寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)     

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 1)

4月号

221

不知火海残映 1. 「 冬日翳って 」 津奈木町福浦) 

                     吉田 耕一

20020101

222

官僚はなぜ汚職を続け、天下りをやめないのか?

(官僚は階級ではない)

20070301

223

かがなべて(日々並べて)

20070301

224

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第3回 意見交換会の実際

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

20061130

225

虹の松原は守られるべきか?

20060831

226

ダムを造る側の理屈を斬れ!

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

227

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

228

高千穂鉄道無惨(W)地図

20061106

229

何故、日本はテトラ・ポッドを使いたがるのか?    

20061031

230

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第7回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ @

 

 

221.  不知火海残映 1. 「 冬日翳って 」 津奈木町福浦) 

                            吉田 耕一

▲「冬日翳って」(Copyright Koichi Yoshida 2007)  (☆クリックすると大きくなります)

 

    「不知火海残映」の連載について

 

「アンビエンテ」編集長 古川 清久

 

有明海・諌早湾干拓リポート改題“アンビエンテ”Wをスタートさせるに合わせて、“不知火海残映”の連載を始めることができました。

このシリーズは、= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = を連載していただいている元美術教師、吉田耕一先生の風景画をネット上で掲載して行くものです。掲載の許可を頂いている絵は五〇作品を越えていますので、今後、四年程度は毎号掲載して行くことができます。むしろ自分の方が先にダウンしそうですが、不知火海を描き続けて来られた吉田先生の不知火の海への思いが感じられる作品ばかりです。

先生は平成十三年に二人展(三〇作品)、一八年に四人展(二一作品)を行っておられますが、掲載順序などについては一切ご指示を頂いておりません。掲載への責任を全て任せられているだけに責任は重大です。季節感などを全く無視して掲載することもあるかも知れませんが、それはお許しを頂くことにするつもりでいます。

ただ、素晴らしい絵ですので、仮に真夏に“晩冬を描いたものを観られたとしても、冬日の翳った僅かなぬくもりを感じられることでしょう。

1回目の「 冬日翳って 」は、編集時点での季節感で選択してしまいました。掲載が四月になることを忘れて初めから季節を無視したものになったかもしれませんが、勢いで選んでしまったものです。

今後ともこのインターネット美術館「不知火海残映」(吉田 耕一)をご覧下さい。

 

222    官僚はなぜ汚職を続け、天下りをやめないのか?

(官僚は階級ではない)

 

官僚はなぜ汚職を続け天下りを続けるのか?

 

環境問題を書き続ける

 

いまさら環境問題を書き続けることの意味を考え直したからといって、何らかの発展性を見出せる訳もないのですが、正直言って痛快さと苦しさが同居しています。快感としても、緊張感を伴うものであり、文字どおり痛みが同居しているのです。

確かに痛快ではあるでしょう。戦前ならば差し詰め軍部が相手なのですから、それを相手に批判する事に多少の心地良さがあるのは先ずは“男子の本懐”といったところでしょう。

しかし、虚しさも伴います。それは、何度も言うようですが、恐らく、環境は破壊され続けられると予想されるからです。しかも、仮に住民側が部分的に止めたり変えさせたりできた場合でも、それは一時的な勝利でしかなく、しばらくすれば、また、形を変えて忘れた頃に再登場して来るだろうと思われるからです。良い例が諫早湾干拓事業です。これは長崎県南部総合開発事業(南総)が一旦潰れた後に装いを変えて再登場してきたものでした。

こうなると環境保護運動とは事実上はモグラ叩きでしかなく、職業としてやっている行政の側が勝つのは当たり前の事となるのです。民衆、住民の側には絶えず不公平なルールで闘いを強いられるのです。しかも、一時的に止めるか、仮に元に戻す事が出来たとしても、高々、現状が保たれるといったものであり、所詮、環境保護運動とは現状維持的で保守的な運動でしかなく、全く未来へ向けた夢がないのです。

問題は、このような愚かな環境破壊が繰り返される本質、根本的な問題、その根絶、社会構造の変革に切り込まなければ一向に解決し得ない事になるのです。従って、環境問題を書き続ける事は重要ではあるのですが、それは、ただの警鐘の乱打(むしろ“負け犬の遠吠え”か)に過ぎず、それ自体としては決して十分ではないのです。

 

一般の人が味方にならない

 

「CO2温暖化仮説」に踊らされ一喜一憂する人は増殖しているのかも知れませんが、これは、むしろ環境に科学的な理解力の喪失の結果であって、わずかに、魚付き林のために広葉樹植林を進めている人はいるものの、むしろ、自分の直ぐ回りにある海、川、山を巡る環境の問題に対して本質的な理解力を持っている人は逆に減り続けているのではないかという考えを持っています。さらに、都市部を中心に環境に対する本質的な理解力を持っていない人間は明らかに増大しているようです。

少し考えれば分かる事ですが、パジェロやランクルで向かうところは海や山ではなく、パチンコ屋、勝ったら寿司屋で、負けたら家でカップ麺などといった馬鹿げた生活スタイルの人間がおよそ自然環境を理解し、ましてや、自然環境を守ろうと運動する事などありえないからです。

一般的に自然環境の破壊に対する抵抗運動が存在しうる基盤は、その自然環境から直接的恩恵を受けている事、間接的にもその事実が目に見え、自然環境が大切であるという自覚、認識が広範に存在している事なのであって、まず、第一次産業としての農業、漁業に依存する人々が減少し続けている事、都市近郊、農、漁、山村においても、環境の悪化から自然に触れ合う習慣が喪失してくると、自然環境の保全の必要性、有難さ、その喪失への危機感も喪失してしまうからです。このため、今後とも行政一般を問わず、自然環境の保全、回復へのベクトルは弱まり続ける事が容易に想像できるのです。

つまり、本ホーム・ページが書き続け、訴え続けている内容が伝わらず、例え、伝わっても理解されず、理解されないために不当な攻撃を受けるという事を覚悟しなければならなくなると言う問題です。

 

なぜ?無駄な「公共事業」が続けられるのか

 

くだらないと言うよりも、既に害悪の方が大きくなっている公共事業が、なぜ?これほどまでに繰り返されるのでしょうか。その理由は極めて簡単です。官僚にとっても、それを受け入れる産業界にとっても特別の旨味があるからです。現在は、これに産官学の大学を加えることになるでしょう。今や、旧国立大学も税金に寄生するソフト産業に成り下がっているために、最早ことさら区別する必要など無いと考えるべきなのです。

元々存在しなかったが故に、また、戦争によって破壊され尽くした事によって行われた基本的インフラの再建、整備はとっくの昔に終了しており、本来、国家的投資は他の新たな部門に向けられるべきものだったのです。にもかかわらず本四架橋を何本も造るとか、誰も利用しない高速道路の建設や、ピン撥ねだけが目的のODAといったものに消え、今なお、凡そ必要性が考えられないいわゆる箱物などが造られ続けているのです。

その理由も簡単です。それは、この間公共事業を行う事によって生み出されてきた産業部門が次の事業(仕事の落札)に依存し、彼らに税金を流し込む事に利益を有する一部の官僚が存在するために外なりません。

こうして、国家的必要性とか社会的任務といったものとは全く関係なく事業が行われ続

けているのです。

では、なぜ一部の官僚(いわゆるお代官様)は自らの使命を忘れ、腐敗に溺れるのでしょうか。前置きが永くなりましたが、これが今回のテーマです。

 

汚職の源流

 

いまさら官僚の腐敗堕落についての説明は必要がないでしょう。では、なぜ?役人は汚

職を繰り返し、天下りを続けるのでしょうか?

 少なくとも、明治の革命政権下の官僚(軍事官僚も含めて)は今と比べればはるかに高潔であったし、その事には様々な傍証があります。とは言ったものの、それは明治政府以来の宣伝によるところが大きく、実際、明治政府は藩閥政治の延長に全てが汚職であったとも言われているのです。まずは程度問題でしかなく、今よりは多少はましではなかったかと言う程度のものでしょう。ただし、末端の役人は清貧であり、今よりは遥かにモラルや国家への忠誠心が高く、威厳に満ちたものだったのではないかと思うものです。

一般的には“公務員のモラルの低下”とかいった事で良く説明されるのですが、もちろん、それが間違いという事ではありません。三〇年近く内部にいる人間として言わせてもらえば、印象としては昔の方が確かに公務員のモラルは高く、使命感も高かったという印象を持っています。ただし、それはあくまでも印象であって、例えば、公共事業関係の現場での業者と小役人の癒着の程度は昔の方が遥かに大きく、また、仮に不正があったとしても、全体として共同体的に庇う傾向があり、表面に見えないままに処理されていたからではないかと考えられます。これは、社会の大らかさから来ているものに相違ないのであり、実際には、それが批判に晒されるようになっただけの事なのです。

その背後には役所という共同体(本来、役所は共同体ではあるべきではなく、官僚機構という機能集団なのだとされてはいますが、実態はそうではなかったのであり、それを前提に議論しているつもりです)が、現在も崩れ続けており、官僚機構の構成員の意識とは無関係に、もはや、発覚したものを全体で庇うという事が最後的にできにくくなっているだけだとも言えるようです。

一方、終戦直後などは皆が等しく貧しく貧富の格差が少なかった上に、実際に公務員の給与自体が低く抑えられていたために、たとえ不正があったとしても相互扶助の一部として問題にされなかったからと言えるのかもしれません。

一般的にこのような社会現象を分析する事は非常に難しく、説明をし得たような気になるだけで、一つの側面を切り取っただけでしかありません。

通常、“天下りが存在したら汚職があったはずである”とまでは言えませんが、汚職と天下りは密接にリンクしており、“汚職があったならば天下りはあるはずだ“とは言えるでしょう。

 

官僚は階級ではない

 

一応、私が考える原因というか理由を申し述べておきます。

封建体制下の日本の役人や家臣団は、もちろん近代的な官僚とは全く異なりますが(断っておきますが中国は伝統的に中央集権国家であり、基本的に封建社会は存在しません)、役人という名が冠されている以上、ある種、似た存在である事は間違いがないでしょう。少なくとも生産的労働に就いていないという事では同じように思います。この封建的役人階級は日本においては人口の一割程度でしたし、非常に不正が少なく、もちろん、“天下り”などあるはずがありませんでした。

その最大の理由は、自らの役人や家臣としての地位を次の世代、つまり自分の子や孫に確実に移していく事が可能であり、それが基本的に保証されていたからに外なりません。

このため、例え貧しくとも、「たそがれ清兵衛」(山田洋二監督)に描かれるような清貧な下級藩士が広範に存在し、その下級藩士群が、ほぼ、そのまま移し替えられ、明治の官僚制に引き継がれたのです(もちろん、九州で言えば熊本の神風蓮の乱、佐賀の乱、西南戦争などで切り捨てられた者を除いてですが)。明治維新後にもそのモラルが色濃く残ったと考えられるのです(凡そ日露戦争前後まで)。

一方、現在の官僚には自らの地位を合法的かつ確実に自分の子や孫に移し替える事がで

きません(田舎の市町村ではコネ採用が隠然と存在しているようですが)。これに対して、土建屋のドラ息子は無能であってもベンツを乗り回す事ができるのです。

 言うまでもなく、社会的階級とはその所有形態によって決定されるのであって、単に権限の大きさとか所得の高さといったものによって決定されるものではないのです。

従って、官僚になる事ができたという一回きりのチャンスを生かして、まず、自らの地

位を民間企業や公団、公社、公益法人などに移し、できれば、自分の子供の就職先を確保しようとするのです。つまり、封建社会における武士(役人)が貧しくとも支配階級であったのに対して、現在の官僚は階級にまでは高まっていないのです。良く言えば、労働者階級の中の一つの階層に過ぎず、悪く言えば(正しく表現すればですが)、資本家が労働者を支配するための一代限りの道具でしかないのです。だからこそ、彼等は株式を合法、非合法に取得し支配階級に這い上がろうとしているのです。これが、国有財産の私物化でしかない民営化のもう一つの側面でもあるのです。

つまり、“十分な給与を与えれば不正をしない“とか、”十分な年金や退職金を与えれば天下りをしない“という事に単純にはならないのです。

従って、貧しいから不正を働くのではなく、高給よりも“安堵”の方が、競争原理よりも“平等原理”の方が、こと、この問題に関しては有効であり、重要だと言えるのです。

もちろん、私は”官僚機構を正常化させるべきだ“などと言っているのではありません。

現在の官僚機構は一刻も早く破綻して消失すべきであると考えていますので、まずは私の思う通りに進んでいるように思います。この官僚機構は叩き潰す以外になく、むしろ止揚させ、全く別のものに置き換えるべきですが、今回はこの問題にまでは立ち入りません。

かつて一部の間の貫けた旧左翼の一部が主張していたような、“公務員も搾取されている”(向坂協会・・・ほか)“旧ソ連邦、東欧の官僚は支配階級である”(毛派・・・ほか)などと言った話は、マルクス主義的な階級概念からは完全な誤りでしかありません。

階級という概念はあくまでも生産手段の所有関係に基づくものであり、“単に給料が高い”とか“労働条件が守られている”いったものではないのです。

話しが脱線しましたが、日本の武士階級は自らの地位を次世代(子、孫、養子を取ってでもお家の安泰)に確実に移し替えて行けたからこそ、貧しくとも不正をしなかったのであって、今の官僚は、例え高給を食み、いくら上り詰めようとも、合法的な手段では自らの地位を次世代に確実に移し替えて行く事ができません。だからこそ天下りするのであり、自分の子供を就職させるために不正を働きもするのです。

ただ、中国は科挙の社会であり、日本のような清廉潔白な武士階級が存在しませんでした。従って、進士(科挙にパスしたもの)はそのチャンスを生かして徹底的な不正を働いたのです。日本において封建社会が成立して以降、科挙だけが真似されなかった理由は分かりませんが、割礼を導入しなかった事と同様に、何やら“南船北馬”に象徴される中国の漢族との民族的相違(多分、麦作遊牧民と稲作漁労民)差異のような気がするのです。

 

最後に

 

独立行政法人化によって採算性が要求され国立大学ですらなくなった現在、物事が非常に説明し辛いのですが、一応、国立大学と言う言葉にそれなりの意味が残っていた時代、ここでは、およそ昭和四十年代の前半頃までということにしましょう。

私は中学、高校にかけて古風な私塾に通っていました。ここは、小学校の三年生の時代から英語、上級の数学を教えるような教育をやっていましたので、塾の師範が自分の子供三人を始め東大生を累計で百人以上も産み出してきたようなところでした。私はそのような早い段階からの教育は受けていませんので、今のテイタラクでしたが、まずは、英才教育で知られた塾だったようです。

ある時、ここの先生が、旧帝大系国立大学に合格した母親が挨拶に来て「選ばれて良い大学に入れて頂いたのですから、皆さんにお返しできるような人間になれば良いのですが・・・」と挨拶に来た。始めてだぞ・・・と多少興奮気味に話してくれた事を思い出します。まず、敗戦直後ぐらいまでは、国立大学に上がると言うだけでエリートであった訳で、選ばれた人間は地域社会に還元すべきという風潮が多少とも残っていた最後の残照と言えそうです。

実際、戦前までは地域で優秀な医者や技術者を欲しい僻地などでは、貧しい農家などの子弟であっても優秀な子供に地域で奨学金を出すなどして上級学校などに送り出すという風習があったものです。ここまで行かずとも、国立大学に合格したものには一定の使命感と言ったものがあったような気がするのです。このような人間は地域の代表でしたから不正を働き私腹を肥やすと言うような事を恥知らずな真似はできなかったのですが、今やこの意識は完全になくなり、勉強して良い大学に合格したものは自分の力だけで上がってきたような思いからか、“出世して得しなければ損だ”といった観念しか残っていないように思うのです。これが、ソフトバンクの孫とライブドアのホリエモンを分けたと言うのは極論に過ぎますが、既に、大学教育の大衆化によって、“大学に行こうが、コネのある者にしかまともな職業は準備されていない”社会に既に変質していますから、このような話は既に何の意味もないのかも知れません。努力もしなければ、努力をしても報いられない不公正な階級社会(階層が確実に相続され固定するという意味での)に変化し、早稲田を卒業してもコネのない人間には、良い企業には就職できないようになっているのです。

日本版フランス大革命が待たれるところです。その時、僧侶の代わりには大学教授が、貴族の代わりには不動産所有者が断頭代に載るのでしょうが、ルイ一六世やマリー・アントアネットの代わりには誰がなるのでしょうか?

官僚、政党代表、資本家、不動産所有者、土建屋といった連中を全て整理しなければ、この不公正な社会は変えられないでしょう。

 

 

223. かがなべて(日々並べて)

 

“かがなべて”は古事記からですが、有明海・諌早湾干拓リポートもいよいよ四年目に入ります。今後の新たな展開を求めて、リポートW、四月号から改題させて頂きました。

 

このタイトルで三年間書き続けてきましたので、残念でもあり、多少は惜しい気もしますが、タイトル変更の必要性はやはりあると考えています。

 

再掲載

 

217. タイトルの変更について

 

タイトル変更の必要性を意識し始めて一年が経過しました。その理由については、「有明臨海日記」56.“タイトル変更の必要性”で書いています。

 

   有明海・諫早湾干拓リポートというタイトルを変更すべき時期が近づいているように思います。既に愛着も発生し簡単には変えられないようにも思いますが、内容が徐々に有明海の諫早湾干拓事業に関するものにとどまらず、公共事業一般とか九州でも他の地域の問題に対する記事が殖え、また、民俗学、古代史といったものに広がり、内容的にも領域的にも相当に離れたものになっています。

諫早湾干拓事業への抗議や運動のためにも、既に固定した有明海の問題やギロチンに反対する人々から、さらに多くの読者を呼び込む必要性も感じています。このため、有明海だけに関するホーム・ページとの一般的に固定した印象を払拭し、新たな展開を求めたいと考えています。

 

当初、次の二つを考えていたのですが、エコロジーという言葉がエコ・グッヅ、エコ・ビジネスといった行政主導の商売に変えられ、全く環境保護、環境復元、自然再生といったものに寄与しない欺瞞的なものにまで拡大され、原子力発電(プルサーマル)までがCOを出さないエコ・エネルギーなどと言われるに至っては、結果としては全くの誤った用語になってしまっているのです。

また、太陽光発電、風力発電といったものも、結局は形を変えた公共工事に過ぎず、単なるエネルギーの浪費でしかないということが明らかになってきました。

このように、エコという言葉が冠せられるために、逆にエコロジーという言葉自体が本来の意味を失い、汚され、この言葉を使うことによる不必要な誤解さえも考慮しなければならないという思いがします。このため、当初、十月号から“エコロジスタ”か“エコロジスト・ブレッティン”への変更を考えていたのですが、この問題に直面することによって、さらに半年間延期し熟考する事にした訳です。

 

 このようなことは、かつてマルクスが「社会主義」という言葉を使うことを避け、新たに「共産主義」という言葉を使わざるを得なかったことにも似ていますが、私達は、“反原発運動の活動家が最後は太陽光発電、風力発電運動の推進者に堕落する”といった傾向とは明確に一線を画すという意味からも、エコロジーという言葉から、自らを分離しなければならないと考えるのです。

 

 最終的に下記のタイトルに変更することにしました。デザインは回を重ねることによって徐々に違和感が薄れピッタリしたものになってくることでしょう。

     寄稿者の代表として 「有明海異変」共著者  古川 清久(自治体職員)     

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 1)

4月号

221

不知火海残映 1. 「 冬日翳って 」 津奈木町福浦) 

                     吉田 耕一

20070301

 

アンビエンテ(ambiente)はスペイン語の“環境”を意味します。エコロジスタ(エコロヒスタ)の方が、より一般的ですが、別の言葉を使わざる得ないという必要条件と、それなりのインパクトのある言葉を使いたいという意味の十分条件との妥協の産物ということになります。本来は、(medio ambiente)という使い方をするようですが、(ambiente)だけでも“自然環境”という意味を持つとされています。

 

224 = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか = 

  

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

 

連載第3回 意見交換会の実際

 

  芦北地域一般住民 吉田 耕一(元教師)

3 意見交換会の実際

 

その1、基本的な事項について

基本的事項について、報告書の通りでいいかどうかについての諒承を求められた。一番目は前掲の再生・保全についての基本理念と基本方針についてで、この事については地元としては異論ない旨表明した。

 

次に芦北地区に特定した事項として下記の事が示された。

 

芦北地区の望ましい姿

 

  現存する藻場の保全、藻場再生の取組みが実施されている。特にアマモ場の再生については、現在の地元住民や漁協を含めた協力体制が発展し、他地域にも波及している。

  打瀬網漁など、伝統的な漁法が継承されており、養殖業やその他の漁業も持続的に営まれている。

  藻場や豊かな生物相などの多種で豊かな生態系、リアス式の変化に富んだ美しい海岸景観等を守るために、環境に配慮した海岸整備や河川整備、生活排水対策、川や海の清掃活動等の各種の広域的な取組みが関係者の連携のもとに実施される事によって、海域の環境が保全されている。

 

芦北地区の課題(p225から抜粋)

 

  海岸線の人工化によるなぎさ線の喪失、雨水流入の減少、塩性湿地の減少

  後背地の農業等に変化に伴う流入負荷の増減、質の変化

  渦鞭毛藻・ラフィド藻赤潮の発生時期、種組成の変化

  河川のコンクリート三面張りによる浄化能力の低下

  底質の泥化

  河川からの河川流量、土砂供給の変化

  漁獲量の減少(特に魚類・貝類・エビ類)

  底質の悪化に伴う貝類、エビ類の生息環境の悪化

  藻場の減少、消失

  陸域からのゴミの流入による漁業への影響

  分解不能なゴミの集積

 

この事についてはいくつかの問題がある。「芦北地区の望ましい姿」というのは、過去と現況を比較してこうあって欲しいという姿を三点述べたものと解釈するが。

 まずアマモ場について「漁業者からの聴き取りでは沿岸域の潮間帯、潮下帯にはかってアマモ場が多く見られた」の記述で、潮間帯は事実誤認、正確には潮下帯のみ……潮間帯となれば干潟上にも生息していた事になるので誤り。

「自然環境保全基礎調査(環境省)によると、芦北地区沿岸の藻場は1977(S52)から1989(H1)で13ヘクタール消失とされ、漁業者の聞き取りとほぼ一致」でこの事に関しては間違いはないだろうと思われる。

 ただちょっと気がかりなのは消失の原因「科学的データーはないが」とは断りながらも「甘夏柑栽培で大規模な開墾による土砂流入と農薬の散布ではないかとの地元意見が多かった。」と、原因を特定するような示唆が問題。確かに大量の農薬散布もあり海に負荷を与える事には間違いはないが、例えば同じ不知火海にあって、出水平野から長島一帯の海域においてもアマモ場消滅という同じ現象が同時に起こっている事と比較すれば、ミカン地造成によるものと特定する事はできない。別に大きな原因があるととらえるべきであろう。

 

以上をふまえながら「望ましい姿」をみてみると、ただ再生への地元住民の取組みの姿だけが述べられていて、それはたしかに望ましい姿には間違いないがその事によって「藻が再生し復活する」のが望ましい姿ではないのか。「そりゃそっちの問題でわしや知らん」と傍観者的な態度で、肩透かしを喰わせる表現。展望がみえない。

 もう一つ、芦北海域についての基本認識にかかわる事で「現在河口部を除き海岸部では殆んど塩基性植物は見られず……」と記述されているが、これは当たり前の話で、いったいリアス式海岸というのはどんな海岸なのかという事とが、分かっていない者の言い分としか言いようがない。地殻が海と直接接しているような地形がリアス式海岸を形成するのではなかったのか、そこは岩礁地帯でもある。それが芦北海岸であり芦北海域であるという、そういう基本的な認識さえ欠如させて、もっともらしい見せかけ論を展開しようとする事には我慢ならない。河口部を除きリアス式海岸の岩礁地帯に低湿地等現在も昔もありようがない。低湿地が存在しなければ塩基性植物がないのは当たり前の話ではないか。これが単なる修辞にすぎないならば読み捨てにも出来ようがあとの具体策として「塩基性湿地の回復」などという事が大真面目で出てくるのである、いったい今芦北海岸のどこにそんな所が在るのか、回復できる所があるのか、このような常軌を逸した発想が出てくるのは前述したように有明海=八代海北部の発想とそこ辺りだけの知見をそっくりそのまま八代海中南部に当てはめておけばよい、芦北なんて適当にやっておけばいいと考えているからであろう。そうとしか受け止めようがない。あとで出てくる発言だが「もういい加減にして欲しい、これ以上海をいじらないで欲しい。」(芦北漁協 小崎盛行代表)というのが地元住民の本当の気持ちである。

 

 ここで再生委員会の学識者の方々に注目していただきたい一番基本的な事は『有明海も八代海も内海である。しかし、有明海と八代海とは全く性格を異にする海である』という事を先ず基本的な認識として確立された上で、ものごとを考察するなり研究するなりやってほしいと言う事である。不知火海は、どのような地形でどのような構造でどのような自然条件のどのような事に支配されて、このような独特の世界にも類例を見ないような海になっているのか、多少の見解の相違はあったしても少なくとも委員の方々は、この事の共通認識に立たれて再生について検討していただきたいと言う事である。それがうやむやなため、部分で起こる出来事も意味がつかめず解明のしようもないという情況を呈しているのではないかと思われるからである。

 

 「望ましい姿」の二番目の項の本文「打瀬網漁など伝統的な漁法が継承されており養殖漁やその他の漁業も持続的に営まれている」について。

 これを保全して行こうとするのか、あるいは近未来の望ましい姿ととらえるのか、いずれにしてもこんな能天気な事を言っていられない現実の緊急な課題がある。それは私が「芦北漁協は私の感触ないし見通しではここ1.2年で赤字経営に入る…。」と発言したら、漁業代表の方から「もう今年突入した。」と訂正されたが、それは漁がなく基金も底を付いたためで、特に打瀬漁の不振が著しく、将来の問題でなくリアルタイムな問題として現実に消滅の危機に立たされている事である。かっては戦後この方芦北海岸海域では100パイにおよぶ うたせ船が就漁していた。2004年の調査では約30パイ。2006年(今年H,18)現在芦北漁協(計石)21パイ。大泊(津奈木)23バイ、計石では21パイのうち実質操業17ハイという状況まで追い込まれているのが現実である。

 打瀬漁は不知火海において200年も受け継がれてきた伝統漁法である。現代のハイテク技術や機械力のもの言わせて力づくで漁獲をあげるような漁法の中で、唯一200年前と全く変る事なく、不知火海の自然のメカニズムを熟知し、潮の動きと風だけを頼りに文字通り自然と共生しながらその伝統を守り受け継いできた漁法である。芦北町はその意味を深く受けとめ保護条例を制定した。しかし今はこの条例によって存続を図れるような段階を超えて緊急な事態に当面している。芦北一町の財政を持ってこれを救済できるような状況ではない。

 人々は不知火海に白帆を揚げて帆走するうたせ船を眺め、「海の貴婦人」という称号を与えた。それはまた芦北町のシンボルとして、また自然にやさしく人にやさしくありたいという町民の心を子孫に伝え継承する伝統の象徴としてもとらえて来ている。

 これは芦北という一地方の問題ではなく、日本民族本来の精神文化とその生活スタイルを、不知火海という舞台のなかで「打瀬漁」という形でそっくりそのまま演じている姿であると受けとめたい。法律の意味するところないし趣旨からとらえても、不知火海と打瀬漁は不離不即・一体のものとしてその保全と再生の具体的な措置を緊急にとるべきである。

 しかし、報告書の「芦北の望ましい姿」あるいは「芦北地区の課題」更には後に出てくる「芦北地区における具体的方策」のいずれにも以上のような意味でとらえた具体的措置は見当たらないそのため、この項目は何らかの形で取り上げ位置づけて加えるよう提言し要求した。

 

 この事に関し漁業者の方からも発言があった。「父祖伝来受け継いできた 打瀬漁は、自然にやさしくこそすれ、海に負荷を与えるような行為は昔も今も何一つしていない。それなのに昨今のような状況を招いたのは一体何故なのか。結局は陸上で行われる人間の行為のツケが全部海にまわされているのではないか。陸上から見えないかも知れないが海の底にはゴミやヘドロがたまり有害な物質も流れ込んだりして底棲生物の生態系もこわされている。海が豊かであった時はこんな事など考えもしなかったが、今では打瀬漁は単に獲物をとるというだけではなく、同時に海底を常に撹拌したりケタ漁で耕運したりして海の活性化を図る役割を果たしているのだという事を自覚するようになってきた。今ではつとめて網にかかったゴミ等を回収する事もやっているし、年一回ではあるが出漁をやめて海底の一斉清掃作業にも取り組んだりしている。『自然にやさしい漁法』というのはただスローガンだけではなく、このような事を指して言っているのだという事を十分に理解して欲しい。」(芦北漁協 州崎健一代表)と補足要約、以上のような発言であった。

 

この事業の進め方について一つの懸念がある。それは工事が従来の発想のまま進められている事ではないかという事である。国土開発――公共工事――ゼネコン方式 のやり方である。

もともとこの法律ができたのは官民癒着の利権構造で国土の環境破壊を招いた結果、修復を図る意味で成立させたものである。だとすれば 従来の方式でこの事業を進めていいのかという事についての検討も当然なされるべきだと思うが、その事への言及は報告書では見当たらない。海の環境保全と言いながら、無神経に海の中に物量を投入されるのではないかという疑念と不信感が地元では根強く残っている。法律ができた、――予算が計上された、さて何をするか――で形の残るような何かをさがし、これだけやりましたという実績を残す、その実績は有益であろうとあるまいと、とにかくやったという実績さえ残せばまた次年度への予算獲得へむかえる――ではないのかという疑念である。報告書には基本戦略が全く欠落しているため、どうしても全体像がつかめない。

 もう一つの大きな疑念は報告書では「海は海だけでとれえるのでなく山や川との連鎖の中でとらえるべきだ」と言いながら、その実「そこまで広げると問題が複雑化し手がつけられない、だからここは問題の範囲を海だけに限定し、そこで何をすればいいかを考えよう」と、言う事と、しようとする事との矛盾が明らかに見え見えである。海を考えようとするとき、どうして山や川がタブーなのか。報告書がそこに触れようとしないのは何故なのか。その事についておおよその推測はつくが、とにかくこのような報告書では再生への展望も何も見えない。地元住民として受け入れ難いと発言したが、時間もないまま、うやむやで終わったので、県当局・再生検討委員会も再度この点を明確に説明していただきたい。

 

 いずれにしろこのような形で再生の事業が進められるのであれば、先述した「打瀬漁」への具体的措置についても、趣旨は十分に分かりました地元住民のお気持ちもよくわかります、と言いながら、再生事業とは枠外の問題として切り捨てられてしまう懸念もある。そこで再度委員会報告書の記述を引用して補強しておきたい。

 報告書(芦北版)7ページに“干潟の役割の一つ、(5)水質浄化機能についての記述がある、「窒素(N)やリン(P)を取り込んだ植物プランクトンその他有機物は 好気的条件下では無機物に分解されるが、酸素が十分に供給されないと嫌気的に分解され有機酸や硫化物が生成され生物生息に不適切な環境となる。干潟上層部では好気的分解も効率よく行われるが、下層では好気的分解は殆んど行われない。しかしそこはバイオベーションによって好気的分解を促進している。」これは深海を除き干潟とはならない海底に於いてもこの物質循環のメカニズムは成立すると考えられる。打瀬漁をあてはめて考察すれば、不知火海一円の海底部分の特に成層化し低酸素状態になりやすい海水を常に撹拌し防止する作業を行っていると捉えられるし、とくにケタ漁において潟内の下層部分を掘り起こし海水を供給する事で、生物によるバイオターベーションをケタ漁で行っている事になる。アートターベーションをリアルタイムに行っていると言う事である。

再生方策の6に「底質環境の改善」でいくつかの事が提示されているが、今のところこれといった決め手になるようなものは見つからない。それよりむしろ打瀬漁法によるものの方が科学的知見からみても、効率的かつ確実性の高い事業と倣して何ら遜色ないのではないか。

以上のような根拠から打瀬漁そのものを再生事業の一つといて位置づけるよう要求したわけである。なお冒頭部分でこの提案を出したのは時間の関係で再生策の6までいきつくかどうか危ぶまれたためであってその点の唐突感を持って捉えられたかも知れない。

もう一つの気懸かりは、不知火海における渦鞭毛藻赤潮ないしはラフィド藻赤潮の発生機序について報告書はきわめてあいまいで釈然としないと言う事である。「赤潮」というのは、いわば海の環境のバロメーターではないか。そこから海況の変化を読み取り、原因を究明しひいては対策を講じて行く、そういった科学的手法の筋道も見えない。この点についても時間がなくふれる事ができなかったので後述する事にする。

▲ 不知火海の桃源郷“波多島”

 

その2、意見交換会のあり方についての提言

 

冒頭次のような事を述べた。

「この報告書は論旨の上からも矛盾多く、論理の筋道も通らない、また科学的とは到底思えないようなものが多いし、このような事では不知火海の再生への展望は見えない。従って、地元芦北としては基本的には受け入れ難い、再検討をお願いしたい。しかし今ここでそうすれば、ただもの別れに終わり建設的なものは何も残らない。地元芦北は今、ここで漁業が成り立つかどうかの瀬戸際の死活問題に当面し真剣になっているのに、報告書ではそれを切り拓く展望も見えないから、これではだめだと言っているのであって、ケチをつけるためのものではない。

そこで、何故このような報告書なのかを別の視点で想像すれば、再生委員12名の方々の中で、それはちょっとまずいと思われても言うに言われない立場上の問題や思惑にしばられてこのようなものになったとも想像される。しかし、そのような事に拘泥しながら意見を出しあい論議しても、本当の事は何も生み出されず無意味である。従って、少なくとも今回の意見交換会はそれぞれの立場を抜きにして話し合う場にして欲しい。先ずはこの事を確認し合って会を進めてもらいたい―――と、冒頭に提案し諒承されて具体的な方策について実質論議に入った。

 しかし、論議を進める中で不知火海とはどのような海であるかを明らかにしようとする問題で私と弘田教授(アドバイザー、副委員長)との間に見解の対立が生じやや感情的な場面を出態させてしまった。というのも、弘田教授が自説を述べられる或いは私の説を否定されるにもきちんとした科学的論拠を明らかにされないで(時間も十分になかったためかも知れない)主張されるため、私が冒頭に提起した事の意味がまだ分かってもらえないのかと頭に血が上ってしまい、冷静さをなくしてしまった事は大変失礼だったとお詫びしておきたい。またこの事は弘田教授の立場で私の事をとらえると、そっくり同じような言葉が私に返されるであろうとも思われる。       

 つまりこういう事である。海洋学的な研究については何も分かっていない素人の一般住民が、ちょっとした知識を振りかざして評論家みたいにきちんと論拠も明らかにせずに、さかしまな事を言ってケチをつけようとしている………と。確かにその場面だけ切り取ってみれば全くこの通りにしかならないわけで、それというのも、結局は時間的制約によって起こる問題で、時間に制約されるためそれぞれが相互に結論部分だけをぶっつけ合うような論議が必然的に展開された事によるものだと思われる。このような状況では結果としては議論のすれ違いや相互の誤解による不信感だけしか残らない。[基本方針]のBのなかでは「再生・保全の主体となる関係者間の相互の「理解」と「合意形成」及び積極的参加」と述べられている。にもかかわらず今回のような裏腹な結果しか生まなかった原因と責任は何処の何にあったかという事を県当局は十分に吟味していただきたい。帳面消しとしておざなりにやって頂きたくはないという事である。

 

 

※ = 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =の掲載について

  

吉田先生の連載が早くも三回目に入りました。

 私は熊本県が行った〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行に伴う意見換会 なるものが、地元の意見を聴いたふりをするためだけのもので、事業を行いその余禄に預かろうとするさもしい連中の免罪符でしかなかったとの理解を消す事ができません。 

この手のものを真面目に議論をされる方々には頭が下がりますが、まずは、やらせ発言で問題となった“八戸のタウンミ−ティング”と五十歩百歩でしかなく、そこには一片の真面目さも科学性も見出すことは出来ないものです。この手のものは全国的に蔓延していますが、その客寄せパンダとして機能しているのが、今や僅かになった良識派の学者、研究者と地元の良き善人達と言う訳です。当面、この行政主導の土建業のカモフラージュに対しては全員でボイコットすべきと思うのですが、通常、行政におだてられ代わりにホイホイ出てくる連中が必ず続くものなのです。

 

225. 虹の松原は守られるべきか

 

佐賀県の玄海灘側に位置する唐津市には延長一〇キロに及ぶ虹の松原という景勝地があります。近年この松原には目だって下草や照葉樹が蔓延りはじめ、徐々に松が消えつつあるのです。

理由はこうです。かつての松原では、下草を刈取って飼料にしたり、落葉としての松葉を掻き集めて炊事用の燃料にしたりと、林床に栄養が蓄積する事は全くなかったのですが、最早、下草を食む牛馬もいなければ、松葉を集めて燃料にするような家も絶えて久しいのです。 

そもそも、松やコスモスといったもの栄養の少ない荒地に育ちます。崖地に最初に根付くのが松やコスモスの類です。しかし、人の手が入らぬ自然界においてはいずれ松葉がたまるなどして栄養が蓄積されて行くと、徐々にその他の潅木、具体的には椿などが卓越し、松林は海岸性の照葉樹林に置き替わって行くのです。

逆に言うと、人手が入るところでは自然の物質循環過程が変更され(栄養が持ち出される)、不自然な状態が連続することになり、結果的には擬似的な松林が維持される事になるのです。

また、“松林に人が入らなくなるとマツタケが取れなくなる“と良く言われますが、富栄養状態ではマツタケは取れませんし、松林そのものさえ永続きはしないのです。

つまり、女子大生やOLなどが雄大な大自然などと錯覚している阿蘇の草原も、潅木が切り倒され、火を入れ続けられるなど人為的に干渉されているために擬似的な自然が維持されているのです。もしその干渉がなければ、阿蘇の草原と言えども、数十年を待たずして森に戻っているはずなのです。

では、唐津の虹の松原は守られるべきなのでしょうか?しかし、これについては、地域の認識、全体としての人間の文明観、その民族の歴史的認識といったものに左右されるものなのです。唐津の場合は、白砂青松が観光資源とされていますので、それを守るべきであると考えれば、それに利害を持つ観光産業などがその維持のために資金を出すべきでしょうし(これは鳥取砂丘でも起こっている現象であり、観光業者の圧力で行政が動いています)、逆に、自然の循環過程に戻すべきであるとすれば放置すべきでしょう。

私は、白砂青松それ自体が人間の手による森林破壊によって生み出した文明的景観であると考えていますので、必ずしも固執はしませんが、無理して維持すべきものとも考えていません。むしろ、環境の浄化や海を豊かにするためには、照葉樹林にすべきであると考えています。このため、虹の松原が虹の椿原になっても良いと思っています。

ここまで来ると、水田の景観、雑木林の自然林、杉や桧の美林とどれが好きですかと言ったレベルの議論に落ちてしまいますので、私は関与しない事にします。

ただ、「白砂青松それ自体が、人間の手による森林破壊によって生み出された文明的景観と考えていますので」と。しましたので、誤解がないように、拙著『有明海異変』から自分の考える結論に向けて説明をさせて頂きます。

 

▲ 鏡山から見た虹の松原

▲ 唐津市の虹の松原(マピオン)

 

三、「白砂青松」は太古からの日本の景観だったのか

  古来「白砂青松」は日本を代表する景観とされてきましたが、これは太古からそうだったわけではありません。小規模な砂浜は河川にも海岸にもあったでしょうが、人が住み着いて森林を伐り開き農耕を始めてから土砂の流出が顕著になって河口を中心に砂浜が形成されてきたのです。今日では西日本でもスギやヒノキの針葉樹が増加していますが、かつては西日本のほぼ全域が常緑広葉樹や落葉広葉樹中心の大森林だったとされており、従って本来の原生植生では土砂の流出は極めて少なかったと想定されるのです。

 

● 清流と白砂青松

    一般的に雨になれば川も入江も濁りますが、豊かな常緑広葉樹の山が背後に迫っているところに行くと、前日に大雨が降っていても必ずしも川も海も濁っていないことに気づかれることがあると思います。北部九州では長崎県の平戸市周辺の海岸部で顕著ですが、このような川は今や少なくなっています。

日本は清流の国ですが、世界的に見るとこの清流は例外的な少数派に入るとされています。『生物学者のみた東南アジアの湖沼』という本の中で水野寿彦氏は「洪水の時に褐色の泥水で濁るが、これは一時的で、しばらく時間を経過すると元の美しく澄んだ水に戻る。同じ天然の業でありながら何と日本列島は美しい水に恵まれた国かと痛感したのである」と書かれていますが、この清流もいまや晴れたときだけの話になってしまったことはご承知のとおりです。

太古、森に覆われていた時代の日本列島では、川は濁ることなく流れ続け、山からの土砂の流出も少なく、従って海岸に大規模な砂浜も形成されなかったはずです。マツは荒地を好む植物ですが、「白砂青松」は実は人間の手によって太古の日本列島の環境が破壊された結果として形成された極めて文明的な景観であると言えるのです。

 

● タタラ製鉄が砂浜を造った

西日本で砂浜が目立つのは島根県や鳥取県ですが(鳥取には砂丘さえあります)、このことには大変重要な歴史的背景が横たわっています。この地方では農耕や林業ばかりではなく、タタラ製鉄(注)のために大量に必要とされた木炭の生産のために大規模な森林伐採が続けられていて、それが風化花崗岩を中心とする土壌の流出をもたらしたのだとされているのです。

司馬遼太郎は冶金学の桶谷繁雄氏の著書を引用しながら『街道を行く』のなかでこう述べています(同シリーズ7「甲賀と伊賀のみち砂鉄のみち」)。

「『金属と人間の歴史』(講談社刊)によれば、鋼一トンを得るためには、砂鉄一二トン、木炭一四トンが必要だったという。以下、同書の計算を引用させてもらう。『……昔の人がやったたたら一回で得られる大塊を二トンとすれば、砂鉄は二四トン、木炭は二八トン必要となる。木炭二八トンのためには、薪は一〇〇トン近くを切らねばならなかったに相違ない』とある。すさまじいばかりの森林の消費であり、くりかえして言うようだが、古代から近世までの製鉄事情としては、東アジアでは森林の復元力がもっとも高い日本列島がいかに適地だったかがわかる」と。

ここで司馬遼太郎が他の著作や講演などで語ったことも参考にして少し思索の冒険を試みてみようと思います。中国の料理人は菜切庖丁を大きくしたような中華庖丁一つでなんでもこなしてしまいますが、日本の料理人は大出刃、小出刃、柳葉、菜切とひととおり揃えていたものです。これは鍬をふるう農民の場合でも同様で、日本では一世紀前でも大百姓となると二、三十本の鍬は持っていて(筍を掘り起こすためだけの鍬さえありました)、他に板鍬や三本鍬などの種類の多さも含めて、中国の農民と比べて非常に多くの鍬を持っていたようです。また、大工(番匠)でも同様で、指物大工に至っては大小とりまぜて実に大量の鉋や鑿を持っていたものです。このことは「日本人は手先が器用だったからだ」と情緒的な解釈で片付けられる傾向がありますが、その背景には、安価で良質の鉄が供給され続けたことがあったのです。

鉄砲が日本に伝来したのは一六世紀半ばとされていますが、それから半世紀後の日本最大の内戦、関ケ原の合戦には数万丁とも言われるおびただしい数の鉄砲が持ち込まれており、このことから推計される戦国末期の鉄砲の総量はすでに当事のヨーロッパ全体の鉄砲の総量を凌駕していたとされています。これはまさしく日本でそれだけ鉄が生産されたということで、日本の山には相当の量の砂鉄が埋蔵されていて、伐っても伐っても三十年もすれば再生する森林があったことで可能となったことでした(日本よりも雨が少ない中国大陸においては一度伐採するとなかなか森林が回復せず鉄生産が衰えたということがあったようなのです)。従って、日本がアジアにおいていち早く近代化できたことも、日本人が加工や細工などに優れていたという基礎的技術力にしても、全ては永遠に再生し続ける森林の存在があったためであり、中国地方を中心に(九州では熊本県玉名市周辺のタタラ製鉄が著名ですが)森林を破壊し続けて鉄生産を維持することができたということに依存していたと言えるのです。

 

● 美意識には時代背景が

日本の製鉄は朝鮮半島から移住してきた渡来(百済)系の人々に始まるのでしょうが、このあたりの事情はアニメ『もののけ姫』が描くようなものだったでしょう。中国地方ではまさに千年以上の永きにわたって森林伐採が繰り返されて(部分的には戦後まで商業的なタタラ製鉄は残っていたのです)、今のような広大な砂浜が形成されたのでした。

    このように多くの砂浜が森林破壊の結果生み出されたものであるとするならば、「それでは砂浜(砂)なんてなくなったっていいじゃないか」という話が出てきてもおかしいことではありません。結局、砂浜や松原を日本の伝統的景観として守るべきであると考えることはある時代的背景をもった美意識の総和から発生するものであり、一つの保守主義であるとも言えるのかもしれません。そして、それに依拠した議論を行うということは、日本的稲作文明と結び付いた風土を良しとすることにも通じていることなのかもしれません。従って、私たちが環境論議や景観論議に踏み込むときには、結局のところ自分たちがいかなる文明史的立場に立って議論するのかということが問われることにもなってくるのです。

ここまでご説明したうえで、一般的には日本的な稲作風土と結び付いた景観を根拠に議論される方が多いものと思いますし、それは不当なものではないと考えるが故に、とりあえずはこのことに依拠して筆者も論を進めていくことにしたいと思うのです。

 

(注)タタラ製鉄の原料となる砂鉄の採取は「カンナ流し」という特殊な方法で行われたのですが、これについて最近考古学者の森浩一氏が一文を書かれていましたのでここに少し引用させていただきます。

「たたら研究会は、日本列島(以下は列島)の製鉄の歴史をさまざまの角度から研究する目的で設立された。昭和三十二年に発足し、僕は発足の直後に入会し、昭和三十三年十一月の研究大会の折、奥出雲での砂鉄の採取の状況を見学することができた。

この頃奥出雲の中国山地では、まだ砂鉄採取がおこなわれていた。記憶をたよって島根県横田町で見た作業風景を書いてみよう。

山地形の土地に延々と水を水路(溝)で引いてきて水力によって山(山土)を崩して砂鉄を取る方法が「カンナ流し」である。カンナは漢字で書くと鉄穴だが、「カンナ流し」という方法は山を掘るのではなく、山を崩して砂鉄を採取するのである。だから、「カンナ流し」がおこなわれた土地は自然地形がすっかり変貌してしまうし、泥水が川に流れこむので、灌漑に支障がでるなど、時には農民とのあいだにトラブルがおこった。

「カンナ流し」をおこなうためには、山の高い所に溝を掘って、その先端を山の斜面にもってくる。下でツルハシを持って作業する人が勢いよく落ちてくる水の当たる部分を壊すと、砂鉄を含む山土が泥水となって流れ落ち、それを低地の溝に流して時間をかけて泥水を排除していく。溝の下流に沈殿した砂鉄が到達すると、掬い上げて採取する。

「カンナ流し」がいつまで遡るかはまだわからないが、弥生時代以来の水田経営のための灌漑用の水路(溝)を掘る技術を山地形に応用しているとみてよかろう。

とはいっても、起伏の多い山地形に水平な水路を設けるのだから、多数の労働力がいるだけではなく、高度な測量と土木の技術があったことは見逃せない。奥出雲での「カンナ流し」は、僕が見学してから数年のちに、下流へ大量の土砂を流すという公害問題によって停止されたから、実地で見ることのできたほぼ最後の機会であって、僕の知的財産のひとつとなっている」(『本の旅人』〇二年一月号、角川書店)

 

226. ダムを造る側の理屈を斬れ!

 

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

 

河川法にはっきり書いてあるぞ

 

今回は河川の水について、核心に触れる議論を試みたい。「環境」がキーワードとなって、一人歩きする時代となったと感じるから。身近なところで肝心の水環境が見過ごされていると感じるから。そこで、私は筑後川の流れが細っている現状からあえて、あなたの近くにある川に水が流れているかどうかに関心を寄せていただきながら、議論をはじめようと思う。

河川法の第1章第1条「目的」には、「流水の正常な機能を維持する」、と書かれている。流水の量に関して具体的な数値を示していないという意味で、“非常にあいまい”。しかし、“美しい言葉”だ。川には水が流れている。水が流れて魚が生息し、さまざまな生き物が暮らし、植物も繁茂する。水が枯れ果てれば、そうした命のある姿は、たちどころに消え去るだろうから、川には水が流れていることが正常で、流れていなければ異常な事態だと、私は思う。

ダムから水が放流されていないが、これは河川法違反ではないか、と私が指摘した。が、水資源機構筑後川支局の幹部は「いちがいに違反とはいえない」と回答した。国土交通省九州整備局筑後川河川事務所の調査課職員も同様の受け答えだった。何故か。

筑後川に限らず川の流域で相当な期間雨が降らず日照りが続けば、川の水は干上がってしまう。そうなれば、「流水の正常な機能の維持」などできるはずがない。言葉でうたっても絵に描いたモチだ。

しかし筑後川上流や、支流に巨大なダムを築造し、ダムに水を溜め始めた瞬間から、ダムは河川に水を流し続ける責任がある、と私は思う。ダムの水が底をつくまで、放流を続行すべきである、と。これが私の立場だが、全く反する考え方をする人たちが多いことに初めて気づいた。

わかりやすいから水資源機構筑後川支局幹部の意見をまず紹介する。

彼らは、「多目的ダムの水には色がついている」という。または、「名前のついたポケットがある」という。例えば、農業用水という名前のポケットには、ダム築造にあわせて計算された農業目的の容量がある、と説明する。なるほど多目的ダムには上水道用水、工業用水、農業用水、さらには不特定用水とか、渇水対策用水とかの名も登場している。だから、農業用水ポケットにある水を放流してしまえば、ダムに水があっても、それは他の名のついた水だから、農業用水には使えない、というのだ。なるほど。

だから利水専用ダムではダムに水が溜まっていても河川に流す水を放流しない、場合がある。だから、そうなっても河川法違反ではない、というのだ。

この説明を私の身近にいる人たちの多くが支持している。支持しているように見える。

私は、水資源機構に近い、あるいは支持する考え方の人たちについて行けない。こんな考えの人たちと、環境問題を議論し、肩を組み合って一緒に戦える仲間だとは到底思えない。

ダムに水がある限り、少なくとも容積率に応じた水を流し続けるべきだ、が私の立場であり、ダムが底をつくまで川の水を流し続けるべきだと主張する。ダムの水が底をついたら仕方がない。そのときはその時だ。そうなれば河川にダムが築造されておらず、干天が続いた場合と同じだから。

このような視点もあった。河川法が環境に配慮して改正されたのは、平成9年だ。だから改正前のダムを今頃持ち出して、けしからんというのは場違いだ、という指摘。一理ある。

小石原川に1975年完成した江川ダムは利水専用ダムといわれる。確かに有効貯水量2400万立方メートルの中に @ 農業用水量1067万立方メートル。(約44.5%) A 都市用水容量1333万立方メートル(約55.5%)とあり、不特定用水はない。渇水対策用水もない。だから河川に一滴の水を流さなくてもいい、というのだ。

1975年当時、環境に配慮するという考え方はなかった、という立場だから。なるほどわかった。だが、私はその考えを支持しない。水に目的別の色がついている、というが、そのような振り分けを考え出したのは、建設省や国土交通省や水資源機構という国側の勝手な論理で決めただけの話じゃないか。

例えば、公聴会を開いて国民の意見を聞いて、そのような振り分け方を決めた訳じゃない。あなたたちだけで決めた振り分け方はあくまでもあなたたちの原則であって、特に非常時には意味がない。1978年の福岡市大渇水の非常時には、江川ダムも底をついた。堆砂容量というダム底部分から水を搾り取るようにして、上水道分を確保した、ことはいうまでもない。農業用水は後回しだが、何故か福岡県の農業データに、渇水のために稲作の被害が甚大、などの資料はない。

節水に節水を強化して、非常時には飲料水の確保がなにより優先することは分かり切った話。水に色がついているとか、名札のついたポケットがあるという振り分け方は国側の論理だ。

ここでショッキングなデータを紹介しておく。江川ダムからの放流ゼロは1985年は101日間もある。3ヶ月以上、川に水を流していない。1995年から2000年にかけても26日間とか36日間も水を流さないことが続いている。ダムに水が無いわけではなく、流す必要がない、と思っているらしい。ダム管理者はこのような運用を平気でおこなっているのが現実だ。

河川法に水を流さなくてはならないという縛りが無かった。もしくは法律改正前のダムだから、改正後の規定には縛られない、というわけだ。

ダムに与えられた目的別の容量を認めるとしても、私は少なくとも、運用はポケット方式ではなくて、ダムに設定された目的別の容積率例えば農業用水なら44.4%、都市用水なら55.5%を生かしながら、運用すべきだと考える。ダムに残った水はそれぞれの率に応じて放流され、完全にゼロになるまで流し続けることが可能だから。

江川ダムに流水の正常な機能を維持する水量が決められてなくても、ダムに水がある限り、川に水を流すべきだと主張する。

 

大渇水年より少ない流量毎秒40立方メートルの異常さ

 

流量について国が決めた数値がある。毎秒40立方メートルという数値だ。久留米市内の筑後大堰から下流に流すべき水量として決められている。誰が、どのような手順で決めたのか、も知りたいところだ。

この数値のいい加減さ、を私はまず指摘して、責任を追及したい。川の流れを区別した次のような言い方がある。最大流量、豊水流量、平水流量、低水流量、渇水流量、最小流量、年平均、年総量、比流量、流出高。それぞれに言葉の定義があって、国側が管理していることがわかる。定義の中味は省略する。でも国民のどれだけが、区分けの意味を理解しているか。学者や、学問の立場で使われて、はじめて意味のある言葉であろう。

では毎秒40立方メートルは年間どのぐらいの大きな流れになるのか、計算してみる。

年間流量は12億6144万立方メートルとなる。略して12.6億立方メートルとしておく。一方ここに水資源機構が筑後川の過去の流量について調べたデータがある。公団時代の資料によると、筑後川の年間総流量の最低数値は1978年と1994年が同じで18億立方メートルとなっている。それぞれ昭和53年の福岡大渇水と平成6年の九州大渇水の年にあたる。年間18億立方メートルは毎秒何立方メートルとなるか計算してみると、なんと毎秒57立方メートルになった。

これで理解していただけると思うが、これまで国土交通省が有明海の漁業に悪い影響を与えない流量として確保していると説明してきた毎秒40立方メートルが、渇水年の流量を大きく下回る流量であるということだ。この数値がどういう手続きで決められたか、私は不幸にして知らない。先に紹介したとおり、川の流れを様々なケースに分類して定義しているから、定義を河川行政の中で勝手に使える人たちが、決定したのだろうと推定するしかない。

定義に従えば、渇水流量とは「年間355日は、これを下回らない日流量」とある。だったら毎秒57立方メートルとするのが少なくとも私は正しいと考える。

渇水年の流量をもかなり下回る流量の毎秒40立方メートルに我々は、憤慨すべき時だ。もっと増やせ、もっと豊かな流量を筑後川に戻せと声を大にして叫ぶことが重要だ。

私は論文121「資源開発基本計画の謀略を暴く」の中で、流量が激減して、あわれ「溜池」と化した筑後川、と1級河川の現状を嘆いた。その原因が筑後大堰から流す維持流量毎秒40立方メートルにあったことを思い知らされた。上流の各地点ごとに流量をみれば必然的にわかることだが、上流の流量はもっと小さな数値になっているはずだ。毎秒40立方メートルには合理的な根拠がないと抗議する。漁業関係者、流域の市民、各自治体の長らが参加した流量選定会議でも招集して、新しい流量を決定すべき時ではないのか。毎秒40立方メートルを放置すべきではなく、でたらめさが極まっている国の河川行政を厳しく糾弾しなければならない。

 

実にむなしい維持流量の設定

 

水資源機構は小石原川ダム築造計画で小石原川と佐田川にそれぞれ次のような維持流量を設定している。まるで取って付けたように設定された数値を、まずここに紹介する。

小石原川ダム直下流地点で毎秒0.15立方メートル、江川ダム直下流地点で毎秒0.19立方メートル、女男石頭首工地点で毎秒0.44立方メートル、佐田川の寺内ダム直下流地点で毎秒0.37立方メートルの河川維持流量を確保します、と記す。平成15年5月の水資源機構「小石原川ダムのあらまし」パンフ12ページに掲載された内容だ。

私は水資源機構に質した。この数値はいつから実行されるのですか、と。回答は「平成27年ごろ、小石原川ダムが完成する予定だが、完成後に実施します」と。8年も後の話にびっくり仰天だ。開いた口がふさがらない。

前段で河川法の「流水の正常な機能の維持」について私が感じる疑問点をぶつけて論じた。

取って付けたように、と表現したが、今頃なんで「流水の正常な機能の維持」に神経を使うのですか、と逆に尋ねたい。急に心変わりしたのはなんで。心変わりしたなら、それでもいいが、ではなぜ実行は平成27年ごろなのか。

今こそ絶対に放流ゼロという間違った運用はいたしません、と我々に謝罪すべきではないか。直ちに実行します、と我々に約束すべきではないのか。

水資源機構のこうした数値の決定、実行が8年後と遅いことから、私は「むなしい」と題をつけた。さらに、むなしさを強調するような宣言を水資源機構は行っていた。それが「環境方針」宣言だ。水資源筑後川局 衛門久明・局長の名で江川ダムサイト、寺内ダムサイトなどにポスターが張り出されている。「環境方針」の柱は「環境マネジメントシステムISO14001を導入し、環境負荷の低減、良好な環境の保全と創出に努めてまいります」と宣言しているのだ。

よく言うよ。ずうずうしとはあなたたちのこと。現実の運用の間違い、欠陥がわかっているのだから、その反省がまずあってしかるべきでは。その上で、先の維持流量はただちに実行し、運用を守ります、とするのが手始めではないのか。肝心なことは後回しで、ISO14001を導入しました、とは恐れ入りますね。

批判ついでに水資源機構の基本的な態度を厳しく糾弾したい。すでに発表した論文に書いた記憶があるが、再録でもいい。

「水資源の有効活用」「限りある水資源をより有効に活用します」。と書き連ねた水資源機構のパンフだ。ここに「今は年間約5000万立方メートルの水が利用されないままながれています」と明快にいう。江川ダムでも生かされない水がある。寺内ダムでも生かされない水がある。併せて5000万立方メートル。つまり水資源機構にとって、川の水はダムを造って溜めてから利用すれば有効活用で、ダムに溜めて使うのでなければ、死んだも同然という考え方だ。ダムに溜めて使わなければ、死んだ水という基本的な姿勢と、ISO14001でいう環境負荷の低減、良好な環境の保全が、両立するとは到底信じられない。まるで整合性がない。川にもっと水を流せという私と水資源機構はまるで水と油の違いだ。

▲ ダムの堆砂と伏流化に見舞われ破壊された宮崎県の某河川(本文との直接的関係はありません)

 

河川法違反の現状を追認する福岡県

 

小石原川ダムの建設に関して平成17年10月、水資源機構と福岡県は事業実施計画について協議を行った。この中で麻生渡・福岡県知事は3つの事項を挙げて特段の配慮を促している。

@ 農業用水の確保に支障を及ぼさないよう十分配慮すること。A 漁業生産に支障がないよう十分配慮すること。B 河川環境の保全について十分配慮すること。

私は、協議が行われた席で少なくとも「問題B」について、内容のある取り決めぐらいしてほしかった。水資源機構も流水の正常な機能について、具体的な数値を示しているのだから、実施が平成27年後ではなくて、「直ちに実施」を求めるぐらいの配慮がほしかった。

このような協議では、麻生知事は河川法違反を追認していると批判されても、反論できないのではないか。環境の保全という重大事項では、水資源機構と対して変わらない体たらくだと指摘する。

農業用水にいえば、両筑平野用水事業として行われた江川ダムと寺内ダムの建設で、すでに水田5900ヘクタールを対象に最大毎秒8.05立方メートル、平均2.51立方メートルの灌漑用水を確保している。両ダム完成から25年余り経過して水田は減反の繰り返しで減少し作付け面積は4200ヘクタール規模に縮小しているのが実態だ。両筑平野用水事業開始時点から水田の規模は71%に目減りしたわけだから、農業用水は大量に余っていると指摘したい。戦後60年間の稲作の生産状況を調べると、農業用水が不足して米の収量が減ったデータは皆無。台風、雨続き、病害虫などが原因で米の収量が減ったデータはあった。だから農業用水は現状で十分だといいたい。

漁業生産への配慮については、私もわからない。ただ、筑後川に設定されている筑後大堰から下流へ流す毎秒40立方メートルという数値は、過去2回あった大渇水時の流量さえ大幅に下回る不当な流量であると指摘するにとどめたい。有明海にもっと豊富な水が流入した方が漁業生産に良いのかどうかは専門家のみなさんに議論していただきたい。

筑後川本流にも、小石原川や佐田川、そのほかの支流にももっと豊富な水を流せという。私は言い続ける。

 

▲ 佐田川(マピオン)

 

227. 気になる記               音屋の昭太郎

 

 この記事は、古川編集長の「有明臨海日記」に負けじと連載記事にしようとしましたが、文才のない管理人は、臨海日記ほどの記事を書けませんので、時々撮った写真などを交ぜたりしながら、ブログとして気軽に書いていこうと思います。

 また、簡単に更新できるので、急なニュースなどの記事を書くこともあります。

不定期に、気まぐれに更新しますので、ときどき覗いてみてください。

 下のバナーから入れます。

 

                          

                                                   

228. 高千穂鉄道無惨(W) 地図

 

五味川純平

 

五味川純平と言えば、長編の映画にもなった「人間の条件」を書いた大小説家ですが、当然ながら、五味川純平の“五味“も、前回の高千穂鉄道残照(V)で取上げた“吾味”地名の五味であり、塵芥が流れ込む、従ってゴミが浮く合流地名と考えます。氏は実際に“五味”地名を知っていたのではないかと以前から考えていました。

確か、四国に五味川があったと思いますが、氏はロシア革命直前の一九一六年、満州で生まれておられます。このため、一般的には四国の五味地名をご存知だったとは考えられません。どなたかご存知であればお教え願いたいと思います。

私は文学や小説には全く興味のない人間ですので、氏の背景、人となりは知りません。恐らく、芥川龍之介を意識したペン・ネームなのでしょう。とすると、五味は動詞の“込む”ではなくやはり、芥のゴミと考えておられたのかも知れません。

「人間の条件」は戦争、革命運動、軍隊、人生、人間性、上官、前衛党、当然ながら、その裏切り・・・といったものを描いた長編でしたが、映画はもう一度じっくり見たいと思っています。

    吾味界隈

 

229. 何故、日本はテトラ・ポッドを使いたがるのか?

 

 私は、同世代としては戦記、戦史を比較的よく読む方ですが、太平洋戦争当時の物資不足の話は随所に出てきます。結局はそれを精神主義だけで補おうとしたのですが、今となっては無様だっただけのことです。一つは、物資が無かったために戦線を拡大せざるを得なかったこと、もう一つは、兵站(ロジスティックス)、補給をあまりにも軽視というより無視したこともあります、基本的には当時の日本の生産力が余りにも小さ過ぎたことでしょう。当然にも、戦時下の物資不足の一つにセメントがありました。

 私だけの勝手な思い込みではありますが、戦後のセメントを多用する傾向の背後には、この時の経験が働いているように感じるのです。これはコンクリートを多用する傾向ともパラレルで、木造の建物に対して“コンクリートは永久不滅”とまで宣伝されたもので、私達は子供でしたが、実際、感心して思い込んでいたものでした。

 もちろん、その頃まで木造建物が中心で、レンガや石造の建物ぐらいしか見たことがなかった私達にとって、このコンクリートの建造物が、当時、宮殿に見えたことは言うまでもありません(この頃は私も素直だったのですかね)。しかし、今や構造計算疑惑を持ち出すまでもなく、劣化するコンクリート、その強アルカリ性による環境への負荷、鉄筋の腐食による膨張破壊、景観の破壊とそのイメージの凋落は目を覆うばかりです(『コンクリートが危ない』小林一輔)。やはり世の中には良い事ばかりのものはないのです。

 日本は資源のない国ですが、唯一、大量にあったのが石炭と石灰石でした。石炭はエネルギー転換によって、今や資源とは言えなくなりましたが(経済界と国家がそうしたのですが)、土木が暴走し始めるとそれに併せてセメント生産=コンクリート産業も暴走したのです。

 資源小国日本の唯一の資源としての評価がコンクリート産業を暴走させたとするのは暴論に思われるかもしれませんが、戦後日本のあり方を考える時に多少は見ておく必要があるように思うものです。

しかし、ようやくこれもそろそろ終焉を迎えつつあるようです。コンクリートは永久のものではないことが明らかになり、コンクリート・ブロックも劣化が激しく見た目にも良いものではないことがようやくわかりはじめ、特に都市の人間から敬遠されはじめているようなのです。

 

特別連載

 

230. 有明海から考える「神話と伝説」F

 

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士) 

神話と伝説

 

第三章 神話

 

神生み

 

 イザナキの命・イザナミの命の二柱の神は、国生みを終え、今度は、神生みをします。 概略を記すと、

 

 岩の神、土の神、家の神など、家づくりに必要な神々です。

 次は、海の神、港の神、続いて風の神、木の神、山の神、野の神など、自然界の神です。 それから、石楠船の神、食物の神を生み、最後に火の神を生んで、陰を焼かれ、イザナミの命は死んでしまいます。

 そして、イザナキの命は、イザナミの命を忘れられず、黄泉(よもつ)の国(死者の国)を訪問します。

 

 次の黄泉の国訪問では、先人たちが、死者の国(あの世)を、どのように見ていたか、分かります。

 

 黄泉の国訪問

 

 イザナキの命は、イザナミの命に会いたいと思い、後を追って、黄泉の国へ行きました。それを、イザナミの命が、黄泉の国の裏門でお迎えました。

 イザナキの命は、

 「いとしい、我が、イザナミの命よ。

 あなたと一緒に作っている国は、まだ、作り終えておりません。

 どうか、お還りになってください」

 とおっしゃいました。

 イザナミの命は、

 「くやしく存じます。早く、おいで下されば良かったのに。

 わたしは、黄泉の国の、火で炊いた食事を食べたので、もう、黄泉の国の者になってしまいました。

 ですが、いとしい命が、ここまで、おいで下さったのは、本当に恐れ多いことでございます。

 ですから、何とかして、還るようにいたしましょう。

 しばらく、黄泉の国の神と相談してきますので、わたしを、ご覧にならないで下さい」 と言って、宮殿の中にお還りになりましたが、久しく時間が経ってしまいました。

 そこで、イザナキの命は待ちきれなくなり、御髻に刺した、ゆつ(魔よけの)つま櫛の、端の歯を一本欠ぎ、それに火をつけて一つの灯にし、中に入って行きました。

 中を見ると、屍体があります。屍体には蛆がわき、ゴロゴロ、鳴っています。頭に大雷、胸に火雷、腹に黒雷、陰に析雷、左手に若雷、右手に土雷、左足に鳴雷、右足に伏雷と、合わせて、八雷神が成っていました。

 それを見たイザナキの命は、恐れをなし、逃げて帰ろうとなさいました。

 そのとき、イザナミの命は、

 「わたしを、恥ずかしいめにあわせました」

 と言って、すぐさま、黄泉の国の醜女(みにくい化け物)を遣い、イザナキの命を追いかけさせました。

 そこで、イザナキの命が、黒い蔓(かずら・魔除けの髪結び)をはずして投げ捨てると、これから、葡萄の実がなりました。醜女は、これを拾って食べているで、その間に、命は逃げて行きます。しかし、また追ってきます。

 そこでまた、御髪に刺した魔よけの櫛の、歯をかいで投げ捨てると、これから、筍が生えてきます。醜女は、これを抜いて食べているので、その間に、命は逃げて行きます。

 その後には、あの八雷神に、黄泉の国の軍を、多勢つけて追わせました。イザナキの命は腰の十拳の剣を抜いて、後ろ手に振りながら逃げて行きます。

 それでも、なおも追ってくるので、黄泉のひら坂の麓に到着した時、桃の実を三つ取り、待ちかまえて投げつけると、残らず逃げて行きました。

 このとき、イザナキの命は、桃の実に、

 「お前が、今、わたしを助けたように、葦原の中つ国で暮らす人たちが、苦しいめにあったら、助けてあげなさい」

 と言って、大カムツミの命という、名を賜りました。

 さて最後に、妻イザナミの命、自身が追って来ました。

 そこで、イザナキの命は、千人力で動かす大岩を、黄泉ひら坂まで引っ張ってきて、道を塞ぎました。

 そして、岩を間に向かい合い、離別の言葉を交わしました。

 そのとき、イザナミの命は、

 「いとしい、わたしの夫の、イザナキ命のよ。

 あなたが、そうされるなら、あなたの国の人間を、一日に、千人殺します」

 とおっしゃいました。

 これに対し、イザナキの命は、

 「いとしい、我が妻の、イザナミの命よ。あなたが、そうされるなら、わたしは、一日に、千五百の産屋を造りましょう」

 とお答えになりました。

 そういうわけで、この世では、必ず、一日に千人死に、千五百人生まれるのです。

 このようなことで、イザナミの命に名づけて、黄泉つ大神と申しますが、また、ずっと追って来たので、道敷(みちし)の大神とも申します。

 また、黄泉のひら坂に、塞いで遮った大岩を、道反(みちかえし)の大神と申しますが、塞(さ)えます黄泉戸の大神とも申します。

 なお、いわゆる、黄泉のひら坂は、今の、出雲の国の伊賦夜(いふや)坂をいいます。

 ここで、もう一つの、世界がでてきました。根の堅洲国のどこかに、死者がいる、黄泉の国があります。

 黄泉の国との境界は、黄泉のひら坂にあり、そこから、中に入って行くことができます。黄泉の国に行っても、その国の火で炊いた食事を食べなければ、この世に、戻って来ることができます。

 イザナミの命は、それを食べたので、この世に戻ってくることができませんでした。

 

 みそぎ

 

 イザナキの大神は、黄泉の国から帰り、

 「わたしは、本当に、いやな、きたない国に行ってきた。

 だから、身体を洗い清め、みそぎをしよう」

 と言って、筑紫の日向(ひむか)の橘の小門の阿波岐原に来て、みそぎ祓いをなさいました。

 中略。

 こうして、イザナキの命が、左の御目を洗い清めて、成った神の御名は、天照大御神

 (あまてらすおおみかみ)と申し、

 次に、右の御目を洗い清めて、成った神の御名は、月読みの命と申し、

 次に、御鼻を洗い清めて、成った神の御名は、建速スサノオの命と申します。

 以下略。

 

 スサノオの命

 

 このとき、イザナキの命は、大変、お喜びになり、

 「わたしは、御子を、つぎつぎ生んだ。その、生み終わりに、三柱の、尊い御子をえることができた」

 とおっしゃいました。

 そして、首飾りをはずし、玉の緒を、ゆらゆら揺らしながら、天照大御神に賜り、

 「あなたは、高天原(たかあまのはら)を治めなさい」

 と仰せになりました。

 なお、首飾りの名は、御倉タナの神と申します。

 次は、月読の命に、

 「あなたは、夜の世界を治めなさい」

 と仰せになりました。

 次は、スサノオの命に、

 「あなたは、海原を治めなさい」

 と仰せになりました。

 

 イザナキの命は、黄泉の国から帰って、みそぎ祓いをします。そこで、多くの神が成り、最後に、神話の主役、天照大御神、月読の命、スサノオの命の、三柱の神を生みます。

 ここで生まれる神は、前と、生まれ方に違いがあります。前に生まれた神は、イザナキの命・イザナミの命が、夫婦の契りを結んで生みました。

 神話の主役、天照大御神・月読の命・スサノオの命の三柱の神は、イザナキの命が、みそぎ祓いをして一人で生みます。前の神とは、生まれ方が違います。

 三柱の神は、夫婦の契りを結ばないのに、生まれています。夫婦の契りを結んでないので、すでに存在しているのが、みそぎ祓いで現れ出たと考えるのが自然です。三柱の神は、みそぎ祓いで、現れ出てきました。

 イザナキの命は、イザナミの命を訪ねて、海底の、根の堅洲国に入って行きます。そして、根の堅洲国から、この地上に帰ってきます。

 水位が一定とすると、この地上は、現れ出たり隠れたりしていました。氷期の海面低下は、その、根の堅洲国が海水に洗われ(みそぎ)ながら、現れ出たことになります。

 海水に洗われながら、現れ出た海原が、スサノオの命自身です。それが、イザナキの命が、みそぎ祓いをして、一人で生んだという表現になります。

 高天原は、天上にあると言われています。

 天上に、神格化した高天原という、もう一つの世界が登場します。そこを、天照大御神

が治めます。スサノオの命が治める海原は、葦原の中つ国、出雲の国になります。

 神話は、ウルム氷期から、はじまると書きました。そうすると、ウルム氷期の陸地が現れ出たのが、ここで述べられていることになります。

 ウルム氷期の陸地が、現れ出るのは、約七万年前頃になります。そうなると、約七万年前頃から、伝承されてきたことになります。

 七万年前頃のことが、伝承されてきたということには、疑問が生じます。しかし、晩氷期時代の、みそぎ祓いで陸地が現れ出るのは、体験しています。

 「神代」は、ここから、本格的にスタートします。それがあるので、スサノオの命は、みそぎ祓いで生まれた、となったのではないでしょか。

 氷期の陸地(海原)が、現れ出てきました。これは、実際にあったことです。それを、「神代」では、イザナキの命が、みそぎ祓いをして、一人で生んだと表現されます。

 しかし、太陽の天照大御神と、月の月読の命が、生まれ変わって、現れ出たとは考えられません。「神代」を、本格的にスタートさせるには、三柱の神を揃える、何か、他の理由があると思われます。

 三柱の神のうち、夜の世界を治める、月読の命は、この後、ほとんど登場いたしません。 天照大御神が治めるのは、天上の高天原です。スサノオの命が治めるのは、葦原の中つ国、出雲の国です。この、二つの世界を間に、神話は進行していきます。

 先人たちは、自然界のものには、すべて命や心がある。あらゆるものが神になると考えていました。

 葦原の中つ国、出雲の国が、スサノオの命自身です。そこで、ここで起きることは、すべて、スサノオの命が、やったことになります。神話に登場する神は、自然現象の代役、国土、人など、一人で何役もこなしていきます。

 

 こうして、それぞれが、命ぜられたように、治めておられました。

 しかし、スサノオの命だけが、命ぜられた国を治めず、顎ひげが胸元にのびる年になるまで、泣きわめいておりました。

 その泣き方は、青山が枯山になるまで泣いて枯らし、海や河も、ことごとく、泣き枯らしてしまいました。

 そのため、悪霊たちが、いたるところでざわめき、夏にどっとわく蠅のように、あたり一面に満ちわたり、ありとあらゆる禍が起こりました。

 そこで、イザナキの大御神が、

 「そなたは、どういう訳で、国を治めず、泣いてばかりいるのか」

 とお聞きになりました。

 すると、スサノオの命は、

 「わたしは、亡き妣の国、根の堅洲国に行きたい。そればかり思って、泣いているのです」

 とお答えになりました。

 イザナキの大御神は、非常に怒り、

 「そういうことなら、そなたは、この国に住んではならぬ」

 と言って、スサノオの命を追放なさいました。

 なお、イザナミの大神は、淡路の多賀に鎮座なさいます。

 

 スサノオの命の高天原訪問

 

 このような訳で、スサノオの命は、

 「それでは、天照大御神のところに、ご挨拶に行きましょう」

 と言って、天上に上って行きました。

 その時、山や川がざわめき、国中がゆれ動きました。

 天上の、天照大御神は驚き、

 「弟神が上ってくるわけは、きっと良くない心が動き、わたしの国を奪おうとしているに違いありません」

 と言って、すぐに御髪を解き、御髻(みづら・左右に束ねた、男の髪形)に結直しました。そして、左右の髪、髪結びの蔓、左右の御手に、大きな勾玉をたくさん連ねた、長い緒を巻きました。

 さらに、背中には、矢が千本も入る矢筒を背負い、腹には、五百本の矢が入る矢筒をつけ、左の腕には、威勢のいい音をたてる靹(とも)を巻きました。

 そして、両足で、固い地面を力強く踏み込むと、土煙が泡雪のように舞散りました。

 それから、足を踏んばったまま待ち受け、威勢のいい声で、

 「どういう訳があって、上って来られた」

 と問いただされました。

 スサノオの命は、

 「わたしは、邪悪な心はもっておりません。ここに参りましたのは、イザナキの大御神が、わたしが泣いてばかりいる訳を、お尋ねになったので、

 『わたしは、亡くなった妣の国に行こうと思って、泣くのです』

 とお答えしたところ、大御神は、

 『そなたは、この国に住んではならぬ』

 と言って、追放なさいました。

 そこで、おいとま乞いに、参上しただけです。怪しい心は、ございません」

 とお答えになりました。

 そのとき、天照大御神は、

 「では、あなたの心は、どうしたら分かりますか」

 とお聞きになると、

 スサノオの命は、

 「神に誓いをたて、それぞれ、御子を生みましょう」

 とお答えになりました。

 こういうことで、二柱の神が、天の安川を間に、誓いの儀式をなさいます。

 まず、天照大御神が、スサノオの命の十拳の剣を授かり、三つに折りました。

 そして、音もさやかに、天の真奈井(まない・神聖な井戸)の水にくぐらせ洗い清め、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神がありました。その神の御名は、タキリ姫の命、またの御名は、奥津島姫の命と申します。

 次に、イチキ島姫の命、またの御名は、サヨリヒメの命と申します。

 次に、タキツ姫の命と申します。

 以上、三柱の神です。

 今度は、スサノオの命が、天照大御神の左の御髻に巻いた、大きな勾玉を連ねた、長い緒を授かりました。

 そして、音もさやかに、神聖な井戸の水にくぐらせ洗い清め、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神がありました。その神の御名は、正勝吾勝々速日天のオシホミミの命と申します。

 また、右の御髻に巻いた、大きな勾玉を連ねた長い緒を授かり、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神の御名は、天のホヒの神と申します。

 また、髪結びにつけた、大きな勾玉を連ねた長い緒を授かり、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神の御名は、天つヒコネの命と申します。

 また、左の御手につけた、大きな勾玉を連ねた長い緒を授かり、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神の御名は、活津ヒコネの命と申します。

 また、右の御手につけた、大きな勾玉を連ねた長い緒を授かり、それを歯で噛み切り、吐き出した息吹きの霧に、成った神の御名は、熊野クスビの命と申します。

 (合わせて、五柱の神になります)

 

 スサノオの命の暴行

 

 天照大御神は、

 「これら、後に生まれた五柱の男の神は、わたしの神霊で成ったので、わたしの子ということになります。

 先に生まれた三柱の女の神は、あなたの神霊で成ったので、あなたの子です」

 と区別を明らかになさいました。

 中略。

 スサノオの命は、

 「わたしの心が清らかだったので、女の子が生まれました。

 これで、わたしが勝ったことになります」

 とおっしゃいました。

 そして、勝ちほこったふるまいをされ、天照大御神が作っている田の畦をこわし、水を引く溝を埋め、また、新殻の神事をする神聖な御殿に、糞を、まき散らすようなことをなさいました。

 それでも、天照大御神は、

 「糞のように見えるのは、酔って、吐き散らしたのでしょう。

 また、田の畦をこわし、溝を埋めたのは、作地にするには惜しいと考えたのでしょう」 とすべて、良いことに言い直されましたが、それでも、悪行はやみませんでした。

 はた織女が、天照大御神の忌服屋(いみはたや・清浄なはたおり場)で、神に奉る御衣を織ってる時、棟に大穴をあけ、まだら模様の馬の皮を逆さに剥いで、投げ込みました。 これを見て、はた織女は驚き、はた織りに使う板で、陰をついて死んでしまいました。 それを、ご覧になった天照大御神は、畏れを感じ、天の石屋(いわや)戸の中に、閉じこもってしまいました。

 そこで、高天原一体が暗くなり、葦原の中つ国一体も、闇に閉ざされ、いつも、夜になりました。

 こうして、悪霊たちのざわめき声は、夏にどっとわく蠅のように、あたり一面に満ちわたり、ありとあゆる禍が起こりました。

 

 天の石屋(いわや)戸

 

 そこで、八百万神(いろいろ多勢の神)が天の安川原に集まり、会合を開きました。

 そして、高御ムスヒの神の御子、思金の神(思慮知恵を、かねそなえた神)が、八百万神から意見を聞き、思いをめぐらせました。

 まず、長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせます。

 つぎに、天の安川の上流の固い岩石と、天の金山の鉄を取り寄せました。

 そして、鍛冶職の天つマラを探して、石コリドメの命と一緒に、鏡を作るよう命じます。 次に、玉の祖(おや)の命に、八尺の勾玉を連ねた、玉飾りを作るよう命じます。

 それから、天のコヤネの命と太玉の命に、天の香山の男鹿の肩骨を抜き取り、それを香山のカバノキで焼いて、儀式の実行方法を占うよう、命じます。

 今度は、香山の繁った榊を、根ごと抜いてきました。そして、上の枝には八尺の玉飾り、中の枝には八尺の鏡、下の枝にはこうぞや麻をつけて垂らしました。

 これを、フト玉の命が天の石屋戸の前にささげ、天のコヤネの命が祝詞(のりと)をあげて、祈願します。

 そして、天の手力男の神が、石屋戸のわきに隠れて立ちました。

 こうして準備が整い、天のウズメの命が、天の香山のヒゲカズラをたすきにかけました。 さらに、頭にマサキノカズラを巻き、手に香山の笹の葉をもち、それから、中が空の桶に乗りました。そして、足音を、とどろかせながら踊りはじめました。

 しばらくすると、神がのりうつった状態になり、乳房をあらわに出し、腰のひもは、陰のあたりまで垂れ下がりました。

 その様子に、八百万神は、高天原がゆれ動くほど大声をあげて、お笑いになりました。 天照大御神は、不思議なことがあるものだと思い、天の石屋戸を細目に開け、

 「わたしが石屋戸に閉じこもったので、高天原は暗く、また、葦原の中つ国一帯も真っ 暗だと思います。

 なのに、どうして、天のウズメの命は楽しそうに踊り、また、八百万神も一緒になって笑っているのですか」

 と中から、おっしゃいました。

 そこで、天のウズメの命は、

 「あなた様より、尊い神が、いらっしゃいます。それで、笑い楽しんでいるのです」

 とお答えになりました。

 そして、すぐ、天のコヤネの命・太玉の命が、天照大御神の前に、鏡を示しました。

 鏡を見た天照大御神は、奇妙なことがあるものだと思い、石屋戸を出て、様子を見よう

となさいました。

 この時、隠れていた手力男の神が、天照大御神の御手をとって、外に案内しました。

 そして、すぐ、フト玉の命が、しめ縄を張りめぐらし、

 「これより内側へ、お還りにならないで下さい」

 と申し上げました。

 天照大御神が、石屋戸から、お出になったので、高天原と葦原の中つ国は、おのずから、照りかがやき明るくなりました。

 

 天照大御神は、スサノオの命に畏れを感じ、天の石屋戸に閉じこもってしまいました。日の神、天照大御神が、天の石屋戸に閉じこもったので、高天原と葦原の中つ国は闇に閉ざされ、いつも夜になります。

 天照大御神が天の石屋戸に隠れたのは、日蝕、という説があります。それは、古代人は、日蝕に畏れを感じていたから、というものです。

 しかし、日蝕は、周期的に起こります。日蝕は周期的に起こるので、何回も体験しています。何回も体験しているので、日蝕になっても、しばらくすると、太陽が現れ出ることを知っています。日蝕が起きても、畏れを感じることはありません。

 日蝕は、一過性のものです。

 太陽が隠れたことで、悪霊たちのざわめき声は、夏にどっとわく蠅のように、あたり一面に満ちわたり、ありとあらゆる禍が起こった、と記述されています。

 一過性の日蝕で、このような、大きな被害は起きません。雨続きで、一週間、太陽を見ないこともあります。

 太陽が隠れる話は、近隣諸国でも、語りつがれています。そして、太陽が隠れる話には、二つのタイプがあると言われています。

 一つは、日蝕起源タイプです。

 こうこう、こういうことがあったと語られていきます。そして、だから、日蝕が起こるのだ、と結ばれます。このタイプは、どうして、日蝕が起こるようになったか、という起源について語られます。そして、それ以上、語られることはありません

 二つは、「天の石屋戸」のように、太陽が現れ出るよう、手段を講じるタイプです。

 その一つ、アイヌの伝承は、

 

 悪神が太陽の女神を函の中に捕らえて幽閉したので、世界は暗黒につつまれた。

 困った神々は英雄アイヌラックルに助けを求めたところ、アイヌラックルはそよ風に変身して、やすやすと函の中に入り込み、太陽の女神を連れ出し、雲の小舟に乗せて空中に投げ上げたので、再び世界は陽光に恵まれた。

                  (金田一京助著『アイヌの神典』岩波書店より)

 このように、手段を講じます。日蝕起源タイプとは、ここが違います。

 日蝕は、一過性のものです。手段を講じなくても、しばらくすると、太陽は現れ出ます。 ここは、火山の爆発ではないでしょうか。先の「海に沈んだ島」伝説にあった、火山爆発の、メカニズムそのものです。

 スサノオの命は、泣いてばかりいました。その泣き方は、青山が枯山になるまで泣き枯らし、海や川も、ことごとく泣き枯らします。それは、火山爆発の前兆の、火山灰で被害を受けた状態です。

 スサノオの命は、おいとま乞いに、天上に上っていきます。その時、山や川がざわめき、国中がゆれ動きます。それは、溶岩の上昇とともに、地震が浅く、強くなっている状態です。そろそろ、爆発が近ずいています。

 それから、スサノオの命は、田の畦をこわし、水を引く溝を埋め、また、神聖な御殿に糞をまき散らします。それは、溶岩がぎりぎりまで上昇し、火山灰、地震、小爆発などが起きてる状態です。もう、爆発寸前です。

 さらに、スサノオの命は、棟に大穴をあけ、まだら模様の馬の皮を逆さに剥ぎ、それを投げ込みます。それは、爆発した溶岩が、屋根を打ち破った状態です。

 空は、たちまち、厚い火山灰に覆われ、太陽は隠れてしまいました。

 神話は、ウルム氷期から、はじまります。ウルム氷期の、約二二、○○○年前頃、鹿児島県の、姶良カルデラが爆発しました。この話は、その時の、姶良カルデラの大爆発が、モチーフになっています。

 有史以来、もっとも激しかったのは、天命三(一七八三)年の、浅間山の大爆発だと言われています。この爆発で、大量の火砕物(火山灰・火山礫・火山岩塊・軽石)が噴出しました。

 姶良カラデラの噴出量は、桁違いの、浅間山の三○○倍と言われています。その、火山灰は、偏西風に乗って、日本全土に広がっています。関東地方でも、火山灰が、地層として残っています。

 この火山灰層の、上にあるか、下にあるかで、年代が分かります。考古学では、資料の編年を比較するのに、重要な役割をはたしています。

 火山灰は、少々の厚さでは、雨で流されてしまいます。関東地方でも、火山灰層が残っています。火山灰が厚く積もったので、関東地方でも、地層として残りました。それが神話の舞台となる、九州や沖縄地方では、相当な量になったのではないでしょうか。

 大量の火山灰が噴出し、太陽が遮られてしまいました。くる日も、くる日も、厚い火山灰に覆われ、どんよりした天気が続きます。

 平成九年、インドネシアで起きた、森林火災の煙で、太陽が隠れてしまいました。そして、太陽が隠れただけでなく、干ばつ、呼吸器障害など、日常生活に、大きな影響を与えました。

 その影響は、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイやフィリピンの一部と、六ヶ国にも及んでいます。

 そして、九月二十六日には、インドネシア・スマトラ島で、ガルーダ航空機が視界不良で山に衝突し、乗客、乗員、全員(二百三十四人)死亡という、大惨事まで起きました。 また、同日の深夜、マラッカ海峡で、大型タンカーと貨物船が視界不良で衝突し、二十九人が行方不明という、衝突事故も起きています。そして新聞は、「煙霧が広がって以来、マラッカ海峡での、船舶同士の衝突事故は二件目である」と報じています。

 火災の煙で、これだけの影響がでています。

 それより、規模が大きい、火山の爆発です。火山灰が無くなるまで、数ヵ月なのか、一年以上なのか、想像もつきません。

 姶良カルデラが大爆発した時、日本列島は、ほぼ、陸続きの時代です。人は海岸近くで暮らしているので、火口まで距離があり、マグマや火山灰の、下敷きになることはありません。干潟で生息する、ムツゴロウやカブトガニは、今まで生き延びています。大きな被害を受けても、壊滅的では、なかったのでないでしょうか。

 壊滅的でなくても、植物は、火山灰の下に埋もれています。また、長期間、日照不足が続きます。ありとあらゆる禍が、起こったのではないでしょうか。

 

 天照大御神は、外の騒々しさに、不思議なことがあるものだと思い、石屋戸を出て、外の様子を見ようとします。すると、天のウズメの命が、「あなた様より、尊い神がいる」と言います。そして、すぐ、天のコヤネの命・太玉の命が、天照大御神の前に鏡を示します。

 天照大御神は、自分より、尊い神はいないと思ってます。しかし、鏡の向こうに、尊い神が映っています。自分が映っているのだから、尊い神に、間違いはありません。

 天照大御神は、鏡を見るのが、はじめてだったようです。奇妙なことがあるものだと思い、様子を見ようと、石屋戸を出ます。そこで、高天原、葦原の中つ国は、以前のように明るくなりました。

 水面に、景色が映ります。水面で、自分の顔を見ることができます。鏡の現象は、早くから知っていました。しかし、ここに出てくる鏡は、まだ、作ることはできなかったと思われます。

 すでにあるものに、新たな要素を、ミックスしてあります。神話や伝説は、常に改良を加えながら、長く伝承されてきました。

 アイヌの伝承で、

 アイヌラックルは、そよ風に変身して、太陽の女神を連れ出します。そこで、世界は、再び、陽光に恵まれるようになりました。

 とこのような話がありました。

 厚い火山灰に覆われ、太陽が隠れてしまいました。太陽が現れ出るようにするには、風が、一番、効果があります。

 太陽が、再び、現れ出るようにするには、風で火山灰を吹き飛ばし、太陽の女神を連れ戻せばいいのです。アイヌの人たちは、同じモチーフで、このような話を作っています。 厚い火山灰に覆われたのは、日本だけではありません。インドネシアの森林火災では、煙の影響が、六ヶ国にも及んでいます。それより、大きな火山の爆発です。太陽開放の話は、多くの国で伝承されています。

次号へ続く

▲ 鹿児島県阿久根市脇本浜のアコウ

 

有明海から考える「神話と伝説」の連載について

 

有明海諌早湾干拓リポート 編集長 古川 清久

 

この話は縄文海退、縄文海進を経験した人々の人類的記憶、民族的記憶が現在まで継承されているとする驚愕の仮説です。

 

日蝕は、一過性のものです。手段を講じなくても、しばらくすると、太陽は現れ出ます。 ここは、火山の爆発ではないでしょうか。先の「海に沈んだ島」伝説にあった、火山爆発の、メカニズムそのものです。

   スサノオの命は、泣いてばかりいました。その泣き方は、青山が枯山になるまで泣き枯らし、海や川も、ことごとく泣き枯らします。それは、火山爆発の前兆の、火山灰で被害を受けた状態です。

 

ここら辺りは確かに頷けますね。今後の展開が期待されます。

 

久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

 

リポートV 八月号に「ムツゴロウは泳げなかった」を掲載しました。この中に登場する『ムツゴロウが教える日本の起源』を書いたのが久光教弘氏です。

 

(再掲)この本のタイトルのとおり、久光教弘氏はムツゴロウそのものをテーマにされているのではなく、ムツゴロウの話を導入部として日本と日本人の起源を論じておられるのです。 

氏は佐賀市在住の現役の建築士として設計事務所を経営されていますが、一度お話を伺いにお訪ねしたことがあります。その際も新著の原稿に取り組んでおられていましたので刊行を楽しみにしています。こちらも文化人類学の好著と推測しています。

同書は自費出版されたものでしたが、非常にレベルの高い文化人類学に関する好著です。非常に面白い本で、私も一気に読み終えた記憶があります。

 

※ 『ムツゴロウが教える日本の起源』のお求めは、ハガキかFAXでお願いします。

住所:〒840-0805 佐賀市神野町西4丁目4-8 久光 教弘(ヒサミツミチヒロ)

FAX 0952-31-7702 24時間受付

 

■ 次回への予告 ■ @

 

 

W   現代の十常侍、行政官僚を追放せよ!    (NO. 2)

5月号

231

淡 海                        

20070301

232

不知火海残映 2. 「 今宵停泊 」   

                      吉田 耕一

20020101

233

 

 

= 不知火海・芦北の海は 今はどうなろうとしているのか =   

〈有明海・八代海を再生するための特別措置に関する法律〉の施行

連載第4回 不知火海(八代海)はどういう海なのか

  芦北地域一般住民 吉田耕一(元教師)

20061130

234

自然石防波堤とコンクリート護岸の怪

20060831

235

水無川が増えている

 筑後川水問題研究会 中原 孝矩(元記者)

20070203

236

気になる記 

 音屋の昭太郎 

20070331

237

高千穂鉄道無残(X)

20061106

238

開聞岳を破壊する鹿児島県

20070101

239

湯平温泉と広葉樹の森   

20061031

240

有明海から考える列島文化”『神話と伝説』第8回

 久光教弘 『ムツゴロウが教える日本の起源』著者(一級建築士)

20060808

 

 

 

■次回への予告■ A