴呆になり、中には鬼籍に入っている者もいる事でしょう。 

彼らのような恥を知らぬ連中も時の流れに消え去り、既に官僚の中枢も直接的な下手人から、責任を負っていない若手の官僚の世代に徐々に移っているはずでしょう。

御用再生委員会に加担した直接的悪人共が順調に退職し、天下りし、甘い汁を吸い尽くし、人間、学者としての恥と汚名だけを残して費え去り、若い世代の官僚にとって罪悪感が消えた頃に開聞、堤防の改造、撤去の動きが始まると思うのです。

いずれにせよ、最悪のポルダー干拓(複式干拓)の私生児である調整池の水質悪化は対処のしようが全くないのであって、論理的、合理的に考えれば近い将来、海水を入れるしかなくなるはずです。既に、山陰の中海干拓は堤防の撤去の段階に入っています。できれば早めに財政が破綻して欲しいものですが、既に農水省がやれる事業は集落排水事業(農村小規模下水道)程度しかなく、早く“壊す公共事業”に移行しなければ僅かな天下り先さえ確保できなくなるはずなのです。それはともかく、いずれ、対処のしようがなくなりゲートを開け放しにするしかないのではないかと思うものです。どうも、私には死ぬまでにそれを確認できるような予感がしています。

▲ 集会プログラム

 

午前中の集会で哲学者の梅原猛先生からのメッセジが読み上げられていましたが、梅原先生は「西九州の人は、二十世紀、三度にわたる災禍に見舞われた。一度目が長崎への原爆の投下、二度目が水俣病、三度目がこの諌早湾干拓事業であった。・・・」と。

もちろん、これ以外にも自然災害など多くの災禍はあったのですが、それは直ぐに建て直しのできるものだったのです。

この三つの大災禍はいずれも国家が国民にもたらしたものなのです。第一が軍官僚、第二が通産省官僚と厚生省官僚さらに言えば県の小役人ども、第三が農水省官僚と無能な県幹部によるものだったのです。

改めて、武官、文官を問わず、官僚というものが国民と実は国家の敵であることが良く分かります。恐らく第四番目も迎えるはずですが、私の考えではこれは既に始まっているようです。宮崎県の林野行政を押進めた林野庁か、ダムの国土交通省辺りになりそうです。

共に覚悟しておきましょう。

有明海の再生は、当面、全く見込みがありません。

少なくとも、農水省の水とは水産の水なのです。これほどまでに豊かな有明海を破壊しておきながら農水省とは良く言ったものだと思いますが、もはや、ここの官僚は国民のためにも国家のためにも国土のためにも役に立ってもいなければ、まじめに働いてさえいないのです。

あの憎むべき石原でさえ外務省は日の丸を背負っていないと言いましたが、恥を知らぬ無能な官僚ほど恐ろしいものはありません。

 

“現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!”

 

232.  不知火海残映 2. 「今宵停泊 」 津奈木町福浦) 

                            吉田 耕一

 

▲「今宵停泊

 

   「不知火海残映」の連載について

 

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wをスタートさせるに合わせて、“不知火海残映”の連載を始めることができました。

このシリーズは、= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = を連載していただいている元美術教師、吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられますが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載することもあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

2回目の「今宵停泊 」は、私の感性で選択してしまいました。再び、掲載が五月になることと無関係に季節を無視したものになったかもしれませんが、勢いで選んでしまったものです。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

233 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 

連載第4回 不知火海(八代海)はどういう海なのか

 

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

 

 不知火海(八代海)はどういう海なのか

 

その1、学術的文献について(海洋)

 

このレポートを書いている時に意見交換会で上述のような事件が起こったため、アドバイザーとして出席されていた大和田教授(県立大環境共生学部長、東大名誉教授)も同じように感じられたのであろうか、この会が終わって数日も経たぬうちに先生から私のところに八代海に関しての学術的な研究論文のいくつか(というより総て)が送り届けられた。一体これはどういうことなのか、先生からすれば私は芦北の住民とだけはわかってはいても、得体の知れないいわば何処の馬の骨かも分からぬ者に、それを一切抜きにしてストレートに私の疑念に答えるべく、ただそれだけのために、さりげなくスマートにそして機敏にこのような対応をされる、その人格というか人間性にちょっとしびれてしまったというのが本音のところであるが、先生のお手紙文の中には「八代海について科学的な知見をもとに総説を組み立てようとしても、八代海と球磨川に関しての科学的論文が殆んどなくこれからきちんとした研究を積み上げていくしかありません。」「世の中に八代海をもっと知って欲しいと考え……」等々の文面から“俺は研究者でござい”というような嫌な味は微塵もなく自然と共生する哲学と思想を地で行こうとされる本物の科学者の姿をかい間見た感じがして改めて尊敬の念を深くした。

 研究論文のいくつかというよりは総てといったのは 先生から送られてきた資料の中に、「(月刊)海洋」VoL415VoL428の二巻があって、この二冊の中に水俣病発祥以来現在に至るまでの学術論文のすべて合計28本が「(総特集)八代海――環境と生物の動態――」というタイトルで 集約され編集されていたからである。

 おそらくこれらは大和田教授が総括編集されたものであろう。これは研究者にとっても再生事業担当部局にとっても、八代海を知ろうとする上での貴重な基礎資料の集大成という意味で大変価値のある作業だと評価したい。何かを知りたくても どこの誰に紹介すればそのデーターや情報が入手できるのかそれが先ず大変なことだが、例えば再生委員会の先生方のそれぞれの]調査研究のすべてこの二冊に集約されて見ることができるので事典的な機能も果たしている。弘田教授の研究も読ませていただき今回の見解についての論拠も理解できたりして大変重宝すると思われるので大和田先生に感謝しながら紹介させていただく。

 

出版、東京日野市三沢3459

[海洋出版KKTel 0425942654

Fax 0425942924

 

その2、生活者の立場から

 

その2の@ 馬の骨の正体(自己紹介

 

 私は平成7年定年退職の元教員、現在の名刺の肩書きは「絵かき、釣り師、環境ワッチャー」としている。美術を専攻したが教員をしていたため絵筆は取らず退職後制作活動。「釣り」は物心ついた時からであるから釣暦だけで確実に還暦を越えている。不知火海だけでも50年以上;いやでも海を観察して来た事になる。フィールドワークのエリアは(資料1参照)不知火海では北は鏡町文政地区の北新地から八代の金剛干拓(平和地区)あたりの干潟地帯からあとは岩礁地帯、鹿児島県も含め、三角半島を除く地図上に示される島々すべてでほぼ全域自分の足で確かめている。渓流釣りでは球磨川河口付近から中流域更には川辺川流域の樅木地区、球磨川源流域古屋敷地区あたりまで。ここあたりはヤマメ釣り。ヤマメは佐敷川源流域にも生息し、ここがほぼ南限、湯浦川以南はどの河川にもいない。

 

釣りというのは、エサをつけて海に投げ込んでおけば何処でも釣れるというものではない。季節・天候・風潮流、釣り場の地形の特徴や構造、気温や水温水深、対象釣魚の習性、同じ魚でも季節或いは海況等、条件が変れば全く異なる行動習性をもつ。それらに合わせての釣法や道具・道具の工夫等々。これらを総合的に判断し見通しを立ててやらないと特に今は釣れない。

 釣りは私にとって一種の知的ゲーム、さまざまなデーターや情報を分析しながら一種の仮説をたてて、その仮説を実証し検証するというやり方である。仮説通り実証されたら、つまりうんと釣れたら、その仮説は正しかったということになる。そうでなかった場合は仮説そのもの誤りであったとみなし、その誤りの原因は何であったかと逆点検し分析していけばよいわけである。データーや情報の読み取りや解釈の誤り、その修正等々。これらは現場で釣りしながらでも頭でシュミレーションしながらやっている。データーや情報が不十分なため仮説とまで行かず単なる予想に過ぎない場合も勿論あるし、確かな仮説と思って出かけたら、現場の状況は全くその仮説が当てはまる状況ではなかった等々もあるのだが、最近は海が異変を起こしているためこれが多い。長年の経験則で組み立てたいくつかの仮説も、今はもう通用しない。

釣り場というのはいくつかの限られた地点である、限られた地点のそこだけとらえても何も分からない。全体像を構造的にとらえて、全体がそうだから限られたそのポイントはこのような状況になるのだというとらえ方をして始めて、そこが何だということが分かってくると思う。そのようなことで50年間不知火海を観察してきたつもりである。勿論球磨川を中心にした山や川の状況もいつも視野に入れながら……。そのような私なりのスタンスで「八代海再生」について口を出しているのだと理解していただきたい。

 

 私の釣りはここ20年ほど殆んど夜釣りが中心である。世の中が寝静まると一人静かに海と対話できる。しかし冬場が多いので老体には少々厳しくなった。相棒の一人がリタイアした。

 つい最近になって省エネを思いついた。魚が休むときはこちらも休み、魚が食餌行動を起こす時だけ釣るというやり方である。先ずバケツに海水を汲む。バケツの中も一つの海である。必ず夜光虫がいる。夜光虫は何か刺激を受けると反応して発光する。反応の仕方は時間(潮時)のよって活発であったり不活発であったりしていちようではない。時々バケツのふちを指で軽くたたいて反応が鈍い時はこちらも休む。しかしそれをしなくても、ある時間帯にさしかかるとバケツの中にこんなにも夜光虫がいたかと思うほどギラギラ発光し始める。これが正に潮時で、それを合図に私も仕事(釣り)のかかるという寸法。

これはその日の夜光虫の体内時計による行動であろう。おそらく他のプランクトンも同様に活性化するであろうしそれは食物連鎖によって他の生物につながるから魚も活動を開始するはずだと思いついたからである。実際やってみてささやかな仮説はバッチリ的中した。しかしこれはいつもその通りとは限らない。夜光虫が少ないときは魚も少ないし、月夜と闇夜ではまた違う。概して月夜に魚類は食餌に関して不活性傾向を示す(沿岸海域において)ようである。これと全く逆のことを実験したことがある。ちなみに夜光虫は渦鞭毛藻の一種である。一般的に温暖な地域に生息する魚類は、冬場に水温が低下すれば活動も鈍る。金魚鉢のキンギョもそうで、冬場はあまりエサを食べない。そんな時期につい何の気なしにキンギョに餌をやった。やはり食べようとしない。食べてくれないとやがて餌は底に沈み腐敗もするし と言うより冬場はカビ菌が繁殖し魚体をいためるので水替えもしなければならなくなる。何とか餌を食べてもらいたいのである。そこで考えたのは、キンギョは元を正せば海の生物。海で生活した習性は未だどこかに残っているはず、潮の動きに合わせて行動する性質が…ならば金魚鉢の中に潮の動きを作ってみよう。ということで静止した水槽の水に手を入れてゆっくりした流れを作ってみた。すると今まで知らん振りしていたキンギョが金縛りから解けたようにパクパクと餌を食い始めたのである。

 

その2のA 科学者のとらえ方と生活者のとらえ方のちがい

 

物を作ったり漁業をしたりする人々は、自然によって起こる現象と常に対面し、そこで生活している。そして何かが変ればどうしてだろう、何が原因でそうなるかと考え、それにどう対応すればいいか常に考えで生活している。自然と共生するということは常に自然を観察し自然の中で起こる現象の因果関係を考え感じとり判断し、それに最もふさわしいと思われるような生き方を選択しようとしていることになるのである。

そこには客観的な数値や数量に置きかえ分析したり理論構成を試みたり、仮説を立てて結論を導くといったような学問研究的な手法はどこにもないかも知れないが、事実を事実としてとらえ、起こる事実の周辺部も総合的にとらえながら因果関係を分析し次に起こるであろう結果を予測してそれに備えて対応しようとする行為は、まさしく科学のオーソドックな姿であろうと考える。そのようにして得られた知見の中で「生活の知恵」として受け継がれて来たものの中にこそ本当の科学が存在するように思う。

自然と共生する人々の考え方をひと口で言えば、それは理屈を抜きにした合理的精神ないしは感覚だと思う。したがってある事柄を説明する場合でも、だれもがなるほどとわかるように論理に筋道を明らかにするか、或いは事実をもってこうだと示さない限り理解は得られないだろう。

 

一方自然科学に関して研究者や科学者はそのすべてが常に起こる現象について事実を事実として観察しているとは限らない、その中の一つをサンプルとして抽出しそれを客観的数値に置き換え分析して判断するが、それは限られた時空間の点の事実に過ぎない。気象とか海況とかは日々、刻々と連続して変化するアナログの世界であるが、研究者のそれは、デジタルに置き換え、作業し、表現していることになる。特に現代のような専門分野が細分化されるとそのエリアは狭くそのカテゴリー内での現象や事実については、より精密度が高くなるかも知れないが、その周辺部や全体像への見通しは、より困難になってしまう。そんな感じを受ける。不知火海に関する28本の論文全部読ませていただいた。

その中には、経験則による既存の知見だけでは分からないことを、明らかにしてくれるものや、とらえ方や見方について、経験則とはまったくことなる視点から示唆を与えてくれるものも多くあった。しかし総じてとらえると、やはり全体の中のある断面ないしはある分野での結論となり、自己撞着性から脱皮させることができないままのものが多く、これらをどうみても並び変えても 不知火海そのものの像をイメージアップすることはできないし、ましてや、海を再生しようとするときに一番必要な、そして私たち生活者がほしいと思う「だからどうなのだ、それでどうしたらいいのか。」という答えにはならないということである。つまるところ研究者間においてもまだ不知火海がどんな海であるかつかめていないのではないかと思った。

この間の事情については大和田教授から頂いた私信の中にも述べられていた。先生は東京大学での教鞭を執られる傍ら関東一円の海域について長年研究されてきたためそちらならわかるが、こちら(熊本県立大に5年前)来て日も浅く、不知火海を調査しようと文献に当たったら、有明海についてはかなり詳しく調査研究がなされているが、不知火海については驚くほど少ない、これではいけない、何とか今あるものだけでもまとめておかなければと前出の「海洋」に八代海特集を組まれたようである。「正直に言ってこれからです」ときわめて率直に真摯に述べられていた。論文集を読んでみて、先生が言われることの意味がよく理解できたように思う。

 

しかし問題なのは、これ以上のような状態にもかかわらず、報告書は海と川と山の関連を抜きにして、海ないしは沿岸部分だけで、とにかく、やってみなけりゃわからないじゃないか方式で進めていこうとしていることである。地元住民・生活者の立場としては、そんな見通しも展望もないようないい加減な取組みでは納得できないととらえるのは当然のことではなかろうか。

「手術(芦北)については見事に成功しました。しかし残念ながら患者(海)はお亡くなりになりました」じゃ話にもならないかということである。

 こちらも口を出すからにはそれなりの根拠に基いて言っているつもりである。海を元通りに再生させるには至らなくとも少なくとも現状の海を改善させるであろう蓋然性のある方策は用意して挑んだつもりだが、意見交換会ではついに述べることができなかったので、以降はその見解について述べて行きたい。ただその前に、同一の海に「八代海」と「不知火海」の二つの名称があるのは何故かについて、ちょっと触れてみたい。

 

2004年(H16)「第7回有明海・不知火海フォーラムin天草」が本渡市で開かれたが、その時古川清久(前出)のレポートの中にこのことについて触れておられたのでそれを紹介したい。

 

「有明海」とは明治の終わりからのもので、それ以前は「筑紫海]「筑紫潟」「有明沖」等と記され、城下町や都市部の人たちは単に「前海」と呼んだりしていた。

「野母崎半島」と「長崎半島」。「千々岩湾」と「橘湾」。「不知火海」と「八代海」。これらいずれも地元の人間でなければ読めないような岬、半島、海峡、海湾等の名称は、旧帝国海軍の軍事作戦・軍事行動上きわめてまぎらわしき誤認を招く恐れもあり、もともと「簡潔明瞭をモットー」とする帝国海軍の伝統からしても、たぶん海軍水路部あたりによって簡明な呼称として改名するよう国土地理院に申請ないしは要請して改名され、それが現在に至っているのではないか、というのが氏の説である。

 今のところ古川氏の説が最も分かりやすく妥当であると受け止めているが、私個人の心情としては、先人の文化や伝統は継承して行きたいという気持ちのほうが強く、「八代海」というのは感覚的にピンと来なくてやはり「不知火海」に拘わってしまう。それは単なるノスタルジーではなく美学上の感覚的問題だが、いずれにせよ、このことは特に本題とは関係ない。

 

4 不知火海(八代海)はどういう海なのか の掲載について

 

  アンビエンテ編集長 古川 清久

 

細かいことですのであえて書く必要もないかもしれませんが、吉田先生は、

 

たぶん海軍水路部あたりによって簡明な呼称として改名するよう国土地理院に申請ないしは要請して改名され、それが現在に至っているのではないか、というのが氏の説である。

 

とされました。大まかに言えば、国土地理院は戦後になり陸軍測量部を引き継いだ組織です。従って、『日本海軍史』を引用するまでもなく、「国土地理院に申請ないしは要請して改名され、それが現在に至っているのではないか」はおかしな表現になり、一応、海軍水路部が陸軍測量部に「通知して改名され、それが現在に至っているのではないか」とされるべきでしょう。

これについては、リポートTの2.「有明海」という呼称と帝国海軍水路部、7.千々石湾(灘)を橘湾に変更した帝国海軍水路部(補足)をご参照下さい。

もちろん、「不知火海」の呼称を「八代海」に変更したのは、八代沖の大築島周辺の島の呼称にズレがあることなどから考えて(旧運輸省=海上保安庁水路部系の海図と国土地理院系の地図において島の名にズレが認められる)、帝国海軍水路部が変更したと考えています。

帝国海軍水路部は戦後旧運輸省下の海上保安庁水路部に改組されています。

 

234. 極まった机上の空論 でっち上げられた洪水

(小石原川ダムの治水計画の無謀さを暴く)

 

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 

江川ダムのある小石原川は筑後川の支流のひとつだ。秋月と呼ばれる城下町一帯が流域の入り口にあたる。奥に向かって北側に古処山(859.9m)や屏山や馬見山(977.8m)、南側に籾岳(693.9m)や白石山(747.6m)に挟まれた東西に細長い地形をしている。江川ダムの流域面積は30Ku。寺内ダムのそれが50Kuだからけっして広くない。

江川ダムの真上にできる小石原川ダムの流域はさらに狭くなり20.1Kuとなる。

水資源機構は、この流域を150年に1回という確率の集中豪雨が襲い、洪水が発生する。ダムに流れ込む水量は190㎥/S。このうち140㎥/Sをカットしてダム湖に蓄え、下流には50㎥/Sを流すことで、流域を洪水被害から守る、というシナリオを描いている。

ダムを建設する水資源機構の言葉を借りると、洪水被害から「流域を守る」ではなくて、「流域の被害を軽減する」、となっている。読者の皆さんには、これらの数値をしっかり覚えておいていただきたい。

2007年4月、国土交通省九州整備局から、小石原川に関しては栄田橋流量観測点におけるデータ、

水資源機構からは、小石原川ダムの治水計画について「費用対効果」に関する重大な資料の開示を受けることができた。流量について補足すると、筑後川についてはインターネットでかなりの年数について流量データを得ることができた。しかし、支流の小石原川や佐田川についてのデータは入手できない。そこで、やむをえず、整備局へ文書開示を求めたというわけだ。

ここで参考図を掲載する。参考図の数値は水資源機構の江川ダム管理年表そのものである。

 

水資源機構は、これまで昭和60年6月の洪水を基本にして

、150年に1回起こる洪水のモデルを作成したと私に説明してきた。たしかに内容はその通りだが、開示された文書には【「治水計画検討・整理業務」報告書】とあって、報告書の作成者は、株式会社・東京コンサルタントであった。この事実は今回初めて知ったが、なんだ、そういうことだったのか、と率直に驚いた。水資源機構が作成を依頼して、創られた内容だった。

創られた内容でも将来起こりうることとして、現実的な内容であれば、納得したい。しかしながら、大胆にいわせてもらえば、この報告書の内容は、夢物語、あまりに極端、あまりに過大な数字の羅列に終わっていると指摘したい。こんな計算、こんな考え方で、膨大な税金を必要とする巨大な公共工事をやられたのでは、我々納税者はたまったものではない。

では具体的な数値の検証作業を始める。まず江川ダムの上流、広さ30Kuに降る雨の設定についてだ。水資源機構側は、150年に1回の確率で、48時間に計331.1ミリとする。その結果、江川ダムに190㎥/Sの水量が流れ込むとする。小石原川ダム建設計画では、400万㎥の洪水調節能力を持たせたとする。

ここで図表をみていただきたい。雨量は実際に観測された数値だ。図表の雨量一覧で、26日から27日までの48時間を水資源機構はモデルに設定した。48時間で211.3ミリの雨量を洪水出現値と設定。ここで150年に1回の確率で起こる大きな洪水は、モデルを「拡大率1.567倍」した雨量になると想定、架空の洪水を設計した、という。

洪水の解説で、しばしば語られる基本高水は、このような考え方で設定されることをはじめて知った。あくまでも小石原川流域で過去に実際に降った雨量が前提で、そこから、将来予測されそうな雨量を導き出して、大きな洪水を想定する、という手法だと理解する。

架空の値として改めて注目する雨量は48時間331.1ミリ。この雨で発生する水量は190㎥/Sとなると説明される。

ここで私は、大胆にも自己流の計算を試みることにする。「拡大率1.567倍」がキーワードだ。

再び図表を見ていただきたい。流入量の項目をみると、24日112ミリの雨で、ダム湖へ約11㎥/Sの水量が流れ込んでいる。25日には101ミリの雨で約30㎥/Sの水量が流れ込んでいることが理解していただけると思う。ダム湖へ流入する水量のピークは、27日の31.23㎥/Sだ。

ここで、水資源機構の150年1回の確率で起こる洪水設定に、もどる。実際に降った雨量を「拡大率1.567倍」すれば、予想される洪水流量が得られるのだと考えて、計算すると、48.93㎥/Sという水量にしかならない。水資源機構が説明する190㎥/Sという大きな数値には到底ならないのだ。

私の考え方が間違っているのなら、指摘してください。

仮に、実際の雨量は無視して、190㎥/Sの巨大な水量が発生したとする。その時の流域に降った雨の量を計算で求めてみよう。190㎥は現実の水量31.23㎥の6倍という値だ。6倍の雨量ならどのくらいの雨か。48時間で実際に降った雨は211.3ミリだから、6倍すれば、1268ミリとなる。筑後川流域で1年に降る雨量の半年分にも相当する巨大な雨量になる。150年に1回起こるかどうかの確率といわれたところで、私はこのような膨大な雨量は信じられない。だから夢物語としか思えない。

150年に1回の確率で降るかもしれないと、水資源機構が導き出した48時間331.1ミリと比べると、どえらい違いだ。一体どう考えたらいいのか。

 

株式会社・東京コンサルタントが作成した報告書は私には理解不能だ。私に理解する力がないからだ。しかしながら、設定された洪水の範囲図をみて,私はたまげた。驚いた。びっくりした。

洪水の範囲図ぐらいは、絵が描いて有るのだから、私にだってわかる。小石原川の西側は佐田川。東は宝満川までの範囲が洪水の範囲として設定されていたのだ。

かって過去の小石原川の洪水の記録を国土交通省に問い合わせたことがる。国土交通省の洪水被害実績・水害統計資料という回答をみると、昭和38年、同56年、同57年、同58年、同62年の5回しか記録されていない。洪水による浸水面積は5回分を合計しても230ヘクタールにすぎない。

 

 

【洪水範囲図。図面は東京コンサルタントの報告書からの転載。東に佐田川。西に宝満川。中央を大分自動車道が横断。地方主要道386号が走る。中央が小石原川】

 

ところが報告書では、小石原川の洪水による浸水範囲を東は佐田川、西は宝満川にとり、南は筑後川まで、北側は山付きまでとした。報告書が想定する洪水による浸水範囲はおおざっぱに約6700ヘクタールと広大なものになる。5回分の被害面積230ヘクタールはその4%にも満たない。こんな被害想定が許されるのか。実際に過去に起きた被害とあまりにかけ離れている。机上の空論だからしかたがないと百歩譲っても、もはやこれはクレイジーとしかいいようがない。

国土交通省の記録に残った洪水の被害範囲も、雨量や流量の数値を拡大して求めたように、1.567倍したとしても360ヘクタール程度にしかならない。

実際には複雑な計算式があって、価値のある数値がはじき出されるのだろうが、私には理解できない。大づかみに、洪水被害を単純に大きさで比較することは許されるはずだと考える。とんでもないとの指摘なら、私の考えを手厳しく批判してください。

このように広大な浸水範囲が想定されるなら、洪水区域に含まれる、甘木レールバス本社や小石原川にかかる鉄橋の洪水対策、あるいは西鉄小郡線の駅舎や線路の洪水対策を関係者や沿線自治体に強く求める方が先ではないか。まだある。ブリヂストン甘木工場やキリンビール福岡工場だって洪水被害を免れないのであれば、関係工場に洪水対策を呼びかけたり、平塚工業団地の各企業にも洪水対策を働きかける方が肝心な対応だと思える。そのような洪水に備えた行政の働きかけが、最近までに行われたという話は聞いたことがない。

小石原川が筑後川に合流する地点から4キロほど上流に、小石原川の栄田橋流量観測点がある。ダムの洪水調節能力を説明するパンフや冊子に必ず出てくる。説明される流量は800㎥/Sだ。ダムがないとこの膨大な流量が押し寄せるという。ダムで140㎥/Sカットするから、栄田橋では660㎥/Sに調節できる。だから洪水の被害を軽減できると説明する。

ここでも1985年6月の時点で、どのような流量が記録されているのかみながら、検証を進める。図表を見てもらえれば、一目瞭然。1985年6月下旬の流量の最大値は28日126.84㎥/Sとなっている。将来予測される洪水の拡大率で計算し直しても、その値は198.75㎥/S。約200㎥/S程度にしかならないのだ。どうやったら660㎥/Sという巨大な流量になるのだろう。

前提が間違っているだろうか。1985年6月の下旬に小石原川流域で降った雨の量、江川ダムへ流れ込んだ水量。さらには栄田橋で観測された流量をもとに、私は計算し、説明した。図表で示した数値は実際に水資源機構が記録し、国土交通省九州整備局が保存してきた貴重なデータそのものだ。

流域で降った雨がどのような流れ方をするのか、私は知らない。計算で求める知識はない。理論も持たない。申し訳ないが、素人の私には、専門家といわれる方々がどのような考え方をされるのか、まるで見当もつかない。ただ、過去の事実と、将来の予測量の比較で、どちらが大きいか、ぐらいの判断はできるつもりだ。

拡大率1.567倍が正しければ、流域面積30Kuに48時間、331.1ミリの雨で、どうやって190㎥/Sの流量が発生するのか、説明してもらいたい。

水資源機構が洪水モデルとして取り上げた1985年6月下旬の集中雨で、実際には洪水は起きていない。国土交通省九州整備局の水害統計にもカウントされていないから、被害がでるような水害は無かったことは確かな事実である。

なお、報告書が洪水範囲として示した正確な面積は不明だ。私は計算できない。約6700ヘクタールとしたのは、25000分の1大の地図から、おおざっぱに計算して求めた、小さめの値であることをおことわりしたい。国土交通省資料によれば、栄田橋地点の流域面積は78Kuである。

 

ここで私の検証方法の一つを紹介したい。

それは降った雨のどのぐらいが直後に川の水の増水現象として出現するのか、という課題だ。洪水の発生も、降った雨が山を流れ下って、下流で大規模な増水となって現れる現象だから、流域に降った雨量と、増水量との関係がわかれば、おもしろいデータが得られると考えたからだ。

そこで、再び図表を見ていただきたい。流域面積は30Ku。つまり3000万平方メートルとなる。ここに101ミリの雨が降って、約3030万㎥の水量が発生した。江川ダム湖への流入量は29.98㎥/Sと記録されている。この水量は1日換算で259万㎥だ。流量の増加となって出現した水量は降った雨の何%かを求める。計算すると8.5%。

次に60ミリの雨ではどうか。発生する水量は約1800㎥。このとき流入量は17.5㎥/Sとある。1日換算で151万㎥。流量増加の割合は8.4%。

148ミリではどうか。流域に発生する水量は4440万㎥。このとき31.23㎥/Sが記録されているから、計算すると1日で約270万㎥が流れ込んだことになる。これは降った雨の6%だ。

3つの計算を試みたが、小石原川流域では、降った雨の6%から8.5%程度が直後に流れ出ていることがわかる。

水資源機構によれば流域で48時間に331.1ミリの雨が降り、190㎥/Sの水量が発生するというが、果たしてどうか。比較するデータは江川ダムの物しかないので、331.1ミリの雨が流域面積3000万平方メートルに降ったと仮定して計算してみる。

48時間雨量331.1ミリで流域に発生する水量は単純計算で、9933万㎥となる。一方、190㎥/Sの水量は1日約1642万㎥。

6%程度が洪水となって出現すると仮定すると、約600万㎥。

8.5%程度と仮定すると、約840万㎥。

いずれも水資源機構が説明する1日1642万㎥の流出量には遠く及ばない。

逆に、1642万㎥は雨で発生した水量9933万㎥の何%になるか計算を試みる。16.5%という大きな数値となってしまう。

私は、水資源機構からいただいた20年間のデータを元に、小石原川流域に降った雨と、直後に出現する流量の変化を同じ手法で計算し、割合を求めてきた。その結果、降雨の直後に出現する流量の割合はどんなに大きく見積もっても10%を超えることはなかった。雨が降り続いたり、逆に雨が降らず山全体がからからに乾いているだろうと予想された状況下で急に集中雨が襲来した場合など直後の出現水量にはかなりのばらつきがあって一定ではないが、16.5%という巨大な流量出現は到底、信じられない。

 

 

235. 気になる記 3

音屋の昭太郎 

荒野から森林まで(その1

 この地球上の植物って、いったい何種類あるのでしょう…?

それもプランクトンや菌類から大樹まで、図鑑に載っているのは

まだまだごく一部といえるでしょう。

古くは先カンブリア紀とか、途方もない昔から現在に至るまで、

突然変異や異種交配などで新種が誕生したり、または絶滅したり、近年では

人工的に品種改良したものもあります。

常に増えたり減ったりしているでしょうから、とても数えられそうにありません。

 ここでは、九州に生育する植物をご紹介したいと思いますが、途方もない

数の植物をすべて撮影することなど私一人でできっこありません。

まずは空き地に生える草から始めて、照葉樹林へ至る過程を想像しながら、

少しずつ載せたいと思います。

1回目は「ウマゴヤシ」。

 

 

ウマゴヤシ (学名Medicago polymorpha マメ科ウマゴヤシ属)

漢字で書くと「馬肥やし」。その名のとおり、牛馬の餌となる草です。

この草、私の住んでいる佐賀ではよく見かけます。元々日本産の草だと思っていましたが、なんと、ヨーロッパから牧草として「輸入」されたものが定着したものだそうです。こういうのを「帰化植物」と呼ぶそうです。

236. 高千穂鉄道残映(X)あこがれの鹿川

 

槙峰から鹿川へ

 

槙峰駅から北に入る谷川のルートが、宮崎県の秘境中の秘境、鹿川(シシカワ)への道です。

 

▲ 吐合、川水流、吾味界隈(マピオン)

 

槙峰から網の瀬川沿いの道(しばらくすると川は谷底深く離れますが)を昇って行くと、

道路は離合もままならない岩場を刳り抜いた断崖絶壁の道に変わります。いつしか川は数百メートルも下になっています。この右手の急峻な山は比叡山という名が付けられています。勝手な想像ですが、真言ではなく天台系(天台密教=台密)の修験者が拠点にし、多くの野武士が跋扈していたのかも知れません。

 最も冷や冷やするのが、狭い岩場を刳り抜いて通る二つのトンネルの付近です。やっとの思いでここを抜けると、まず、下鹿川の集落です。この辺りになると川もぐっと近づきます。この周辺にもある程度の平地が広がり、かなりの人家がありますので、それだけでも驚きます。ところが、実際には、まだまだ、その先があるのです。さらに狭い道を昇り続けると唐突に上鹿川の集落に着きます。まず驚くことに、ここには、何とスーパー・マーケットまでがあるのです。さらに驚くのは、ここには小学校までがあるのです(分校ではなかったようです)。

このことだけからも、ここには相当の人家があることが分かります。実際、四年ほど前に訪れた時も、いつの間にか、どこからか、かなり多くの人々が出て来て、びっくりした記憶があります。 

 後で分かりますが、ここにはかなりの平地があり、多くの水田も広がっているのです。

清冽な水がとうとうと流れる山上の楽園が現実に存在しているのです。皆さんも、一度

訪ねてみられたらいかがですか?

 

鹿と肉

 

 鹿と書いてシシと読むのは、鹿が重要な食料であったなごりでしょう。シシは言うまでもなく、肉を意味します。確か、柳田国男の「遠野物語」にも「シシ踊りとは鹿の舞なり・・・」とありましたね。

 

しし【肉・宍】 :にく、特に、食用の獣肉(広辞苑) 

 

まさしく、鹿や猪は肉そのものということでしょう。古来、この地はおいしい肉を与えてくれる川筋の草原であったことから付けられた土地だったのでしょう。

 

鹿川神楽

 

 椎葉村の栂尾神楽については、これまでにも何度かふれましたが、神楽フリークに話を聞くと、西都市の銀鏡(シロミ)神楽と並んで、この鹿川神楽も三十三番が維持されており、非常に立派な神楽だそうです。私はまだ見ていませんので、いずれ行くつもりです。早くゆっくりした時間をつくり、三つの神楽を梯子したいとも考えていますが、何時の事になるのでしょうか?

 

「有明海異変」の挿入写真

 

実は、拙著「有明海異変」の中ほどに九枚のカラーの挿入写真を掲載しています。これは、背後に針葉樹のない豊かな森がある場合は、洪水時にも決して川は濁らないという事を知らせるために、六〇〇ミリ降った直後の台風一過に、わざわざ佐賀から一人で写真を撮りに来たのです。針葉樹林大崩壊の時代がいよいよ本格的に到来し始めましたので、いずれこのテーマに絞り込んで書きたいと思っています。このため、ここでは、九枚の写真の内、三枚がこの網の瀬川の写真であったことをお伝えしてペンを納めます。

 

   網ノ瀬川のさらに上流、比叡山の断崖を穿って奥に入ると、そこには隠れ里のような上鹿川(かみししがわ)地区があった。学校の近くを流れる鹿川は水量は多いものの、全く濁りがなかった(午後3時頃)。

『有明海異変』

▲ 鹿川『有明海異変』から

 

237    湯平温泉と広葉樹の森

 

湯平温泉と広葉樹の森

 

教研集会と言えば、例年、知的レベルの低いタイプの右翼が押しかける事で知られていますが、今年は日本最大の泉都、大分県の別府温泉で開催されました。

今さら教育問題について多くを語るつもりはありませんが、過去、「教師聖職論」などと言った間の抜けた思想が蔓延した事の結果として、階級意識を失った教育労働者が増大させられ、事実上、教育労働者の運動が骨抜きになっていったという認識を持っています。 

また、出生統計から類推して修学児童、生徒の数が減少する事は既に十五年以上も前から分かっていたのであって、ほったらかしておいても三十五人どころか三十人以下の学級になって行く事が確実に予測された上で組織された“三十五人学級要求闘争”など、所詮は自らの要求で闘い取ったとのポーズを取る為だけに行われたダラ幹の自己保身的な運動でしかないと述べて来ました。従って、このような視点で運動を展開する日教組のダラ幹など、文部省の手先でしかなく、唯の教育労働者の障害物でしかないという思いを未だに消し去る事はできません。このため、この開催それ自体には特別の感慨を持つはずもありません。

この間、新規加入の消失によって、教組組織率は一方的世代持ち上がり的に低下し続け、もはや組織率は二割を切り、実質的な交渉能力を失っていると考えられます。今回は比較的組織率の高い大分県だからこそ四〇〇〇人と言う動員が可能だったものであり、恐らく他県で実施されたならば、かなり小規模な集会になったはずです。

対抗する右翼団体も、まずは温泉旅行なのかも知れませんが、右翼がかつて声高に叫んだ「日教組こそ日本の教育を駄目にした張本人だ!」と言った常套句に、もしも、一分でも真実があったのならば、その駄目になった教育の犠牲者である駄目な人間そのものこそ自分達右翼のニーチャン達なのかも知れません。まずは、お悔やみを申し上げたいと考えますが、そこだけにはある種の真実があるのかも知れません。

実際、“国体”を“国民体育大会”としか理解できない世代のニーチャン達は、既に、なぜ、日教組に反対運動を行わなければならないのかさえ理解できていないでしょう。彼らも海岸の埋立地のバスで野宿という話ですから、まあ、頑張ってもらいたいものです。

 

復活の兆しが見える湯平温泉

 

話は変わりますが、集会参加者に対して書籍の販売に入った出版関係者が由布院市の湯平温泉の安宿でささやかな打上げをするという話を聞き込み、友人の編集者の伝を頼って打ち上げの席に無理やり潜り込む事にしました。

実際には情報収集そっちのけの温泉目的の小旅行でしたが、久しぶりに訪れた湯平温泉を散策すると、この温泉も既にどん底を抜け出し、多少は湯治客の足が戻って来たという印象を持つに至りました。

既に、建替え、改装、改造と思われる工事が方々で行われ、明らかに若い世代の観光客が増えてきているように見えたからです。

猫も杓子も黒川、由布院となびく観光客の動向にはいい加減うんざりさせられますが、黒川はともかくとして、個人的にはOLや女子大生に占領され、フレンチだのイタリアンだのとチャラチャラした料理が出てきて、余りにも“捏造されたイヤシ”が厭らしく思え、むしずさえも走るために、私の足は由布院温泉には決して向きません。その手の手合いと接触する事はできるだけ避けようとしているだけの事で、天邪鬼と言われても甘受するつもりです。

もちろん、“おやど二本の葦束”を始めとして、哲学を持った多くの立派な和風の名旅館があることは重々承知はしていますが、所詮、私達低所得者には手の届かないものであるため、当然の事ながら湯平温泉に足が向く事になる訳です。

さて、映画「男はつらいよ」の何作目でしたか、沢田研二と田中祐子が登場した“花も嵐も寅次郎”の舞台になった、鄙びた石畳の温泉街がこの湯平です。

▲ 車の離合離もままならない湯平温泉の石畳

 私も久しぶりだった事もあって、多少ははしゃいだ思いで、温泉街を散策しましたが、寅さんの撮影に使われた白雲荘は、現在、改装中でした。映画ではこの旅館でささやかな葬式が行われたのですが、そのうち泊まりに行きたいと思います。改装後は確実に客足が伸びる事でしょう。

さて、湯平には五つの共同浴場があります。そのうち中の湯と中央温泉は客の少ない二月を狙ってか、現在、全面的に取り壊され再建中でした。この論稿が世に出る頃には既に多くの客を受け入れていることでしょう。

つまり、観光客の足が遠のき、どん底の辛酸を嘗め尽くした湯平だからこそ、新たな浮揚の兆しが見えて来ているのではないかという気がするのです。

これは、黒川や湯布院に癖々した(飽きた)ある種物の分かった一群の温泉ファンが長湯温泉や、この湯ノ平温泉に少しずつ流れ込み始めたのかも知れません。

さて、一番の下流にある橋本温泉共同浴場には入ったことがありませんでしたので、宿に到着するや、直ちに入りに行きました。いつもながら、多少色のついた適温のアルカリ性食塩泉が掛け流しにされていました。

 俳人(廃人)種田山頭火もこの湯平がお気に入りで(と言っても、二泊しただけですが)、この一番広い橋本温泉を気に入っていたと伝えられています。彼は酒飲みのモノグサでしたから、ただ、石畳の急坂を登りたくなかっただけなのかも知れませんが。

 

「時雨るるや人の情けに涙ぐむ」山頭火

 

温泉地の環境問題

 

 さて、本来は、「豊かなお湯がとうとうと掛け流しにされて」などと書きたいところですが、実はそうではありません。今回はこれがテーマになります。多くの掛け流しの温泉地でも見られることですが、湯量の減少が問題となっているのです。

ニ十五年以上も前になりますが、始めて湯平を訪れ“銀の湯”に入った時の事です。髪を洗うために普通の感覚でお湯をどんどん使っていると、地元の常連のご老人から叱られたことがありました。今、考えれば、恐らくその頃から湯量が減っていたのでしょう。このような温泉井の水位の低下、つまり、湯量の減少には色々な要素が考えられます。

いくつか列挙しますが、何が主たる原因であるかは簡単には言えません。それは、貧乏の原因が収入減によるものなのか、支出増によるものなのかが容易には決められない事と同様です。

一つは、日本人の生活スタイルの変化があるでしょう。昔は、燃料の節約や手間の節約のために大半の人がお湯を非常に大切に使っていたものでした。対して、ふんだんにエネルギーを使えるようになった現代、若い世代を中心に、朝シャンを始めとして、お湯を無駄遣いする傾向が顕著です。

一つは、温泉旅館などにおける価格破壊による収益動向に重大な変化が生じたために、勢い、安値で許容量を越えた大量の湯客を受け入れる事(激安ツアー客の受け入れ)などにより、湯量の消費量が上がっている事。

一つは、河川改修などによって河川自体が直線化され、また、河床底までもが扁平に仕上げられたことによって、大雨になれば一気に海に流れ去り、晴れれば全く水が消える川が出現し、チョロチョロしか流れず、河川での滞留時間の減少に始まり、地下に浸透しにくくなっている事(残念ながら湯平も川底はコンクリートが目立ちます)。

当然ながら、末端小排水路の構造も雨樋化され地下に浸透しにくくなっている事。

一つは、駐車場を始めとして都市の舗装の拡大によって、地表にコンクリートのレイン・コートが被せられてしまっている事。

一つは、ほ場整備事業の施行やコルゲート・パイプなどの施工などによって乾田化が進み地下に水が浸透し難くなっている事。

一つは、拡大造林政策による針葉樹の人工林の増大の中で、杉、檜の需要が減退し続けた結果、間伐、枝打ちが放棄された結果、低草が消失して剥き出しの土壌が雨で流出して砂漠化が進み、腐葉土を含んだ豊かな林床が破壊され続けている事、この針葉樹林の林床の消失による砂漠化によって全く浸透しにくくなっている事(まあ、これが最大の原因でしょうが、林野庁は知っていながらシラを切り通しています)。

外にも多くの原因が考えられますが、くどくなりますのでこれくらいにしておきます。

さて、湯平は川と言うよりも滝と言った方が良いような急傾斜の花合川(カゴノカワ)沿いの温泉街ですから、この最後の要素、周辺の山林の針葉樹林化による雨水の浸透能の減退による地下水位の低下、地下水量の減少が大きいものと考えています。

この手の話は、林学者、林業者、特に人工林化を積極的に推進してきた行政の林業関係部局の担当者が最も嫌い否定したがるものですが、実は自ら認めているのではないかと考えています。

それは、行政主導によるもののようですが、この湯平温泉の上流域において、温泉の湯量を増やすために広葉樹の植林が行われているのです。

一部の地方新聞で伝えられましたのでご存知の方があると思いますが、行政と森林組合などが行っているもののようですから、ここから推測すると、行政は強弁しつつも実際には針葉樹林化によって地下への雨水の浸透が減少している事を認識していると理解しています。

もちろん、湯平温泉のある渓谷の周りには、まだ多くの針葉樹が残っています。まだまだ広葉樹に戻す必要のある場所があるのです。

もしも、これらが皆伐され、放置によってでも広葉樹が拡がれば(行政の助成を受けるなどの方法によって、観光協会、旅館組合などが本気で広葉樹林を拡大することは十分に可能なはずです)、温泉地にとっては大きな副産物がもたらされる事は疑い様がありません。それは、新緑と紅葉の季節に観光客が激増する事です。既に同じく大分県の長湯温泉はこの事に気付き、条例まで準備して、広葉樹植林に補助する仕組みを作っています。

一方、私の住む佐賀県は人工林率全国一を誇りにするという実につまらない県ですが、県の名湯の古湯温泉は福岡からの距離、高速道路からのアクセスと、最高の条件を持った風情ある実に良い温泉地だったのですが、愚かな行政長や議員連中によって嘉瀬川ダムという全く必要性などないダム建設が進められています。

この結果、古湯温泉は文字通りダム下の温泉地となり、早晩、ダム直下の岡山県の湯原温泉のように、確実に客足が遠のく事でしょう。

同地に居住されていた「木枯らし紋次郎」の作者である笹沢佐保氏もダムが建設されれば古湯には住まないとして撤収されたと聞きます。バカは死ななきゃ分からない。

一方、隣の長崎県雲仙市の小浜温泉では、急傾斜対策と称して背後の緑豊かな山を破壊し、ワッフルもどきのコンクリート構造物で薄汚い崖を造って行く始末で、この温泉も一層立ち直る事が困難になって行く事でしょう。復活の兆しを示す湯平温泉が羨ましい限りです。

観光客が何を求め、それに対して何が必要になっているかに一早く気付き、一刻でも早く対策を取る者にこそ大きな恵みがもたらされる事でしょう。

 

▲ 共同浴場としては一番上流にある金の湯、その上に源泉大湯がある

    湯平温泉正面の造林地

 

特別連載

 

238. 有明海から考える「神話と伝説」G

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

 

第三章 神話

 

五穀のはじまり

 

 八百万神は、一緒に相談して、スサノオの命の罪を償うため、たくさん品物を出させました。それから、ひげを切取り、手足の爪も抜き、高天原から追放なさいました。

 また、八百万神は、大ゲツ姫の神に食事を求めました。すると、大ゲツ姫の神は、鼻や口、尻から、いろいろな物を出し、様々に調理して、おすすめしました。

 ところが、その様子を、スサノオの命が見ていたので、きたないものを奉った、と大ゲツ姫の神を殺してしまいました。

 殺された大ゲツ姫の神の身に、成ったものがありました。頭には蚕、二つの目には稲の種、二つの耳には粟、鼻には小豆、陰には麦、尻には大豆がなりました。

 そこで、神ムスヒの御祖の命が、これらを集めて種子になさいました。

 

 スサノオの命は追放され、高天原を離れます。スサノオの命は、高天原側から離れて、葦原の中つ国側に渡って行きます。これは、海面上昇がはじまって、陸続きの日本列島が、離れだしたことを意味します。

 大ゲツ姫の神の身体から、五穀の種子がでてきました。これは、スサノオの命が高天原にいた時の、話のようです。

 海面上昇は、約一五、○○○年前頃から、はじまります。この話は、それ以前になるので、五穀の起源は、約一五、○○○年前より、前になります。

 これが、真実か分かりませんが、五穀の種子の起源は、この年代になっています。また、蚕も、ここが起源になっています。

 

 八俣の大蛇

 

 天照大御神は、高天原側に残りました。しかし、スサノオの命は、そこを追放されます。追放されたスサノオの命は、本土側に移り、海面上昇に合わせて移動、後退していきます。

 この話は、その途中の話になります。

 

 追放されたスサノオの命は、出雲の国の、肥の川の川上、鳥髪に降りて行きました。

 そのとき、上流から箸が流れてきたので、スサノオの命は、川上に、人が住んでいると思い、さらに上って行きました。

 すると、老夫と老女が、若い娘を間に泣いています。

 スサノオの命が、

 「おまえたちは、誰か」

 とお聞きになると、老夫は、

 「わたしは国つ神で、大山津見の神の、子供でございます。

 わたしの名は、足ナヅチといい、妻の名は、手ナヅチといい、娘の名は、櫛名田姫と申します」

 とお答えしました。

 また、

 「どういう訳で、お前たちは泣いているのか」

 と問われると、

 「わたしの娘は、もとは、八人おりました。ところが、高志(こし)の八俣の大蛇が、毎年やってきて、つぎつぎに、食べてしまいました。

 ちょうど今頃が、大蛇が来る、時節になります。それで、泣いているのです」

 とお答えしました。

 重ねて、

 「大蛇は、どんな形をしている」

 と問われると、

 「目は、丹波ホウズキのように真っ赤です。身体は一つですが、八つの頭と八つの尾をもち、苔や檜、杉まで生えております。

 その長さは、八つの谷・八つの尾根を越え渡るほどで、腹は、いつも血がしたたり、ただれております」

 とお答えしました。

 スサノオの命が、

 「この子が、お前の娘なら、わたしに、奉るつもりはあるか」

 とお聞きになると、

 「恐れ多いことでございます。

 ですが、まだ、お名前も、存じ上げておりません」

 とお答えしました。

 そこで、スサノオの命が、

「わたしは、天照大御神の兄弟だ。いま、天上から、降りて来たところだ」

 とおっしゃいました。

 足ナヅチ・手ナヅチの神は、

 「それは、まことに恐れ多いことで、娘を奉りましょう」

 とお答えしました。

 それから、スサノオの命は、すぐ、娘をユツマ櫛に変身させ、束ねた髪に刺しました。 そして、足ナヅチ・手ナヅチの神に、

 「お前たちは、ヤシオリの、強い酒を作りなさい。

 そして、垣根を巡らし、垣根ごとに八つの門を設け、門ごとに乗せる台を作り、乗せる台ごとに酒船をおき、酒船ごとにヤシオリの酒をいっぱい入れ、そうして待ってなさい」 と仰せになりました。

 言葉どおり、準備して待ってると、本当に、八俣の大蛇がやってきました。

 そして、酒船ごとに頭を入れ、それぞれ、酒を飲みはじめました。まもなく、強い酒に酔って、その場に寝込んでしまいました。

 それを見たスサノオの命は、腰の十拳の剣を抜き、大蛇を、ずたずたに切ったので、肥の川は血で真っ赤になりました。

 そして、中ほどの尾を切ったとき、御刀の刃が欠けました。スサノオの命は、不思議に思い、刃先で刺し割ってみると、みごとな、ツムハの大刀があります。

 大刀を取り出し、尋常なものでないと感じ、事の次第を申し上げ、天照大御神に献上なさいました。これが、草薙(くさなぎ)の太刀でございます。

 以下略。

 

 これも、火山の爆発でしょう。

 火山が爆発し、八方(八俣)に、溶岩が流れていきます。その様子は、真っ赤な目をした大蛇が、山から、駆け下りているように見えます。溶岩は木を呑み込みますが、高い木は全部呑み込めず、背中から、苔や檜、杉が生えています。

 溶岩は、表面は黒っぽくなってますが、腹の中は、まだ、真っ赤に燃えています。八つの谷、八つの尾根を越えわたるのは、八方に流れる溶岩しかありません。

 溶岩は、行く先々で、あらゆるものを呑み込み、焼きつくしていきます。

 この、向かうところ敵なしの溶岩にも、弱点があります。それは水で、水で冷やされれば、活動がにぶり、やがて、停止して(死んで)しまいます。

 それが、八方の湖や海に到着した溶岩は、水(酒)を、たらふく飲んでしまいました。後は、運命を待つだけです。

 

 スサノオの命が、大蛇の中ほどの尾を切ったとき、御刀の刃が欠けました。不思議に思って、刃先を刺して割ってみると、みごとな、ツムハの太刀が出てきます。

 いきなり、太刀が出てくることはありません。これは、太刀の材料、鉄類が出てきたということでしょう。日本は火山国で、量は少ないものの、ほとんどの鉱石が、そろってると言われています。

 古代人は、火で焼いたものが冷えると固いもの(土器)ができる。素材や熱加減で、もっと固いもの(鉄類)が出来るということは、早くから知っていたと思います。

 それは、火山の爆発が教えてくれました。火山が爆発し、真っ赤な溶岩が流れてきます。人は恐怖に震え、逃げ惑ったことでしょう。

 やがて、それも納まり、溶岩が冷えてきました。様子を見に行った人は、驚いたと思います。ドロドロに流れていた溶岩が、固まっているのです。軽石のようなもの、鉄のように固いもの、ガラスのように光ったもの、様々なものになっています。

 実際は、一部始終を凝視していたと思われます。火で焼いたものが冷えると、固まることが分かりました。

 世界最古の土器は日本で出土し、縄文草創期、約一二、二○○年前頃と言われています。同じような土器が、周辺諸国に広まってるので、狭くなった東シナ海時代、すでに作られていたと思われます。

 そうすると、土器の年代は、海面上昇がはじまる約一五、○○○年前頃まで溯ります。あれだけの土器になるまでは、技術の蓄積期間が必要で、最初の土器が作られたのは、さらに溯ります。

 鉄類を、作る方法は分かっているのです。あとは、素材を何にするか、火力をどれだけ高く出来るかになります。

 火力が高いのは、木炭だと言われています。古くは、木炭を使って製鉄されていました。そして、大量の木炭が使われていました。大量の木炭が必要だから、鉄の原材料、砂鉄や鉱石の産地でなく、大量の木炭を生産できる、森林近くが製鉄所になりました。

 それは、鉄を多く生産するようになる時代からで、古代のことではありません。この方法は、コークスに変わるまで続きます。そうすると、つい最近まで、木炭が使われていたことになります。

 火力が高くなるのは、木炭だと分かりました。木炭を、作ることが出来たのでしょうか。

 木炭を、作ることは出来たと思われます。

 それも、火山の爆発が教えてくれました。火山の爆発が終わって、焼けてなくなった木、消炭のようになった木、比較的固く、木炭のようになった木が残っていました。

 火山爆発の規模を考えると、木炭になった木は、大量に残っていたと思われます。さっそく持ち帰り、燃料として使ってみます。燃料として使っているうち、木炭の火力の高さ、長所、短所をつかんでいきます。また、木の種類で、火力に違いがあることも分かってきます。

 焼け残った状態で、どういう焼き方をすれば消炭なる、どういう焼き方をすれば木炭になるかが分かります。木炭の作り方も、早くから知っていたと思われます。

 木炭は世界中で作られていました。日本でも、三○万年前のものが出土しています。この木炭は、火災の焼け残りだろうと考えられています。また、約一万年前後の、木炭も出土しています。その中には、木炭として作られたものも、少なくないと考えられています。

 鉄類の作り方も、製鉄に使う木炭の作り方も、火山の爆発が教えてくれました。天才は、必要なかったのです。火山の爆発は、人間に大きな被害を与えましたが、また、教えてもくれたのです。

 鉄類をつくるのに、最初に試された鉱石は、ヒントとなったマグマ(鉄、マグネシウムを含む)だったと思われます。そして、他にいいものがないかと、いろいろ鉱石を試していったと思われます。そうするうちに、鉄類になるもの、ガラス類になるものが、あることが分かってきました。また、鉄類でも、様々な種類があることが分かってきました。

 『古事記』で、鉄類は、どう記述されているのでしょうか。

 『古事記』で、鉄類が登場するのは、イザナミの命が国生みを終えたあとに出てきます。イザナミの命は、国生みを終えた後、次々に神を生んでいきます。その神は、岩石、土砂、風などで、森羅万象の神がそろっていきます。

 そして、大ゲツヒメの神(穀物の神)を生み、火のカグヅチの神を生んだことで、病の床に伏し、とうとう死んでしまいます。

 死の間際に、つぎの神を生んで息絶えます。

 『古事記』より、

 

 そのとき、苦しくて、もどし吐かれたものから生まれた神の御名は、金山ヒコの神・金山ヒメの神(鉱山の神)と申します。

 また排泄して大便に成った神の御名は、ハニヤスヒコの神・ハニヤスヒメの神(粘土の神)と申します。

 また小便に成った神の御名は、ミツハノメの神(水の神)、次にワクムスヒの神(若い生産力の神)と申します。

 なお、このワクムカヒの神の御子を豊ウケヒメの神(豊饒な食物の神・以上が野を焼き、耕作する農耕の神々と考えられている)と申します。

 このように、イザナミの神は、火の神をお生みになったことによって、ついにおかくれになりました。

 

 イザナミの命は、自らの命と引きかえに、これらの神を生みました。まさに忘れ形見で、相当なものでなければなりません。

 ここに出てくる、火の神は、火山のことではないでしょうか。古代には、火山のことを、火の山、火の何々という言い方をされていたと思われます。アイヌの人たちは、火をape、uhuyと言います。

 阿蘇のアソは、火(ape)で、それが少し変化したものではないでしょうか。姶良カルデラのアイラも、頭に火(ape)がついたものと思われます。

 イザナミの命が生んだ火のカグヅチの神には、またの御名があります。

 火のカグヅチの神(火がめらめらと炎をあげるという名の神)、またの御名を火のヤギハヤオの神(火が猛烈な速さでものを焼くという名の男神)、またの御名を火のカガヒコの神(火が強い光線を発するという名の男神)と記述され、いろいろな才能をもつ神です。

 火の神は、強い光線を発し、めらめら炎をあげながら、猛烈な速さでものを焼いていきます。

 これは、火山が爆発した時の光線、溶岩がドロドロ流れている様子を想像させます。また、イザナミの火を生むという記述も、火山の爆発を連想させます。

 イサナミの命が、自らの命をひきかえに残していったもの、それは、鉱山の神は鉄類、粘土の神は土器になります。

 水の神は、爆発のあと、カルデラに水が溜まって出来る湖です。火山国の日本には、カルデラ湖はいくつもあります。また、カルデラ湖とならない火山では、雨水が地下に浸透して濾過され、良質な湧水となります。

 阿蘇山がある熊本県は、日本の名水に何ヵ所も選ばれています。静岡地方では、きれいな水の中でしか育たないワサビを、湧水を利用して栽培されていることは、誰もが知っているとおりです。

 湧水は、渇水の心配がありません。湧水は、百年以上も前の水が、濾過され出ていると言われています。そこで、水量、水温、水質がいつも安定しています。水の神は、水そのものの神というよりも、水源の神ということができます。

 火山が若い生産力の神、豊饒な植物の神、野を焼き、耕作する農耕の神というのも、言われてみればもっともなことです。溶岩や火山灰に厚く埋もれたところは別ですが、雨で火山灰が流されたところや、表面だけ焼けたところは事情が違います。

 それでも爆発のあとは、あたり一面焼野原で、焦土となった地域が広がっています。それが春になって、一斉に新芽(若い生産力の神)が出ます。新鮮な、驚きだったと思われます。上へ下への、大騒ぎになったのではないでしょうか。

 焼けた灰が、肥料代わりになります。また焼けたことで、雑草、雑木、害虫も除かれます。かえって、前より、収穫(豊饒の神)が増えるようになったのではないでしょうか。 イザナミの夫、イサナキの命は、イザナミの命が死んで嘆き悲しみます。そして、イザナミの命の、死の原因になった、火のカクヅチの神を殺してしまいます。

 『古事記』より、

 

 ここにイザナキの命は、お佩きになっていた長い剣を抜いて、御子の火のカグヅチの神の頚を、お斬りになりました。

 その剣の先についた血が、清らかな巖に走りついて出現した神の名は、イワサクの神、次にネサクの神、次にイワツツノオの神であります。

 次に、その剣のもとの方についた血が、巖に走りついて出現した神の名は、ミカハヤヒの神、次にヒハヤヒの神、次にタケミカズチノオの神、またの名をタケフツの神、またの名をトヨフツの神という神です。

 次に、剣の柄に集まる血が、手のまたからこぼれ出して出現した神の名は、クラオカミの神、次にクラミツハの神であります。

 以上、イワサクの神から、クラミツハの神まで合わせて八神は、御剣によって出現した神です。

 

 今度は、火のカグヅチの神が斬られ、死ぬ間際に、それぞれの神を生んで死んでいきます。ここでも、火山の爆発を想像させます。血が巖を走りついて出現したのは、真っ赤な溶岩がドロドロ流れて、それが固まる様子を連想させます。

 イワサク、岩を裂くほどの岩石。ネサク、根を裂くほどの岩石。あとのイワフツツノオの神まで、岩石の心霊と考えられています。

 ミカハヤヒ、ヒハヤヒは、火力。

 タケミカヅチオは、剣の威力と考えられています。クラオカミ、クラミツハは、水の神霊と考えられています。

 ここで、岩より強い岩石を鉱石。火力を木炭。水を水源としてみます。そうすると、火山の神は置き土産として、鉱石、木炭、水源を残していったことになります。

 イザナミの命は、火の神を生んで死んだとあります。火山の爆発で、多くの犠牲者がでたが、そのあと、これらのものが残った、ということだと思われます。

 

 海面上昇は、約一五、○○○年前頃、はじまり、約一三、○○○年前頃、終わります。鉄類の起源は、その、途中の年代になっています。

 それから、スサノオの命は、宮殿を造営する場所を、出雲の国に求めます。

 そして、須賀の地に来て、

 「私は、ここに来て、すがすがしい気持ちになった」

 と言って、立派な宮殿を造営し、櫛名田ヒメと結婚します。

 スサノオの命は国を治めず、亡き妣の国、根の堅洲国に行きたいと言って、泣いてばかりいました。また、乱暴したかと思えば、大蛇を退治して人助けもします。

 海原は、スサノオの命自身です。そこで、海原で起きることは、すべて、スサノオの命がやったことになります。

 この時代、姶良カルデラの大爆発がありました。また、スサノオの命が治める海原は、はじめから、海没して根の堅洲国になる、運命にありました。

 それらすべてを考慮して、話が作られたので、このような、スサノオの命の、人物像になったと思われます。

 海面上昇は、続いています。スサノオの命が治める海原は、年ごとに沈んでいます。海沈すれば、スサノオ(海原)時代は終わります。

 

 稲羽の白うさぎ

 

 海面上昇が終わって、今の日本列島になり、スサノオ(海原)時代は終わります。

 多数派が、今の日本列島に到着して、暮らしはじめます。(約一三、○○○年前頃)

 それが、この記述になります。

 この時代は、大国主の神が治めます。

 大国主の神は、系譜で、スサノオの命の、六代目の子孫と記述されています。

 また、大国主の神は、またの名を大穴ムジの神、またの名を葦原のシコオの神、またの名をうつくし国玉の神、またの名を八千矛の神と、合わせて、五つの名前があります。

 ここでは、大穴ムジという、神の名で登場します。

 

 大国主の神には、兄弟八十神と多勢おられましたが、どなたも退いて、国土は、大国主の神に譲られました。その譲られた訳は、次のように伝えられております。

 兄弟神、それぞれが、自分こそ、稲羽(いなば)の国の八上姫と結婚しようという、気持ちをもっておられました。

 そこで、兄弟神が、一緒に稲羽の国に行くことになりましたが、大穴ムジの神に袋を背負わせ、お供の者として、連れて行きました。兄弟神が、気多(けた)の岬に到着したとき、まる裸の兎が伏せておりました。

 すると、兄弟神は、

 「お前は、そこの海水をあび、風通しのいい高い山の頂上で、伏せてるのが良い」

 と兎におっしゃいました。

 兎が教えられたように伏せてると、海水が乾き、皮膚一面、ひび割れしてしまいました。そこに、風が当たります。あまりの、痛み苦しさで、泣き伏せておりました。

 そこに、大穴ムジの神が、最後に到着しました。

 そして、

 「どうして、お前は泣いている」

 とおっしゃいました。

 兎は、

 「わたしは隠岐の島にいて、この地に渡りたいと思っておりましたが、渡る手段がございません。

 そこで、わに鮫をだまし、

 『俺たち(兎)とお前たち(わに鮫)、どちらが多いか、くらべてみよう。

 わに鮫全部を、この島から気多の岬まで、一列にならべてごらん。

 ならんだら、わたしが、背中の上を、数を数えながら渡っていく。

 それで、どちらが多いか、分かるだろう』

 と申しました。

 そうしたら、わに鮫がだまされ、一列にならんだので、背中の上を、数を数えながら渡っていきました。

 ところが、この地に渡り終える時、

 『お前たちは、俺に、だまされたんだ』

 と言ったところ、最後のわに鮫が、わたしを捕らえ、着ていたものを、全部剥ぎとってしまいました。

 それで、泣き伏せていたところ、先に行かれた兄弟神が、

 『海水をあび、風通しのいいところで、伏せていろ』

 とおっしゃいました。

 そこで、教えられたようにしたら、わたしの身体は、このように、なってしまいました」

とお答えしました。

 大穴ムチの神は、

 「いますぐ、河口へ行き、真水で身体を洗いなさい。

 それから、河口の蒲(かま)の花粉をとってきて敷き散らし、その上を、転がり回るが よい。

 そうすれば、もとの身体になるだろう」

 とおっしゃいました。

 兎が教えのようにすると、身体は、もとどおりになりました。

 (この兎は、稲羽の白兎と呼ばれ、今は、兎神と申しております)

 兎が、大穴ムジの神に申しますには、

 「兄弟神は、八上姫を、得ることが出来ません。袋を背負い、お供のようにしておられますが、あなた様が、八上姫を獲得できるでしょう」

 ということでございました。

 稲羽の白うさぎは、わに鮫の背中を渡って、気多の岬に到着します。「稲羽の白うさぎ」の、話の舞台は、ここではないかというところがあります。

 そこは、大隅諸島と吐喇(とから)列島です。大隅諸島・吐喇列島は、図のように、九州南端と奄美大島あたりを結ぶように、点在しています。

 ここに点在する島は、平地が少なく、切り立っています。また、小さな島のわりには、高い山があるのが特徴です。半分が、五○○メートル以上の、高い山があります。陸続き時代の山は、さらに高くなります。

 海面上昇で、陸続きだったのが切れだしました。さらに進むと、島は、ぽつんぽつんと、点在するようになります。

 切り立った島は、わに鮫の背中のようです。沖の島と九州を結んで、わに鮫がならんだようになります。人も、わに鮫の背中を渡って、今の日本列島に到着しました。

▲ トカラ列島略図

 

次号へ続く

 

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 

アンビエンテ 編集長 古川 清久

 

この話は縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承されているとする驚愕の仮説です。

オオゲツヒメ、カグツチ、オオナムチ・・・と古代の神々が登場しますが、戦後、皇国史観に協力し、だまされていたふりをしていただけの、学者、文化人が、手の平を返したように神話は全くのおとぎ話だと言うようになり、神話を真面目に研究対象としない傾向が、古代史、神話研究の中にさえ認められます。皆さんはいかがお考えでしょうか。

まず、久光さんの独壇場ですが、氏の

 

そこは、大隅諸島と吐喇(とから)列島です。大隅諸島・吐喇列島は、図のように、九州南端と奄美大島あたりを結ぶように、点在しています。

   ここに点在する島は、平地が少なく、切り立っています。また、小さな島のわりには、高い山があるのが特徴です。半分が、五○○メートル以上の、高い山があります。陸続き時代の山は、さらに高くなります。

   海面上昇で、陸続きだったのが切れだしました。さらに進むと、島は、ぽつんぽつんと、点在するようになります。

  切り立った島は、わに鮫の背中のようです。沖の島と九州を結んで、わに鮫がならんだようになります。人も、わに鮫の背中を渡って、今の日本列島に到着しました。

 

に至っては、驚愕の仮説ですが、今後も久光さんの展開が期待されます。

 

久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ A

 

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 3)

6月号

239

未定

 

240

不知火海残映 3.「 未定 」

                      吉田 耕一

20020101

241

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第5回 不知火海についての見解(私見)

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

242

未 定

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

243

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

244

自然石防波堤とコンクリート護岸の怪   

20070301

245

照葉樹の拡大造林を

20060501

246

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第9回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808